新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学分野 教授

日本内科学会 認定内科医 日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医 日本動脈硬化学会 認定動脈硬化専門医 日本臨床栄養代謝学会 指導医 日本循環器学会 会員 日本認知症学会 会員

葛谷 雅文 くずや まさふみ 先生

少子高齢化にあたり増加する高齢者の健康を守る「老年医学」のスペシャリスト。高齢者に多い認知症やサルコペニアなどの研究のほか、メタボリックシンドロームの台頭によって埋もれてしまっている「高齢者の低栄養化」問題を研究し、医療従事者や一般の市民への啓発に尽力されている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • 老年医学
  • 栄養・代謝
  • 地域在宅医療

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医
日本動脈硬化学会 認定動脈硬化専門医
日本臨床栄養代謝学会 指導医
日本循環器学会 会員
日本認知症学会 会員
  • 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学分野 教授
  • 日本老年医学会 理事
  • 日本動脈硬化学会 理事
  • 日本在宅医学会 理事
  • 日本臨床栄養代謝学会 代議員
  • 日本臨床栄養学会 理事
  • 日本未病システム学会 理事
  • 日本血管生物医学会 評議員
  • Current Gerontology and Geriatrics Research Editorial Board
  • Geriatrics and Gerontology International Executive Editor

所属病院

名古屋大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 総合診療科
  • 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
  • JR中央本線(名古屋~塩尻)「鶴舞駅」 名大病院口側 徒歩3分 名古屋市営地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」 徒歩8分 名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」 栄18系統 妙見町行き 名大病院下車 バス
  • 052-741-2111
名古屋大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 大阪医科大学 卒業
1989年 名古屋大学大学院医学研究科(内科系老年医学)卒業
1991年 米国国立老化研究所 研究員
1996年 名古屋大学医学部附属病院(老年科) 助手
1999年 同上 講師 
2007年 名古屋大学大学院医学系研究科 老年科学分野 准教授
2011年 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学分野 教授
2013年 名古屋大学医学部附属病院地域医療センター(現地域連携・患者相談センター)センター長(兼務)
2014年 名古屋大学未来社会創造機構 教授
2016年 名古屋大学未来社会創造機構 機構長補佐

論文

Yanagawa M, Umegaki H, Makino T, Nakashima H, Kuzuya M. Neuropsychological differences in Alzheimer's disease patients with or without type 2 diabetes mellitus. Geriatr Gerontol Int. 2016; 16(11): 1232-5.
Umegaki H, Asai A, Kanda S, Maeda K, Shimojima T, Nomura H, Kuzuya M. Risk Factors for the Discontinuation of Home Medical Care among Low-functioning Older Patients. J Nutr Health Aging. 2016; 20(4): 453-7.
葛谷雅文, 長谷川潤, 榎裕美, 井澤幸子.在宅療養中の要介護高齢者における栄養摂取方法ならびに食形態と生命予後・入院リスクとの関連. 日本老年医学会誌52(2): 170-6, 2015.
榎 裕美, 杉山 みち子, 井澤 幸子, 廣瀬 貴久, 長谷川 潤, 井口 昭久, 葛谷 雅文. 在宅療養要介護高齢者における栄養障害の要因分析 The KANAGAWA-AICHI Disabled Elderly Cohort(KAIDEC) Study. 日本老年医学会雑誌 51(6):547-53, 2014.
榎 裕美, 杉山 みち子, 沢田 恵美[加藤], 古明地 夕佳, 葛谷 雅文.在宅療養要介護高齢者における摂食嚥下障害と栄養障害に関する調査研究The KANAGAWA-AICHI Disabled Elderly Cohort(KAIDEC) studyより. 日本臨床栄養学会雑誌36(2):124-30,2014.
Sugiyama M, Takada K, Shinde M, Matsumoto N, Tanaka K, Kiriya Y, Nishimoto E, Kuzuya M. National survey of the prevalence of swallowing difficulty and tube feeding use as well as implementation of swallowing evaluation in long-term care settings in Japan. Geriatrics & Gerontology International. 2014;14(3): 577-81.
Izawa S, Enoki H, Hasegawa J, Hirose T, Kuzuya M. Factors associated with deterioration of mini nutritional assessment-short form status of nursing home residents during a 2-year period. J Nutr Health Aging. 2014; 18(4): 372-7.

著書

これからの在宅医療―指針と実務、グリーン・プレス、2016年
健康寿命延伸をめざす栄養戦略 フレイル・疾病重症化予防のために、医歯薬出版、2016年
循環器病・介護予防に向けた未病ガイドライン―その根拠となる論文集―、一般社団法人未病息災推進協議会、2016年
今日の診療のために ガイドライン 外来診療2016、日経メディカル開発、2016年
フレイルハンドブック ポケット版、ライフ・サイエンス、2016年
国民の栄養白書2015-2016年版 高齢者の栄養管理と食事が支える生きる力 加齢のリスクを減らし、寝たきり予防を実践する!、日本医療企画、2015年
入院高齢者 診療マニュアル、文光堂、2015年
日本人の食事摂取基準2015年版、第一出版、2014年
臨床栄養実践ガイド、中外医学社、2014年
栄養管理をマスターする 代謝の理解はなぜ大事?、文光堂、2014年
すぐに使える 高齢者総合診療ノート、日本医事新報社、2014年

その他

  • 【受賞】1995年 かなえ研究奨励賞

  • 【受賞】1995年 日本老年医学会賞(ノバルティス賞)受賞

  • 【受賞】2007年 第14回日本老年医学会優秀論文賞

  • 【受賞】2011年 第19回日本老年医学会優秀論文賞

  • 【受賞】Best Article Award 2012, Geriatrics Gerontology International

  • 【受賞】2015年 公益財団法人 三井住友海上福祉財団 設立40周年記念特別賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。