目

角膜ヘルペス(かくまくへるぺす)

角膜ヘルペスとは

角膜ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスが角膜に感染することから引き起こされる感染症を指します。単純ヘルペスウイルスは、口唇ヘルペスを引き起こすウイルスであり、同一のウイルスが原因となって角膜ヘルペスは発症します。なお、皮疹を伴うこともある帯状ヘルペスウイルスが原因となって、角膜炎が発症することもあります。

角膜ヘルペスを発症すると、眼の痛みや充血、視力低下などを来すことがあります。ヘルペスウイルによる角膜損傷の障害程度は強くなることがあり、無治療のまま放置すると失明に至る危険性も出てきます。また、角膜ヘルペスは繰り返し再発することもあり、その都度角膜損傷が生じてしまい蓄積的に視力低下につながる危険性もあります。角膜ヘルペスに対しては有効な抗ウイルス薬も存在しているため、適切な診断のもと治療介入を行うことが重要です。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

原因

角膜ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが角膜に感染することを原因として発症します。単純ヘルペスウイルスは口唇ヘルペスの原因ウイルスでもあり、ヘルペス族に属するウイルスの一種類です。人間に感染するヒトヘルペスウイルスは全部で8種類ありますが、単純ヘルペスウイルス以外にも帯状ヘルペスウイルスも角膜感染症の原因となります。

単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると症状を引き起こさないまでも体内に持続的に感染するようになります。初感染の後、単純ヘルペスウイルスは、眼につながる「三叉神経」と呼ばれる神経に潜むことになります。体調が悪く抵抗力が低下しているときに単純ヘルペスウイルスが再活性化してしまい、角膜炎として現れることがあります。その他、紫外線や眼の外傷も単純ヘルペスウイルスを活性化させる誘因となります。体調不良、紫外線、外傷など誘因があると単純ヘルペスウイルスは再活性化を繰り返し、角膜障害は繰り返される危険性が出てきます。

角膜は、光が通過する部分であり、透明であることが視力の保持にはとても重要です。しかし、角膜ヘルペスで角膜が損傷を受けると、角膜の透明性が障害を受けることになります。また、光の屈折率にも悪影響が生じることになります。以上のように、角膜ヘルペスでは角膜に対しての障害が生じることから、視力低下といった症状が引き起こされることになります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

症状

角膜ヘルペスを発症すると、眼の充血や眼の痛み、光が眩しいといった症状を認めるようになります。角膜上皮が障害を受けている状態を「樹枝状角膜炎」と呼びます。

角膜上皮の損傷からさらに内部にあたる実質が損傷を受けると、角膜が白く濁ったり、目の中に「ぶどう膜炎」と呼ばれる炎症が波及したりすることもあります。こうして角膜の実質が障害を受けている状態を、「円板状角膜炎」と呼びます。角膜ヘルペスによる症状が進行することで、失明に至る可能性のある視力低下を引き起こすこともあります。角膜ヘルペスの病変は基本的には片眼であり、両眼ともが障害を受けることは稀です。

なお、帯状ヘルペスウイルスによる角膜炎は、3つに枝分かれしている三叉神経第1枝の「眼神経」領域に皮膚病変が現れることが多く、これにより診断が容易につけられることが多いですが、稀に皮疹が明らかでない場合もあります。帯状ヘルペス性角膜炎でも木の枝のような形状の「偽樹枝状角膜潰瘍」を起こすことがあるため、皮疹を伴わない帯状ヘルペス角膜炎との鑑別はやや難しくなります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

検査・診断

角膜ヘルペスでは、細隙灯顕微鏡検査と呼ばれる検査が行われることになります。この検査を通して、角膜損傷の程度を詳細に観察することが可能であり、角膜ヘルペスに特徴的な樹枝状角膜炎の所見を得ることが可能です。また、角膜上皮の細胞を実際に採取し、蛍光抗体法と呼ばれる方法で単純ヘルペスウイルスの抗原を証明することもあります。さらに、ウイルス分離やPCR法等と呼ばれる検査を通して単純ヘルペスウイルスの感染を証明することもあります。

なお、血液検査で単純ヘルペスウイルスに対する抗体を測定することも可能ですが、角膜ヘルペスにおいては単純ヘルペスウイルスが悪さをしている状況であっても必ずしも劇的な変化を感知することができない場合もあります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

治療

 角膜ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスを原因として発症する病気です。そのため、単純ヘルペスウイルスに対して効果のある抗ウイルス薬を使用して治療を行うことになります。日本で保険適用されている抗ウイルス薬は、現在のところアシクルビル眼軟膏(製品名:ゾビラックス)のみですので、軟膏を塗布する方法で治療を行って行きます。また、重症例にはバルトレックスという内服薬などを処方したり、点滴による全身投与を行うこともあります。

 紫外線や眼の外傷もヘルペスウイルスを活性化させることが知られていますので、海や山などで紫外線を浴びる機会が多い方はサングラスで眼を保護するよう心掛け、単純ヘルペスウイルスの再活性化を許さないようにすることが大切です。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

角膜ヘルペスの記事を読む

角膜ヘルペスの記事にご協力いただいている医師