杉浦 真弓 先生のプロフィール

杉浦 真弓 先生

すぎうら まゆみ

杉浦 真弓 先生

名古屋市立大学 医学研究科産科婦人科学分野

専門分野

不育症 習慣流産

紹介

2006年、全国で初の女性産婦人科主任教授として、名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科の教授に就任。数々の研究結果を残し、習慣流産(不育症)の標準的医療確立のために大きく貢献してきた。数年後の患者さんの役に立つ臨床研究を心掛けながら、精力的に活動している。

略歴

1985年名古屋市立大学医学部

所属学会・資格・役職など

名古屋市立大学医学研究科医学科 博士

受賞・著書・論文など

【著書】
賞罰:2012年1月27日 産科医療功労者厚生労働大臣賞

Ogasawara M, Aoki K, Kajiura S, Yagami Y. Are antinuclear antibodies predictive of recurrent miscarriages? Lancet 347:1183-1184, 1996
Ogasawara M, Aoki K, Okada S, Suzumori K. Embryonic karyotype of abortuses in relation to the number of previous miscarriages. Fertil Steril 73: 300-304, 2000
Sugiura-Ogasawara M, Ozaki Y, Kitaori T, Kumagai K, Suzuki S. Midline uterine defect size correlated with miscarriage of euploid embryos in recurrent cases. Fertil Steril 93: 1983-1988, 2010
Sugiura-Ogasawara M, Ozaki Y, Katano K, Suzumori N, Kitaori T, Mizutani E.

【著書】
賞罰:2012年1月27日 産科医療功労者厚生労働大臣賞

Ogasawara M, Aoki K, Kajiura S, Yagami Y. Are antinuclear antibodies predictive of recurrent miscarriages? Lancet 347:1183-1184, 1996
Ogasawara M, Aoki K, Okada S, Suzumori K. Embryonic karyotype of abortuses in relation to the number of previous miscarriages. Fertil Steril 73: 300-304, 2000
Sugiura-Ogasawara M, Ozaki Y, Kitaori T, Kumagai K, Suzuki S. Midline uterine defect size correlated with miscarriage of euploid embryos in recurrent cases. Fertil Steril 93: 1983-1988, 2010
Sugiura-Ogasawara M, Ozaki Y, Katano K, Suzumori N, Kitaori T, Mizutani E. Abnormal embryonic karyotype is the most frequent cause of recurrent miscarriage. Hum Reprod 27: 2297-2303, 2012

続きを見る

杉浦 真弓先生 の所属する医療機関

名古屋市立大学病院

TEL: 052-851-5511

名古屋市立大学病院

愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1

名古屋市営地下鉄桜通線「桜山」駅 3番出口 徒歩1分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介・予約制(予約は紹介元医療機関経由) 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

杉浦 真弓 先生 の記事