新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

がん研究会付属有明病院 腫瘍精神科 部長

日本精神神経学会 精神科専門医 日本総合病院精神医学会 一般病院連携精神医学専門医

清水 研 しみず けん 先生

公開日
2020/06/05

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科
  • 精神腫瘍科

資格・学会・役職

日本精神神経学会 精神科専門医
日本総合病院精神医学会 一般病院連携精神医学専門医
  • がん研究会付属有明病院 腫瘍精神科 部長

所属病院

がん研究会有明病院

  • 内科 血液内科 精神科 呼吸器外科 消化器外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 消化器内科
  • 東京都江東区有明3丁目8-31
  • ゆりかもめ「有明駅」 徒歩2分 りんかい線「国際展示場駅」 徒歩4分
  • 03-3520-0111
がん研究会有明病院

医療記事

来歴等

略歴

1998年 金沢大学医学部医学科 卒業
1998年 東京都立荏原病院内科系 研修医
2000年 東京都立荏原病院神経内科 研究員
2000年 国立精神・神経センター武蔵病院精神科 レジデント
2002年 東京都立豊島病院神経科 シニアレジデント
2003年 国立がんセンター 東病院神経科 レジデント
2004年 東京医科歯科大学医学部専攻生(精神行動医科学講座) 卒業
2005年 東京医科歯科大学 医学博士 取得
2006年 国立がんセンター中央病院精神科 医員
2010年 国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科 医員
2010年 国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科 副科長
2012年 国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科 科長
2020年 がん研究会付属有明病院腫瘍精神科 部長

論文

  • 緩和ケアチームの現状と将来.総合臨牀.第53巻第10号,2004

    清水 研,秋月伸哉,岡村優子,嶋本正弥,大庭章,浅井真理子,梅澤志乃,中野智仁,内富庸介.

  • せん妄の症状評価尺度-その信頼性と妥当性-.精神科治療学.22(8);901-907,2007

    松岡豊,西大輔,清水研.

  • うつ病・適応障害の診断と治療.腫瘍内科1(4):327-332,2007

    清水 研

  • 癌患者に対するメンタル・サポートの方法は? JOHNS.(23)3,2007

    清水 研,秋月伸哉,伊藤達彦,嶋本正弥,内富庸介.

  • 婦人科がんにおける心理的問題と精神疾患. 総合病院精神医学.  19:174-179, 2007

    清水 研, 梅澤志乃, 藤井光恵, 和田真理子, 水野明日香, 中野智仁, 秋月伸哉, 内富庸介.

  • がん医療における適応障害とうつ病-薬物療法と包括的介入.緩和ケア.(19)3,2009

    清水研

  • サバイバーとサバイバーシップ,腫瘍内科,5: 95-99,2010

    清水 研

  • がん患者の精神症状とそのスクリーニング,臨床精神薬理,13: 1287-1294,2010

    清水 研

  • がん患者に合併する抑うつ-臨床の実際,分子精神医学,11:81-83,2011

    清水 研

  • QOLを低下させる心の病。早期治療で改善を,がんサポート, 112:50-53,2012

    清水 研

  • 悪性腫瘍とうつ病.成人病と生活習慣病,36巻3号

    清水 研,秋月伸哉,岡村優子,嶋本正弥,中野智仁,内富庸介.

  • 緩和ケアにおいて心身医学はどのような貢献ができるか? 心身医学,52: 617-622,07,2012

    清水 研

  • ナショナルセンターとしてのあり方, 総合病院精神医学, 25(2),151-155, 2013

    清水 研

  • がん患者の大うつ病性障害および適応障害のスクリーニング.心身医学 54;20-28 2014

    清水 研

  • 無床総合病院精神科の医療活動.臨床精神医学 43(6)817-820 2014

    清水 研

  • 精神・社会的苦痛.日本医師会雑誌 143(1)339-340 2014

    清水 研

  • がん患者からサバイバーへ-心的外傷後成長理論によるがん体験者の心理的適応過程に関する解説-, 総合病院精神医学 25(4)398-404 2014

    中原理佳・清水 研

  • 肺がん患者に合併する抑うつの危険因子-大規模データベースを用いた身体・心理・社会的要因の包括的検討-, 総合病院精神医学 26(1) 58-68 2014

    清水 研,猪口浩伸

  • がん患者のケアに生かす心的外傷後成長の視点, 心身医学55 p399-404 2015

    清水研

  • 内服できず、予後が週~短い月の単位と考えられる場合のうつ病,  青海社25 p115-119 2015

    清水研

  • がん医療・緩和医療におけるうつ病患者への薬物療法の実際, Depression Strategy うつ病治療の新たなストラテジー 5 p14-16 2015

    清水研

  • がんサバイバーシップ-精神腫瘍科の立場から- Monthly Book MEDICAL REHABILITATION No191 p7-11 2015

    清水研

  • 特集「どうする?メンタルな問題-精神症状に対して内科医ができるこ-」 話がまとまらない, 内科臨床誌メディチーナ 医学書院 53(12)1890-1894 2016

    平山貴敏,清水研

  • 【がん患者のココロを支える】 対応が難しいケースへのアプローチ 怒り・否認を示す患者, 薬局(0044-0035)68巻8号 2867-2872 2017.07

    遠藤 麻惠, 平山 貴敏, 清水 研

  • 【医療従事者・支援者のストレスケア】 緩和ケアにかかわる医療従事者のストレス, 精神科(1347-4790)30巻6号 548-552 2017.06

    和田 佐保, 清水 研

  • 【[改訂版]精神科・わたしの診療手順】(第5章)抑うつ障害群 がん患者の抑うつ・不安, 臨床精神医学(0300-032X)45巻増刊号 201-204 2016.12

    和田 佐保, 清水 研, 内富 庸介

  • 【これからのリエゾン精神医学】 がん患者の精神的苦痛 不安と抑うつを中心に, 臨床精神医学(0300-032X)46巻1号 19-22 2017.01

    貞廣 良一, 清水 研

  • 【せん妄の診療と予防の実際】 終末期のせん妄, Progress in Medicine(0287-3648)36巻12号 1653-1657 2016.12

    平山 貴敏, 清水 研

  • 【がん患者のこころを救え~サイコオンコロジーの最前線~】 がん患者の不安,抑うつのマネジメント 最新の知見も含めて, 医薬ジャーナル(0287-4741)52巻12号2689-2693 2016.12

    中原 理佳, 清水 研

  • 【どうする?メンタルな問題-精神症状に対して内科医ができること】 診察場面での行動や会話からメンタルな問題を考えた時 話がまとまらない, Medicina(0025-7699)53巻12号 1890-1894 2016.11

    平山 貴敏, 清水 研

  • First-episode psychosis after taking an extract of Hypericum perforatnm(St John’s Wort).Hum Psychopharmacol Clin Exp.19:275-276,2004

    Shimizu K, Nakamura M,Isse K,And Pradeep J. Nathan.

  • Usefulness of the Nurse-Assisted Screening and Psychiatric Referral Program. CANCER. 103,9:1949-1956, 2005

    Shimizu K, Akechi T,Okamura M,Oba A,Fujimori M, Akizuki N, Uchitomi Y.

  • Psychological distress experienced by families of cancer patients; preliminary findings from psychiatric consultation pf a Cancer Center Hospital. 36:329-32, 2006

    Akechi T, Akizuki N, Okamura M, Shimizu K, Oba A, Ito T, Yoshikawa E, Nakano T, Inagaki M, Uchitomi Y.

  • Can psychiatric intervention improve major depression in very near end-of-life cancer patients? Palliat Support Care. 5:3-9, 2007

    Shimizu K, Akechi T, Shimamoto M, Okuyama T, Nakano A, Murakami T, Ito T, Oba A, Fujimori M,Akizuki N, Inagaki M, Uchitomi Y.

  • Associated and predictive factors of sleep disturbance in advanced cancer patients. Psycho oncology. 16:888-94, 2007

    Akechi T, Okuyama T, Akizuki N, Shimizu K, Inagaki M, Fujimori M, Shima Y, Furukawa TA, Uchitomi Y.

  • First panic attack episodes in head and neck cancer patients who have undergone radical neck surgery. J Pain Symptom Manage.34:575-8, 2007

    Shimizu K, Kinoshita H, Akechi T, Uchitomi Y, Andoh M.

  • Clinical experience of the use of a pharmacological treatment algorithm for major depressive disorder in patients with advanced cancer. Psycho oncology.17:154-60, 2007

    Okamura M, Akizuki N, Nakano T, Shimizu K, Ito T, Akechi T, Uchitomi Y.

  • Clinical experience of the modified nurse-assisted screening and psychiatric referral program. Palliat Support Care.6:29-32, 2008

    Shimizu K, Akizuki N, Akechi T, Okamura M, Oba A, Shimamoto M, Inagaki M, Uchitomi Y.

  • Psychiatric disorders and background characteristics of cancer patients' family members referred to psychiatric consultation service at National Cancer Center Hospitals in Japan. Palliat Support Care.6:225-30, 2008

    Asai M, Akechi T, Nakano T, Shimizu K, Umezawa S, Akizuki N, Uchitomi Y.

  • Suicide associated with corticosteroid use during chemotherapy: case report. Jpn J Clin Oncol. 40:174-6,2009

    Matsumoto Y, Shimizu K, Kinoshita H, Shimizu C, Uchitomi Y.

  • Gender differences in factors associated with suicidal ideation in major depression among cancer patients. Psycho oncology. 19:384-9,2010

    Akechi T, Shimizu K, et al

  • Feasibility and usefulness of the 'Distress Screening Program in Ambulatory Care' in clinical oncology practice. Psycho oncology. 19:718-25,2010

    Shimizu K, Ogawa A, Ishibashi Y, Umezawa S, Izumi H, Akizuki N, Fujiwara Y, Ando M, Katsumata N, Tamaru K, Kouno T, Shimizu C, Yonemori K, Yunokawa M, Uchitomi Y

  • Involvement of a psychiatric consultation service in a palliative care team at the Japanese cancer center hospital. Jpn J Clin Oncol 40:1139-46,2010

    Ogawa A, Shimizu K, Akizuki N, Uchitomi Y.

  • Treatment Response to Psychiatric Intervention and Predictors of Response Among Cancer Patients with Adjustment Disorders. Journal of Pain and Symptom Management 41 : 684-691,2011

    Shimizu K, Akizuki N, Nakaya N, Fujimori M, Fujisawa D, Ogawa A and Uchitomi Y

  • Usefulness of pharmacist-assisted screening and psychiatric referral program for outpatients with cancer undergoing chemotherapy. Psychooncology 20: 647-54,2011

    Ito T, Shimizu K, Ichida Y, Ishibashi Y, Akizuki N, Ogawa A, Fujimori M, Kaneko N, Ueda I, Nakayama K, Uchitomi Y.

  • Availability of psychiatric consultation-liaison services as an integral component of palliative care programs at Japanese cancer hospitals. Jpn J Clin Oncol. 42:42-52,2012

    Ogawa A, Nouno J, Shirai Y, Shibayama O, Kondo K, Yokoo M, Takei H, Koga H, Fujisawa D, Shimizu K, Uchitomi Y.

  • Clinical biopsychosocial risk factors for depression in lung cancer patients: a comprehensive analysis using data from the Lung Cancer Database Project. Annals of Oncology 23:1973-9, 2012

    Shimizu K, Nakaya N,Saito K,Akechi T,Yamada Y,Fujimori M,Ogawa A,Fujisawa D,Goto K,Iwasaki M,Tsugane S,Uchitomi Y.

  • Impaired mental health among the bereaved spouses of cancer patients. Psychooncology. 22:995-1001,2013

    Asai M, Akizuki N, Fujimori M, Shimizu K, Ogawa A, Matsui Y, Akechi T, Itoh K, Ikeda M, Hayashi R, Kinoshita T, Ohtsu A, Nagai K, Kinoshita H, Uchitomi Y.

  • Effects of Integrated Psychosocial Care for Distress in Cancer Patients. Jpn J Clin Oncol. 42: 154-457,2013

    Shimizu K

  • Barriers of healthcare providers against end-of-life discussions with pediatric cancer patients. Jpn J Clin Oncol. 44:729-735,2014

    Yoshida S, Shimizu K, Kobayashi M, Inoguchi H, Oshima Y, Dotani C, Nakahara R, Takahashi T, Kato M.

  • Personality traits and coping styles explain anxiety in lung cancer patients to a greater extent than other factors. Jpn J Clin Oncol. 45: 456-63,2015

    Shimizu K, Nakaya N, Saito-Nakaya K, Akechi T, Ogawa A, Fujisawa D, Sone T, Yoshiuchi K, Goto K, Iwasaki M, Tsugane S, Uchitomi Y

  • The Association between Depressive Symptoms and Age in Cancer Patients: A Multicenter Cross-Sectional Study. J pain Symptom Manage. 50(6):768-77 2015

    Wada S, Shimizu K, Inoguchi H, Shimoda H, Yoshiuchi K, Akechi T, Uchida M, Ogawa A, Fujisawa D, Inoue S, Uchitomi Y, Matsushima E

  • Prevalence and predictive factors of depression and anxiety in patients with pancreatic cancer: a longitudinal study. Jpn J Clin Oncol. 46(1):71-7,2016

    Akizuki N, Shimizu K, Asai M, Nakano T, Okusaka T, Shimada K, Inoguchi H, Inagaki M, Fujimori M, Akechi T, Uchitomi Y.

  • Screening for untreated depression in cancer patients: a Japanese experience. Jpn J Clin Oncol. IN PRESS

    Inouguch H, Shimizu K, Shimoda H, Yoshiuchi K, Akechi T, Uchida M, Ogawa A, Fujisawa D, Inoue S, Uchitomi Y

  • Impact of depression on health utility value in cancer patients. Psychooncology. 25(5):491-5 2016

    Fujisawa D, Inoguchi H, Shimoda H, Yoshiuchi K, Inoue S, Ogawa A, Okuyama T, Akechi T, Miura M, Shimizu K, Uchitomi Y

  • Yokukansan for the treatment of preoperative anxiety and postoperative delirium in colorectal cancer patients: a retrospective study. Jpn J Clin Oncol. 1;47(9):844-848,2017

    Wada S, Inoguchi H, Hirayama T, Matsuoka YJ, Uchitomi Y, Ochiai H, Tsukamoto S, Shida D, Kanemitsu Y, Shimizu K.

著書

  • 【著】がんで不安なあなたに読んでほしい。 自分らしく生きるためのQ&A 清水 研 | 2020/4/18

  • 【著】もしも一年後、この世にいないとしたら。 文響社

  • 【共著】国立がん研究センターのこころと苦痛の本~こころと体のつらさを和らげるためにできること~ がんの本 (小学館クリエイティブ) 清水研, 里見絵理子他

  • 【共著】心的外傷後成長ハンドブック: 耐え難い体験が人の心にもたらすもの 宅 香菜子、 清水 研 | 2014/1/14

  • 【共著】長谷川恒夫.精神症状.一般病棟における緩和ケアマニュアル.編集小川道雄. へるす出版.174-181.2005

  • 【共著】サイコオンコロジーとチーム医療.気分障害.編集上島国利,樋口輝彦,野村総一郎,大野裕,神庭重信,尾崎紀夫.医学書院 610-615 2008

  • 【共著】清水 研:サバイバーシップ,内富庸介・小川朝生(編) 精神腫瘍学,医学書院, 318-322, 2011

  • 【共著】清水 研:不安障害,内富庸介・小川朝生(編) 精神腫瘍学,医学書院,116-119, 2011

  • 【共著】清水 研:うつ病・適応障害,内富庸介・小川朝生(編) 精神腫瘍学,医学書院, 96-107, 2011

  • 【編集】清水 研:(編) がん医療に携わるすべての医師のための心のケアガイド, 真興交易出版, 2011

  • 【共著】清水 研・宅 香菜子:心的外傷後成長ハンドブック-耐え難い体験が人の心にもたらすもの.医学書院 2014

  • 【共著】清水 研:うつ病・適応障害. 上村恵一・小川朝生・谷向仁・船橋英樹(編) がん患者の精神症状はこう診る向精神薬はこう使う じほう 30-45 2015

  • 【共著】清水 研・白木 明雄:心的外傷後成長 了解可能な苦悩にかかわるために理解しておきたい概念 精神医学 医学書院 517-523 2018

  • 【監修】清水 研 国立がん研究センターの胃がんの本 小学館 2018

  • 【監修】清水 研 国立がん研究センターの大腸がんの本 小学館 2018

  • 【監修】清水 研 国立がん研究センターの肺がんの本 小学館 2018

  • 【監修】清水 研 国立がん研究センターの乳がんの本 小学館 2018

  • 【監修】清水 研 国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本 小学館 2018

  • 【共著】清水 研 PHPくらしラク~る♪増刊号 2018年8号 小児がんの子供たちから教えてもらうこと PHP 130-133 2018

  • 【共著】清水 研・鳥越 一宏:薬剤師が行うこころのケア 月間薬(vol.60 No.13) 92-100 2018.10

  • 【共著】Shimizu K: Treatment of Anxiety and Stress-Related Disorders. Luigi Grassi, Michelle Riba (Editors) Psychopharmacology in Oncology and Palliative Care. Springer. 129-144, 2014

その他

  • 【学術発表】清水研:パネルディスカッション:精神腫瘍医へのキャリアパス.第20回日本サイコオンコロジー学会総会.2007.11.29-30.札幌

  • 【学術発表】清水研:シンポジウム・緩和ケアチームにおける精神科医の役割;がん専門病院の精神科医の視点から.第20回日本サイコオンコロジー学会総会.2007.11.29-30.札幌

  • 【学術発表】清水 研:院内でつなげる緩和医療;緩和ケア活動期の課題と対応.第13回日本緩和医療学会学術大会.2008.7.4-5.静岡

  • 【学術発表】清水 研:がん医療における精神医療の役割;がん患者に対する薬物療法.第104回日本精神神経学会総会.2008.5.29-31.東京

  • 【学術発表】清水 研:心のケアの多職種コラボレーション-精神症状緩和の均てん化に向けて-;精神腫瘍医(精神科医)の立場から.第21回日本サイコオンコロジー学会総会.2008.10.9-10.東京

  • 【学術発表】清水 研:がんと精神疾患; 国立精神・神経センターシンポジウム公開シンポジウム「身体疾患と精神疾患:ナショナルセンターの試み」. 2009.6.23. 東京

  • 【学術発表】清水 研:シンポジウム:緩和医療と精神腫瘍学の役割:予防から終末期ケアまで-「精神的苦痛の早期発見と早期治療」 第70回日本癌学会学術総会 2011.10名古屋

  • 【学術発表】清水 研:シンポジウム:緩和医療における精神医学的アプローチの基礎と臨床:「精神腫瘍学と医療チームによる臨床の実際」第5回日本緩和医療薬学会年会 2011.09 幕張

  • 【学術発表】清水 研:早期からの緩和ケアを実現するために.第25回日本総合病院精神医学会総会 2012.11 東京

  • 【学術発表】清水 研:腫瘍内科医、看護師との協働によるストレス早期発見・対応プログラム. 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会 2012.7 大阪

  • 【学術発表】清水 研:精神腫瘍医の自身の経験を振り返って.  第109回日本精神神経学会学術総会 2013.5 福岡

  • 【学術発表】清水 研:うつ状態の早期発見、早期治療への取り組み. 第10回日本うつ病学会総会 2013.7 福岡

  • 【学術発表】清水 研:精神腫瘍医が担っていく役割(精神症状のスクリーニングについて).第26回日本サイコオンコロジー学会総会 2013.9 大阪

  • 【学術発表】清水 研:精神科医がサイコオンコロジーを始めるときの苦労. 第26回日本総合病院精神医学学会総会 2013.11 京都

  • 【学術発表】清水 研:「統合失調症の内科・外科疾患はどこで治療管理されるべきか?」がん専門病院に勤務する精神科医の立場から.第9回日本統合失調症学会 2014.3 京都

  • 【学術発表】清水 研:日本人のがん患者における心的外傷後成長. 第13回日本トラウマティックストレス学会 2014.5 福島

  • 【学術発表】清水 研:緩和ケア『がん患者に対する心身医学的アプローチ』 日本心身医学 2014.6 幕張

  • 【学術発表】清水 研:患者・家族と信頼関係を築くための支持的コミュニケーションのコツ.第19回日本緩和医療学会学術大会 2014.6 神戸

  • 【学術発表】清水 研:がん患者・家族のうつ病治療再考 薬物療法.第11回日本うつ病学会総会 2014.7 広島

  • 【学術発表】清水 研:がん患者の治療と就労の両立支援.第52回日本癌治療学会学術集会 2014.8 横浜

  • 【学術発表】清水 研:病は人を成長させるのか?~心的外傷後成長(PTG)の研究と実体験.第27回日本サイコオンコロジー学会総会 2014.10 東京

  • 【学術発表】清水 研:新たながん診療提供体制において求められるがん患者のうつ病マネージメント.第27回日本サイコオンコロジー学会総会 2014.10 東京

  • 【学術発表】清水 研:がん専門病院、大学病院、総合病院における精神腫瘍医~それぞれの立場で果たすべき役割の違いとは~.第27回日本総合病院精神医学会総会 2014.11 茨城

  • 【学術発表】清水 研:がん患者に合併する精神症状と行動医学的アプローチの可能性.第19回日本行動医学会学術総会 2014.11 東京

  • 【学術発表】清水 研:シンポジウム:がん患者の精神症状への対応ー精神科医の立場からー.第19回日本心療内科学会総会・学術大会 2014.11 東京

  • 【学術発表】清水研 シンポジウム:進行・終末期がん患者への精神療法;ただ支持し続けることの大切さ 第111回日本精神神経学会学術総会 2015.06.04 大阪

  • 【学術発表】清水研 シンポジウム:日本人のがん患者における心的外傷後成長 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会 2015.07.17 札幌

  • 【学術発表】清水 研 シンポジウム:がん患者・家族の抑うつ・不安に対する新たなアプローチ がん患者のレジリエンスの促進:外傷後成長の視点から 第13回日本うつ病学会総会 2016.8 名古屋

  • 【学術発表】清水研 シンポジウム:がん患者に合併するうつ病への適切な薬物療法とは? 第29回日本総合病院精神医学会総会 2016.11 東京

  • 【学術発表】清水 研 ワークショップ:進行がん患者の人生の意味に焦点を当てた精神療法(モデレーター)がん緩和ケアに関する国際会議 2017.6 札幌

  • 【学術発表】清水 研 シンポジウム:がん臨床に携わる精神科医に光を与える精神力動的コンサルテーション 第113回日本精神神経学会学術総会 2017.6 名古屋

  • 【学術発表】清水 研 委員会シンポジウム26(心理技術職に関する委員会)公認心理師のカリキュラム等検討会報告とさまざまな領域における精神医学の心理学の協働:がん医療領域における精神医学と心理学の協働 第113回日本精神神経学会学術総会 2017.6 名古屋

  • 【学術発表】清水 研 ワークショップ(司会・コーディネーター):リエゾン精神科医が扱う倫理的問題-医学的に正しいとされる選択と患者の意向が異なるとき 第114回日本精神神経学会学術総会 2018.6

  • 【学術発表】清水 研 自殺対策委員会企画シンポジウム:がん患者の自殺リスクに立ち向かう-最新の動向とエビデンス- がん患者の抑うつに対する非薬物療法のエビデンス 第15回日本うつ病学会総会 2018.7

  • 【学術発表】清水 研 がん患者のうつ病~適切に診断して介入することの大切さ~ 第31回日本サイコオンコロジー学会総会 2018.9

  • 【学術発表】清水 研 シンポジウム(座長):多職種が知恵を出し合って行うせん妄対策 第31回日本サイコオンコロジー学会総会 2018.9

  • 【学術発表】清水 研 ワークショップ:死の恐怖を背景に、激しい怒りを呈する患者のコンサルテーション~精神腫瘍学研修会~ 第31回日本総合病院精神医学会総会 2018.11

  • 【学術発表】Shimizu K,Akechi T, Okamura M,Oba A,Fujimori M,Akizuki N,Uchitomi Y:Feasibility and Usefulness of the Distress and Impact Thermometer as a Brief Screening Tool to Detect Psychological Distress in Clinical Oncology Practice.IPOS 7th World Congress of Psycho-Oncology.2004.8.25-28.Copenhagen , Denmark

  • 【学術発表】Shimizu K,Akechi T,Shimamoto M,Okamura M,Akizuki N,Uchitomi Y:Can psychiatric intervention improve major depression in very near end-of-life cancer patients?;Academy of Psychosomatic Medicine 54th Annual Meeting,2007.11.14-18. Amelia Island, Florida USA

  • 【学術発表】Shimizu K,Kinoshita H, Akechi T, Andoh M, Uchitomi Y:First Panic Attack Episodes in Head and Neck Cancer Patients Who Have Undergone Radical Neck Surgery:IPOS 10th World Congress of Psycho-Oncology.2008.7.9-13. Madrid, Spain

  • 【学術発表】Shimizu K:Symposium;Cancer related distress in China, Japan, and Korea;Distress in Japanese Cancer Patients.IPOS 10th World Congress of Psycho-Oncology.2008.7.9-13. Madrid, Spain

  • 【学術発表】Shimizu K:symposium;Psychological Screening in Japanese Oncology Setting.East Asia Psycho-Oncology Society.2008.10.8.Tokyo, Japan

  • 【学術発表】Shimizu K:Clinical bio-psycho-social risk factors for depression in lung cancer patients: a comprehensive analysis using data from the Lung Cancer Database Project. IPOS 14th World Congress of Psycho-oncology, 2012.11.13-15, Brisbane, Australia

  • 【学術発表】Shimizu K:Clinical bio-psycho-social risk factors for depression in lung cancer patients: a comprehensive analysis using data from the Lung Cancer Database Project. The Third Meeting of East Asia Psycho-Oncology Society.2012.9.7 , Beijing,China

  • 【学術発表】Shimizu K: Clinical bio-psycho-social risk factors for depression in lung cancer patients :a comprehensive analysis using date from the Lung Cancer Datebase Project. 韓国心身医学会, 2013.6, KOREA

  • 【学術発表】Shimizu K:Personality traits and coping styles explain anxiety in lung cancer patients to a greater extent than other factors, 15th IPOS, 2013.11 Rotterdam Nederland

  • 【テレビ出演】2018年 NHK あさイチ

  • 【テレビ出演】2018年 NHK Eテレ 人生レシピ

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。