谷口 俊文 先生のプロフィール

谷口 俊文 先生

たにぐち としぶみ

谷口 俊文 先生

千葉大学医学部附属病院 感染症内科 助教

専門分野

一般感染症、HIV/AIDS、感染制御、熱帯医学、旅行医学

紹介

千葉大学医学部を卒業後、在沖縄米国海軍病院、ワシントン大学セントルイス校感染症科フェローを経て千葉大学医学部附属病院の感染症内科助教を務める。EBM(根拠に基づいた治療)とは何か、日々の臨床的な疑問の解決や知識のアップデートはどのように行うのかに焦点を当て、日々の診療にも尽力している。「内科診療ストロング・エビデンス」の著者としても知られている。

略歴

2001年 千葉大学医学部卒業
2001年 武蔵野赤十字病院初期研修医
2003年 在沖縄米国海軍病院
2005年 セントルークス・ルーズベルト病院内科レジデント
2008年 ワシントン大学セントルイス校感染症科フェロー
2013年 千葉大学大学院博士課程修了
2013年 千葉大学大学院医学研究院 分化制御学教室 特任助教
2014年 千葉大学大学院医学研究院 疾患生命医学教室 特任助教
2014年 千葉大学医学部附属病院 感染症管理治療部 助教
2015年 千葉大学医学部附属病院 感染症内科 助教

所属学会・資格・役職など

医学博士
米国内科専門医
米国感染症専門医
日本感染症学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
国際旅行医学会(ISTM)旅行医学認定
(Certificate in Travel Health™)

受賞・著書・論文など

【著書】
谷口俊文. (2008) 呼吸器診療シークレット. 八重樫牧人・田中竜馬監訳, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 第31-36章の翻訳

谷口俊文. (2010) 感染症999の謎. 岩田健太郎編, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 第15章「HIV」

T Taniguchi, ET Overton. (2011) Hepatitis A Vaccination in HIV-infected persons. Advances in Medicine & Biology: Volume 22. Nova Science Publishers

Taniguchi, T. (2012) The Washington Manual of Critical Care (Second edition), Marin Kollef, Warren Isakow編, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, PA, Chapter 39. Invasive Fungal Infection (321-328)

Taniguchi, T. (2012) Washington Manual of Infectious Disease Subspecialty Consult,

【著書】
谷口俊文. (2008) 呼吸器診療シークレット. 八重樫牧人・田中竜馬監訳, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 第31-36章の翻訳

谷口俊文. (2010) 感染症999の謎. 岩田健太郎編, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 第15章「HIV」

T Taniguchi, ET Overton. (2011) Hepatitis A Vaccination in HIV-infected persons. Advances in Medicine & Biology: Volume 22. Nova Science Publishers

Taniguchi, T. (2012) The Washington Manual of Critical Care (Second edition), Marin Kollef, Warren Isakow編, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, PA, Chapter 39. Invasive Fungal Infection (321-328)

Taniguchi, T. (2012) Washington Manual of Infectious Disease Subspecialty Consult, Nigar Kirmani, Keith Woeltje, Hilary Babcock編, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, PA, Chapter 12. Human Immunodeficiency Virus Infection (255-282), Chapter 13. Opportunistic Infections associated with HIV (283-310)

谷口俊文. (2014) 内科診療ストロング・エビデンス, 医学書院, 東京

【論文】
Ikari J, Inamine A, Yamamoto T, Watanabe-Takano H, Yoshida N, Fujimura L, Taniguchi T, Sakamoto A, Hatano M, Tatsumi K, Tokuhisa T, Arima M. Phf11 promotes class switch recombination to IgE in murine activated B-cells. Allergy. 2014; 69:223–230

Taniguchi T, Shacham E, Önen NF, Grubb JR, Overton ET. Depression Severity is associated with Increased Risk Behaviors and Decreased CD4 Cell Counts. AIDS Care. 2014; 26:1004–1012.

GV Escota, T Taniguchi, BP Stoner, NF Onen. P3.240 Does the Prevalence of Sexually Transmitted Diseases Adequately Reflect Sexual Transmission of Hepatitis C in the HIV-Infected Population? Sex Transm Infect. 2013 Jul 1; 89(Suppl 1):A223–A224.

Taniguchi T, Grubb JR, Nurutdinova D, Onen NF, Shacham E, Donovan M, et al. Efavirenz Outperforms Boosted Atazanavir among Treatment-Naive HIV-1-Infected Persons in Routine Clinical Care. J Int Assoc Physicians AIDS Care (Chic). 2013 Mar; 12(2):138-41.

Shacham E, Morgan JC, Önen NF, Taniguchi T, Overton ET. Screening anxiety in the HIV clinic. AIDS Behav. 2012 Nov; 16(8): 2407–13.

Önen NF, Barrette E-P, Shacham E, Taniguchi T, Donovan M, Overton ET. A review of opioid prescribing practices and associations with repeat opioid prescriptions in a contemporary outpatient HIV clinic. Pain Pract. 2012 Jul; 12(6):440–8.

Taniguchi T, Nurutdinova D, Grubb JR, Önen NF, Shacham E, Donovan M, et al. Transmitted drug-resistant HIV type 1 remains prevalent and impacts virologic outcomes despite genotype-guided antiretroviral therapy. AIDS Res. Hum. Retroviruses. 2012 Mar; 28(3):259–64.

続きを見る

谷口 俊文先生 の所属する医療機関

千葉大学医学部附属病院

TEL: 043-222-7171

千葉大学医学部附属病院

千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目8-1

JR総武本線「千葉」駅 千葉都市モノレールの利用可 車8分

京成電鉄千葉線「千葉中央」駅 京成千原線も利用可 車10分

- - -

受付時間: 8:30~10:30 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

谷口 俊文 先生 の記事