新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

がん研究会有明病院 放射線治療部 部長

日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医・代議員 日本医学放射線学会 放射線科専門医 日本泌尿器腫瘍学会 会員 日本婦人科腫瘍学会 代議員 American Society for Radiation Oncology(ASTRO) 会員 European Society for Radiotherapy and Oncology(ESTRO) 会員

吉岡 靖生 よしおか やすお 先生

公開日
2021/07/05

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 放射線科
  • 吉岡先生の前立腺がんの専門領域
    • 高線量率組織内照射(HDR)
    • 定位照射(SBRT)
    • 強度変調放射線治療(IMRT)
    • 小線源治療
  • 吉岡先生の子宮頸がんの専門領域
    • 腔内照射
    • 組織内照射
    • 組織内照射併用腔内照射(ハイブリッド小線源治療)
    • 強度変調放射線治療(IMRT)

資格・学会・役職

日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医・代議員
日本医学放射線学会 放射線科専門医
日本泌尿器腫瘍学会 会員
日本婦人科腫瘍学会 代議員
American Society for Radiation Oncology(ASTRO) 会員
European Society for Radiotherapy and Oncology(ESTRO) 会員
  • がん研究会有明病院 放射線治療部 部長

所属病院

がん研究会有明病院

  • 内科 血液内科 精神科 呼吸器外科 消化器外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 漢方内科 肝胆膵外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科
  • 東京都江東区有明3丁目8-31
  • ゆりかもめ 有明 徒歩2分 りんかい線 国際展示場 徒歩4分 ゆりかもめ 有明 徒歩2分 りんかい線 国際展示場 徒歩4分
  • 03-3520-0111
公式ウェブサイト
がん研究会有明病院

来歴等

略歴

1995年 大阪大学医学部  卒業
2002年 大阪大学大学院 修了 医学博士取得
2002年 静岡がんセンター放射線治療科 副医長
2004年 大阪大学放射線医学 助教
2005年 大阪大学放射線治療学 講師
2008年 大阪大学放射線治療学 准教授
2017年 がん研究会有明病院放射線治療部 高精度放射線治療担当部長
2020年 がん研究会有明病院放射線治療部 部長

論文

  • 1, High-dose-rate interstitial brachytherapy as a monotherapy for localized prostate cancer: Treatment description and preliminary results of a phase I/II clinical trial. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2000;48:675-681

    Yoshioka Y, Nose T, Yoshida K, Inoue T, Yamazaki H, Tanaka E, Shiomi H, Imai A, Nakamura S, Shimamoto S, Inoue T

  • 2, Proposal of a new grading system for evaluation of tongue hemiatrophy as a late effect of brachytherapy for oral tongue cancer. Radiother Oncol 2001;61:87-92

    Yoshioka Y, Yoshida K, Shimizutani K, Furukawa S, Inoue T, Teshima T, Yamazaki H, Tanaka E, Inoue T

  • 3, High-dose-rate brachytherapy as monotherapy for localized prostate cancer: A retrospective analysis with special focus on tolerance and chronic toxicity. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2003;56:213-220

    Yoshioka Y, Nose T, Yoshida K, Oh RJ, Yamada Y, Tanaka E, Yamazaki H, Inoue T, Inoue T

  • 4, Impact of mitochondrial DNA on radiation sensitivity of transformed human fibroblast cells: Clonogenic survival, micronucleus formation and cellular ATP level. Radiat Res 2004;162:143-147

    Yoshioka Y, Yamazaki H, Yoshida K, Ozeki S, Inoue T, Yoneda M, Inoue T

  • 5, Evaluation of anatomy-based dwell position and inverse optimization in high-dose-rate brachytherapy of prostate cancer: A dosimetric comparison to a conventional cylindrical dwell position, geometric optimization, and dose-point optimization. Radiother Oncol 2005;75:311-317

    Yoshioka Y, Nishimura T, Kamata M, Harada H, Kanazawa K, Fuji H, Murayama S

  • 6, High-dose-rate brachytherapy without external beam irradiation for locally advanced prostate cancer. Radiother Oncol 2006;80:62-68

    Yoshioka Y, Konishi K, Oh RJ, Sumida I, Yamazaki H, Nakamura S, Nishimura K, Nonomura N, Okuyama A, Inoue T

  • 7, Prostate Risk Index (PRIX) as a new method of risk classification for clinically localized prostate cancer. Strahlenther Onkol 2007;183:490-496

    Yoshioka Y, Inoue T

  • 8, Current status and perspectives of brachytherapy for prostate cancer. Int J Clin Oncol 2009;14:31-36

    Yoshioka Y

  • 9, External-beam radiotherapy for clinically localized prostate cancer in Osaka, Japan, 1995-2006: Time trends, outcome, and risk stratification. Strahlenther Onkol 2009;185:446-452

    Yoshioka Y, Suzuki O, Kobayashi K, Teshima T, Yamada Y, Kotsuma T, Koizumi M, Kagawa K, Chatani M, Shimamoto S, Tanaka E, Yamazaki H, Inoue T

  • 10, Monotherapeutic high-dose-rate brachytherapy for prostate cancer: Five-year results of an extreme hypofractionation regimen with 54 Gy in nine fractions. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2011;80:469-475

    Yoshioka Y, Konishi K, Sumida I, Takahashi Y, Isohashi F, Ogata T, Koizumi M, Yamazaki H, Nonomura N, Okuyama A, Inoue T

  • 11, Analysis of late toxicity associated with external beam radiation therapy for prostate cancer with uniform setting of classical 4-field 70 Gy in 35 fractions: A survey study by the Osaka Urological Tumor Radiotherapy Study Group. J Radiat Res 2013;54:113-125

    Yoshioka Y, Suzuki O, Nishimura K, Inoue H, Hara T, Yoshida K, Imai A, Tsujimura A, Nonomura N, Ogawa K

  • 12, The emerging role of high-dose-rate (HDR) brachytherapy as monotherapy for prostate cancer. J Radiat Res 2013;54:781-8

    Yoshioka Y, Yoshida K, Yamazaki H, Nonomura N, Ogawa K

  • 13, Monotherapeutic high-dose-rate brachytherapy for prostate cancer: A dose reduction trial. Radiother Oncol 2014;110:114-9

    Yoshioka Y, Konishi K, Suzuki O, Nakai Y, Isohashi F, Seo Y, Otani Y, Koizumi M, Yoshida K, Yamazaki H, Nonomura N, Ogawa K

  • 14, High-dose-rate brachytherapy as monotherapy for prostate cancer: technique, rationale and perspective. J Contemp Brachytherapy 2014;6:91-8

    Yoshioka Y, Suzuki O, Otani Y, Yoshida K, Nose T, Ogawa K

  • 15, Factors influencing survival outcome for radiotherapy for biliary tract cancer: A multicenter retrospective study. Radiother Oncol 2014;110:546-52

    Yoshioka Y, Ogawa K, Oikawa H, Onishi H, Uchida N, Maebayashi T, Kanesaka N, Tamamoto T, Asakura H, Kosugi T, Hatano K, Yoshimura M, Yamada K, Tokumaru S, Sekiguchi K, Kobayashi M, Soejima T, Isohashi F, Nemoto K, Nishimura Y the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG)

  • 16, Impact of intraluminal brachytherapy on survival outcome for radiation therapy for unresectable biliary tract cancer: A propensity-score matched-pair analysis. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2014;89:822-9

    Yoshioka Y, Ogawa K, Oikawa H, Onishi H, Kanesaka N, Tamamoto T, Kosugi T, Hatano K, Kobayashi M, Ito Y, Takayama M, Takemoto M, Karasawa K, Nagakura H, Imai M, Kosaka Y, Yamazaki H, Isohashi F, Nemoto K, Nishimura Y, and the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG)

  • 17, Editorial Comment to Therapeutic outcomes of neoadjuvant and concurrent androgen-deprivation therapy and intensity-modulated radiation therapy with gold marker implantation for intermediate-risk and high-risk prostate cancer. Int J Urol 2015;22:482-3

    Yoshioka Y

  • 18, High-dose-rate brachytherapy as monotherapy for intermediate- and high-risk prostate cancer: Clinical results for a median 8-year follow-up. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2016;94:675-82

    Yoshioka Y, Suzuki O, Isohashi F, Seo Y, Okubo H, Yamaguchi H, Oda M, Otani Y, Sumida I, Uemura M, Fujita K, Nagahara A, Ujike T, Kawashima A, Yoshida K, Yamazaki H, Nonomura N, Ogawa K

  • 19, Nationwide, multicenter, retrospective study on high-dose-rate brachytherapy as monotherapy for prostate cancer. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2017;97:952-961

    Yoshioka Y, Kotsuma T, Komiya A, Kariya S, Konishi K, Nonomura N, Ogawa K, Tanaka E, Nishimura K, Fujiuchi Y, Kitamura H, Yamagami T, Yamasaki I, Nishimura K, Teshima T, Nakamura K, Itami J

著書

  • 1, Yoshioka Y, Itami J, Oguchi M, Nakano T (eds.). Brachytherapy: Techniques and Evidences. Springer Nature Singapore 2019

  • 2, 吉岡靖生: 放射線療法(組織内照射). 日本泌尿器科学会,編: 前立腺癌診療ガイドライン2016年版. メディカルレビュー社. 大阪2016:173-174

  • 3, 吉岡靖生: 前立腺癌−高線量率組織内照射−. 日本放射線腫瘍学会,編: 放射線治療計画ガイドライン2016年版. 金原出版. 東京2016:229-233

  • 4, 吉岡靖生: 前立腺癌に対する小線源療法. 小口正彦,編: 別冊・医学のあゆみ がん放射線療法UPDATE. 医歯薬出版株式会社. 東京2017:103-107

  • 5, 吉岡靖生: 腎・腎盂・尿管・膀胱・陰茎・尿道・精巣・前立腺. 井上俊彦,ほか編: 放射線治療学. 改訂6版. 南山堂. 東京2017:273-292

  • 6, 吉岡靖生: 放射線組織内照射はどこまで適応可能でしょうか?ホルモン療法の併用は有効ですか?. 鈴木啓悦,編: Q&Aでスッキリわかる 前立腺癌. メジカルビュー社. 東京2017:134-136

  • 7, 吉岡靖生: 前立腺がんに対するHDR-BT. マイクロセレクトロンHDR研究会ガイダンス作成ワーキンググループ編: マイクロセレクトロンHDRを使用した高線量率密封小線源治療ガイダンス2017. マイクロセレクトロンHDR研究会. 東京2018:103-111

  • 8, 吉岡靖生: 頭頸部(組織内). マイクロセレクトロンHDR研究会ガイダンス作成ワーキンググループ編: マイクロセレクトロンHDRを使用した高線量率密封小線源治療ガイダンス2017. マイクロセレクトロンHDR研究会. 東京2018:112-120

  • 9, 吉岡靖生,金子真洋,上間達也,小口正彦. 前立腺癌. 松本光弘,小泉雅彦,川守田龍,編: 新医用放射線科学講座 放射線腫瘍学. 医歯薬出版株式会社. 東京2020:135-140

  • 10, 吉岡靖生,田口千藏,小口正彦. 直腸癌・膀胱癌. 松本光弘,小泉雅彦,川守田龍,編: 新医用放射線科学講座 放射線腫瘍学. 医歯薬出版株式会社. 東京2020:141-145

その他

  • 2020/01/14 WEB:日経BP:がんナビ:レポート:日本放射線腫瘍学会第32回学術大会より 3:高線量で前立腺の中から照射する小線源治療:再発リスクが高い限局性前立腺がんでもホルモン療法との併用で高い生存率

  • 2020 webがんサポート5月号. あなたの「がん」は放射線治療に向いているのか 直腸がんに新たなトピックも! 監修: 吉岡靖生, 取材・文: 菊池亜希子, 発行:2020年5月, 更新:2020年5月

  • 2020/9/24放送 ラジオNIKKEI:ドクターサロン:前立腺癌の治療法:がん研有明病院放射線治療部長 吉岡靖生:(ききて)防衛医科大学校教授 池脇克則

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。