【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 6c93ad10 42c9 4628 a417 2c00cd444013
高血圧の原因は? ほとんどは生活習慣が原因
日本人の40歳以上の2人に1人が高血圧であると言われています。まさに、日本の「国民病」とも言える高血圧ですが、なぜ高血圧になるのでしょうか? 高血圧の原因について、日本赤十字医療センターの上條由...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

高血圧の原因は? ほとんどは生活習慣が原因

公開日 2015 年 10 月 07 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

高血圧の原因は? ほとんどは生活習慣が原因
上條 由佳 先生

日本赤十字社医療センター腎臓内科

上條 由佳 先生

石橋 由孝 先生

日本赤十字社医療センター 腎臓内科部長

石橋 由孝 [監修]

日本人の40歳以上の2人に1人が高血圧であると言われています。まさに、日本の「国民病」とも言える高血圧ですが、なぜ高血圧になるのでしょうか? 高血圧の原因について、日本赤十字医療センターの上條由佳先生にお聞きしました。

高血圧とは?

血圧とは、「血管の中を流れる血液が、血管の壁に与える圧力」のことです。そして、血圧が基準値以上になっている状態が続く場合、これを高血圧といいます。

参考記事:高血圧とは

高血圧の原因は?

高血圧はその原因により、「一次性高血圧」(本態性高血圧 ともいいます)と「二次性高血圧」に分けられます。

一次性高血圧とは?

「一次性高血圧」とは、明らかな異常がないにも関わらず血圧が高い状態です。日本人の高血圧の90%は、一次性高血圧だと言われています。

明らかな異常はありませんが、血圧を上げている要因は分かっています。以下のようなものが挙げられます。

  • 塩分の摂りすぎ
  • 肥満
  • 運動不足
  • ストレス、過労
  • 加齢
  • 遺伝的な要因

二次性高血圧とは?

一方、「二次性高血圧」とは、高血圧の原因となるような病気があるものをいいます。

二次性高血圧には、以下があります。

  • 腎実質性

腎臓病によって起こる高血圧です。

  • 腎血管性

腎動脈(じんどうみゃく)という腎臓に向かう血管が狭くなったり詰まったりすることによって起こる高血圧です。

  • 内分泌性(原発性アルドステロン症など)

体の中でホルモンが過剰に分泌されることによって起こる高血圧です。

  • 睡眠時無呼吸症候群 (SAS)による高血圧

睡眠時無呼吸症候群が原因となって起こる高血圧です。夜寝ている間に低酸素になることが原因だと考えられています。

  • 遺伝性

遺伝によって起こる高血圧です。

  • 薬剤性

NSAIDs、甘草、プレドニゾロンなど薬による作用や副作用により起こる高血圧です。
 

二次性高血圧は、それぞれの原因に即した治療を行うことにより、治癒・改善する可能性があります。
特に以下のような高血圧は、この二次性高血圧の可能性が高いです。

  • 若い方の高血圧
  • 中等症・重症の高血圧
  • 治療の効果があまりない高血圧

日本人は塩分摂取量が多すぎる?

高血圧になる原因の一つとして、塩分の摂りすぎが挙げられます。

日本では40歳以上の2人に1人が高血圧であり、高血圧の割合が非常に高いのですが、これは日本人の塩分過多な食生活がその原因の一つではないかと考えられています。日本人は他国に比べ、塩分摂取量が多いのです。

具体的には、アメリカ、ヨーロッパなどでは1日の塩分摂取量が8〜10gですが、日本では10g前後となっています。これは、日本の伝統的な食文化である、味噌や醤油などの塩分の高い調味料・漬物などの塩分の高い保存食が関係していると考えられています。

食塩摂取量と高血圧発症率の関係

食塩摂取量と高血圧発症率の関係

このグラフは、各国の食塩摂取量と高血圧の発症率を比較したものです。
食塩の摂取量が多いほど高血圧の発症率が高いこと、そして日本の食塩摂取量がとても多いことが、お分かり頂けると思います。

食塩制限の降圧効果

食塩制限の降圧効果

またこれは、食塩制限にどれだけ血圧を下げる効果(降圧効果)があるのかを調査した研究です。食塩摂取量を制限すると血圧が下がっていることがお分かり頂けると思います。現在、食塩摂取量の目標は6g/日が推奨されています。
参考記事:高血圧の治療

日本赤十字社医療センターにおいて石橋由孝部長のもと、全人的総合的腎不全医療(Total Renal Care:TRC)を推進・普及させるためにアウトリーチ活動を行っている。一人ひとりの腎不全患者が自己管理や行動変容を実現するための教育というミクロなアプローチから、腎不全患者自身がさまざまな治療の選択肢を持てるようにするための社会システム全体の構築というマクロなアプローチも積極的に行っている。

日本赤十字社医療センターで腎臓内科部長を務め、腹膜透析における本邦のオピニオンリーダー。末期腎不全医療、特に腎代替療法オプション提示。全人的総合的腎不全医療(Total Renal Care:TRC)を推進・普及させるため積極的にアウトリーチ活動を行っている。

関連記事