独立行政法人 労働者健康安全機構 浜松労災病院 院長

日本形成外科学会 形成外科専門医・皮膚腫瘍外科分野指導医・小児形成外科分野指導医 日本熱傷学会 認定熱傷専門医 日本手外科学会 手外科専門医 日本創傷外科学会 専門医 日本頭蓋顎顔面外科学会 認定専門医 日本再生医療学会 再生医療認定医

鈴木 茂彦 すずき しげひこ 先生

公開日
2020/04/23

京都大学形成外科に入局後、最初に赴任した浜松労災病院で熱傷や瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)を幅広く経験。大学に戻り瘢痕の制御と皮膚再生研究に取り組み、人工真皮を開発。2003年に京都大学形成外科教授。熱傷や母斑、皮膚腫瘍から口唇裂口蓋裂の治療、再建手術まで“キズをきれいに治す“ことにこだわり続ける。2018年から浜松労災病院長。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 形成外科
  • 鈴木先生の外傷の専門領域
    • 生体の持っている創傷治癒力を最大限に活かした治療
    • 創傷被覆材や外用剤を用いた治療
  • 瘢痕(キズアト)・瘢痕拘縮(キズアトのひきつれ)
  • 母斑(アザ)、皮膚腫瘍
  • 難治性皮膚潰瘍

資格・学会・役職

日本形成外科学会 形成外科専門医・皮膚腫瘍外科分野指導医・小児形成外科分野指導医
日本熱傷学会 認定熱傷専門医
日本手外科学会 手外科専門医
日本創傷外科学会 専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会 認定専門医
日本再生医療学会 再生医療認定医
  • 独立行政法人 労働者健康安全機構 浜松労災病院 院長

所属病院

浜松ろうさい病院

  • 内科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 精神神経科
  • 静岡県浜松市東区将監町25
  • JR東海道本線(熱海~浜松) 浜松 バス:蒲線(71・72・74・78系統)、労災・篠ケ瀬線(85系統) ろうさい病院下車 徒歩1分 車15分 JR東海道本線(熱海~浜松) 浜松 バス:蒲線(71・72・74・78系統)、労災・篠ケ瀬線(85系統) 労災病院下車 徒歩1分 車15分
  • 053-462-1211
公式ウェブサイト
浜松ろうさい病院

医療記事

来歴等

略歴

1977年 京都大学医学部 卒業
1978年 浜松労災病院形成外科 医員
1987年 京都大学大学院 修了 医学博士取得
1987年 京都大学医学部附属病院形成外科 助手
1988年 兵庫県立尼崎病院形成外科 医長
1989年 京都大学医学部形成外科 講師
1992年 京都大学医学部形成外科 助教授
1999年 香川医科大学形成外科学 教授
2003年 京都大学大学院医学研究科 形成外科学教授
2018年 浜松労災病院 院長

論文

  • The minimal requirement of circulation for survival of undelayed and delayed flaps in rats. Plastic and Reconstructive Surgery 78: 221-226, 1986. (皮弁生着に必要な最小血流量―学位論文)

    Suzuki S, Isshiki N, Ogawa Y, Goto M, Hayashi O.

  • The use of subcutaneous pedicle flaps in the treatment of post-burn scar contractures. Plastic and Reconstructive Surgery 80: 792-797, 1987. (皮下茎皮弁を用いた瘢痕拘縮の新しい治療法)

    Suzuki S, Isshiki N, Ishikawa K, Ogawa Y

  • Para-alar crescentic subcutaneous pedicle flap for repair of skin defect in the philtrum. Annals of Plastic Surgery 23: 442-446, 1989. (口唇部の皮膚欠損の目立たない修復法)

    Suzuki S

  • Experimental study of a newly developed bilayer artificial skin. Biomaterials 11: 356-360, 1990. (私たちが開発した人工真皮の報告―基礎)

    Suzuki S, Matsuda K, Isshiki N, Tamada Y, Ikada Y

  • Clinical evaluation of a new bilayer “artificial skin” composed of collagen sponge and silicone layer. British Journal of Plastic Surgery 43: 47-54, 1990. (私たちが開発した人工真皮の報告―臨床)

    Suzuki S, Matsuda K, Isshiki N, Tamada Y, Ikada Y

  • Proposal for a new comprehensive classification of V-Y plasty and its analogues: The pros and cons of inverted versus ordinary Burow’s triangle excision. Plastic and Reconstructive Surgery, 98: 1016-1022, 1996. (瘢痕拘縮を治す皮弁術式を分類)

    Suzuki S, Matsuda K, Nishimura Y

  • Review of acellular and cellular artificial skins. Tissue Engineering 2: 267-275, 1996. (人工真皮と人工真皮を足場にした細胞を加えた培養皮膚の紹介)

    Suzuki S, Matsuda K, Nishimura, Y, Maruguchi Y, Maruguchi T, Ikada Y, Morita S, Morota K

  • Versatility of modified planimetric Z-plasties in the treatment of scar with contracture. British Journal of Plastic Surgery, 51: 363-369, 1998. (瘢痕拘縮をきれいに治す別の新しい皮弁の術式開発)

    Suzuki S, Um SC, Kim BM, Sin-ya K, Kawai K, Nishimura Y

  • Application of artificial dermis prior to full-thickness skin graft for resurfacing the nose. Annals of Plastic Surgery. 43: 439-442, 1999. (人工真皮を用いて鼻をきれいに治す手術の紹介)

    Suzuki S., Shin-ya K, Kawai K, Nishimura Y

  • Reconstruction of orbicularis oris and levator labii superioris muscles in secondary repair of unilateral cleft lip. Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery. 34: 121-129, 2000.(口唇裂患者の成長後に行う最終形成手術では筋層を再建することで良い結果)

    Suzuki S, Sin-ya K, Um SC, Nishimura Y

  • Long -term follow-up study of artificial dermis composed of outer silicone layer and inner collagen sponge. Br. J. Plast. Surg. 53: 659-666, 2000.(人工真皮を用いた手術は長期的に良い結果)

    Suzuki S, Kawai K, Ashoori F, Morimoto N, Nishimura Y, Ikada Y

  • Correction of Atrophic Nasal Ala by Sandwiching Auricular Cartilage Graft between Para-alar and Nasal Floor Retrogressive Flaps. Ann. Plast. Surg. 51: 513-516, 2003.(鼻翼の修正手術の新しい工夫)

    Suzuki S, Muneuchi G, Kawai K, Naitoh M

  • Open Rhinoplasty using Conchal Cartilage during Childhood to Correct Unilateral Cleft Lip Nasal Deformities. J Plast Reconstr Aesthet Surg 65: 857-853, 2012.(私たちが行っている片側口唇裂患者の小児期における鼻形成手術)

    Masuoka H, Kawai K, Morimoto N, Yamawaki S, Suzuki S

  • A case of giant naevus 22-year followed up after treatment with artificial dermis. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 66(8): e229-233, 2013. (人工真皮を用いた治療例の超長期経過観察)

    Suzuki S, Morimoto N, Yamawaki S, Fujitaka J, Kawai K

  • Novel Collagen/Gelatin Scaffold With Sustained Release of Basic Fibroblast Growth Factor: clinical trial for chronic skin ulcers. Tissue Eng Part A. 19(17-18): 1931-1940, 2013.(新型人工真皮の医師主導臨床治験結果)

    Morimoto N, Yoshimura K, Niimi M, Ito T, Aya R, Fujitaka J, Tada H, Teramukai S, Murayama T, Toyooka C, Miura K, Takemoto S, Kanda N, Kawai K, Yokode M, Shimizu A, Suzuki S

  • Conchal cartilage graft for correction of bilateral cleft lip nasal deformities during childhood. Plast Reconstr Surg GO. POST EDITOR CORRECTIONS, 6 February 2014 doi: 10.1097/GOX.0000000000000051 Latest Articles: PDF Only(私たちが行っている両側口唇裂患者の小児期における鼻形成手術)

    Masuoka H, Kawai K, Morimoto M, Yamawaki S, Kawazoe T, Suzuki S

  • Regeneration of elastic fibers by three-dimensional culture on a collagen scaffold and the addition of latent TGF-β binding protein 4 to improve elastic matrix deposition. Biomaterials 2015 (72); 29-37 Dec;72:29-37. doi: 10.1016/j.biomaterials.2015.08.036. Epub 2015 Aug 20.(人工真皮の材料を工夫して足場として使えば弾性線維が再生できることを示した研究)

    Aya R, Ishiko T, Noda K, Katayama Y, Yoshikawa K, Yamawaki S, Sakamoto Y, Tomihata K, Nakamura T, Naitoh M, Suzuki S

  • The lesser palatine nerve innervates the levator veli palatini muscle. Plast Reconstr Surg Global Open 2016:4:e1044; doi: 10.1097/GOX.0000000000001044;Published online 29 September 2016. (口蓋裂手術に重要な、軟口蓋の動きに関わる神経を調べた臨床研究)

    Kishimoto H, Matsuura Y, Kawai K, Yamada S, Suzuki S

  • Beta adrenergic receptor blockers reduce the occurrence of keloids and hypertrophic scars after cardiac device implantation: a single institutional case-control study. Plast Reconstr Surg. 2017 Jan 12. doi: 10.1097/PRS.0000000000003239. [Epub ahead of print] (ケロイドの新しい内服治療の可能性を示した臨床研究)

    Enoshiri T, Naitoh M, Yamawaki S, Kawaguchi A, Aya R, Noda K, Katayama Y, Doi T, Kawaji T, Suzuki S

  • Photoacoustic Tomography Shows the Branching Pattern of Anterolateral Thigh Perforators in Vivo. Plast Reconstr Surg 141:1288-1292, 2018. (再建手術に必要な大腿部の微小循環を可視化する新しい方法の効果を示した臨床研究)

    Tsuge I, Saito S, Sekiguchi H, Yoshikawa A, Matsumoto Y, Toi M, Suzuki S

著書

  • 【共著】鈴木茂彦:口輪筋浅層と上唇挙筋,上唇鼻翼挙筋の再建を重視した片側唇裂初回手術 ―口唇裂初回手術マニュアル 中島龍夫編 PEPARS 1: 23-29, 2005

  • 【共著】鈴木茂彦:瘢痕,ケロイド 美容皮膚科学改訂2版 657-663, 宮地良樹,松永佳代子,古川福美,宇津木龍一編 南山堂 東京 2009.

  • 【共著】鈴木茂彦:人工皮膚.人工臓器はいま.431-446 日本人工臓器学会編 はる書房 東京 2012.

  • 【共著】鈴木茂彦:肥厚性瘢痕,ケロイド. 今日の治療と看護. 改訂第3版 1126-1127ページ 永井良三,大田健総編集 南光堂 2013.

  • 【共著】鈴木茂彦,貴志和生編集:形成外科の基本手技1 形成外科治療手技全書Ⅰ克誠堂出版2016.

  • 【共著】鈴木茂彦,寺師浩人編集:外科系医師が知っておくべき創傷治療のすべて 日本創傷外科学会監修 南江堂 東京 2017.

  • 【共著】鈴木茂彦,岡崎睦編集:標準形成外科学第7版 医学書院 2019

特許

  • 件名:コラーゲンスポンジの乾燥法 出願日:1990年1月30日 登録番号:1981425

    出願人:グンゼ株式会社 発明者:森田真一郎,高橋展也,島本偉志,松田和也,鈴木茂彦

  • 組織含有人工真皮およびその製造法 出願日 : 1996年9月9日 登録番号: 3772232

    出願人:グンゼ株式会社 発明者:森田真一郎,丸口幸也,丸口友子,鈴木茂彦

  • 収縮性の改善された人工皮膚 出願日 : 2002年10月2日 登録番号: 4373658

    出願人:グンゼ株式会社 発明者:鈴木茂彦,富畑賢司,平嗣良,稲継泰之

  • ケロイド等の形成抑制外用剤 出願日 : 2003年3月26日 登録番号: 4868687

    出願人:帝國製薬株式会社 発明人:川添剛,鈴木茂彦,稲本千子,川田光裕

  • 組織再生用基材 出願日:2005年9月9日 登録番号: 5008284

    出願人:グンゼ株式会社 発明者:筏義人,鈴木茂彦,平嗣良,高橋佳丈,富畑賢司

  • 三次元培養弾性線維組織及び三次元培養弾性線維組織の製造方法 出願日:2007年11月8日 登録番号:5224440

    出願人:グンゼ株式会社,京都大学 発明者:鈴木茂彦,内藤素子,中邨智之,富畑賢司

  • 弾性線維組織を有する培養血管の製造方法及び弾性線維組織を有する培養血管 出願日:2007年11月9日 特許番号: 5252538

    出願人:グンゼ株式会社,鈴木茂彦 発明者:鈴木茂彦,内藤素子,中邨智之,富畑賢司

  • 培養皮膚の製造方法,及び,弾性線維組織層を有する培養皮膚出願日:2008年8月19日   登録番号:5360869

    出願人:グンゼ株式会社,鈴木茂彦 発明者:鈴木茂彦,内藤素子,中邨智之,富畑賢司

  • DANCEタンパク質含有組織再生用基材 出願日:2010年3月17日 登録番号:5679684

    出願人:グンゼ株式会社,関西医科大学,京都大学 発明者:鈴木茂彦,内藤素子,石河利弘,坂元悠紀,中邨智之,松田晶二郎

  • DANCEタンパク質含有徐放基材及び該徐放基材の製造方法 出願日:2010年3月17日 登録番号:5839814

    出願人:グンゼ株式会社,関西医科大学,京都大学 発明者:鈴木茂彦,内藤素子,石河利弘,坂元悠紀,中邨智之,松田晶二郎

  • 組織再生用材料を含むタンパク質水溶液 出願日:2012年2月1日 登録番号:2676683

    出願人:京都大学、三洋化成工業株式会社 発明者:鈴木茂彦,河合勝也,川端慎吾

  • 三次元培養弾性線維組織の製造方法 出願日:2012年11月14日 登録番号:6029102

    出願人:グンゼ株式会社,京都大学 発明者:鈴木茂彦,内藤素子,石河利弘,綾梨乃,平嗣良

  • 脂肪組織再建用部材 出願日:2015年1月30日 登録番号:特許第6305357号 分割出願日:2018年1月30日 特許番号:6466605

    出願人:グンゼ株式会社,京都大学 発明者:坂本悠紀,佐藤秀樹,平嗣良,鈴木茂彦,森本尚樹,荻野秀

その他

  • 【受賞】1993年 日本産業皮膚衛生協会学術奨励賞

  • 【テレビ出演】2000年 TBSテレビ:報道特集 「再生医療」 2回

  • 【ラジオ出演】2005 年 毎日放送ラジオ:「肥厚性瘢痕・ケロイドはなぜ出来る?」マルホ皮膚科セミナー

  • 【ラジオ出演】2012.12.10-14 ABCラジオ:健やかライフ パーソナリティ三代澤康司,桜井ういよ 「口唇裂・口蓋裂」

  • 【ラジオ出演】2019年5月23日,6月3日,10日 FMハロー(浜松):「人工皮膚」 おはようクリニック 浜松医師会提供

  • 【ラジオ出演】2019年10月27日,11月3日 SBSラジオ:「形成外科の進歩―再生医療でキズを早く治す」 SBSラジオサンデークリニック パーソナリティ大原裕美

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。