川崎医科大学 血液内科学 教授 、川崎医科大学附属病院  血液内科部長/輸血部部長

日本内科学会 総合内科専門医・認定医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本感染症学会 感染症専門医・感染症指導医

和田 秀穂 わだ ひでほ 先生

  • 岡山県
  • 血液内科

川崎医科大学医学部医学科、同大学院を卒業後、川崎医科大学大学血液内科に入局。
自治医科大学、フランスPasteur研究所およびドイツKöln大学にて短期間の研究活動の後、川崎医科大学血液内科学教授に就任し現職。特に、溶血性貧血やHIV感染症の臨床を専門として診療に携わるとともに、後進の指導に力を注いでいる。

基本情報

診療科

  • 血液内科

受診可能な病気と得意な領域

その他の得意な領域

  • 血液学
  • 輸血・細胞治療学
  • HIV感染症

資格・所属学会

日本内科学会 総合内科専門医・認定医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本感染症学会 感染症専門医・感染症指導医

役職など

  • 川崎医科大学 血液内科学 教授
  • 川崎医科大学附属病院  血液内科部長/輸血部部長
  • 岡山県エイズ医療等推進協議会 会長
  • 岡山HIV診療ネットワーク 代表 
  • 日本内科学会 指導医
  • 日本感染症学会 ICD認定医
  • 日本輸血細胞治療学会 輸血認定医
  • 日本エイズ学会 認定医/指導医
  • 日本性感染症学会 認定医

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 川崎医科大学医学部卒業
1992年 川崎医科大学大学院医学研究科(血球生化学)修了
1994年 川崎医科大学内科学(血液)講師、 同附属病院血液内科副医長
2002年 川崎医科大学内科学(血液)助教授、同附属病院血液内科医長
2007年 川崎医科大学血液内科学准教授、同附属病院血液内科副部長
2007年 川崎医科大学血液内科学教授、 同附属病院血液内科部長
2008年 川崎医科大学附属病院 輸血部 部長兼務
2015年 川崎医科大学 学長補佐(医学教育・臨床教育担当)

論文

〇Suemori S, Wada H, Nakanishi H, Tsujioka T, Sugihara T, Tohyama K: Analysis of hereditary elliptocytosis with decreased binding of eosin-5-maleimide to red blood cells. BioMed Res Int (Special Issue on “Phylogeny and Ontogeny of Erythropoiesis”), 2015, in press.
〇Hayashi K, Tasaka T, Hirose T, Furukawa S, Kohguchi K, Matsuhashi Y, Wada H, Tohyama K, Sugihara T.:Delayed false elevation of circulating tacrolimus concentrations after cord blood transplantation in a patient with myelodysplastic syndrome. Intern Med. 2014;53(22):2635-8.
〇Matsumoto H, Kimura Y, Murao T, Osawa M, Akiyama T, Mannoji K, Koresawa R, Tokunaga H, Wada H, Sugihara T, Haruma K.:Severe Colitis Associated with both Epstein-Barr Virus and Cytomegalovirus Reactivation in a Patient with Severe Aplastic Anemia. Case Rep Gastroenterol. 2014 Jul 5;8(2):240-4.
〇Kondo T, Tasaka T, Matsumoto K, Matsumoto R, Koresawa L, Sano F, Tokunaga H, Matsuhashi Y, Nakanishi H, Morita K, Wada H, Sugihara T.:Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia with extramedullary and meningeal relapse after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation that was successfully treated with dasatinib. Springerplus. 2014 Apr 5;3:177. doi: 10.1186/2193-1801-3-177.
〇Wada H, Souri M, Matsumoto R, Sugihara T, Ichinose A.:Alloantibodies against the B subunit of plasma factor XIII developed in its congenital deficiency. Thromb Haemost. 2013 Apr;109(4):661-8.
〇Nishimori H, Harano K, Wada H, Takano S, Fukuda S, Takehara Y, Matsumoto H, Kumagai I, Tanimoto M, Takeda S.:A case of hemoglobin Hiroshima (β146 histidine to aspartic acid) with compensatory erythremia and undetectable HbA₁c. Int J Hematol. 2012 Jun;95(6):697-701.
〇Wada H, Yata K, Mikami M, Suemori S, Nakanishi H, Kondo T, Tsujioka T, Suetsugu Y, Otsuki T, Sadahira Y, Yawata Y, Sugihara T.:Multiple myeloma complicated by autoimmune hemolytic anemia. Intern Med. 2004 Jul;43(7):595-8.
〇Tsujioka T, Wada H, Yamamori S, Otsuki T, Suemori S, Kondo T, Nakanishi H, Suetsugu Y, Mikami M, Sugihara T.:MLL/AF-1p fusion in therapy-related early pre-B acute lymphoblastic leukemia with t(1;11)(p32;q23) translocation developing in the relapse phase of acute promyelocytic leukemia. Int J Hematol. 2003 Dec;78(5):439-42.
〇Otsuki T, Wada H, Nakazawa N, Taniwaki M, Kouguchi K, Ohkura M, Uehira K, Isoda K, Yata K, Sakaguchi H, Yawata Y, Ueki A, Yamada O.:Establishment of CD7+ human myeloma sister cell lines, KMS-21-PE and KMS-21-BM, carrying t(11;14) and t(8;14). Leuk Lymphoma. 2001; 42(4):761-774
〇Wada H, Kanzaki A, Yawata A, Inoue T, Kaku i, Takezono M, Sugihara T, Yamada O, Yawata Y.;Late Expression of Red Cell Membrane Protein 4.2 in Normal Human Erythroid Maturation with Seven Isoforms of The Protein 4,2 Gene. Exp hematology 1999; 27(1):54-62.
〇Maréchal J, Wada H, Koffa T, Kanzaki A, Wilmotte R, Ikoma K, Yawata A, Inoue T, Takanashi K, Miura A, et al.:Hereditary elliptocytosis associated with spectrin Le Puy in a Japanese family: ultrastructural aspect of the red cell skeleton. Eur J Haematology. 1994; 52(2):92-98.
〇Morita H, Wada H, Tsujinoue H, Kurioka T, Ueno Y, Shichikawa K , Amano H, Higo I, Kanzaki A, Yawata Y, Fukui H, Tsujii T.:Variant type of congenital stomatocytosis. Internal Medicine 1994; 33(2):103-106
〇Wada H, Suda T, Miura Y, Kajii E, Ikemoto S, Yawata Y.:Expression of Major Blood Group Antigens on Human Erythroid Cells in a Two Phase Liquid Culture System. Blood. 1990; 75(2):505-511

著書

「看護に活かす検査値の読み方・考え方 第2版」、総合医学社、2015/06
「生涯教育のためのセルフトレーニング問題と解説 第3集」、日本内科学会、2015/04
「検査値の読み方・考え方 専門医からのアドバイス 第2版」、総合医学社、2014/09
「スタンダード検査血液学 第3版」、医歯薬出版、2014/09
「プリンシプル血液疾患の臨床 新戦略による貧血治療」、中山書店、2014/07
「標準臨床検査学 血液検査学」、医学書院、2012/04
「診療に役立つ学べる感染症」、診断と医学社、2012/02
「専門医のための薬物療法Q&A血液 改訂2版」、中外医学社、2011/10
「白血病治療におけるダサチニブのすべて」、メディカルレビュー社、2011/05
「検査値の読み方・考え方 ポケットブック」、総合医学社、2011/04
「血液診療エキスパート 貧血」、中外医学社、2010/03
「ひとりで始める院内感染対策」、中外医学社、2008/11
「わかりやすい骨髄病理診断学-吸引クロット, 生検組織の見方-」、西村書店、2008/06
「疥癬対策パーフェクトガイド」、秀潤社、2008/03
「疾病の成り立ちと回復の促進2 疾病各論1」、医学書院、2006/06
「各科に役立つ救急処置・処方マニュアル」、医歯薬出版、2005/04
「骨粗鬆症の診断と鑑別」、医薬ジャーナル社、2005/02

その他

  • 2000年 守分奨学金

  • 2012年 平成24年度公衆衛生功労者 岡山市保健所長表彰(公衆衛生事業功労)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師