【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 9d5a4a8a a408 42de a1e5 9511a50bc46a
原発性アルドステロン症の検査と診断―ガイドラインの確認を!
「原発性アルドステロン症」という病名に馴染みのある方は多くはないかもしれません。これは、かつてはあまり知られていなかった「副腎の腫瘍からアルドステロンというホルモンが大量に出てしまう」病気です。...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

原発性アルドステロン症の検査と診断―ガイドラインの確認を!

公開日 2015 年 07 月 16 日 | 更新日 2018 年 04 月 16 日

原発性アルドステロン症の検査と診断―ガイドラインの確認を!
西川 哲男 先生

横浜労災病院 名誉院長、西川クリニック 院長

西川 哲男 先生

原発性アルドステロン症」という病名に馴染みのある方は多くはないかもしれません。これは、かつてはあまり知られていなかった「副腎の腫瘍からアルドステロンというホルモンが大量に出てしまう」病気です。近年、この病気が高血圧の原因として非常に重要であることが分かってきました。

原発性アルドステロン症の検査と診断について、原発性アルドステロン症に関して臨床・研究ともに世界的な第一人者であり、日本の原発性アルドステロン症の診断治療ガイドライン委員長を務められた横浜労災病院院長・西川哲男先生にお話をお聞きしました。

原発性アルドステロン症の検査

血液検査

原発性アルドステロン症では、ナトリウムが高値に、カリウムが低値になります。また、少し難しい話になりますが、初診時の血漿アルドステロン濃度(PAC)と血漿レニン活性(PRA)の比が、

  • PAC(ng/dL)/PRA>20
  • PAC(ng/dL)>12かつPRA<1

となります。 この数字の意味することは、アルドステロンが多く出て、レニンという酵素が少なくなっているということです。なお、健常者ではアルドステロンが多く出ると、レニンが少なくなることが知られています。

副腎静脈サンプリング

副腎静脈サンプリングとは、副腎静脈から直接血液を採取することを言います。まず、大腿の付け根からカテーテルという医療用の管を入れます。その後、副腎静脈から血液を採取していきます。こうすることで、アルドステロンを過剰に産生している部位が明らかになります。

限られていますが、超選択的な副腎静脈採血(普通の副腎静脈採血よりも細かいところまで副腎の状態が分かる採血)を実施できる医療機関もあります。それにより、副腎静脈のどこに原因があるのかをより細かく判別することができます。その結果として、副腎を全部切除することなく、部分切除の手術が可能となり、副腎の機能を温存することができます。

副腎静脈サンプリングとカルーテル

副腎静脈サンプリング

原発性アルドステロン症の検査入院ではどんな検査を行う?

まず、さまざまな内分泌負荷試験(確定診断のためにホルモンを負荷して体の反応を見る試験)を行います。具体的には、カプトリル負荷試験や迅速ACTH負荷試験、副腎静脈サンプリングなどを行います。

その他の検査としては、動脈硬化を調べる検査も実施します。血圧の脈波を調べて動脈硬化を見たり、エコーで頸動脈の状態や、心肥大の程度を確認したりすることもあります。また、原発性アルドステロン症では脳卒中や慢性腎臓病のリスクも高いため、頭部のMRIを行って頭の血管の状態を確認し、腎臓の機能もチェックしていきます。

原発性アルドステロンの診断

ここからはぜひ医療従事者にも知っておいて欲しいことですが、初診の高血圧の患者さんで、まだ何も治療が導入されていない場合や下記のガイドラインに当てはまる場合には、ぜひ血液検査でアルドステロンと血漿レニン活性を測定してみて下さい。

原発性アルドステロン症のガイドラインから引用
原発性アルドステロン症のガイドラインから引用

横浜市北東部の地域中核施設であり、650の病床を持つ大病院、横浜労災病院で2016年まで院長を務める。内分泌代謝内科学、特に原発性アルドステロン症では臨床・研究ともに世界的な第一人者であり、日本の原発性アルドステロン症の診断治療ガイドライン作製委員長を務めた。現在は名誉院長としての傍、自身が院長の西川クリニックを開業し多くの患者の診療に当たっている。

関連記事