クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
サルコペニア
サルコペニアとは、筋肉量が減少して、筋力低下や身体機能低下を来した状態を指します。ギリシャ語で筋肉を意味する「sarx」と、喪失を意味する「penia」が組み合わさって、サルコペニアという言葉が...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

サルコペニアさるこぺにあ

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

サルコペニアとは、筋肉量が減少して、筋力低下や身体機能低下を来した状態を指します。ギリシャ語で筋肉を意味する「sarx」と、喪失を意味する「penia」が組み合わさって、サルコペニアという言葉が出来上がっています。

サルコペニアでは、歩くのが遅くなる、手の握力が弱くなりペットボトルを空けることができない、などといった症状を呈するようになります。高齢化を迎える日本を含む諸国においてサルコペニアは問題となっており、転倒や骨折、寝たきりなどを生じ生活の質を著しくて低下させうる状態です。サルコペニアを予防するためにも、栄養のバランスの取れた食事と適度の運動を心がけて日常生活を送ることが大切であると考えられています。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

原因

サルコペニアは、筋肉量の減少を筋力の低下、身体機能が低下した状態を指します。加齢と共に筋肉量は低下しますが、日常生活に支障が生じるほどに影響を受けている状態がサルコペニアです。

加齢と共に筋肉量は低下していきますが、サルコペニアには環境的な変化が誘因になることがあります。具体的には、病気をきっかけに入院生活をすると、数日から1週間といった短期間の間に急激な経過でサルコペニアを発症することがあります。

また、サルコペニアは加齢が原因で起こる一次性サルコペニアと、加齢以外にも原因がある二次性サルコペニアに分類されます。二次性サルコペニアでは、先に記載した通り生活スタイルが原因となることもあれば、身体的な疾患(重症臓器不全や、神経筋疾患、炎症性疾患、悪性腫瘍など)が原因となることもあります。その他、栄養不足からサルコペニアが引き起こされることもあります。

サルコペニアはこれらの原因を元にして、筋肉の代謝に関わるホルモン(ステロイドや成長ホルモン)、炎症性サイトカインなどが健康時と変化することになり、筋肉の分解量が産生量を上回ることから発症します。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

症状

サルコペニアでは、筋肉が減少し、筋力低下から身体機能の低下に至る病気です。身体機能の低下は、日常生活動作に支障を来すほどであります。例えば、歩行が遅くなり信号機が青の間に交差点を渡ることができなくなります。また、階段の上り下りにも支障が生じ、手すりが必須になってきます。また、手の筋力も低下するため、ドアノブをうまく回せない、ペットボトルのふたを空けることができない、などの症状を見ることもあります。

このような状態から、サルコペニアではふとした拍子に転倒をして骨折、寝たきりになってしまうリスクも伴っています。したがって、サルコペニアでは日常生活の質が著しく障害をされてしまうことになります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

検査・診断

サルコペニアの診断は、筋肉量の減少、筋力の低下、身体機能の低下の三つの要素を確認することが重要です。診断に際しては、問診や身体診察にてこれら三つの要素を確認することになります。

サルコペニアで行われる検査としては、筋肉量を測定するためのDXA法やBIA法と呼ばれる方法があります。また、筋力がどの程度保てているかを確認するために、握力を測定して評価することになります。三つ目の要素である身体機能低下としては、歩行速度を測定して評価します。

以上のような検査を行いサルコペニアの診断を行いますが、保険適応の問題や評価方法としての正確さなど、今後改善されるべき課題面も残されています。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

治療

サルコペニアでは薬物療法で治療を行うのではなく、栄養と運動による治療介入が有効であることがわかっています。

筋肉はタンパク質をしっかりと摂取することで産生されますので、タンパク質の豊富な食事を心がけることが重要です。具体的には、良質の動物性たんぱく質をしっかりと摂取するために、肉(特に赤身の肉)や魚、乳製品を食事の中で十分に摂取するよう心がけることが推奨されています。また、分岐鎖アミノ酸と呼ばれるタイプのアミノ酸は、身体の中では産生することができず、食事として摂取すること必須のアミノ酸です。これらを多く含む鶏肉やマグロ、牛乳などの摂取を心がけることも重要です。食事に際してはタンパク質に注意を払いつつ、必要なエネルギー源としての糖質摂取、骨粗しょう症を予防するためにもカルシウムやビタミンDの摂取なども重要です。

サルコペニアでは運動療法も大切な治療となります。中でも筋肉に負荷をかけるレジスタンス(抵抗)運動が有効であると言われています。運動療法による効果を最大限発揮するためにも、日常生活の中に無理のない範囲で運動療法を取り入れることが重要です。例えば、テレビを見ていてCMになったときだけ椅子から立ち上がる運動をするだけでも、継続することで高い効果が期待できます。

サルコペニアを発症すると著しく生活の質が障害を受けることになります。健康な状態で寿命を延ばすためにも、サルコペニアの予防は国として取り組まなければならない急務の課題であると考えられています。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

サルコペニアの記事を読む

サルコペニアの記事にご協力いただいている医師