新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪国際がんセンター 消化器外科 副部長

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医・評議員 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本大腸肛門病学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本臨床外科学会 会員 日本消化器病学会 会員 日本癌学会 会員

原口 直紹 はらぐち なおつぐ 先生

公開日
2021/03/04

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 原口先生の大腸がんの専門領域

    大腸がんに対する外科的治療(腹腔鏡下手術およびロボット支援下手術)を専門としている。また、高度進行大腸がんに対する拡大手術、ならびに、進行・再発大腸がんに対する集学的治療を専門としている。

    • 腹腔鏡下手術
    • ロボット支援下手術
    • 化学療法
    • 集学的治療
  • 原口先生の直腸がんの専門領域
    • 腹腔鏡下手術
    • ロボット支援下手術
    • 化学療法
    • 集学的治療

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医・評議員
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本大腸肛門病学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本臨床外科学会 会員
日本消化器病学会 会員
日本癌学会 会員
  • 大阪国際がんセンター 消化器外科 副部長

所属病院

大阪国際がんセンター

  • 血液内科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 内分泌内科 代謝内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 大阪府大阪市中央区大手前3丁目1-69
  • 大阪メトロ谷町線 谷町四丁目 北改札口 徒歩5分 大阪メトロ谷町線 谷町四丁目 北改札口 徒歩5分
  • 06-6945-1181
公式ウェブサイト
大阪国際がんセンター

来歴等

略歴

2001年 佐賀医科大学 医学部 医学科 卒業
2001年 九州大学 生体防御医学研究所 腫瘍外科 研修医
2002年 九州大学病院 消化器総合外科学 研修医
2003年 大分赤十字病院 外科 研修医
2006年 九州大学大学院 医学博士過程 臓器機能制御学 卒業 医学博士
2006年 がん研究振興財団 リサーチレジデント
2008年 大阪大学 消化器外科 助教
2009年 日本学術振興会 優秀若手研究者海外派遣事業 米国 UCLA
2011年 大阪大学 消化器癌先進化学療法開発学 助教
2012年 大阪大学 消化器外科 助教
2013年 国立病院機構 大阪医療センター 外科 スタッフ
2015年 大阪大学 消化器外科 助教、学部内講師
2019年 大阪大学 炎症性腸疾患治療学 講師
2019年 大阪国際がんセンター 消化器外科 副部長

論文

  • 1. DCLK1 integrates induction of TRIB3, EMT, drug resistance and poor prognosis in colorectal cancer. Carcinogenesis. 2020 May 14;41(3):394-396.

    Makino S, Takahashi H, Okuzaki D, Miyoshi N, Haraguchi N, Hata T, Matsuda C, Yamamoto H, Mizushima T, Mori M, Doki Y.

  • 2. miR-4711-5p regulates cancer stemness and cell cycle progression via KLF5, MDM2 and TFDP1 in colon cancer cells. Br J Cancer. 2020 Mar;122(7):1037-1049.

    Morimoto Y, Mizushima T, Wu X, Okuzaki D, Yokoyama Y, Inoue A, Hata T, Hirose H, Qian Y, Wang J, Miyoshi N, Takahashi H, Haraguchi N, Matsuda C, Doki Y, Mori M, Yamamoto H.

  • 3. Predicting lateral pelvic lymph node metastasis based on magnetic resonance imaging before and after neoadjuvant chemotherapy for patients with locally advanced lower rectal cancer. Surg Today. 2020 Mar;50(3):292-297.

    Sekido Y, Nishimura J, Fujino S, Ogino T, Miyoshi N, Takahashi H, Uemura M, Haraguchi N, Hata T, Matsuda C, Mizushima T, Murata K, Hasegawa J, Mori M, Doki Y.

  • 4. Clinical significance of invasion distance relative to prognosis in pathological T3 colorectal cancer. Oncol Lett. 2019 Nov;18(5):5614-5620.

    Nomura M, Takahashi H, Fujii M, Miyoshi N, Haraguchi N, Hata T, Matsuda C, Yamamoto H, Mizushima T, Mori M, Doki Y.

  • 5. CD44/CD133-Positive Colorectal Cancer Stem Cells are Sensitive to Trifluridine Exposure. Sci Rep. 2019 Oct 16;9(1):14861.

    Tsunekuni K, Konno M, Haraguchi N, Koseki J, Asai A, Matsuoka K, Kobunai T, Takechi T, Doki Y, Mori M, Ishii H.

  • 6. Development of Novel Prognostic Prediction Models including the Prognostic Nutritional Index for Patients with Colorectal Cancer after Curative Resection. J Anus Rectum Colon. 2019 Jul 30;3(3):106-115.

    Sasaki M, Miyoshi N, Fujino S, Ishikawa S, Saso K, Takahashi H, Haraguchi N, Hata T, Matsuda C, Mizushima T, Doki Y, Mori M.

  • 7. Correction to: Safety of Single-Site Laparoscopic Surgery Requiring Perioperative Heparinization in Colorectal Cancer: Propensity Score-Matched Analysis. Ann Surg Oncol. 2019 Dec;26(Suppl 3):892.

    Iwamoto K, Takahashi H, Fujii M, Haraguchi N, Hata T, Matsuda C, Yamamoto H, Mizushima T, Mori M, Doki Y.

  • 8. E-cadherin-Fc chimera protein matrix enhances cancer stem-like properties and induces mesenchymal features in colon cancer cells. Cancer Sci. 2019 Nov;110(11):3520-3532.

    Qian Y, Wu X, Yokoyama Y, Okuzaki D, Taguchi M, Hirose H, Wang J, Hata T, Inoue A, Hiraki M, Ohtsuka M, Takahashi H, Haraguchi N, Mizushima T, Tanaka S, Mori M, Yamamoto H.

  • 9. A Phase I Study of Neoadjuvant Capecitabine, Oxaliplatin, and Irinotecan (XELOXIRI) in Patients with Locally Advanced Rectal Cancer. Oncology. 2019;97(4):211-216.

    Kudo T, Takemasa I, Hata T, Sakai D, Takahashi H, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Satoh T, Mizushima T, Mori M, Doki Y.

  • 10. Disruption of Endolysosomal RAB5/7 Efficiently Eliminates Colorectal Cancer Stem Cells. Cancer Res. 2019 Apr 1;79(7):1426-1437.

    Takeda M, Koseki J, Takahashi H, Miyoshi N, Nishida N, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Mizushima T, Yamamoto H, Ishii H, Doki Y, Mori M, Haraguchi N.

  • 11. Factors predictive of high-output ileostomy: a retrospective single-center comparative study. Surg Today. 2019 Jun;49(6):482-487.

    Takeda M, Takahashi H, Haraguchi N, Miyoshi N, Hata T, Yamamoto H, Matsuda C, Mizushima T, Doki Y, Mori M.

  • 12. Safety of laparoscopic colorectal surgery in patients with ventriculoperitoneal shunt. Asian J Endosc Surg. 2019 Jul;12(3):264-268.

    Ichikawa Y, Matsuda C, Mizushima T, Takahashi H, Miyoshi N, Haraguchi N, Hata T, Yamamoto H, Doki Y, Mori M.

  • 13. Laparoscopic sigmoidectomy in a case of sigmoid colon cancer with situs inversus totalis. Asian J Endosc Surg. 2019 Jan;12(1):111-113.

    Takeda T, Haraguchi N, Yamaguchi A, Uemura M, Miyake M, Miyazaki M, Ikeda M, Sekimoto M.

  • 14. Laparoscopic lymph node dissection around the inferior mesenteric artery for left-sided colon and rectal cancer. Surg Today. 2018 Mar;48(3):359-363.

    Takahashi H, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Yamamoto H, Mizushima T, Doki Y, Mori M.

  • 15. High expression of ADAMTS5 is a potent marker for lymphatic invasion and lymph node metastasis in colorectal cancer. Mol Clin Oncol. 2017 Jan;6(1):130-134.

    Haraguchi N, Ohara N, Koseki J, Takahashi H, Nishimura J, Hata T, Mizushima T, Yamamoto H, Ishii H, Doki Y, Mori M.

  • 16. Colonic stenting as a bridge to surgery for obstructive colorectal cancer: advantages and disadvantages. Surg Today. 2016 Nov;46(11):1310-7.

    Haraguchi N, Ikeda M, Miyake M, Yamada T, Sakakibara Y, Mita E, Doki Y, Mori M, Sekimoto M.

  • 17. Increased Th17-inducing activity of CD14+ CD163 low myeloid cells in intestinal lamina propria of patients with Crohn's disease. Gastroenterology. 2013 Dec;145(6):1380-91.e1.

    Ogino T, Nishimura J, Barman S, Kayama H, Uematsu S, Okuzaki D, Osawa H, Haraguchi N, Uemura M, Hata T, Takemasa I, Mizushima T, Yamamoto H, Takeda K, Doki Y, Mori M.

  • 18. CD49f-positive cell population efficiently enriches colon cancer-initiating cells. Int J Oncol. 2013 Aug;43(2):425-30.

    Haraguchi N, Ishii H, Mimori K, Ohta K, Uemura M, Nishimura J, Hata T, Takemasa I, Mizushima T, Yamamoto H, Doki Y, Mori M.

  • 19. Biological and clinical availability of adipose-derived stem cells for pelvic dead space repair. Stem Cells Transl Med. 2012 Nov;1(11):803-10.

    Takahashi H, Haraguchi N, Nishikawa S, Miyazaki S, Suzuki Y, Mizushima T, Nishimura J, Takemasa I, Yamamoto H, Mimori K, Ishii H, Doki Y, Mori M.

  • 20. The concept and significance of cancer stem cells. Nihon Geka Gakkai Zasshi. 2012 Mar;113(2):204-9.

    Haraguchi N, ishii H, Sakai D, Satoh T, Doki Y, Mori M.

  • 21. Increased CD13 expression reduces reactive oxygen species, promoting survival of liver cancer stem cells via an epithelial-mesenchymal transition-like phenomenon. Ann Surg Oncol. 2012 Jul;19 Suppl 3:S539-48.

    Kim HM, Haraguchi N, Ishii H, Ohkuma M, Okano M, Mimori K, Eguchi H, Yamamoto H, Nagano H, Sekimoto M, Doki Y, Mori M.

  • 22. Absence of CD71 transferrin receptor characterizes human gastric adenosquamous carcinoma stem cells. Ann Surg Oncol. 2012 Apr;19(4):1357-64.

    Ohkuma M, Haraguchi N, Ishii H, Mimori K, Tanaka F, Kim HM, Shimomura M, Hirose H, Yanaga K, Mori M.

  • 23. Reprogramming of mouse and human cells to pluripotency using mature microRNAs. Cell Stem Cell. 2011 Jun 3;8(6):633-8.

    Miyoshi N, Ishii H, Nagano H, Haraguchi N, Dewi DL, Kano Y, Nishikawa S, Tanemura M, Mimori K, Tanaka F, Saito T, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Ikeda M, Yamamoto H, Sekimoto M, Doki Y, Mori M.

  • 24. The future prospects and subject of the liver cancer stem cells study for the clinical application. Gastroenterology. 2011 Feb 23.

    Haraguchi N, Ishii H, Nagano H, Doki Y, Mori M.

  • 25. Strong interaction between the effects of alcohol consumption and smoking on oesophageal squamous cell carcinoma among individuals with ADH1B and/or ALDH2 risk alleles. Gut. 2010 Nov;59(11):1457-64.

    Tanaka F, Yamamoto K, Suzuki S, Inoue H, Tsurumaru M, Kajiyama Y, Kato H, Igaki H, Furuta K, Fujita H, Tanaka T, Tanaka Y, Kawashima Y, Natsugoe S, Setoyama T, Tokudome S, Mimori K, Haraguchi N, Ishii H, Mori M.

  • 26. CD13 is a therapeutic target in human liver cancer stem cells. J Clin Invest. 2010 Sep;120(9):3326-39.

    Haraguchi N, Ishii H, Mimori K, Tanaka F, Ohkuma M, Kim HM, Akita H, Takiuchi D, Hatano H, Nagano H, Barnard GF, Doki Y, Mori M.

  • 27. CD133+CD44+ population efficiently enriches colon cancer initiating cells. Ann Surg Oncol. 2008 Oct;15(10):2927-33.

    Haraguchi N, Ohkuma M, Sakashita H, Matsuzaki S, Tanaka F, Mimori K, Kamohara Y, Inoue H, Mori M.

  • 28. Cancer stem cells in human gastrointestinal cancers. Hum Cell. 2006 Feb;19(1):24-9.

    Haraguchi N, Inoue H, Tanaka F, Mimori K, Utsunomiya T, Sasaki A, Mori M.

  • 29. Characterization of a side population of cancer cells from human gastrointestinal system. Stem Cells. 2006 Mar;24(3):506-13.

    Haraguchi N, Utsunomiya T, Inoue H, Tanaka F, Mimori K, Barnard GF, Mori M.

  • 30. Analysis of gastric cancer with cDNA microarray. Cancer Chemother Pharmacol. 2004 Sep;54 Suppl 1:S21-4.

    Haraguchi N, Inoue H, Mimori K, Tanaka F, Utsunomiya T, Yoshikawa K, Mori M.

著書

  • 1. 宮崎 葉月, 水島 恒和, 三吉 範克, 高橋 秀和, 原口 直紹, 畑 泰司, 松田 宙, 山本 浩文, 森 正樹, 土岐 祐一郎 潰瘍性大腸炎に合併した神経内分泌細胞癌の2例 日本消化器病学会雑誌 (0446-6586)117巻6号 Page521-531(2020.06)

  • 2. 石川 翔, 高橋 秀和, 横山 雄起, 銭 雅敏, 廣瀬 遥香, 三吉 範克, 原口 直紹, 畑 泰司, 松田 宙, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹, 山本 浩文 KRAS変異を有する大腸癌、膵癌に対するmicrRNAによる治療 日本分子腫瘍マーカー研究会誌 (2433-8575)34巻 Page61-63(2019.01)

  • 3. 久保 祐人, 水島 恒和, 三吉 範克, 高橋 秀和, 原口 直紹, 畑 泰司, 松田 宙, 土岐 祐一郎, 森 正樹 妊娠分娩を契機に発症した大腸全摘+回腸嚢肛門(管)吻合術後afferent limb syndromeに対する腹腔鏡下手術の1例 日本消化器外科学会雑誌 (0386-9768)52巻9号 Page536-543(2019.09)

  • 4. 深田 唯史, 畑 泰司, 久保 盾貴, 原口 直紹, 高橋 秀和, 西村 潤一, 松田 宙, 水島 恒和, 細川 亙, 土岐 祐一郎, 森 正樹 小腸癌の腹壁再発に対して化学療法施行後に大腿筋膜による腹壁修復術を併用し切除し得た1例 癌と化学療法 (0385-0684)45巻4号 Page661-663(2018.04) 

  • 5. 野村 雅俊, 高橋 秀和, 原口 直紹, 西村 潤一, 畑 泰司, 松田 宙, 山本 浩文, 水島 恒和, 土岐 祐一郎, 森 正樹 積極的な化学療法にて切除可能となった多発肺転移および多発肝転移を伴う直腸癌の1例 癌と化学療法 (0385-0684)45巻1号 Page169-171(2018.01)

  • 6. 西沢 佑次郎, 畑 泰司, 高橋 秀和, 原口 直紹, 西村 潤一, 松田 宙, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹 上行結腸癌術後3年目に大動脈周囲リンパ節再発に対し化学療法後に切除した1例 癌と化学療法(0385-0684)43巻12号 Page2323-2325(2016.11)

  • 7. 大原 信福, 原口 直紹, 工藤 敏啓, 高橋 秀和, 西村 潤一, 畑 泰司, 松田 宙, 佐藤 太郎, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹 回腸転移と卵巣転移により再発した空腸癌の1例 癌と化学療法(0385-0684)43巻12号 Page1803-1805(2016.11)

  • 8. 玉井 皓己, 畑 泰司, 高橋 秀和, 原口 直紹, 西村 潤一, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹 空腸瘻を形成した横行結腸癌の1例 日本外科系連合学会誌(0385-7883)41巻1号 Page63-69(2016.02) 

  • 9. 三宅 正和, 武田 和, 原口 直紹, 植村 守, 池田 正孝, 宮崎 道彦, 前田 栄, 山本 和義, 濱 直樹, 西川 和宏, 宮本 敦史, 平尾 素弘, 中森 正二, 関本 貢嗣 術前化学療法で間質性肺炎を併発し根治手術し得た直腸癌の1例 癌と化学療法(0385-0684)42巻12号 Page2334-2336(2015.11)

  • 10. 西川 和宏, 川田 純司, 藤谷 和正, 伏見 博彰, 遠藤 俊治, 平尾 素宏, 山本 和義, 前田 栄, 原口 直紹, 三宅 正和, 濱 直樹, 宮本 敦史, 池田 正孝, 中森 正二, 関本 貢嗣 TS-1が奏効した胃癌頸部・傍腹部大動脈リンパ節再発の1例 癌と化学療法(0385-0684)42巻12号 Page2075-2077(2015.11)

  • 11. 西川 和宏, 川田 純司, 藤谷 和正, 伏見 博彰, 遠藤 俊治, 平尾 素宏, 山本 和義, 前田 栄, 原口 直紹, 三宅 正和, 濱 直樹, 宮本 敦史, 池田 正孝, 中森 正二, 関本 貢嗣 長期生存が得られた胃癌の同時性副腎転移の1切除例 癌と化学療法(0385-0684)42巻12号 Page1998-1999(2015.11)

  • 12. 斎藤 百合奈, 宮本 敦史, 前田 栄, 濱 直樹, 原口 直紹, 山本 和義, 三宅 正和, 西川 和宏, 宮崎 道彦, 池田 正孝, 平尾 素宏, 関本 貢嗣, 中森 正二 腸回転異常症を伴う下部胆管癌の1切除例 癌と化学療法(0385-0684)42巻12号 Page1729-1731(2015.11)

  • 13. 宮本 敦史, 前田 栄, 濱 直樹, 原口 直紹, 山本 和義, 三宅 正和, 西川 和宏, 大宮 英泰, 宮崎 道彦, 池田 正孝, 平尾 素宏, 高見 康二, 関本 貢嗣, 中森 正二 膵癌根治切除後の再発病巣切除に関する検討 癌と化学療法(0385-0684)42巻12号 Page1454-1456(2015.11)

  • 14. 福田 泰也, 西川 和宏, 神澤 真紀, 山本 和義, 平尾 素宏, 原田 百合奈, 前田 栄, 原口 直紹, 三宅 正和, 浅岡 忠史, 大宮 英泰, 宮本 敦史, 池田 正孝, 高見 康二, 児玉 良典, 眞能 正幸, 中森 正二, 関本 貢嗣 切除断端陽性追加胃全摘術後に晩期再発した胃癌の1例 癌と化学療法(0385-0684)41巻12号 Page2408-2410(2014.11)

  • 15. 西川 和宏, 川田 純司, 藤谷 和正, 平尾 素宏, 山本 和義, 福井 亜希子, 高木 麻里, 伏見 博彰, 遠藤 俊治, 岩瀬 和裕, 原田 百合奈, 福田 泰也, 原口 直紹, 三宅 正和, 浅岡 忠史, 宮本 敦史, 宮崎 道彦, 池田 正孝, 中森 正二, 関本 貢嗣 二次化学療法後Conversion Surgeryにて根治し得た進行胃癌の1例 癌と化学療法(0385-0684)41巻12号 Page2299-2301(2014.11)

  • 16. 山本 和義, 藤谷 和正, 辻仲 利政, 平尾 素宏, 西川 和宏, 福田 泰也, 原口 直紹, 三宅 正和, 浅岡 忠史, 宮本 敦史, 大宮 英泰, 池田 正孝, 高見 康二, 中森 正二, 関本 貢嗣 高度リンパ節転移を伴うHER2陽性進行胃癌に対するTrastuzumabを含む化学療法後にConversion Surgeryが行えた1例 癌と化学療法(0385-0684)41巻12号 Page2296-2298(2014.11)

  • 17. 西川 和宏, 川田 純司, 藤谷 和正, 平尾 素宏, 山本 和義, 福井 亜希子, 高木 麻里, 伏見 博彰, 岩瀬 和裕, 遠藤 俊治, 原田 百合奈, 福田 泰也, 原口 直紹, 三宅 正和, 浅岡 忠史, 宮本 敦史, 宮崎 道彦, 池田 正孝, 中森 正二, 関本 貢嗣 3重複癌に対する複数回手術の経験 癌と化学療法(0385-0684)41巻12号 Page2033-2035(2014.11)

  • 18. 田中 希世, 浅岡 忠史, 宮本 敦史, 山本 和義, 原口 直紹, 三宅 正和, 西川 和宏, 平尾 素宏, 池田 正孝, 中森 正二, 関本 貢嗣 成人女性に認めた子宮内膜症を伴うNuck管水腫の1例 日本外科系連合学会誌(0385-7883)40巻1号 Page107-110(2015.02)

  • 19. 西川 和宏, 川田 純司, 福田 泰也, 山本 和義, 平尾 素宏, 藤谷 和正, 吉田 洋, 岩瀬 和裕, 田中 康博, 遠藤 俊治, 原田 百合奈, 原口 直紹, 三宅 正和, 浅岡 忠史, 宮本 敦史, 宮崎 道彦, 池田 正孝, 中森 正二, 関本 貢嗣 胃腸バイパス手術症例における術前予後指標の検討 外科と代謝・栄養(0389-5564)49巻2号 Page95-100(2015.04)

  • 20. 山本 和義, 西川 和宏, 平尾 素宏, 福田 泰也, 中山 環, 永妻 佑季子, 谷川 清, 前田 栄, 原口 直紹, 三宅 正和, 濱 直樹, 宮本 敦史, 大宮 英泰, 池田 正孝, 高見 康二, 中森 正二, 関本 貢嗣 高齢胃癌胃切除患者におけるサルコペニアの術後合併症発生に与える影響 外科と代謝・栄養(0389-5564)49巻1号 Page35-41(2015.02)

  • 21. 宮崎 道彦, 山田 真美, 田中 玲子, 池田 正孝, 三宅 正和, 原口 直紹, 池永 雅一, 安井 昌義, 中森 正二, 関本 貢嗣 隅越分類IIH型痔瘻(肛門周囲膿瘍)の治療 臨床肛門病学(1349-8797)6巻2号 Page104-108(2014.11)

  • 22. 池田 正孝, 関本 貢嗣, 原口 直紹, 三宅 正和, 中森 正二, 森 正樹 【消化器外科領域におけるDIC】 消化器癌におけるDIC(術後ではなく) Thrombosis Medicine(2186-0327)4巻2号 Page118-123(2014.06)

  • 23. 宮本 敦史, 浅岡 忠史, 山岡 雄祐, 原田 百合奈, 田中 希世, 原口 直紹, 山本 和義, 三宅 正和, 西川 和宏, 池田 正孝, 平尾 素宏, 中森 正二, 関本 貢嗣 外科病棟における多剤耐性菌対策 MRSAに対する遺伝子学的検査とカルバペネム系抗菌薬サーベイランス導入による効果と課題 日本外科感染症学会雑誌(1349-5755)11巻2号 Page121-125(2014.04)

  • 24. 山岡 雄祐, 池永 雅一, 宮本 敦史, 原田 百合奈, 武岡 奉均, 原口 直紹, 山本 和義, 三宅 正和, 浅岡 忠史, 安井 昌義, 西川 和宏, 宮崎 道彦, 池田 正孝, 平尾 素宏, 三嶋 秀行, 中森 正二, 関本 貢嗣 腹会陰式直腸切断術術後の会陰創治癒遅延に関連する因子の検討 日本外科感染症学会雑誌(1349-5755)10巻6号 Page719-724(2013.12)

  • 25. 宗方 幸二, 竹政 伊知朗, 植村 守, 原口 直紹, 西村 潤一, 畑 泰司, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹 腹腔鏡下内肛門括約筋切除術後に下肢のAcute compartment syndromeをきたした進行下部直腸癌の1例 日本大腸肛門病学会雑誌(0047-1801)67巻2号 Page97-102(2014.02)

  • 26. 宮崎 道彦, 田中 玲子, 池永 雅一, 安井 昌義, 池田 正孝, 三宅 正和, 原口 直紹, 中森 正二, 関本 貢嗣 臀部慢性膿皮症の外科治療 臨床肛門病学(1349-8797)5巻2号 Page110-114(2013.11)

  • 27. 宗方 幸二, 畑 泰司, 池田 正孝, 植村 守, 原口 直紹, 西村 潤一, 竹政 伊知朗, 水島 恒和, 山本 浩文, 土岐 祐一郎, 森 正樹 胃癌術前化学療法中に発症した無症候性VTEに対して胃癌手術を施行し得た1症例 心臓(0586-4488)45巻7号 Page863-864(2013.07)

  • 28. 原口 直紹, 石井 秀始, 坂井 大介, 佐藤 太郎, 土岐 祐一朗, 森 正樹 【癌研究における最近の進歩】 癌幹細胞の概念と意義 日本外科学会雑誌(0301-4894)113巻2号 Page204-209(2012.03)

  • 29. 田中 文明, 太田 光彦, 原口 直紹, 三森 功士, 佐々木 淳, 宇都宮 徹, 井上 裕, 森 正樹 【癌免疫療法の効果判定法について】 樹状細胞と癌抗原ペプチドを用いた進行消化器癌患者に対する癌ワクチン療法 有効な症例とは Biotherapy(0914-2223)20巻2号 Page197-200(2006.03)

  • 30. 江口 大彦, 平下 禎二郎, 原口 直紹, 岩城 堅太郎, 山下 洋市, 木下 忠彦, 福澤 謙吾, 甲斐 秀信, 若杉 健三 下大静脈フィルター留置後5日目に下大静脈完全閉塞をきたした1例 静脈学(0915-7395)15巻1号 Page75-78(2004.02)

特許

  • 1. 特許番号:5840119  出願人:国立大学法人大阪大学  出願日:2015年11月20日 発明者:三吉範克, 原口直紹, 土岐祐一郎, 大村仁昭, 宮崎進, 星野宏光, 森正樹, 永井健一, 石井秀始, 種村匡弘 発明の名称:誘導多能性幹細胞の製造方法

  • 2. 特許公開番号:2019-138839  特願2018-024091 出願人:住友ゴム工業株式会社、国立大学法人山形大学、国立大学法人大阪大学 出願日:2018年2月14日 発明者:皆川康久、田中賢、干場隆志、江村遥、森正樹、大村仁昭、山本 浩文、原口直紹 発明の名称:特定細胞捕捉方法

受賞

  • 1. Stem cells young investigator award 2007年     

  • 2. 佐賀県科学技術振興賞 2007年

  • 3. アストラゼネカ・リサーチ・グラント 2007年

  • 4. 大阪大学総長奨励賞 2012年

  • 5. 日本消化器外科学会 学会賞 2014年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。