クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Vagina
鎖陰
鎖陰(さいん)とは、女性器のうち、腟、処女膜、そのさらに奥にある子宮頸管などのうちいずれか、もしくはその複数が構造的に閉鎖してしまっている状態で、性器閉鎖症と呼ばれることもあります。 鎖陰...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
膣

鎖陰さいん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

鎖陰(さいん)とは、女性器のうち、腟、処女膜、そのさらに奥にある子宮頸管などのうちいずれか、もしくはその複数が構造的に閉鎖してしまっている状態で、性器閉鎖症と呼ばれることもあります。

鎖陰は閉鎖が生じている部位によって、処女膜閉鎖、腟閉鎖、腟狭窄症や子宮頸管閉鎖に分類されます。また、その原因によって先天性(生まれつきのもの)と後天性(生後に起きたもの)に分類されます。

原因

先天的な鎖陰と後天的な鎖陰では、それぞれ原因が異なります。先天性の鎖陰には、性器の発育異常による処女膜閉鎖や腟閉鎖があります。後天性の鎖陰には、年配者の子宮頸管閉鎖として診断されるものがあります。

他には幼少期に感染し、発症した麻疹やジフテリアなどにより性器の炎症や潰瘍の結果生じたものがあります。また、外傷によって治癒過程で生じた癒着加齢などが、鎖陰の原因となることもあります。

症状

月経がある年齢の女性では、腟の出口が閉じてしまっているため月経血が腟から体外へ流れ出ることができず、体内に月経血が溜まり腹痛が生じることがあります。月経血が溜まるのは腟や子宮、卵管などのため、下腹部から外陰部にかけての痛みとなります。

そのため、初経(人生で初めての月経)がまだ来ていない思春期女性で、月経の時期に一致して下腹部などに痛みを反復して感じる場合(月経モリミナ)に、この鎖陰を疑うきっかけとなります。初経前、あるいは閉経後の女性では、無症状なことも多いです。

検査・診断

鎖陰の診断では、視診や触診などを実施します。その原因が何かを突き止めることが重要になります。また先天性の鎖陰を疑う場合、他にも異常がないか調べるために精密検査を実施することもあります。

治療

鎖陰の原因が処女膜閉鎖症の場合、切開処置により通り道を作ることで治療が可能です。特に月経周期に合わせて腹痛が認められるケースでは、月経血の通り道ができることで症状が改善することもあります。

腟閉鎖症や子宮頸管閉鎖などで、生まれつきの疾患が見つかった場合には、それらに対する専門的な治療を要するため、主治医によく説明を聞いて治療方針を相談していく必要があります。