国立障害者リハビリテーションセンター病院 リハビリテーション部長

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医・認定騒音性難聴担当医・福祉医療・成人老年委員会 委員長 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医 日本聴覚医学会 代議員 日本耳科学会 代議員 日本小児耳鼻咽喉科学会 評議員 日本音声言語医学会 理事 日本吃音・流暢性障害学会 会員 The Association for Research in Otolaryngology(ARO) 会員

石川 浩太郎 いしかわ こうたろう 先生

公開日
2022/11/18

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 耳鼻咽喉科
  • 石川先生の聴覚障害の専門領域
    • 乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の難聴患者について、難聴遺伝学的検査や画像検査などを用いて原因診断を行い、その結果に基づいた補聴器や人工内耳など各種聴覚機器を用いたリハビリテーションを行っている。また遺伝性難聴については遺伝カウンセリングを実施している。
  • 【疾患名】吃音【治療法】年齢制限を設けることなく、専門的な評価とリハビリテーションを実施している。
  • 【疾患名】構音障害【治療法】言語障害の評価、リハビリテーションを行っている。
  • 【疾患名】言語発達遅滞【治療法】言語障害の評価、リハビリテーションを行っている。

資格・学会・役職

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医・認定騒音性難聴担当医・福祉医療・成人老年委員会 委員長
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
日本聴覚医学会 代議員
日本耳科学会 代議員
日本小児耳鼻咽喉科学会 評議員
日本音声言語医学会 理事
日本吃音・流暢性障害学会 会員
The Association for Research in Otolaryngology(ARO) 会員
  • 国立障害者リハビリテーションセンター病院 リハビリテーション部長
  • 日本医療研究開発機構(AMED) ゲノム・データ基盤プロジェクト障害者対策総合研究開発事業 プログラムオフィサー

所属病院

国立障害者リハビリテーションセンター病院

  • 内科 精神科 神経内科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科 児童精神科
  • 埼玉県所沢市並木4丁目1
  • 西武新宿線 航空公園 徒歩15分 西武新宿線 新所沢 徒歩15分 西武池袋線 所沢 車10分 西武新宿線 航空公園 徒歩15分 西武新宿線 新所沢 徒歩15分 西武池袋線 所沢 車10分
  • 04-2995-3100
公式ウェブサイト
国立障害者リハビリテーションセンター病院

医療記事

来歴等

略歴

1992年 自治医科大学医学部 卒業
1992年 神奈川県 勤務(神奈川県立厚木病院、神奈川県立藤野診療所など)(〜1998年3月)
1998年 自治医科大学大学院(〜2002年3月)
1998年 自治医科大学附属病院 耳鼻咽喉科 非常勤医師(〜2002年3月)
2002年 自治医科大学耳鼻咽喉科学教室 助手(〜2005年3月)
2005年 米国国立衛生研究所(National Institute of Health) 客員研究員(〜2007年3月)
2007年 自治医科大学耳鼻咽喉科学教室 講師(〜2013年3月)
2013年 国立障害者リハビリテーションセンター病院 第二診療部 第二耳鼻いんこう科医長(〜2017年3月)
2013年 自治医科大学医学部耳鼻咽喉科学講座 非常勤講師(〜2017年3月)
2017年 国立障害者リハビリテーションセンター病院 第二診療部 第一、第二耳鼻いんこう科医長(〜2022年3月)
2017年 自治医科大学医学部総合医学第二講座 非常勤講師(〜2022年3月)
2022年 国立障害者リハビリテーションセンター病院 リハビリテーション部 部長
2022年 自治医科大学医学部耳鼻咽喉科学講座・総合医学第二講座 非常勤講師

論文

  • 1. MYO15A遺伝子バリアントを有する小児難聴症例の聴力経過. Otol Jpn 2020:30(4):301-306.

    石川浩太郎、西尾信哉、宇佐美真一

  • 2. Comprehensive Analysis of Syndromic Hearing Loss Patients in Japan. Sci Rep. 2019 Aug 19;9(1):11976. doi: 10.1038/s41598-019-47141-4.

    Ideura M, Nishio SY, Moteki H, Takumi Y, Miyagawa M, Sato T, Kobayashi Y, Ohyama K, Oda K, Matsui T, Ito T, Suzumura H, Nagai K, Izumi S, Nishiyama N, Komori M, Kumakawa K, Takeda H, Kishimoto Y, Iwasaki S, Furutate S, Ishikawa K, Fujioka M, Nakanishi H, Nakayama J, Horie R, Ohta Y, Naito Y, Kakudo M, Sakaguchi H, Kataoka Y, Sugahara K, Hato N, Nakagawa T, Tsuchihashi N, Kanda Y, Kihara C, Tono T, Miyanohara I, Ganaha A, Usami SI.

  • 3. The Prevalence and Characteristics of TECTA-Associated Autosomal Dominant Hearing Loss. Genes (Basel). 2019 Sep 24;10(10). pii: E744. doi: 10.3390/genes10100744.

    Yasukawa R, Moteki H, Nishio SY, Ishikawa K, Abe S, Honkura Y, Hyogo M, Mihashi R, Ikezono T, Shintani T, Ogasawara N, Shirai K, Yoshihashi H, Ishino T, Otsuki K, Ito T, Sugahara K, Usami SI.

  • 4. WFS1 mutation screening in a large series of Japanese hearing loss patients: Massively parallel DNA sequencing-based analysis.PLoS One. 2018 Mar 12;13(3):e0193359.

    Kobayashi M, Miyagawa M, Nishio SY, Moteki H, Fujikawa T, Ohyama K, Sakaguchi H, Miyanohara I, Sugaya A, Naito Y, Morita SY, Kanda Y, Takahashi M, Ishikawa K, Nagano Y, Tono T, Oshikawa C, Kihara C, Takahashi H, Noguchi Y, Usami SI.

  • 5. 聴覚障害者の認定基準と医師研修に関する調査研究.日耳鼻会報 2017;120:1444-1448.

    石川浩太郎、北村弥生、稼農和久、江藤文夫

  • 6. A Melanocytic Lesion Extending From the Right Ear to the Nasopharynx in a Pediatric Patient: A Case Report. Ann Otol Rhinol Laryngol. 2015 Feb 12. pii: 0003489415573071. [Epub ahead of print]

    Saito C, Ishikawa K, Nakamura KI, Fujita A, Shimizu M, Fukushima N, Nishino H, Ichimura K.

  • 7. Comprehensive genetic screening of KCNQ4 in a large autosomal dominant nonsyndromic hearing loss cohort: genotype-phenotype correlations and a founder mutation. PloS One. 2013 May 23;8(5):e63231.

    Naito T, Nishio SY, Iwasa Y, Yano T, Kumakawa K, Abe S, Ishikawa K, Kojima H, Namba A, Oshikawa C, Usami S.

  • 8. Massively parallel DNA sequencing facilitates diagnosis of patients with usher syndrome type 1. PLoS One. 2014 Mar 11;9(3):e90688

    Yoshimura H, Iwasaki S, Nishio SY, Kumakawa K, Tono T, Kobayashi Y, Sato H, Nagai K, Ishikawa K, Ikezono T, Naito Y, Fukushima K, Oshikawa C, Kimitsuki T, Nakanishi H, Usami S.

  • 9. A Japanese family showing high-frequency hearing loss with KCNQ4 and TECTA mutations. Acta Otolaryngol. 2014 Jun;134(6):557-63.

    Ishikawa K, Naito T, Nishio SY, Iwasa YI, Nakamura KI, Usami SI, Ichimura K.

  • 10. TMC1 and TMC2 are components of the mechanotransduction channel in hair cells of the mammalian inner ear. Neuron. 2013 Aug 7;79(3)504-515.

    Pan B, Geleoc GS, Asai Y, Horwitz GC, Kurima K, Ishikawa K, Kawashima Y, Griffith AJ, Holt JR.

  • 11. Are patients with severe epistaxis caused by hereditary hemorrhagic telangiectasia satisfied with nostril closure surgery? Auris Nasus Larynx. 2012 Feb;39(1):59-64.

    Ichimura K, Kikuchi H, Imayoshi S, Yamauchi T, Ishikawa K.

  • 12. Disruption of Fibroblast Growth Factor Receptor 3 signaling results in defects in cellular differentiation, neuronal patterning, and hearing impairment. Developmental Dynamics 236(7):1905_17, 2007.

    Puligilla C, Feng F, Ishikawa K, Bertuzzi S, Dabdoub A, Griffith AJ, Fritzsch B, Kelley MW.

  • 13. Temporal bone histopathologic abnormalities associated with mitochondrial mutation T7511C. Laryngoscope 2006;116:1982-1986.

    Ishikawa K, Tamagawa Y, Takahashi K, Iino Y, Murakami Y, Kakizaki K, Kimura H, Kusakari J, Hara A, Ichimura K

  • 14. Maternally inherited nonsyndromic hearing loss is associated with the T7511C mutation in the mitochondrial tRNASerUCN gene in a Japanese family. Biochem Biophys Res Commun. 2005;328(1):32-7.

    Li R, Ishikawa K, Deng JH, Heman-Ackah S, Tamagawa Y, Yang L, Bai Y, Ichimura K, Guan MX.

  • 15. Nonsyndromic hearing loss caused by a mitochondrial T7511C mutation. Laryngoscope 2002;112:1494-1499.

    Ishikawa K, Tamagawa Y, Takahashi K, Kimura H, Kusakari J, Hara A, Ichimura K

  • 16. Clinical presentation of DFNA11 (MYO7A). Adv Otorhinolaryngol. 2002;61:79-84.

    Tamagawa Y, Ishikawa K, Ishikawa K, Ishida T, Kitamura K, Makino S, Tsuru T, Ichimura K.

  • 17. Phenotype of DFNA11, a nonsyndromic hearing loss caused by a myosin VIIA mutation. Laryngoscope 2002;112:292-297.

    Tamagawa Y, Ishikawa K, Ishikawa K, Ishida T, Kitamura K, Makino S, Tsuru T, Ichimura K.

  • 18. Mutations of the pendred sydrome gene (PDS) in patients with Large Vestibular Aquaeduct. Acta Otolaryngol. (Stockh) 2000;120:137-141.

    Kitamura K, Takahashi K, Noguchi Y, Kuroishikawa Y, Tamagawa Y, Ishikawa K, Ichimura K, and Hagiwara H.

  • 19. 衛生行政担当者からみた医療過疎地における耳鼻咽喉科診療.日耳鼻会報 1998;101:9-13.

    石川浩太郎、玉川雄也、阿部弘一、喜多村健、五十嵐正紘、曽根啓一、溝呂木紀仁

  • 20. 医療過疎地における総合医の耳鼻咽喉科診療.地域医学 1997;11(4):221-224.

    石川浩太郎、玉川雄也、阿部弘一、喜多村健、奥野正孝、溝呂木紀仁

  • 21. 医療過疎地における総合医の耳鼻咽喉科診療.日耳鼻会報 1996;99:1758-1763.

    石川浩太郎、玉川雄也、阿部弘一、喜多村健、奥野正孝、溝呂木紀仁

著書

  • 1. 石川浩太郎:バリアフリーの支えとなる制度・法律.ENTONI 2021;265:79-85.

  • 2. 石川浩太郎:聴覚障害のリハビリテーション医学・医療.Jpn J Rehabil Med 2021;58(12):1377-1382.

  • 3. 石川浩太郎:身体障害者福祉法と書類作成 聴覚障害.JOHNS 2021;37(10):1275-1279.

  • 4. 石川浩太郎、吉村豪兼、西尾信哉、宇佐美真一::【次世代シーケンサー時代の難聴遺伝子診断と臨床応用】 アッシャー症候群.Otol Jpn 2021:31(2):142-147.

  • 5. 石川浩太郎:耳鼻咽喉科領域における障害福祉制度. 耳鼻臨床 2021;114(3):246-247.

  • 6. 石川浩太郎:難聴遺伝学的検査の現状と遺伝子治療の展望.  小児耳鼻 2020;41(3):249-253.

  • 7. 細井裕司、伊藤健、小寺一興、真鍋敏毅、石川浩太郎、内田育恵、神田幸彦、佐野肇、白石君男、杉内智子、鈴木恵子、西村忠己.:福祉医医療委員会報告 補聴器適合前に行う医学判定について.  Audiol Jpn 2020;63(6):548-553.

  • 8. 石川浩太郎:【[必携]専攻医と指導医のための新生児診療到達目標】検査 新生児スクリーニング検査 聴覚スクリーニング.周産期医学2020;50(4):550-552.

  • 9. 石川浩太郎:【スポーツ医学と耳鼻咽喉科】障害者スポーツと耳鼻咽喉科リハビリテーション.JOHNS 2020;36(5):633-635.

  • 10. 石川浩太郎. 指定難病としてのアッシャー症候群. 日耳鼻 2020;123(5):389-391.

  • 11. 石川浩太郎.  【視覚障害児と聴覚障害児の療育と教育】聴覚障害児の療育について. 新ノーマライゼーション 2020;40(6):6-7.

  • 12. 石川浩太郎:【小児耳鼻咽喉科診療-pitfallと私の工夫】小児の聴力検査のpitfallと私の工夫.JOHNS 2020;36(10):1345-1347.

  • 13. 石川浩太郎. 難聴遺伝学的検査の現状と遺伝子治療の展望. 小耳鼻 2020;41(3):249-253.

  • 14. 石川浩太郎:【リハビリテーションを理解する-方法と効果の評価】耳鼻咽喉科領域のリハビリテーションと障害福祉対策.JOHNS 2019;35(8):922-924.

  • 15. 石川浩太郎. 【知っておきたい遺伝学的検査と遺伝外来ABC】 遺伝情報の取り扱い. 耳喉頭頸 2018;90(8):616-621.

  • 16. 石川浩太郎. 補聴器の最近の進歩とフィッティング. 日耳鼻 2018;121(12):1523-1525.

  • 17. 石川浩太郎. 聴覚障害者がスポーツをする際の注意点. J Clin Rehabil 2018;27(12):1199-1204.

  • 18. 石川浩太郎. 【臨床力UP! 耳鼻咽喉科検査マニュアル】 聴覚検査 簡易聴力検査. 耳喉頭頸 2017;89(5):16-19.

  • 19. 石川浩太郎. 遺伝外来で診る小児の気道難聴疾患 難聴疾患. 小耳鼻 2017;38(3):236-240.

  • 20. Kodera K, Hosoi H, Okamoto M, Manabe T, Kanda Y, Shiraishi K, Sugiuchi T, Suzuki K, Tauchi H, Nishimura T, Matsuhira T, Ishikawa K. Guidelines for the evaluation of hearing aid fitting (2010). Auris Nasus Larynx. 2016 Jun;43(3):217-28. doi: 10.1016/j.anl.2015.10.015. Epub 2015 Dec 2. Review.

  • 21. 石川浩太郎. 質疑応答プロからプロへ 難聴遺伝子検査の方法と有用性. 日本医事新報 2016;4796;54.

  • 22. 石川浩太郎. 【いまさら聞けない聴覚検査のABC】 純音聴力検査とマスキング. 耳喉頭頸 2016;88(6):373-378

  • 23. 石川浩太郎:【疾患と病態生理】 壊死性外耳道炎.JOHNS 2015;31(2):253-256.

  • 24. 石川浩太郎.先天性難聴の遺伝子検査の位置づけ. Otol Jpn 2015:25(2):135-139.

  • 25. 石川浩太郎.【障がい者が東京の街を歩けるか-2020年東京パラリンピック開催に向けて-】 聴覚障がい 聴覚障がい者の生理機能と病態像とADL上の注意事項.MB Med Reha 2015:187:55-61

  • 26. 石川浩太郎. 遺伝子診断の実際と問題点 —難聴—. 日耳鼻2015;118:1263-1267

  • 27. 石川浩太郎. 小児耳鼻咽喉科領域における遺伝子医療 難聴 —非症候群性難聴を中心に—. 小耳鼻2015;36(3):291-294

  • 28. 石川浩太郎:【日常診療で遭遇するトラブルへの対応】 耳鼻咽喉科処置時におけるショック様症状 耳喉頭頸2012:84(1) 9-13

  • 29. 石川浩太郎:高齢者の聴覚障害と対応策. 臨床リハ 2012:21:186-190,

  • 30. 石川浩太郎:透析患者の合併症 17.耳鼻科疾患(難聴を中心に). 腎と透析東京医学社 2012:72:681-683.

  • 31. 石川浩太郎:26 耳鼻咽喉科疾患 真珠腫性中耳炎、小児期難聴総論、遺伝性難聴、言語発達遅滞. 小児科診断・治療指針 中山書店 2012:1021-1032

  • 32. 石川浩太郎:Ⅵ 聴覚・平衡機能検査. 生理検査学画像検査学 医学書院 2012:183-202.

  • 33. 石川浩太郎:外耳道炎 小児科臨床ピクシス27.耳・鼻・のど・いびき. 日本小児医事出版社 2011:30-33.

  • 34. 石川浩太郎:鼻血への対応 日常診療実践の手技とコツ. 羊土社2011:168-172.

  • 35. 石川浩太郎:めまいと検査 このめまい、コワい?コワくない? Jmed 14 日本医事新報社 2011:27-34.

  • 36. 石川浩太郎:耳鼻科疾患とめまい このめまい、コワい?コワくない? Jmed 14 日本医事新報社 2011:61-66.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。