門田 行史 先生のプロフィール

門田 行史 先生

もんでん ゆきふみ

門田 行史 先生

国際医療福祉大学病院 小児科 部長・病院教授

専門分野

小児発達障害・脳科学・子育て支援

紹介

日々、子どもの心の診療に関わる診療に携わる中で、『発達障害の診断や治療に役立つ客観的検査法の開発』という着想に至り、約10年間にわたり脳機能研究を続けている。中央大学理工学部をはじめとする複数の施設との医工・多職種連携から生み出された研究成果は複数のトップジャーナルや複数のメディアで紹介されている。現在、国際医療福祉大学病院の小児科部長として小児一般診療に従事しながら、社会実装を念頭に置いた臨床研究を目指し、特許出願やアウトリーチ活動をすすめている。自治医科大学とちぎ子ども医療センター 准教授、中央大学研究機構 客員准教授。
(門田研究室ホームページ:http://ped-brailab.xii.jp/wp/)

略歴

2002年 北里大学医学部卒業
2006年 沖縄米海軍病院チーフインターン・米国医師免許(ECFMG ID: 06198063)取得
2012年 自治医科大学小児科学講師
2013年 自治医科大学大学医学博士取得(博士(医学):乙種第607号)
2017年 自治医科学とちぎ子ども医療センター小児科准教授
2017年 中央大学研究機構 客員准教授
2017年 国際医療福祉大学病院小児科部長・准教授

所属学会・資格・役職など

医学博士 
日本小児神経学会 評議員・専門医(第25016号)
日本小児科学会 専門医(第31905号)
日本薬物脳波学会 評議員 
CARE-Japan トレーナー(ジュニア)
国際医療福祉大学病院 虐待委員会 委員長

受賞・著書・論文など

【受賞】
第55回 日本小児神経学会総会・優秀口演賞 Dr Sunao Tawara Award、2013年
第54回 日本小児神経学会総会・優秀口演賞、2012年

【著書】
Neurophotonics and Brain Mapping CRC press、2017年
ベッドサイドの小児神経・発達の診かた第4版、2017年
公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法、2015年
広汎性発達障害(高次機能以外)小児科診療 増刊号、2014年
広汎性発達障害(高次機能以外)小児科診療 増刊号、2010年

【論文(全て査読あり)】
Regional difference of infant 25OHD levels in Pilot Study of Japan Environment and Children's Study.Ayabe T, Yamamoto-Hanada K, Mezawa H, Konishi M, Ishitsuka K, Saito M, Fukami M, Michikawa T, Yamazaki S, Senju A, Kusuhara K, Kawamoto T, Sanefuji M, Kato K, Oda M, Mitsubuchi H, Katoh T, Monden Y, Mise N, Kayama F,

【受賞】
第55回 日本小児神経学会総会・優秀口演賞 Dr Sunao Tawara Award、2013年
第54回 日本小児神経学会総会・優秀口演賞、2012年

【著書】
Neurophotonics and Brain Mapping CRC press、2017年
ベッドサイドの小児神経・発達の診かた第4版、2017年
公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法、2015年
広汎性発達障害(高次機能以外)小児科診療 増刊号、2014年
広汎性発達障害(高次機能以外)小児科診療 増刊号、2010年

【論文(全て査読あり)】
Regional difference of infant 25OHD levels in Pilot Study of Japan Environment and Children's Study.Ayabe T, Yamamoto-Hanada K, Mezawa H, Konishi M, Ishitsuka K, Saito M, Fukami M, Michikawa T, Yamazaki S, Senju A, Kusuhara K, Kawamoto T, Sanefuji M, Kato K, Oda M, Mitsubuchi H, Katoh T, Monden Y, Mise N, Kayama F, Saito H, Ohya Y.
Pediatr Int. 2017. [Epub ahead of print]

Relationships Between Adipokine Profiles, Physique Index, and Severity of Bronchiolitis in Infancy.Kawamata R, Gunji Y, Ozaki A, Wakabayashi K, Miyajimaa Y, Monden Y, Numazaki K, Takahashi K. Fetal Pediatr Pathol. 2017 23:1-10. [Epub ahead of print]

A case of severe movement disorder with GNAO1 mutation responsive to topiramate.
Sakamoto S, Monden Y, Fukai R, Miyake N, Saito H, Miyauchi A, Matsumoto A, Nagashima M, Osaka H, Matsumoto N, Yamagata T. Brain Dev. 2017 39(5):439-443.

Phenotypic spectrum of GNAO1 variants: epileptic encephalopathy to involuntary movements with severe developmental delay. Saitsu H, Fukai R, Ben-Zeev B, Sakai Y, Mimaki M, Okamoto N, Suzuki Y, Monden Y, Saito H, Tziperman B, Torio M, Akamine S, Takahashi N, Osaka H, Yamagata T, Nakamura K, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Shiina M, Ogata K, Matsumoto N. Eur J Hum Genet. 2016;24(1):129-34.

Individual classification of ADHD children by right prefrontal hemodynamic responses during a go/no-go task as assessed by fNIRS. Monden Y, Dan I, Nagashima M, Dan H, Uga M, Ikeda T, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Watanabe E, Yamagata T. Neuroimage Clin. 2015 9;9:1-12.

Neuropharmacological effect of atomoxetine on attention network in children with attention deficit hyperactivity disorder during oddball paradigms as assessed using functional near-infrared spectroscopy. Nagashima M, Monden Y, Dan I, Dan H, Mizutani T, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Momoi MY, Yamagata T, Watanabe E. Neurophotonics. 2014;1(2):025007.

Neuropharmacological effect of methylphenidate on attention network in children with attention deficit hyperactivity disorder during oddball paradigms as assessed using functional near-infrared spectroscopy. Nagashima M, Monden Y, Dan I, Dan H, Tsuzuki D, Mizutani T, Kyutoku Y, Gunji Y, Momoi MY, Watanabe E, Yamagata T. Neurophotonics. 2014;1(1):015001.

Acute neuropharmacological effects of atomoxetine on inhibitory control in ADHD children: a fNIRS study. Nagashima M, Monden Y, Dan I, Dan H, Tsuzuki D, Mizutani T, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Momoi MY, Watanabe E, Yamagata T. Neuroimage Clin. 2014;10;6:192-201.

Persistent presence of the anti-myelin oligodendrocyte glycoprotein autoantibody in a pediatric case of acute disseminated encephalomyelitis followed by optic neuritis.
Miyauchi A, Monden Y, Watanabe M, Sugie H, Morita M, Kezuka T, Momoi M, Yamagata T.
Neuropediatrics. 2014;45(3):196-9.

Late-onset Leigh syndrome with myoclonic epilepsy with ragged-red fibers.
Monden Y, Mori M, Kuwajima M, Goto T, Yamagata T, Momoi MY.
Brain Dev. 2013;35(6):582-5.

Right prefrontal activation as a neuro-functional biomarker for monitoring acute effects of methylphenidate in ADHD children: An fNIRS study. Monden Y, Dan H, Nagashima M, Dan I, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Yamagata T, Watanabe E, Momoi MY.Neuroimage Clin. 2012;10;1(1):131-40.
Clinically-oriented monitoring of acute effects of methylphenidate on cerebral hemodynamics in ADHD children using fNIRS. Monden Y, Dan H, Nagashima M, Dan I, Kyutoku Y, Okamoto M, Yamagata T, Momoi MY, Watanabe E.Clin Neurophysiol. 2012;123(6):1147-57.

A case of ADEM with atypical MRI findings of a centrally-located long spinal cord lesion. Monden Y, Yamagata T, Kuroiwa Y, Takahashi T, Mori M, Fukuda T, Sugie H, Momoi MY.Brain Dev. 2012;34(5):380-3.

Trisomy 13 in a 9-year-old girl with left ventricular noncompaction.Yukifumi M, Hirohiko S, Fukiko I, Mariko M.Pediatr

続きを見る

門田 行史先生 の所属する医療機関

国際医療福祉大学病院

TEL: 0287-37-2221

国際医療福祉大学病院

栃木県那須塩原市井口537-3

JR東北本線(宇都宮線)「西那須野」駅 無料シャトルバス運行あり 車10分

- -

受付時間: 7:30〜11:30 原則紹介制、一部診療科予約制 科により異なる 一部PM診療あり 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

門田 行史 先生 の記事