神奈川県立こども医療センター 神経内科科長

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医 日本小児神経学会 小児神経専門医

後藤 知英 ごとう ともひで 先生

難治性希少疾患を含め、すべての神経筋疾患の治療・研究を担う小児神経学のスペシャリスト。『続・イメージからせまる小児神経疾患50』など小児神経学に関する著書や総説を多数出版しており、学会活動なども通して後進の育成においても活躍している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 小児神経学

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医
日本小児神経学会 小児神経専門医
  • 神奈川県立こども医療センター 神経内科科長
  • 医学博士 取得
  • 日本小児神経学会 指導医/評議員/「脳と発達」編集委員会/小児急性脳症診療ガイドライン策定委員会/専門医委員会 各委員/関東地方会(運営委員)
  • 日本てんかん学会 認定専門医/指導医/評議員
  • 北米神経科学学会(Society for Neuroscience) 会員
  • 神奈川小児神経懇話会 (世話人)

所属病院

神奈川県立こども医療センター

  • アレルギー科 血液内科 外科 神経内科 脳神経外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 内分泌科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 代謝内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科 救急・集中治療科 血液・腫瘍科 内分泌代謝科 感染免疫科 遺伝科 輸血科 耳鼻いんこう科 児童思春期精神科 新生児科 内科(母性)
  • 神奈川県横浜市南区六ツ川2丁目138-4
  • 京急本線 弘明寺 平戸桜木道路に出て弘明寺口バス停より神奈川中央交通バス乗車 こども医療センター下車 バス10分 JR横須賀線 東戸塚 東口 神奈川中央交通バス 井土ケ谷下町行き こども医療センター下車 バス16分
  • 045-711-2351
公式ウェブサイト
神奈川県立こども医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1994年 筑波大学 医学専門学群 卒業
1994年 慶應義塾大学大学院医学研究科内科系専攻 博士課程 入学、慶應義塾大学病院 小児科 研修医
1995年 Harvard大学医学部・Massachusetts総合病院 神経科・小児神経科 リサーチフェロー
1998年 慶應義塾大学病院 小児科 研修医
1999年 慶應義塾大学医学部 小児科 助手
2000年 東京都立清瀬小児病院 神経科 医員/医長
2010年 東京都立小児総合医療センター(東京都立清瀬小児病院が移転・改称) 神経内科 医長
2014年 神奈川県立こども医療センター 部長、神経内科診療科長

論文

Takahashi T, Goto T, Miyama S, Nowakowski RS, Caviness VS Jr. (1999) Sequence of neuron origin and neocortical laminar fate: relation to cell cycle of origin in the developing murine cerebral wall. J Neurosci, 19(23):10357-71.
Goto T, Matsuo N, Takahashi T (2001) CSF glutamate/GABA concentrations in pyridoxine-dependent seizures: etiology of pyridoxine-dependent seizures and the mechanisms of pyridoxine action in seizure control. Brain Dev, 23(1):24-9.
Goto T, Fukushima H, Sasaki G, Matsuo N, Takahashi T. (2001) Evaluation of autonomic nervous system function with spectral analysis of heart rate variability in a case of tetanus. Brain Dev, 23(8):791-5.
Goto T, Takahashi T, Miyama S, Nowakowski RS, Bhide PG, Caviness VS Jr. (2002) Developmental regulation of the effects of fibroblast growth factor-2 and 1-octanol on neuronogenesis: implications for a hypothesis relating to mitogen-antimitogen opposition. J Neurosci Res, 69(6):714-22.
Ohtani N, Goto T, Waeber C, Bhide PG. (2003) Dopamine modulates cell cycle in the lateral ganglionic eminence. J Neurosci, 23(7):2840-50.
Caviness VS Jr., Goto T, Tarui T, Takahashi T, Bhide PG, Nowakowski RS (2003) Cell output, cell cycle duration and neuronal specification: the model of integrated mechanisms of the neocortical proliferative process. Cereb Cortex, 13(6):592-8.
Miyama S, Goto T (2004) Leptomeningeal angiomatosis presenting with infantile spasms. Pediatr Neurol, 31(5):353-6.
Goto T, Aramaki M, Yoshihashi H, Nishimura G, Hasegawa Y, Takahashi T, Ishii T, Fukushima Y, Kosaki K (2004) Large fontanelles are a shared feature of haploinsufficiency of RUNX2 and its co-activator CBFB. Congenit Anom (Kyoto), 44(4):225-9.
Goto T, Mitsuhashi M, Takahashi T (2004) Altered pattern of neuron production in the p27kip1 knockout mouse. Dev Neurosci, 26:208-17.
Kanno J, Kure S, Narisawa A, Kamada F, Takayanagi M, Yamamoto K, Hoshino H, Goto T, Takahashi T, Haginoya K, Tsuchiya S, Baumaister FAM, Aoki Y, Matsubara Y (2007) Allelic and non-allelic heterogeneities in pyridoxine-dependent seizures revealed by mutational analysis of ALDH7A1 gene. Mol Genet Metab, 91:384-9.
Miyama S, Goto T, Inoue Y, Yamakawa K (2008) Monozygotic twins with severe myoclonic epilepsy in infancy discordant for seizure onset and language development. Pediatr Neurol., 39(2):120-2.
Saitsu H, Tohyama J, Kumada T, Egawa K, Hamada K, Okada I, Mizuguchi T, Osaka H, Miyata R, Furukawa T, Haginoya K, Hoshino H, Goto T, Hachiya Y, Yamagata T, Saitoh S, Nagai T, Nishiyama K, Nishimura A, Miyake N, Komada M, Hayashi K, Hirai SI, Ogata K, Kato M, Fukuda A, Matsumoto N (2010) Dominant-negative mutations in alpha-II spectrin cause West syndrome with severe cerebral hypomyelination, spastic quadriplegia, and developmental delay. Am J Hum Genet, 11;86(6):881-91.
Shinohara M, Saitoh M, Takanashi J, Yamanouchi H, Kubota M, Goto T, Kikuchi M, Shiihara T, Yamanaka G, Mizuguchi M (2011) Carnitine palmitoyl transferase II polymorphism is associated with multiple syndromes of acute encephalopathy with various infectious diseases. Brain Dev, 33(6):512-7.
Saitsu H, Kato M, Koide A, Goto T, Fujita T, Nishiyama K, Tsurusaki Y, Doi H, Miyake N, Hayasaka K, Matsumoto N (2012) Whole exome sequencing identifies KCNQ2 mutations in Ohtahara syndrome. Ann Neurol, 72(2):298-300.
Shinohara M, Saitoh M, Nishizawa D, Ikeda K, Hirose S, Takanashi J, Takita J, Kikuchi K, Kubota M, Yamanaka G, Shiihara T, Kumakura A, Kikuchi M, Toyoshima M, Goto T, Yamanouchi H, Mizuguchi M (2013) ADORA2A Polymorphism predisposes children to encephalopathy with febrile status epilepticus. Neurology, 80(17):1571-6.
Okanishi T, Yamamoto H, Hosokawa T, Ando N, Nakagawa Y, Hashimoto Y, Maihara T, Goto T, Kubota T, Kawaguchi C, Yoshida H, Sugiura K, Itomi S, Ohno K, Takanashi J, Hayakawa M, Otsubo H, Okumura A (2015) Diffusion-Weighted MRI for Early Diagnosis of Neonatal Herpes Simplex Encephalitis. Brain Dev, 37(4):423-31.
Iwata S, Ito M, Nakata T, Noguchi Y, Okuno T, Ohkawara B, Masuda A, Goto T, Adachi M, Osaka H, Nonaka R, Arikawa-Hirasawa E, Ohno K (2015) A missense mutation in domain III in HSPG2 in Schwartz–Jampel syndrome compromises secretion of perlecan into the extracellular space. Neuromuscul Disord, 25(8):667-71.
Nakashima M, Kouga T, Lourenço CM, Shiina M, Goto T, Tsurusaki Y, Miyatake S, Miyake N, Saitsu H, Ogata K, Osaka H, Matsumoto N (2016) De novo DNM1 mutations in two cases of epileptic encephalopathy. Epilepsia 57(1):e18-e23.

著書

後藤知英(監修)、林雅晴、豊田圭子、日本小児神経学会(2015)続・イメージからせまる小児神経疾患50 ―症例から学ぶ 診断・治療プロセス―. 診断と治療社.
後藤知英(2008)熱性けいれん(Febrile seizures). 「今日の治療指針 2008年版」、p1043-4、医学書院.
後藤知英、高橋孝雄(2009)てんかんの病態解明-最近の話題. 「Annual Review 神経 2009」、p343-53、中外医学社.
後藤知英(2010)意識障害. 「ポケットプラクティス小児の神経・発達診断」、p80-4、中山書店.
後藤知英(2011)感染症関連急性脳症(ライ脳症を含む). 「今日の治療指針 2011年版」、p1215-7、医学書院.
後藤知英(2012)遅発性拡散能低下を呈する感染症関連急性脳症. 「エキスパートに学ぶ けいれん重積・意識障害」、小児科学レクチャー2巻4号、p883-9、総合医学社.
後藤知英(2012)けいれん重積型(二相性)急性脳症 検査所見:早期診断に向けて. 小児科臨床65巻9号、p1959-64、日本小児医事出版社.
後藤知英(2013)急性脳炎・脳症. 「読影の極意を学ぶ 小児の画像診断 頭部および頭頸部Q&A」、小児科学レクチャー3巻4号、p840-8、総合医学社.
後藤知英(2016)けいれん、意識障害(けいれん、意識障害、急性脳炎、急性脳症). 小児科当直医マニュアル、改訂第14版、神奈川県立こども医療センター小児内科・小児外科、p20-40、診断と治療社.
後藤知英(2016)急性脳症. ガイドラインと最新文献で学ぶ小児科学レビュー、p452-7、総合医学社.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。