岐阜大学医学部附属病院 総合内科 科長・総合診療部 部長、岐阜大学大学院医学系研究科 総合診療科 総合内科学分野 教授

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・評議員 日本病院総合診療医学会 認定医・指導医・評議員・理事 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医・評議員 日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医・評議員 日本糖尿病学会 糖尿病専門医・糖尿病研修指導医・学術評議員 日本アレルギー学会 アレルギー専門医・アレルギー指導医 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医・指導医・代議員 日本遠隔医療学会 幹事会員・副会長

森田 浩之 もりた ひろゆき 先生

公開日
2022/08/29

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 総合診療科
  • 森田先生の関節リウマチの専門領域
    • 副腎皮質ステロイド
    • 免疫調整薬
    • 免疫抑制薬
    • 生物学的製剤
    • JAK阻害薬
  • 森田先生の膠原病の専門領域
    • 副腎皮質ステロイド
    • 免疫調整薬
    • 免疫抑制薬
    • 生物学的製剤
    • JAK阻害薬
  • 【診療科】総合内科
  • 【得意な領域】原因不明の症状(発熱・頭痛・胸痛・腹痛・腰痛・関節痛・倦怠感など)【診断法】詳細な病歴・身体診察・血液検査や画像診断からの臨床推論による【治療法】診断別に決定
  • 【得意な領域】COVID-19後遺症【治療法】漢方治療、ホルモン補充療法

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・評議員
日本病院総合診療医学会 認定医・指導医・評議員・理事
日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医・評議員
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医・評議員
日本糖尿病学会 糖尿病専門医・糖尿病研修指導医・学術評議員
日本アレルギー学会 アレルギー専門医・アレルギー指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医・指導医・代議員
日本遠隔医療学会 幹事会員・副会長
  • 岐阜大学医学部附属病院 総合内科 科長・総合診療部 部長
  • 岐阜大学大学院医学系研究科 総合診療科 総合内科学分野 教授

所属病院

岐阜大学医学部附属病院

  • 総合内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 岐阜県岐阜市柳戸1-1
  • 名鉄名古屋本線 名鉄岐阜 バスの利用も可能(岐阜大学病院行 長良橋経由、または忠節経由 岐阜大学病院下車、所要時間約40分) 車20分 JR高山本線 岐阜 バスの利用も可能(岐阜大学病院行 長良橋経由、または忠節経由 岐阜大学病院下車、所要時間約40分) 車20分
  • 058-230-6000
公式ウェブサイト
岐阜大学医学部附属病院

来歴等

略歴

1984年 高知医科大学 医学部 医学科 卒業
1984年 岐阜大学医学部附属病院 医員(研修医)
1985年 長浜赤十字病院 医師(内科)
1987年 澤田病院 医師(内科)
1989年 岐阜大学医学部附属病院 医員(第3内科)
1993年 岐阜大学 医学部 助手(内科学第3)
1995年 米国ミズーリ大学 医学部 研究員(内科)
1997年 岐阜大学医学部附属病院 助手(第3内科)
1999年 岐阜大学医学部附属病院 助教授(総合診療部)
2014年 岐阜大学大学院 医学系研究科 教授(総合病態内科学)
2021年 岐阜大学大学院 医学系研究科 教授(総合診療科・総合内科学)

論文

  • 1. Neurosarcoidosis pathologically diagnosed via biopsy of a normal-sized inguinal lymph node with fluorodeoxyglucose accumulation on positron emission tomography/computed tomography in a patient with a history of brain Ewing's sarcoma. Mod Rheumatol Case Rep. 6(1), 120-123, 2022.

    Fuwa M, Tateyama S, Kato A, Asano M, Taguchi K, Mori I, Ikeda T, Kanayama T, Shizui N, Morita H.

  • 2. Biomedical considerations in the unruptured cerebral aneurysm study (UCAS Japan): rupture risk and true stress of wall. J Bioscience Medicine 2021; 9: 172-189.

    Nogata F, Yokota Y, Kawamura Y, Morita H, Uno Y, Mouri T, Walsh WR, Kawamura T, Hotta N, Kagechika K.

  • 3. A case of localized prostate cancer associated with polymyalgia rheumatica marked symptomatic improvement after Robot-associated radical prostatectomy. Case Rep Urol. 2021, 8026883, 2021.

    Kawase M, Nakane K, Namiki S, Takeuchi Y, Ueda S, Kawase K, Nakai C, Takeuchi S, Kato D, Takai M, IinumaK, Fuwa M, Saigo C, Miyazaki T, Morita H, Koie T.

  • 4. Primary hypertrophic osteoarthropathy with severe arthralgia identified by gene mutation of SLCO2A1. Mod Rheumatol Case Rep. 5(2), 404-408, 2021.

    Ishizuka T, Fujioka K, Mori I, Takeda T, Fuwa M, Ikeda T, Taguchi K, Morita H, Nakabayashi K, Niizeki H.

  • 5. Role of small proliferative adipocytes: possible beige cell progenitors. J Endocrinol. 245(1), 45-78, 2020.

    Taguchi K, Kajita K, Kitada Y, Fuwa M, Asano M, Ikeda T, Kajita T, Ishizuka T, Kojima I, Morita H.

  • 6. Relapsing Polychondritis with a Cobble-stone Appearance of the Tracheal Mucosa, Preceded by Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome. Intern Med. 59(8), 1093-7, 2020.

    Ikeda T, Asano M, Kitada Y, Taguchi K, Hayashi Y, Kajita K, Morita H.

  • 7. Key diagnostic characteristics of fever of unknown origin in Japanese patients: a prospective multicentre study. BMJ Open. 9(11): e032059, 2019.

    Naito T, Tanei M, Ikeda N, Ishii T, Suzuki T, Morita H, Yamasaki S, Tamura J, Akazawa K, Yamamoto K, Otani H, Suzuki S, Kikuchi M, Ono S, Kobayashi H, Akita H, Tazuma S, Hayashi J.

  • 8. Two cases of traumatic isolated ACTH deficiency. Int J Clin Endocrinol Metab, 4(1), 004-007, 2018.

    Ishizuka T, Asano M, Fujioka K, Mori I, Kajita K, Morita H.

  • 9. Development and validation of a scoring system for prediction of insulin requirement for optimal control of blood glucose during glucocorticoid treatments. Diabetes Res Clin Pract, 140, 72-80, 2018.

    Kawashima M, Taguchi K, Kitada Y, Yamauchi M, Ikeda T, Kajita K, Murakami D, Okada H, Uno Y, Mori I, Ishizuka T, Morita H.

  • 10. TAFRO syndrome: 2 cases and review of the literature. Mod Rheumatol, 27(6), 1093-1097, 2017.

    Kawashima M, Usui T, Okada H, Mori I, Yamauchi M, Ikeda T, Kajita K, Kito Y, Miyazaki T, Fujioka K, Ishizuka T, Morita H.

著書

  • 1. 森田浩之.日常生活のいろいろな症状、2022大学生の健康ナビ キャンパスライフの健康管理(山本眞由美監修)、36-45、岐阜新聞社、2022.4.1.

  • 2. 森田浩之.2次性糖尿病、ステロイド糖尿病、糖尿病 最新の治療2019-2021(門脇孝、荒木栄一、綿田裕孝編)、261-263、南江堂、2019.2.15.

  • 3. 森田浩之.内分泌疾患 多発性内分泌腫瘍症、今日の治療指針2019年版(福井次矢、高木誠、小室一成編)、?、医学書院、2019.1.

  • 4. 森田浩之.遠隔医療の社会的背景、図説・日本の遠隔医療2017(日本遠隔医療学会雑誌編)、4-11、2017.12.1.

  • 5. 森田浩之編.総合診療医に挑戦!画像deクイズ、新興医学出版社、2015.3.3.

  • 6. 石塚達夫、酒巻哲夫、長谷川高志、森田浩之編.遠隔診療実践マニュアル 在宅医療推進のために、篠原出版新社、2013.3.5.

特許

  • 1. 深水 啓二,前田 竜雄,横山 行信,飯田 宏樹,飯田 真美,森田 浩之,宇野 嘉弘,横田 康成,野方 文雄.血管内皮機能測定装置.平成19年5月25日出願2007-138493,平成20年12月4日公開2008-289678

  • 2. 野方 文雄,横田 康成,河村 洋子,森田 浩之,宇野 嘉弘.生体動脈評価方法、及び生体動脈評価装置.平成20年1月20日出願2008-15386、平成21年8月6日公開2009-172236.

受賞

  • 1. 2000年 日本内分泌学会臨床内分泌代謝Update優秀演題賞

  • 2. 2009年 日本遠隔医療学会優秀論文賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。