新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学塩谷病院 教授/中央検査部部長

ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター

倉田 毅 くらた たけし 先生

国立感染症研究所所長を経て現在は国際医療福祉大学塩谷病院で中央検査部部長ならびに教授を務める。インド、バングラデシュやザイールをはじめ世界各国で感染症対策に従事し、現在も米国CDCのEMERGING INFECTIOUS DISEASEで編集委員を務める。ウイルス感染症の病理学を専門とする。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 感染症内科
  • ウイルス感染症の病理学

資格・学会・役職

ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
  • 国際医療福祉大学塩谷病院 教授/中央検査部部長
  • 日本バイオセーフティ学会 理事/理事長
  • 日本ウイルス学会 元理事/理事長
  • 日本感染症学会 元理事
  • WHOバイオセーフティ 元専門委員
  • WHO生物製剤ワクチン標準化委員会 元委員
  • 日本病理学会日本病理学会 認定病理認定医
  • 厚生労働省認定死体解剖資格 取得

所属病院

国際医療福祉大学塩谷病院

  • 内科 外科 脳神経外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 老年科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 血管外科 総合診療科 病理診断科
  • 栃木県矢板市富田77
  • 宇都宮線 矢板 バスの利用も可能(矢板市営バス 塩谷病院前下車) 徒歩15分
  • 0287-44-1155
公式ウェブサイト
国際医療福祉大学塩谷病院

医療記事

来歴等

略歴

1966年 信州大学医学部卒業後東大病院にて医師実地修練を経て
1967年 東京大学医科学研究所で大学院時代を過ごす
1971年 医学博士
1971-1973年 国立予防衛生研究所
1973年 東京大学医科学研究所助手
1975年 インド、バングラデシュで天然痘対策に従事
1975年 ウィーン大学癌研究所助手
1978年 東京大学医科学研究所助教授
1980年 米国CDCチームでシエラレオーネにてラッサ熱の調査研究に従事
1985年 国立感染症研究所病理部長
1986-1995年 CDCでウイルス性出血熱の研究に従事
1998年 大阪大学微生物病研究所教授
1999年 国立感染症研究所副所長
2004年 国立感染症研究所所長
2006年 富山県衛生研究所所長
2011年 国際医療福祉大学教授 国際医療福祉大学塩谷病院中央検査部部長

著書

英文原著 397 篇
ウイルス感染症の臨床と病理

その他

  • 【受賞】2012年 瑞宝重光章 受章

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。