須田 康文 先生のプロフィール

須田 康文 先生

すだ やすのり

須田 康文 先生

国際医療福祉大学三田病院教授・整形外科部長

専門分野

足の外科、膝関節外科

紹介

足の外科、膝関節疾患全般を専門とし、外反母趾については2,000例を超える手術実績を持つ。外反母趾手術の効果と限界を熟知しており、あらゆる術式の中でも侵襲性の低い手術であるDLMO法の第一人者として活躍している。
豊富な経験を踏まえて、患者さんの症状のみならずライフスタイルも考慮した治療を行っており、医療者・患者さん双方から高い評価を得ている。

略歴

1986年 慶應義塾大学医学部卒業
1986年 慶應義塾大学医学部整形外科学教室入室
1996-98年 英国リーズ大学大学院留学
1997年 医学博士取得(日本)
1998年 工学修士取得(英国)
1998年 慶應義塾大学医学部 助手
2004年 慶應義塾大学医学部 講師
2016年 国際医療福祉大学三田病院 教授・整形外科部長
2016年 慶應義塾大学医学部 客員准教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
工学修士
日本整形外科学会 専門医
日本足の外科学会 理事・会長(第40回学術集会)
日本靴医学会 理事・会長(第27回学術集会)
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員
日本臨床バイオメカニクス学会 評議員
日本臨床スポーツ医学会 評議員
関東足の外科研究会 代表世話人
考える足 代表世話人
糖尿病フットケア研究会 世話人

受賞・著書・論文など

【受賞】
東京膝関節学会学会賞、2000年
日本膝関節学会学会賞、2001年
【著書】
外反母趾診療ガイドライン、南江堂、2008年
外反母趾の治療、全日本病院出版会、2010年
外反母趾に対する遠位骨切り術. DLMO法、メジカルビュー社、2012年
【論文】
Suda Y, Seedhom BB, Matsumoto H, Otani T.: Reconstructive treatment of posterolateral rotatory instability of the knee: A biomechanical study. Am. J. Knee Surg., 2000; 19: 110-116.
須田康文: 足の外科の最近の話題.外反母趾に対する最小侵襲骨切り術(DLMO法). Bone Joint Nerve 2012; 2: 621-628.
竹島憲一郎, 須田康文, 池澤裕子, 宇佐見則夫, 井口傑, 星野達, 橋本健史, 戸山芳昭: DLMO法術後再発例のX線学的検討. 日本足の外科学会雑誌 2014; 35: 227-230.

須田 康文先生 の所属する医療機関

国際医療福祉大学三田病院

TEL: 03-3451-8121

国際医療福祉大学三田病院

東京都港区三田1丁目4-3

都営大江戸線「赤羽橋駅」 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分

東京メトロ南北線「麻布十番駅」 3番出口 都営大江戸線も乗り入れあり 徒歩8分

- -

受付時間: 8:30~11:30 12:30~16:30 原則紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり 

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

須田 康文 先生 の記事