女性器

鎖陰(さいん)

鎖陰とは

女性器のうち、腟、処女膜、そのさらに奥にある子宮頸管という部位は、管状構造、つまり一連の通り道を形成しています。これのうちいずれか、もしくはその複数が構造的に閉鎖してしまっているものが鎖陰です。性器閉鎖症と呼ばれることもあります。鎖陰は異常の起きている部位によって処女膜閉鎖、腟閉鎖、腟狭窄症や子宮頸管閉鎖に分類されます。また、その原因によって先天性(生まれつきのもの)と後天性(生後に起きたもの)に分類されます。発生頻度は低く、まれな疾患といえます。鎖陰は処女膜閉鎖、腟閉鎖、子宮頸管閉鎖の順に多くみられます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください 

原因

大部分は先天性で、生まれつきの疾患として発生します。性器の発育異常であり、処女膜閉鎖や腟閉鎖の一部のものがこれに含まれます。後天性のもののうち、多くは年配者の子宮頸管閉鎖として診断されます。ほかには、幼少期に感染してしまった麻疹やジフテリアなどを原因とする性器の炎症や潰瘍の結果発生するものがあります。また、外傷によって表面に傷ができ、その影響で癒着(治癒する過程で周囲の組織とくっついてしまうこと)してしまう、もしくは加齢にともなうものなどがあります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください 

症状

鎖陰では、無症状なことも多いですが、腟の出口が閉じてしまっていることから、月経血が腟から体外へ流れ出ることができないため、体内に月経血が溜まることで痛みが生じることがあります。月経血が溜まるのは腟や子宮、卵管などのため、下腹部から外陰部にかけての痛みとなります。つまり、初経(人生で初めての月経)がまだ来ていない思春期女性で、月経の時期に一致して下腹部などに痛みを反復して感じる場合(月経モリミナと呼ばれる状態)に、この鎖陰を疑います。

検査・診断

鎖陰の診断は視診や触診、つまり診察台で直接確認することで十分に可能ですが、その原因が何かを突き止めることが大切になります。 また、先天性を疑う場合には、ほかに生まれつきの疾患が起こりうる体の部位の異常がないかどうかを精密検査する必要もでてきます。

治療

原因が処女膜閉鎖症の場合には、切開処置により通り道を作ってあげることで治療が可能です。特に、月経血の貯留にともなう腹痛が認められるケースでは、早急な治療が必要になります。腟閉鎖症や子宮頸管閉鎖などで、生まれつきの疾患が見つかった場合には、それらに対する専門的な治療を要するため、主治医によく説明を聞いて治療方針を相談していきましょう。