がん研有明病院 大腸外科 部長

日本外科学会 指導医・外科専門医 日本消化器外科学会 評議員・指導医・消化器外科専門医 日本消化器病学会 指導医・消化器病専門医 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本大腸肛門病学会 評議員・大腸肛門病指導医・大腸肛門病専門医 日本臨床外科学会 評議員 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 日本食道学会 会員 日本胃癌学会 会員 日本癌治療学会 会員

福長 洋介 ふくなが ようすけ 先生

公開日
2021/08/23

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 【診療科】大腸外科
  • 【疾患名】直腸がん【治療法】腹腔鏡下手術、ロボット支援下腹腔鏡下手術、肛門温存手術、術前化学放射線療法
  • 【疾患名】直腸カルチノイド【治療法】腹腔鏡下手術、ロボット支援下腹腔鏡下手術、肛門温存手術
  • 【疾患名】結腸がん【治療法】腹腔鏡下手術、腹腔鏡内視鏡合同手術

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医・外科専門医
日本消化器外科学会 評議員・指導医・消化器外科専門医
日本消化器病学会 指導医・消化器病専門医
日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本大腸肛門病学会 評議員・大腸肛門病指導医・大腸肛門病専門医
日本臨床外科学会 評議員
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本食道学会 会員
日本胃癌学会 会員
日本癌治療学会 会員
  • がん研有明病院 大腸外科 部長

所属病院

がん研究会有明病院

  • 内科 血液内科 精神科 呼吸器外科 消化器外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 漢方内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科
  • 東京都江東区有明3丁目8-31
  • ゆりかもめ 有明 徒歩2分 りんかい線 国際展示場 徒歩4分 ゆりかもめ 有明 徒歩2分 りんかい線 国際展示場 徒歩4分
  • 03-3520-0111
公式ウェブサイト
がん研究会有明病院

来歴等

略歴

1987年 大阪市立大学医学部 卒業
1987年 大阪市立大学医学部第2外科 研修医
1989年 大阪市立大学医学部第2外科 研修医終了
1989年 大阪市立大学大学院医学研究科 入学
1993年 大阪市立大学大学院医学研究科 修了
1993年 マンチェスター大学ホープ病院 リサーチフェロー
1994年 マンチェスター大学ホープ病院 リサーチフェロー修了
1994年 大阪市立総合医療センター消化器外科 研究医
1999年 大阪市立総合医療センター消化器外科 医長
2003年 大阪市立総合医療センター消化器外科 副部長
2008年 大阪市立十三市民病院外科 副部長
2009年 社会福祉法人生長会 ベルランド総合病院内視鏡外科 部長
2010年 がん研有明病院消化器外科 医長
2014年 がん研有明病院消化器外科 下部消化管担当副部長
2015年 がん研有明病院消化器外科 大腸外科副部長
2018年 がん研有明病院 がん研有明病院 消化器センター長
2019年 がん研有明病院 大腸外科部長

論文

  • 1. SMA領域・IMA領域の郭清範囲 腹腔鏡下大腸癌手術の要点と盲点(83) 株式会社文光堂 2016

    杉原健一・坂井義治編

  • 2. 【イラストで学ぶ消化器外科再建法のすべて】大腸 大腸切除後再建 器械吻合 端々三角吻合法 外科78(12) :1382-1387 2016

  • 3. 術前化学放射線療法のメリットとデメリット 日本臨床 (74):1857-1862 2016

  • 4. 【直腸癌局所再発に対する治療】 直腸癌局所再発に対する手術手技 腹腔鏡下骨盤内臓全摘術 外科 78(13):1474-1478 2016

  • 5. 回腸カルチノイドの4例 日本臨床外科学会雑誌 77(7):1686-1690 2016

  • 6. 【腹腔鏡による骨盤内拡大手術】 子宮腟合併切除術 手術70(8):1071-1075 2016

  • 7. 消化器外科手術アトラス 右側結腸癌に対する腹腔鏡下結腸右半切除術 後腹膜剥離先行アプローチ法 消化器外科 39(1):1-10 2016

  • 8. 【進行大腸癌に対する内視鏡外科手術の限界】 他臓器合併切除を要する局所進行大腸癌に対する内視鏡外科手術 外科78(3):264-272 2016

  • 9. Ip+IIc型早期大腸癌の臨床病理学的検討 日本消化器内視鏡学会雑誌 59(11):2592-2600 2017

  • 10. 直腸Laterally Spreading Tumor病変に対して内視鏡的切除施行後pTisであったが2年後にリンパ節再発を来した1例 癌と化学療法 44(12):1562-1564 2017

  • 11. 化学療法無効卵巣転移を伴う横行結腸癌に対し手術施行後化学療法を再開し得た1例 癌と化学療法 44(12):1526-1528 2017

  • 12. 進行直腸癌に対する術前短期放射線療法後の腹腔鏡下手術の安全性に関する検討 癌と化学療法 44(12):1506-1508 2017

  • 13. 【究極のこだわり 直腸癌に対する腹腔鏡下手術】放射線化学療法後の腹腔鏡下直腸癌手術 消化器外科 40(13):1801-1808 2017

  • 14. 外科医を育てる![第10回] がん研有明病院における大腸外科レジデントの指導 外科79(13):1379-1382 2017

  • 15. 【直腸癌側方転移の診断と治療】治療・手術 術前化学放射線療法と側方郭清 外科79(6):525-531 2017

  • 16. S状結腸癌異時性限局性腹膜播種に対して腹腔鏡下切除を施行した1例 手術 71(1):105-108 2017

  • 17. 当院における直腸癌StageⅣに対する治療戦略と予後因子の検討 癌の臨床 63(6):489-497 2017

  • 18. Marginally resectable 局所進行大腸癌への治療戦略 3.SMA中枢に腫大リンパ節を伴う右側結腸癌 日本外科学会雑誌 119(5):475-481 2018

  • 19. 婦人科骨盤内リンパ節郭清後の露出脈管による絞扼性イレウスの1例 日本消化器外科学会雑誌 51(4):271-278 2018

  • 20. 【進行消化器癌のconversion surgery】 大腸癌局所進行直腸癌 外科 80(1):45−50 2018

  • 21. 【消化器癌に対する最新の集学的治療戦略】 大腸癌の集学的治療戦略 外科 80(8):832-836 2018

  • 22. 【ここが知りたい!腹腔鏡下大腸手術】 他臓器浸潤直腸癌に対する合併切除術 消化器外科41(7):1061-1068 2018

  • 23. 高度進行消化器癌に対する手術:下部消化管 高度進行直腸癌に対する腹腔鏡下骨盤内臓全摘術 手術 増刊号 73(4):483-489 2019

  • 24. 肥満症例に対する腹腔鏡下手術: 肥満症例に対する腹腔鏡下直腸切除術の留意点と工夫 外科 81(3):245-249 2019

  • 25. 当直医必携!「右下腹部痛」を極める:腫瘍性疾患の治療 右側結腸癌 臨床外科 74(1):65-69 2019

  • 26. 特集 膵・消化管神経内分泌腫瘍-診断・治療の基本と最新動向 小腸・結腸・直腸神経内分泌腫瘍の外科治療 臨床外科 74(9):1066-1069 2019

  • 27. 【特集 消化器腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)up date 】胃粘膜下腫瘍以外に対するLECS 大腸腫瘍に対するLECS 外科 81(11):1158-1164 2019

  • 28. 【先進施設に学ぶ!進行直腸癌の治療方針】当院における進行直腸癌に対する治療 消化器外科 42(8):1161-1175 2019

  • 29. 【大腸手術における術前経口抗菌薬投与の是非】腹腔鏡下大腸手術における予防的経口抗菌薬の是非 Consの立場から 日本外科感染症学会雑誌 16(4):209-216 2019

  • 30 .【腹腔鏡下大腸癌手術におけるメインデバイスの選択-電気メスvs.超音波凝固切開装置】腹腔鏡下結腸右半切除術 電気メス主体の立場から 手術73(11):1529-1535) 2019

  • 31. 【外科解剖に基づく腹腔鏡下横行結腸癌手術】中部横行結腸癌に対するD3リンパ節郭清を伴う腹腔鏡下結腸部分切除術 手術 73(8):1183-1187 2019

  • 32. 【特集 大学病院では学べない外科臨床】ストーマ脱出・脱落(壊死)ー診断と治療 外科 82(5):441-447 2020

  • 33. 【特集 進行直腸癌のベストプラクティス Ⅱ】各論NACRTの適応と成績 外科 82(7):724-729 2020

  • 34. 【特集 大腸癌に対する内視鏡手術の進歩】3.RPS(Reduced port surgery)—細径鉗子を用いた腹腔鏡下大腸切除術— 日本外科学会雑誌 121(3):294-300 2020

  • 35. 誌上ディベート(第19回) 直腸癌に対するCRT後のwatch and waitの是非:Yes vs.No:Yesの立場から 消化器外科 43(2):218-225 2020

  • 36. 【特集 大腸癌手術におけるリンパ節郭清の理論と手技】大腸癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清 手術 74(3):281-289 2020

  • 37. 【特集大腸外科手術におけるトラブルシューティング】Ⅰ.術中出血9) ロボット支援下直腸癌手術における術中出血の予防と対処法 手術 74(8):1139-1144 2020

  • 38. 直腸癌の集学的治療 日本消化器病学会雑誌 117(7):571-579 2020

  • 39. 【T4b大腸癌に対する腹腔鏡下手術 安全・確実に病変を取り除くために!】精嚢・前立腺浸潤 消化器外科 43(8):1213-1221

  • 40. 縫合・吻合法の基本 ロボット手術で使用する縫合・吻合デバイスの種類と特徴 臨床外科 増刊号 75(11):22-23 2020

  • 41. 【特集 消化器外科手術助手の極意-開腹からロボット手術まで】下部消化管領域 腹腔鏡下直腸切除術における助手の極意 臨床外科 75(12) 2020

  • 42. Robotic Extralevator Abdominoperineal Resection With en Bloc Multivisceral Resection and Lateral Lymph Node Dissection for Rectal Cancer. Techniques in Coloproctology 24(10):1093-1094 2020

  • 43. Clinical Significance of Clonal Hematopoiesis in the Interpretation of Blood Liquid Biopsy. Mol Oncol 14(8):1719-1730 2020

  • 44. Serial Circulating Tumour DNA Analysis for Locally Advanced Rectal Cancer Treated With Preoperative Therapy: Prediction of Pathological Response and Postoperative Recurrence. Br J Cancer 123(5):803-810 2020

  • 45. Needlescopic surgery for very low rectal cancer with no abdominal skin incision. Asian J Endosc Surg 13(2):180-185 2020

  • 46. Educational system for acquiring appropriate laparoscopic colorectal surgical skills: analysis in a Japanese high-volume cancer center. Surg Endosc 2020

  • 47. Laparoscopic multivisceral resection for locally advanced colon cancer: a single-center analysis of short- and long-term outcomes. Surgery Today 50(9):1024-1031 2020

  • 48. Radiomics Approach Outperforms Diameter Criteria for Predicting Pathological Lateral Lymph Node Metastasis After Neoadjuvant (Chemo)Radiotherapy in Advanced Low Rectal Cancer. Ann Surg Oncol 27(11):4273-4283 2020

  • 49. Laparoscopic-endoscopic cooperative surgery for ileal lipoma: A case report. Asian J Endosc Surg 13(2):219-222 2020

  • 50. Comprehensive Comparative Analysis of Prognostic Value of Systemic Inflammatory Biomarkers for Patients with Stage I/III Colon Cancer. Ann Surg Oncol 27(3):844-854 2020

  • 51. Laparoscopic and Robotic Lateral Lymph Node Dissection for Rectal Cancer. Surgery Today 50(3):209-216 2020

  • 52. Adding narrow-band imaging to chromoendoscopy for the evaluation of tumor response to neoadjuvant therapy in rectal cancer. Dis Colon Rectum 64(1):53-59 2020

  • 53. The advantage of one-step nucleic acid amplification for the diagnosis of lymph node metastasis in colorectal cancer patients. Ann Gastroenterol Surg 18(7):1891-8 2020

  • 54. Prognostic nutritional index and postoperative outcomes in patients with colon cancer after laparoscopic surgery. Surgery Today 50(12):1633-1643 2020

  • 55. Risk factors for outlet obstruction after laparoscopic surgery and diverting ileostomy for rectal cancer. Surgery Today 2020

  • 56. T-cell complexity and density are associated with sensitivity to neoadjuvant chemoradiotherapy in patients with rectal cancer. Cancer Immunol Immunother 2020

  • 57. Laparoscopic transabdominal dissection and transection of the distal rectum followed by local excision through the anus for rectal gastrointestinal stromal tumor. Dis Colon Rectum 63(11): e542 2020

  • 58. Effects of needlescopic surgery on postoperative pain in intersphincteric or abdominoperineal resection. Langenbeck's Archives of Surgery 2020

  • 59. Analysis of clinicopathological characteristics of appendiceal tumors in Japan: A multicenter collaborative retrospective clinical study: A Japanese nationwide survey. Dis Colon Rectum 63(10): 1403-1410 2020

  • 60. Feasibility of needlescopic surgery for colorectal cancer: safety and learning curve for Japanese Endoscopic Surgical Skill Qualification System-unqualified young surgeons. Surg Endosc 34(2): 752-757 20201.

著書

  • 1. 大腸がんの最新治療 2011年 株式会社主婦の友社 福長洋介

  • 2. 名医が語る最新・最良の治療 大腸がん 2012年 株式会社法研 担当部分 p.94-109 福長洋介

  • 3. がん研スタイル 腹腔鏡下大腸切除術 2013年 株式会社メジカルビュー社 担当部分 p10-14、p32-48、p96-101 福長洋介

  • 4. 腹腔鏡下消化器外科手術 標準手技シリーズ2 下部消化管 2015年 株式会社メジカルビュー社 担当部分 p.140-154 小西毅 福長洋介、上野雅資

  • 5. イラストと写真で見る内視鏡医と外科医のコラボレーション手術 2015年 株式会社メジカルビュー社 担当部分 p141-147 福長洋介

  • 6. 最新 大腸がん治療 2017年 株式会社主婦と生活社 福長洋介

  • 7. これならわかる! 消化器外科の看護ケア 2021年 株式会社ナツメ社 福長洋介

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。