新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

三重大学医学部附属病院 肝胆膵・移植外科 講師、三重大学医学部臨床医学系講座 肝胆膵・移植外科学 講師、日本臨床外科学会 会員

日本外科学会 外科専門医・指導医・外科認定医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医 日本肝臓学会 肝臓専門医 日本移植学会 移植認定医 日本胆道学会 認定指導医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能専門医

岸和田 昌之 きしわだ まさし 先生

三重大学医学部附属病院にて膵臓がん治療を中心に肝胆膵の疾患の診療を行う。特に膵がん啓発のための活動「パープルリボン活動」や多職種による膵がん患者・家族の教育・相談支援のための勉強会「膵がん教室」を、三重県下を中心に積極的に推進している。温厚で親しみやすい人柄で、患者さんやそのご家族だけでなく、スタッフからの信頼も厚い。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 肝胆膵外科
  • 肝移植

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医・外科認定医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本移植学会 移植認定医
日本胆道学会 認定指導医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能専門医
  • 三重大学医学部附属病院 肝胆膵・移植外科 講師
  • 三重大学医学部臨床医学系講座 肝胆膵・移植外科学 講師
  • 日本移植学会 移植認定医
  • 日本膵臓学会 評議員
  • 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 東海外科学会 評議員
  • 日本膵癌取扱い規約委員 会員
  • 日本膵臓学会認定指導医制度 指導医認定委員 会員
  • 三重パープルリボン事務局 局長
  • 膵がん教室研究会 世話人代理
  • 第47回膵臓学会事務局 局長
  • 第5回膵がん教室 当番世話人
  • 厚生労働省 DMAT隊員
  • 医学系OSCE 外部評価者
  • 日本腹部救急医学会 会員
  • 日本臨床外科学会 会員
  • 日本乳癌学会 会員
  • 日本感染症学会 会員

所属病院

三重大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝臓内科 糖尿病内科 膠原病内科 脳神経内科 肝胆膵外科 頭頸部外科 精神神経科 病理診断科
  • 三重県津市江戸橋2丁目174
  • 近鉄名古屋線「江戸橋駅」 徒歩10分
  • 059-232-1111
三重大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1998年 三重大学 医学部卒業
2000年 鈴鹿中央総合病院 外科 医員
2002年 山本総合病院 外科 医員
2007年 三重大学 大学大学院卒業 医学博士取得
2008年 三重大学 肝胆膵・移植外科 助教
2011年 アメリカソルトレイク Intermountain Healthcare Center 留学
2012年- 三重大学 肝胆膵・移植外科 講師

論文

Management of advanced pancreatic cancer: staging laparoscopy and immunochemotherapy--a new treatment strategy.
Kishiwada M, Kawarada Y, Taoka H, Isaji S.
Hepatogastroenterology. Nov-Dec;49(48):1704-6. 2002

Lipopolysaccharide-induced decreased protein S expression in liver cells is mediated by MEK/ERK signaling and NFκB activation:Involvement of menmrane-bound CD14 and toll-like receptor-4
T.Hayashi, M.Kishiwada,(co-author) K.Fujii,H.Yuasa, J.Nishioka,M.Ido, E.C.Gabazza, K.Suzuki
Journal of Thrombosis and Haemostasis, 4(8) P.1763-P.1773

門脈ガス血症を伴った急性上腸間膜動脈閉塞症の1例
岸和田昌之、町支秀樹、宗行毅、鈴木秀郎、岡田喜克
日本臨床外科学会雑誌 第67巻 10号P.2485-P.2489

Regulatory mechanisms of C4b-binding protein (C4BP)alpha and beta expression in rat hepatocytes by lipopolysaccharide and interleukin-6.
Kishiwada M, Hayashi T, Yuasa H, Fujii K, Nishioka J, Akita N, Tanaka H, Ido M, Okamoto T, Gabazza EC, Isaji S, Suzuki K.
J Thromb Haemost. 2008 Nov;6(11):1858-67. doi: 10.1111/j.1538-7836.2008.03129.x. Epub 2008 Aug 22.

表層進展を伴った粘液産生肝内胆管癌の一切除例
岸和田昌之、田端正己、加藤宏之、
安積良紀、大澤一郎、臼井正信、桜井洋至、葛原正樹、井上宏之、竹井謙之、伊佐地秀司
肝胆膵治療研究会誌 6(1): 60 -65 2008

≪膵癌の疫学≫4.膵癌の治療法・Stage別の予後と最近の進歩
岸和田昌之、水野修吾、臼井正信、櫻井洋至、田端正己、伊佐地秀司
内科102(4), 648-653,2008

胆膵治療における薬物療法のすべて-予防投与から治療まで-周術期・術後管理における薬物治療13.膵頭十二指腸切除後(PD,PPPD,SSPPD術後)
岸和田昌之、加藤宏之、伊佐地秀司
胆と膵 30(6),591-595,2009

Borderline resectable 膵癌とは?
岸和田 昌之、小林基之、加藤宏之、臼井正信、伊佐地秀司
胆と膵 32(7),571-577,2011

肝門部胆管癌切除術後の急性門脈閉塞による肝性脳症に対して, 緊急経皮経肝門脈ステントが奏効した1症例
岸和田昌之, 大倉康生, 熊本幸司, 大澤一郎, 濱出賢司, 水野修吾, 臼井正信, 櫻井洋至, 田端正己, 山門享一郎, 伊佐地秀司
肝胆膵治療研究会誌 11(1): 24 -29 2013

膵広範切除後の膵内外分泌機能評価と治療戦略-膵頭十二指腸切除を中心に
岸和田昌之、 佐藤 梨枝、 伊佐地秀司
胆と膵 35(4) ,365-371,2014

Borderline resectable膵癌-術前診断と治療方針の将来展望-
岸和田昌之、加藤宏之、佐藤梨枝、佐藤芳邦、伊佐地秀司
癌の臨床 60(3),247-257,2014

局所進行(切除可能境界、切除不能)膵癌の治療戦略
岸和田昌之、伊佐地秀司
医学のあゆみ 252 (8), 881-886,2015

Borderline resectable膵癌
岸和田昌之、伊佐地秀司
日本臨床 73 (3), 428-432,2015

膵頭十二指腸切除後の非アルコール性脂肪性肝疾患の発生と高力価膵消化酵素補充剤(パンクレリパーゼ)の導入効果:膵癌と非膵癌症例との比較
岸和田昌之、佐藤梨枝、飯澤祐介、加藤宏之、村田泰洋、種村彰洋、栗山直久、安積良紀、水野修吾、臼井正信、櫻井洋至、伊佐地秀司
胆膵の病態生理 31 (1), 27-33,2015

外科の立場から
岸和田昌之、易勤、伊佐地秀司
膵臓 31(6),791-798,2016

著書

『専門医のための消化器外科手術必携』 g.膵嚢胞消化管吻合術 
岸和田昌之、伊佐地秀司 消化器外科手術ナビガイド 142-150,2010

『専門医のための消化器外科手術必携』 h.慢性膵炎に対する膵空腸側々吻合術
岸和田昌之、伊佐地秀司 
消化器外科手術ナビガイド 151-159,2010

『臨床に役立つ消化器疾患の診断基準・病期分類・重症度の用い方』
担当テーマ:[胆・膵]膵癌の分類a.膵癌取り扱い規約b.膵癌診療ガイドライン
岸和田昌之、伊佐地秀司 日本メディカルセンター、327-333、2012

その他

  • 【受賞】2009年 Young Investigator Travel Award (East Meets West: 40th Anniversary Meeting of American Pancreatic Association and Japan Pancreas Society)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。