新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

三重大学医学部附属病院 病院長

日本外科学会 指導医・外科認定登録医 日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医 日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科認定登録医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医 日本膵臓学会 認定指導医

伊佐地 秀司 いさじ しゅうじ 先生

消化器外科、特に肝胆膵外科、生体肝移植を専門としており、多数の手術を手掛けている。研究業績も多数あり。後進の育成にも注力しており、毎年多数の研修医が集まる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 【疾患】膵臓の外科疾患、特に悪性腫瘍【治療法】膵癌に対する術前治療:抗癌剤の全身投与、または放射線療法との併用 局所進行切除不能膵癌に対する切除を企図した化学放射線療法 転移性膵癌に対する全身化学療法 標準治療不応例にたいするがんゲノム医療 局所進行膵癌に対する動脈・門脈合併切除
  • 【疾患】胆道(胆嚢・胆管)の外科疾患、特に悪性腫瘍【治療法】肝門部領域胆管癌に対する新手術療法:経肝的肝門部アプローチ先行手術 進行肝門部領域胆管癌に対する術前治療:抗癌剤の全身投与後に手術  進行肝内胆管癌に対する術前治療:抗癌剤の全身投与後に手術 胆嚢癌に対する外科治療
  • 【疾患】肝臓の外科疾患、特に悪性腫瘍【治療法】肝細胞癌に対する外科治療 アシアロ・シンチグラフィーと3-D CT合成画像による肝切除術式のシュミレーション及び術前残存肝予備能の評価 ICG蛍光法による腹腔鏡下ナビゲーションサージャリー
  • 肝移植(脳死・生体)
  • 胆道閉鎖症、先天性代謝異常症に対する肝移植
  • 劇症肝炎に対する肝移植
  • 肝炎ウイルスやアルコールなどによる慢性的な肝不全に対する肝移植
  • 肝細胞がん(肝機能が不良で、ミラノ基準を満たす)に対する肝移植
  • 原発性胆汁性胆管炎・硬化性胆管炎に対する肝移植

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医・外科認定登録医
日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医
日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科認定登録医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
日本膵臓学会 認定指導医
  • 三重大学医学部附属病院 病院長
  • 日本外科学会 特別会員
  • 日本消化器外科学会 特別会員
  • 日本肝胆膵外科学会 特別会員
  • 日本膵臓学会 名誉会員・膵癌取扱い規約検討委員会委員(2013年4月~ 2019年7月)

所属病院

三重大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝臓内科 糖尿病内科 膠原病内科 脳神経内科 肝胆膵外科 頭頸部外科 精神神経科 病理診断科
  • 三重県津市江戸橋2丁目174
  • 近鉄名古屋線「江戸橋駅」 徒歩10分
  • 059-232-1111
三重大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1979年 三重大学医学部卒業
1985年 三重大学大学院医学研究科修了 医学博士取得
1985年 三重大学第一外科 助手
1996年 三重大学第一外科 講師
1999年 三重大学第一外科 助教授
2007年 三重大学大学院医学系研究科肝胆膵・移植外科学 教授
2019年3月 三重大学定年退職
2019年10月 三重大学医学部附属病院 病院長(専任)

論文

  • International consensus on definition and criteria of borderline resectable pancreatic ductal adenocarcinoma 2017. Pancreatology. 2018;18(1):2‐11.

    Isaji S, Mizuno S, Windsor JA, et al.

  • Surgery for borderline resectable pancreatic cancer: The Japanese experience. In Multimodality Management of Borderline Resectable Pancreatic Cancer, edited by Katz MHG and Ahmad SA, Springer International, Switzerland 2016, pp. 265-87.

    Isaji S, Kishiwada M, Kato H.

  • Gemcitabine-based chemoradiotherapy followed by surgery for borderline resectable and locally unresectable pancreatic ductal adenocarcinoma: significance of the CA19-9 reduction rate and intratumoral human equilibrative nucleoside transporter 1 expression. Pancreas. 2014; 43: 350-60.

    Kobayashi M, Mizuno S, Murata Y, et al.

  • Impact of histological response after neoadjuvant chemoradiotherapy on recurrence-free survival in UICC-T3 pancreatic adenocarcinoma but not in UICC-T4. Pancreas. 2012; 41: 130-6.

    Murata Y, Mizuno S, Kishiwada M, et al.

  • Human equilibrative nucleoside transporter 1 expression is a strong independent prognostic factor in UICC T3-T4 pancreatic cancer patients treated with preoperative gemcitabine-based chemoradiotherapy. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2012; 19: 413-25.

    Murata Y, Hamada T, Kishiwada M, et al.

  • Human equilibrative nucleoside transporter 1 expression in endoscopic ultrasonography-guided fine-needle aspiration biopsy samples Is a strong predictor of clinical response and survival in the patients with pancreatic ductal adenocarcinoma undergoing gemcitabine-based chemoradiotherapy. Pancreas. 2016; 45: 761-71.

    Yamada R, Mizuno S, Uchida K, et al.

著書

  • 図解決定版すい臓の病気と最新治療&予防法(伊佐地秀司/日東書院本社/2016)

その他

  • 【テレビ出演】NHK「きょうの健康」:「すい臓とは?」、「急性すい炎」、「慢性すい炎」、「すい臓がん」(2015年9月)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。