佐藤 敦久 先生のプロフィール

佐藤 敦久 先生

さとう あつひさ

佐藤 敦久 先生

国際医療福祉大学 三田病院

専門分野

高血圧、腎臓、内分泌学(副腎疾患)

紹介

新潟大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部内科、水戸赤十字病院内科を経て、現在は国際医療福祉大学付属三田病院で副院長を務める。内科一般のエキスパートであり、臨床試験などから得られたエビデンスに基づいた治療を日々行っている。十分な話し合いを行い、両者の合意により治療方針を決定することで、多くの患者から高い信頼を得ている。

略歴

1979~1985年  新潟大学医学部
1985~1987年  慶應義塾大学医学部内科 研修医
1987~1989年  国立栃木病院内科
1989~1994年  慶應義塾大学医学部内科 助手
1994~1997年  Research Fellow in Baker Medical Research Institute(John W. Funder 教授研究室)
1997~2003年  水戸赤十字病院内科 副部長
2003~2005年  水戸赤十字病院内科 部長
   2004年   慶應義塾大学医学部内科 講師(非常勤) 
2005~2007年  国際医療福祉大学附属三田病院内科 国際医療福祉大学助教授
   2007年   国際医療福祉大学三田病院内科 部長、同透析センター長、同教授
   2013年   国際医療福祉大学塩谷病院 副院長
   2015年   国際医療福祉大学三田病院 副院長

所属学会・資格・役職など

[学会・役員]

日本高血圧学会 評議員
日本腎臓学会 学術評議員
日本心血管内分泌代謝学会 評議員
日本内分泌学会 評議員
日本結合組織学会 評議員
The Editorial Board of: Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology

日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定総合内科専門医、
日本内科学会認定指導医、
日本高血圧学会認定専門医、同指導医
日本腎臓学会認定専門医、同指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医、同指導医

[所属学会]

日本内科学会、日本高血圧学会、日本腎臓学会、日本内分泌学会、日本心血管内分泌学会、日本ステロイドホルモン学会、日本結合組織学会、日本消化器病学会、日本感染症学会

受賞・著書・論文など

原著論文(英文)

1. Kato H, Suzuki H, Tajima S, Ogata Y, Tominaga T, Sato A, Saruta T. Angiotensin II stimulates collagen synthesis in cultured vascular smooth muscle cells. J. Hypertens. 1991;9:17-22.

2. Sato A, Suzuki H, Iwaita Y, Nakazato Y, Kato H, Saruta T. Potentiation of inositol trisphosphate production by dexamethasone. Hypertension. 1992;19:109-115.

3. Sato A, Suzuki H, Iwaita Y, Nakazato Y, Kato H, Saruta T. Dexamethasone potentiates production of inositol trisphosphate evoked by endothelin-1 in vascular smooth muscle cells. J. Cardiovasc. Pharmacol. 1992;20:290-295.

原著論文(英文)

1. Kato H, Suzuki H, Tajima S, Ogata Y, Tominaga T, Sato A, Saruta T. Angiotensin II stimulates collagen synthesis in cultured vascular smooth muscle cells. J. Hypertens. 1991;9:17-22.

2. Sato A, Suzuki H, Iwaita Y, Nakazato Y, Kato H, Saruta T. Potentiation of inositol trisphosphate production by dexamethasone. Hypertension. 1992;19:109-115.

3. Sato A, Suzuki H, Iwaita Y, Nakazato Y, Kato H, Saruta T. Dexamethasone potentiates production of inositol trisphosphate evoked by endothelin-1 in vascular smooth muscle cells. J. Cardiovasc. Pharmacol. 1992;20:290-295.

4. Nakazato Y, Okada H, Sato A, Iwaita Y, Hayashida T, Hayashi M, Suzuki H,
Saruta T. Interleukin 4 downregulates cell growth and prostaglandin release of human
mesangial cells. Biochem. Biophys. Res. Comm. 1993;197:486-493.

5. Sato A, Suzuki H, Murakami M, Nakazato Y, Iwaita Y, Saruta T. Glucocorticoid
increases angiotensin II type 1 receptor and its gene expression. Hypertension.
1994;23:25-30.

6. Sato A, Suzuki H, Nakazato Y, Shibata H, Inagami T, Saruta T. Increased expression of vascular angiotensin II type 1 receptor gene in glucocorticoid-induced hypertension.   J. Hypertens. 1994;12:511-516.

7. Shibata H, Suzuki H, Murakami M, Sato A, Saruta T. Angiotensin type 1 receptor messenger RNA levels in human blood cells of patients with primary and secondary hypertension: reference to renin profile. J. Hypertens. 1994;12:1275-1284.

8. Suzuki H, Shibata H, Murakami M, Sato A, Naito M, Ichihara A, Matsumoto A, Tsujimoto G, Hirasawa A, Horie K, Saruta T. Modulation of angiotensin II type 1 receptor mRNA expression in human blood cells: comparison of platelets and mononuclear leucocytes. Endocr. J. 1995;42:15-22.

9. Sato A, Funder JW, Okubo M, Kubota E, Saruta T. Glucocorticoid-induced hypertension in the elderly. Relation to serum calcium and family history of essential hypertension. Am. J. Hypertens. 1995;8:823-828.

10. Sato A, Suzuki H, Murakami M, Kanno Y, Naito M, Saruta T. Systemic lupus erythematosus: a follow-up study of Japanese patients with end-stage renal failure treated with haemodialysis. Nephrology. 1995;1:527-533.

11. Sato A, Sheppard KE, Fullerton MJ, Sviridov DD, Funder JW. Glucocorticoid receptor expression is down-regulated by Lp(a) lipoprotein in vascular smooth muscle cells. Endocrinology. 1995;136:3707-3713.

12. Sato A, Autelitano DJ. Adrenomedullin induces expression of c-fos and AP-1 activity in rat vascular smooth muscle cells and cardiomyocytes. Biochem. Biophys. Res. Comm. 1995;217:211-216.

13. Sato A, Sheppard KE, Fullerton MJ, Funder JW. cAMP modulates glucocorticoid-induced protein accumulation and glucocorticoid receptor in cardiomyocytes. Am. J. Physiol. 1996;271:E827-833.

14. Sato A, Funder JW. High glucose stimulates aldosterone-induced hypertrophy via type I mineralocorticoid receptors in neonatal rat cardiomyocytes. Endocrinology. 1996;137:4145-4153.

15. Sato A, Liu JP, Funder JW. Aldosterone rapidly represses protein kinase C activity in neonatal rat cardiomyocytes in vitro. Endocrinology. 1997;138:3410-3416.

16. Sato A, Canny BJ, Autelitano DJ. Adrenomedullin stimulates cAMP accumulation and inhibits atrial natriuretic peptide gene expression in cardiomyocytes. Biochem. Biophys. Res. Comm. 1997;230:311-314.

17. Sato A, Suzuki Y, Saruta T. Effects of spironolactone and angiotensin-converting enzyme inhibitor on left ventricular hypertrophy in patients with essential hypertension. Hypertens. Res. 1997;22:17-22.

18. Sato A, Funder JW, Saruta T. Involvement of aldosterone in left ventricular hypertrophy of patients with end-stage renal failure treated with hemodialysis. J. Am. Hypertens. 1999;12:867-873.

19. Sato A, Suzuki Y, Shibata H, Saruta T. Plasma aldosterone concentrations are not related to the degree of angiotensin-converting enzyme inhibition in essential hypertensive patients. Hypertens. Res. 2000;23:25-31.

20. Shigihara T, Sato A, Hayashi K, Saruta T. Effect of combination therapy of angiotensin-converting enzyme inhibitor plus calcium channel blocker on urinary albumin excretion in hypertensive microalbuminuric patients with type II diabetes. Hypertens. Res. 2000;23:219-226.

21. Sato A, Saruta T. Aldosterone escape during angiotensin-converting enzyme inhibitor therapy in essential hypertensive patients with left ventricular hypertrophy. J. Int. Med. Res. 2001;29:13-21.

22. Sato A, Takane H, Saruta T. High serum level of procollagen type III amino-terminal peptide contributes to the efficacy of spironolactone and angiotensin-converting enzyme inhibitor therapy on left ventricular hypertrophy in essential hypertensive patients. Hypertens. Res. 2001;24:99-104.

23. Naruse M, Tanabe A, Sato A, Takagi S, Tsuchiya K, Imaki T, Takano K. Aldosterone breakthrough during angiotensin II receptor antagonist therapy in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. Hypertension. 2002;40:28-33.

24. Sato A, Hayashi M, Saruta T. Relative long-term effects of spironolactone in conjunction with an angiotensin-converting enzyme inhibitor on left ventricular mass and diastolic function in patients with essential hypertension. Hypertens. Res. 2002;25:837-842.

25. Sato A, Hayashi K, Naruse M, Saruta T. Effectiveness of aldosterone blockade in patients with diabetic nephropathy. Hypertension. 2003;41:64-68.

26. Sato A, Tabata M, Hayashi K, Saruta T. Effect of the angiotensin II type 1 receptor antagonist candesartan compared with angiotensin-converting enzyme inhibitors on urinary excretions of albumin and type IV collagen in patients with diabetic nephropathy. Clin. Exp. Nephrol. 2003;7:215-220.

27. Tanabe A, Naruse M, Hara Y, Sato A, Tsuchiya K, Nishikawa T, Imai T, Imaki T, Takano K. Aldosterone antagonist facilitates the cardioprotective effects of angiotensin receptor blockers in hypertensive rats. J. Hypertens. 2004;22:1-7.

28. Sato A, Hayashi K, Saruta T. Antiproteinuric effects of mineralocorticoid receptor blockade in patients with chronic renal disease. Am. J. Hypertens. 2005;18:44-49.

29. Sato A, Fukuda S. Clinical effects of eplerenone, a selective aldosterone blocker, in Japanese patients with essential hypertension. J. Hum. Hypertens. 24:387-394;2010.

30. Sato A, Fukuda S. Effect of aldosterone breakthrough on albuminuria during treatment with direct renin inhibitor and combined effect with mineralocorticoid receptor antagonist. Hypertens. Res. 2013;36:879-884.

31. Sato A, Fukuda S. A prospective study of frequency and characteristics of cough during ACE inhibitor treatment. Clin. Exp. Hypertens. 2015;online on May 20.

原著論文 (和文)
佐藤敦久、大島充一、村上博、木崎昌弘、荒木葉子、小川哲平.
重症貧血に至ったfactitious anemiaの1例. 日本内科学会誌. 1988.612:142.

影山洋、山内浩、中村信、佐藤敦久、後藤哲郎、中山成一、弘瀬哲、小松崎修.
甘草を含む医療用漢方製剤の血圧、電解質、レニン-アンジオテンシン系に及ぼす影響. 臨床と研究 1988;63:3694-3697.

鈴木洋通、佐藤敦久、猿田享男.
細胞内情報伝達系と疾患;本態性高血圧.  Clin. Neurosci. 1991;9:882-884.

佐藤敦久. 培養血管平滑筋細胞を用いた糖質コルチコイド高血圧発症機
構の研究.  慶應医学. 1994;71:T1-T14.

佐藤敦久、鈴木喜之、猿田享男. 本態性高血圧患者のACE阻害薬におけるアルドステロンエスケープに関する研究.  血圧.  1999;6:615-620.

佐藤敦久、猿田享男. アンジオテンシンII受容体拮抗薬の血漿アルドステロン濃度への作用. 血圧 2000;7:208-212.

佐藤敦久、鴫原寿一、林晃一、猿田享男.
微量アルブミン尿を呈する2型糖尿病合併高血圧患者の尿中アルブミン排泄量に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬とカルシウム拮抗薬併用療法が及ぼす影響.  新薬と臨床. 2000;49:874-884.

佐藤敦久、猿田享男.本態性高血圧症患者のアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬治療における血症アルドステロン濃度とACE阻害作用程度の相関について.  ホルモンと臨床. 2000;48:144-149.

佐藤敦久、林晃一、猿田享男. 高血圧を伴う糖尿病性腎症におけるアンジオテンシン変換酵素阻害薬からアンジオテンシンII受容体拮抗薬への変更に関する臨床的検討.  Ther. Res. 2001;22:555-561.

成瀬光栄、田辺晶代、佐藤敦久、高木佐和子、土谷健、今城俊浩、高野加寿恵. アルドステロンの心臓に対する作用. 内分泌・糖尿病科. 2001;12:632-638.

佐藤敦久、神田武志、高根裕史、猿田享男. 本態性高血圧患者において血清プロコラーゲンタイプIIIアミノ末端ペプチドは抗アルドステロン薬治療適応の指標となりうるか.  血圧. 2001;8:677-682.

佐藤敦久、田畑光久、林晃一、猿田享男. 糖尿病性腎症患者における尿中アルブミン、IV型コラーゲンに対するAII受容体拮抗薬カンデサルタンとACE阻害薬の比較検討. 血圧 2002;9:1087-1092.

田辺晶代、成瀬光栄、高木佐和子、佐藤敦久、土谷健、高野加寿恵.  AT1受容体拮抗薬の長期投与時におけるアルドステロンの病態生理学的意義. 血圧. 2002;9:275-281.

成瀬光栄、田辺晶代、高木佐和子、佐藤敦久、土谷健、高野加寿恵. AT1拮抗薬(AT1A)長期投与におけるスピロラクトン併用の意義. 日本臨床. 2002;60:1968-1974.

佐藤敦久、猿田享男. 原発性アルドステロン症の診断、治療方針決定までのクリニカルパス.  ホルモンと臨床. 2002;50:429-437.

佐藤敦久、藤田敏郎、Pitt B、Stier Jr CT. 心血管系疾患におけるアルドステロンの影響―血圧との関連に焦点を当ててー.  血管医学. 

著書

1. 佐藤敦久、猿田享男. 第4章 発症機序、病態 アルドステロン. 高血圧ナビゲーター. メディカルレビュー社 2000;90-91.

2. 佐藤敦久、猿田享男. アルドステロンブレイクスルー.  ARBの新しい展開. 日本医学出版 2005;175-181.

3. 佐藤敦久. 薬物療法:エプレレノンの可能性.  原発性アルドステロン症診療マニュアル 診断と治療社 2007;131-134.

4. 佐藤敦久. アンジオテンシン変換酵素阻害薬の日本における使用の現状は? 新・心臓病診療プラクティス 文光堂 2008  

5. 佐藤敦久. アンジオテンシンII受容体拮抗薬は空咳のないACE阻害薬と考えてよいか? EBM 循環器疾患の治療2008-2009 中外医学社 2008;494-499.

6. 佐藤敦久. アンジオテンシン変換酵素阻害薬. 心血管病の薬物治療マニュアル 中山書店 2008;199-205.

7. 佐藤敦久.  疾患編:血圧異常 二次性高血圧症.  症例から判断できる迷わない循環器治療薬の使い方  羊土社 2009;136-146.

8. 佐藤敦久. 薬剤編:ACE阻害薬、ARB.  症例から判断できる迷わない循環器治療薬の使い方 羊土社 2009;18-27.

9. 福田誠一、佐藤敦久. 腎臓におけるアルドステロンの影響はどこまで解明されたか?  選択的アルドステロンブロッカーのすべて. 先端医学社 2009;69-77 .

10.佐藤敦久. ACE阻害薬とARBの臨床的有用性の違いについての最近のエビデンス.  高血圧診療Q&A 活用!家庭血圧&ABPM. 中外医学社 2009;208-211.

11.福田誠一、佐藤敦久. 高血圧 新しい降圧薬;鉱質コルチコイド受容体拮抗薬.  新しい診断と治療のABC.  最新医学社2010;130-139.

12.佐藤敦久. 薬物治療:アルドステロン拮抗薬の適応.  原発性アルドステロン症診療マニュアル(第2版)  診断と治療社 2010;123-126.

13.佐藤敦久、福田誠一. 冠動脈予防にはACE阻害薬? ARB?  新・心臓病診療プラクティス16  文光堂 2011;50-51 .

14.佐藤敦久、福田誠一. ARBとACE阻害薬の効果は同等でしょうか? 見逃さない!悪化させない!心不全の日常診療Q&A  南山堂 2011;167-170.

15.佐藤敦久、福田誠一. ACE阻害薬による席の対策を教えてください 見逃さない!悪化させない!心不全の日常診療Q&A 南山堂 2011;158-161.

16.佐藤敦久、福田誠一. 高血圧の何が悪いのですか? 見逃さない!悪化させない!心不全の日常診療Q&A 南山堂 2011;135-137.

17.佐藤敦久. 腎保護機能を持つレニン・アンジオテンシン・アルドステロン阻害薬の使い方. 降圧薬;俺流処方 心血管内分泌検査から読み解く  南山堂 2011;24-32.

18.福田誠一、佐藤敦久. 主な降圧薬の特徴と使用法. ACE阻害薬. あなたも名医!高血圧、再整理.  日本医事新報社 2012;62-66.

19.佐藤敦久、福田誠一. 慢性腎臓病(CKD). 今日のcommon disease診療ガイドライン 医学書院 2012;251-259.

20.福田誠一、佐藤敦久. ACE阻害薬: 第一選択薬としてのARBとの違い. 臨床高血圧ワークブック~エビデンスを超えた次の一手~ 医薬ジャーナル 2013;41-49. 

21.佐藤敦久. 抗アルドステロン薬. 「日本医師会雑誌 高血圧診療のすべて」 診断と治療社 2013;269-270.

22.佐藤敦久. 血圧異常;二次性高血圧症. 循環器治療薬の選び方・使い方(改訂版)  羊土社 2013.

23.佐藤敦久. ACE阻害薬、AII受容体拮抗薬 (ARB)、直接的レニン阻害薬. 循環器治療薬の選び方・使い方(改訂版)  羊土社 2013.

24.佐藤敦久. 高齢者高血圧の血圧管理について. 高血圧診療 Q&A 155. 中外医学社 2014;315-316.

25.佐藤敦久. 高齢者に合併症の多い疾患での降圧薬の選択. 高血圧診療 Q&A 155 中外医学社 2014;316-317.

26.佐藤敦久. CKDアルドステロン拮抗薬への期待. メタボリックドミノに挑
む!俺流処方 糖尿病・腎・内分泌疾患編 南山堂 2014;120-129.

27.佐藤敦久、石黒喜美子、福田誠一. ACE阻害薬による咳の機序とその対
策について教えて下さい. 実はすごい!ACE阻害薬 南山堂 2015 in press.

28.石黒喜美子、佐藤敦久. アルドステロンブレイクスルー 実はすごい!
ACE阻害薬 南山堂 2015 in press.

29.佐藤敦久. 高血圧とACE阻害薬. 慢性腎臓病(CKD)合併の高血圧.
Circulation Up-to-Date Books. ACE阻害薬を使う深いワケ メディカ出版 
2015 in press.

総説(英文)

1. Funder JW, Krozowski Z, Myles K, Sato A, Sheppard KE, Young MMineralocorticoid receptors, salt, and hypertension. Recent Progress in Hormone Research. 1997;52:247-260.

2. Sato A, Saruta T. Aldosterone breakthrough during angiotensin-conveting enzyme inhibitor therapy. Am. J. Hypertens. 2003;16:781-788.

3. Sato A, Saruta T. Aldosterone-induced organ damage; plasma aldosterone level and inappropriate salt status. Hypertens. Res. 2004;27:303-310.

4. Sato A. Pleiotrophic effects of angiotensin-converting enzyme inhibitors: differentiation among ACE inhibitors may led to further organ protection. J Hypertens. 2006;24 (suppl 6):S423.

5. Sato A. Clinical significance of aldosterone breakthrough during renin-angiotensin inhibitors. J Hypertens. 2006;24 (suppl 6):S17.

6.   Sato A, Saruta T, Funder JW. Combination therapy with aldosterone blockade and renin-angiotensin inhibitors confers organ protection. Hypertens. Res. 2006;29:211-216.

7. Sato A. Mineralocorticoid receptor antagonists: their use and differentiation in Japan . Hypertens. Res. 2013;36:185-190.

8. Sato A. The necessity and effectiveness of mineralocorticoid receptor antagonist in the treatment of diabetic nephropathy. Hypertens. Res. 2015;38:367-374.

総説 (和文)

1. 佐藤敦久、鈴木洋通. ホルモンの血管内皮細胞への影響;糖質コルチコイドと血管内皮.  血管内皮. 1993;3:331-339.

2. 佐藤敦久、猿田享男. 内分泌性高血圧の最近の動向. アルドステロンと心血管障害.  ホルモンと臨床. 1999;47:797-807.

3. 佐藤敦久. レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系のパラダイムシフト.  
循環器科. 2001;52:526-538.

4. 佐藤敦久、猿田享男. 11βHSDと病態. 本態性高血圧症.  ホルモンと臨床. 2003;51:629-636.

5. 佐藤敦久、猿田享男. アルドステロンと進行性腎障害.  血圧. 2003;10:1050-1056.

6. 佐藤敦久、猿田享男. 心血管系イベントにおけるリスクホルモンとしてのアルドステロン. 最新医学. 2004;29:2243-2253.

7. 佐藤敦久、猿田享男. アルドステロンの臓器障害. 血漿アルドステロン濃度と不適切な食塩とのバランス.  血圧. 2004;11:86-92.

8.   佐藤敦久、猿田享男. アルドステロン発見50周年. アルドステロンブレイクスルー. ホルモンと臨床. 2004;52:759-769.

9.   佐藤敦久、猿田享男. ACE阻害薬とARBの違いを認識し、ACE阻害薬の良さを再考する.  Prog. Med. 2005;25:2625-2636.

10. 佐藤敦久、猿田享男. ACE阻害薬とARBの冠動脈疾患をめぐる相違と議論.  Prog. Med. 2006;26:1281-1286.

11. 佐藤敦久、西本光宏. 内分泌性高血圧症をめぐる新たな展開. ステロイドホルモンの心血管作用.  日本内科学会雑誌. 2006;95:709-715.

12. 佐藤敦久. 腎疾患とアルドステロン受容体拮抗薬.  治療学. 2006;40:875-879.

13. 佐藤敦久. ACE阻害薬のPleiotropic effects.  循環器科. 2006;60:107-113.

14. 佐藤敦久. 脂肪細胞とアルドステロン.  医学のあゆみ.  2007;221:753-758.

15. 佐藤敦久. 抗アルドステロン薬の臨床的有用性.  内分泌・糖尿病科  2007;25:406-411.

16. 佐藤敦久. 原発性アルドステロン症と肥満. ホルモンと臨床. 2008;56:575-582.

17. 佐藤敦久. 「降圧薬」としての選択的アルドステロンブロッカー(SAB)エプレレノンを考える. 血圧.
2008;15:545-552.

18. 佐藤敦久.  腎疾患とアルドステロン. 日本内科学会誌. 2008;97:2171-2178.

19. 佐藤敦久. ミネラルコルチコイド受容体遮断薬による臓器保護効果はアルドステロンブロックによるものか.  臨床高血圧. 2008;14:244-257.

20. 佐藤敦久. 降圧薬の腎保護作用と心血管保護作用(最近のエビデンスから).  腎と透析. 2009;66:101-108.

21. 佐藤敦久. 原発性アルドステロン症患者の発見、診断および治療―内分泌学会の標準的治療―.   臨床高
血圧. 2009;15:134-142.

22. 佐藤敦久. 高血圧とRAS. 呼吸と循環. 2010;58:267-274.

23. 佐藤敦久. 高血圧の管理と脳卒中. 肥満と糖尿病. 2010;9:935-937.

24. 佐藤敦久. 高齢者高血圧はACE阻害薬か?ARBか? 臨床と研究. 2010;87:1143-1150.

25. 佐藤敦久. 脂肪細胞とアルドステロン;新たな展開. 医学のあゆみ. 2010;233:221-226.

26. 佐藤敦久. ACE阻害薬のエビデンスと副作用への対処. 日本医事新報 2011;4554:73-80.

27. 佐藤敦久. 治療抵抗性高血圧とアルドステロン拮抗薬. 血圧 2011;18:765-770.

28. 佐藤敦久. アルドステロン拮抗薬;エプレレノンとスピロノラクトンの使い分け. 血圧 2012;19:264-269.

29. 佐藤敦久. 高血圧を上手に進めるコツ. 文月会誌 2013;7:18-25.

30. 佐藤敦久. 時間治療からみたアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の使い方. 血圧 2013;20:1119-1125.

31. 佐藤敦久. ACE阻害薬とARBの臨床効果の違い;エビデンスに基づく重要なレビュー. 血圧 2014;21:1050-1052.

32. 佐藤敦久. 選択的アルドステロンブロッカーの新たな積極的適応;メタボリックシンドロームを伴う高血圧症. 血
圧 2015;22:235-239.

続きを見る

佐藤 敦久先生 の所属する医療機関

国際医療福祉大学三田病院

TEL: 03-3451-8121

国際医療福祉大学三田病院

東京都港区三田1丁目4-3

都営大江戸線「赤羽橋駅」 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分

東京メトロ南北線「麻布十番駅」 3番出口 都営大江戸線も乗り入れあり 徒歩8分

- -

受付時間: 8:30~11:30 12:30~16:30 原則紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり 

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

佐藤 敦久 先生 の記事