岩崎 聡 先生のプロフィール

岩崎 聡 先生

いわさき さとし

岩崎 聡 先生

国際医療福祉大学 教授

専門分野

耳鼻咽喉科 耳科学、耳科手術、聴覚医学、人工聴覚、遺伝性難聴

紹介

最先端の難聴の診断、治療を行っている。既存の手術療法である外耳道形成術・鼓室形成術・アブミ骨手術はもちろんのこと、これらの治療で改善困難な難聴に対しては人工聴覚手術(人工内耳、人工中耳、骨導インプラント、残存聴力活用型人工内耳)が可能である。また、これまで原因不明とされてきた難聴の原因を遺伝子診断し、詳細な情報提供を行っている。

略歴

1986年 三重大学医学部卒業
1986年 浜松医科大学耳鼻咽喉科入局
1998年 米国ハウス耳科学研究所留学
2000年 浜松医科大学耳鼻咽喉科 講師
2010年 信州大学人工聴覚器学講座 教授
2013年 国際医療福祉大学三田病院耳鼻咽喉科 教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本耳鼻咽喉科学会 認定耳鼻咽喉科専門医
日本人類遺伝学会 認定臨床遺伝専門医
日本気管食道科学会 認定気管食道科専門医・認定医
日本耳科学会 代議員 人工聴覚ワーキンググループ委員
人工内耳・人工中耳研究会世話人
日本聴覚医学会 代議員 編集部会委員
網膜色素変性症と難聴の患者の会(アイヤ会)顧問

受賞・著書・論文など

【著書】
 The effect of speech rate to speech recognition in cochlear implant users and elderly adults. Kugler Publications (The Netherlands), 2002
 
 Hearing loss in children with congenital cytomegalovirus infection. INTECH Publications, 2013

 当科における耳鳴の治療-難治性耳鳴に対する岬角電気刺激療法-. 真興交易医書出版, 1998年

 補聴器適合のための検査の実際. 六法出版, 2002年

 味覚障害. 今日の治療指針2005年版. 医学書院 2005年
 
人工聴器-補聴器(デジタル、bone anchored HA).耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の最新医療.先端医療シリーズ35 先端医療技術研究所 2005年

 鼓膜炎. 耳鼻咽喉科疾患 今日の治療指針2007年版. 医学書院 2007年

 遅発性内リンパ水腫.よくわかる聴覚障害-難聴と耳鳴のすべて-.永井書店 2010年

 本邦における人工内耳装用児の現状.聴覚障害児の日本語言語発達のために―ALADJINのすすめ―.テクノエイド協会、2012年

【著書】
 The effect of speech rate to speech recognition in cochlear implant users and elderly adults. Kugler Publications (The Netherlands), 2002
 
 Hearing loss in children with congenital cytomegalovirus infection. INTECH Publications, 2013

 当科における耳鳴の治療-難治性耳鳴に対する岬角電気刺激療法-. 真興交易医書出版, 1998年

 補聴器適合のための検査の実際. 六法出版, 2002年

 味覚障害. 今日の治療指針2005年版. 医学書院 2005年
 
人工聴器-補聴器(デジタル、bone anchored HA).耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の最新医療.先端医療シリーズ35 先端医療技術研究所 2005年

 鼓膜炎. 耳鼻咽喉科疾患 今日の治療指針2007年版. 医学書院 2007年

 遅発性内リンパ水腫.よくわかる聴覚障害-難聴と耳鳴のすべて-.永井書店 2010年

 本邦における人工内耳装用児の現状.聴覚障害児の日本語言語発達のために―ALADJINのすすめ―.テクノエイド協会、2012年
 
 Usher症候群.新生児・幼小児の耳音響放射とABR。 診断と治療社 2012年

 耳のトラブル解決法.NHKきょうの健康 健康ダイアリー2013年版.主婦と生活社、2012年
 
 耳鼻咽喉科・頭頸部外科Q&A こんなときどうする? 中外医学社 2013年

 人工臓器 内耳。 先進医療 NAVIGATOR 日本医学出版 2013年

 耳/2)治療編 耳鼻咽喉科専門医のための困難症例のブレークスルー集 中山書店 2013年

 v.聴覚支援デバイスのしくみ 2.人工内耳 新生児・幼小児の難聴の医学—遺伝子診断から人工内耳手術、療育・教育まで− 診断と治療社 2013年

 なんでも健康相談「人工内耳について教えてください」NHKテレビテキスト きょうの健康 2014年

 イヤフォンで長期間音楽を楽しむNG.マガジンハウス 2014年

 診る看るカンタン手術イラスト.耳鼻咽喉科.OPE NURSING MCメディカ出版 2014年
 
 高度難聴(補聴器、人工内耳).今日の治療指針2015年版 医学書院 2015年

【論文】
 
 Iwasaki S, Mizuta K, Gao J, Wu R, Hoshino T : Focal microcirculation disorder induced by photochemical reaction in the guinea pig cochlea. Hear Res 1997;108: 55-64.

 Iwasaki S, Mizuta K, Hoshino T : Tone burst-evoked otoacoustic emissions in cats with acoustic overstimulation and anoxia. Hear Res1998; 118: 83-89.

 Iwasaki S, Nagura M, Miyashita H, Umemura K, Hoshino T : Focal damage to cochlear microcirculation measured using a non-contact laser blood flowmeter in guinea pigs. Acta Otolaryngol (Stockh) 1998;118: 666-672.

 Iwasaki S, Atsumi K, Ocho S, Mizuta K : Facial nerve stimulation by a cochlear implant in a hemodialysis patient with bone of low mineral density. Eur Arch Otorhinolaryngol 1998;255: 352-354.
 
 Iwasaki S, Tamagawa Y, Ocho S, Hoshino T, Kitamura K : Hereditary sensorineural hearing loss of unknown cause involving mitochondrial DNA 1555 mutation. ORL 2000;62: 100-103.

 Iwasaki S, Usami S, Abe S, Isoda H, Watanabe T, Hoshino T : Long term audiological feature in Pendred syndrome caused by a PDS mutation. Arch Otolaryngol2001; 127: 705-708.
 
 Iwasaki S, Ocho S, Nagura M, Hosino T: The contribution of speech rate to speech perception in multichannel cochear implant users. Ann Otol Rhinol Laryngol 2002;111: 718-721.

 Iwasaki S, Harada D, Usami S, Nagura M, Takeshita T, Hoshino T: Association of clinical features with mutation of TECTA in an autosomal dominant hearing loss family. Arch Otolaryngol 2002;128: 913-917.

 Iwasaki S, Hayashi Y, Seki A, Nagura M, Hashimoto Y, Oshima G, Hoshino T : A model of two-stage newborn hearing screening with automated auditory brainstem response. Int J of Pediatric Otorhinolaryngol 2003;67 (10): 1099-1104.

 Iwasaki S, Nagura M, Mizuta K: Cochlear implantation in a patient with eosinophilic otitis media. Eur Arch Otorhinolaryngol 2006;263:365-369.

 Iwasaki S, Maruyama Y, Hotta Y, Hashimoto Y, Nagura M: Survey in to the prevalence of hearing loss in patients diagnosed with retinitis pigmentosa. Int ophthalmol 2006;25:277-282.

 Iwasaki S, Tsukamoto K, Usami S, Misawa K, Mizuta K, Mineta H: Association of SLC26A4 mutations with clinical features and thyroid function in deaf infants with enlarged vestibular aqueduct. J Hum Genet 2006;51:805-810.

 Iwasaki S, Yamashita M, Maeda M, Misawa K, Mineta H: Audiological outcome of infants with congenital cytomegalovirus infection in a prospective study. Audiol Neurotol 2007;12:31-36.

 Iwasaki S, Takebayashi S, Watanabe T: Tick bites in external auditory canal. Auris Nasus Larynx 2007;34:375-377.

 Iwasaki S, Nakanishi H, Misawa K, Tanigawa T, Mizuta K: Cochlear implant in children with asymptomatic congenital cytomegalovirus infection. Audiol Neurotol 2009;14:146-152.

 Iwasaki S, Suzuki H, Moteki H, Miyagawa M, Takumi Y, Usami S: Experience with the Vibrant Soundbridge RW-Coupler for round window Vibroplasty with round window otosclerosis. Acta Otolaryngol 2012;132: 676-82.
 
 Iwasaki S, Nishio S, Moteki H, Takumi Y, Fukushima K, Kasai N, Usami S:Language development in Japanese children who receive cochlear implant and/or hearing aid. Int J Pediatr Otorhinolaryngol 2012; 76:433-8.

 Iwasaki S, Sano H, Nishio S, Takumi Y, Okamoto M, Usami S, Ogawa K: Hearing handicap in adults with unilateral deafness and bilateral hearing loss. Otol Neurotol 2013;34: 644-9.

続きを見る

岩崎 聡先生 の所属する医療機関

国際医療福祉大学三田病院

TEL: 03-3451-8121

国際医療福祉大学三田病院

東京都港区三田1丁目4-3

都営大江戸線「赤羽橋」駅 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分

東京メトロ南北線「麻布十番」駅 3番出口 都営大江戸線も乗り入れあり 徒歩8分

- -

受付時間: 8:30~11:30 12:30~16:30 原則紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり 

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

岩崎 聡 先生 の記事