新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

札幌厚生病院 肝臓内科 院長

日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医 日本肝臓学会 肝臓指導医・肝臓専門医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 日本内科学会 認定内科医

狩野 吉康 かりの よしやす 先生

1980年北海道大学を卒業後、内科全般の研修を行った後、1984年より肝臓疾患を中心に臨床および研究に従事し始める。1994年より札幌厚生病院第三消化器科(現在の肝臓内科)に勤務し、現在に至るまで精力的に肝臓病の臨床研究を行っている。我が国で多数を占めるB型肝炎、C型肝炎のウイルス性肝疾患を主に治療してきたが、近年は急速に増加している非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の診療にも力を入れている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 肝臓疾患一般 特にウイルス性肝疾患 
  • 非アルコール性脂肪肝炎

資格・学会・役職

日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医
日本肝臓学会 肝臓指導医・肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本内科学会 認定内科医
  • 札幌厚生病院 肝臓内科 院長
  • 医学博士 取得
  • 日本消化器病学会 評議員
  • 日本肝臓学会 評議員
  • 日本農村医学会 監事
  • 日本門脈圧亢進症学会 会員
  • 日本感染症学会 会員
  • 医学の質・安全学会 会員
  • ヨーロッパ肝臓学会(EASL) 会員
  • アメリカ肝臓学会(AASLD) 会員

所属病院

札幌厚生病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 肝胆膵内科 糖尿病内科 膠原病内科 脳神経内科 病理診断科
  • 北海道札幌市中央区北三条東8丁目5
  • JR函館本線(小樽~旭川) 苗穂 徒歩5分 札幌市営地下鉄東西線 バスセンター前 徒歩13分 JR函館本線(小樽~旭川) 苗穂 徒歩5分 札幌市営地下鉄東西線 バスセンター前 徒歩13分
  • 011-261-5331
公式ウェブサイト
札幌厚生病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 北海道大学医学部卒業
1980年 北海道大学内科学第三講座 勤務
1981年 釧路労災病院内科 勤務
1984年- 北海道大学内科学第三講座勤務
1992年 北海道大学 医学博士取得
1994年- 札幌厚生病院第三消化器科 医長
1997年- 札幌厚生病院第三消化器科 主任部長
2008年- 札幌厚生病院第三消化器科 副院長
2015年- 札幌厚生病院第三消化器科 院長

論文

Karino Y, Matsushima T, Saga A, Tsuyuguchi M, Miyazaki T, Toyota J. Treatment of chronic non-A, non-B hepatitis with interferon.Gastroenterol Jpn. 1991 Jul;26 Suppl 3:234-8.

Karino Y. Mechanisms of the effect of interferon (IFN) therapy in patients with type B and C chronic hepatitis.Hokkaido Igaku Zasshi. 1993 May;68(3):297-309.

Karino Y, Hige S, Matsushima T, Toyota J. Interstitial pneumonia induced by interferon therapy in type C hepatitis.Nihon Rinsho. 1994 Jul;52(7):1905-9. Review.

Karino Y, Hige S, Matsushima T, Miyazaki T, Toyota J. Significance of 2',5'-oligoadenylate synthetase activity and HCV genotype in IFN therapy for type C chronic hepatitis.Hokkaido Igaku Zasshi. 1994 Nov;69(6):1354-9.

Karino Y, Toyota J, Sugawara M, Higashino K, Sato T, Ohmura T, Suga T, Okuuchi Y, Matsushima T.Early loss of serum hepatitis C virus RNA can predict a sustained response to interferon therapy in patients with chronic hepatitis C.Am J Gastroenterol. 1997 Jan;92(1):61-5.

Karino Y, Toyota J, Sato T, Ohmura T, Yamazaki K, Suga T, Nakamura K, Sugawara M, Matsushima T, Hino K. Early mutation of precore (A1896) region prior to core promoter region mutation leads to decrease of HBV replication and remission of hepatic inflammation.
Dig Dis Sci. 2000 Nov;45(11):2207-13.

Karino Y, Toyota J, Sugawara M, Miyazaki K, Kuwata Y, Yamazaki K, Sato T, Ohmura T, Matsushima T. Hepatitis C virus genotypes and hepatic fibrosis regulate 24-h decline of serum hepatitis C virus RNA during interferon therapy in patients with chronic hepatitis C.
J Gastroenterol Hepatol. 2003 Apr;18(4):404-10.

Karino Y, Toyota J. Treatment of the old patients with chronic hepatitis C.
Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2008 Feb;105(2):191-8. Review.

Karino Y, Toyota J, Kumada H, Katano Y, Izumi N, Kobashi H, Sata M, Moriyama M, Imazeki F, Kage M, Ishikawa H, Masaki N, Seriu T, Omata M. Efficacy and resistance of entecavir following 3 years of treatment of Japanese patients with lamivudine-refractory chronic hepatitis B.Hepatol Int. 2010 Feb 6;4(1):414-22.

Karino Y, Toyota J, Ikeda K, Suzuki F, Chayama K, Kawakami Y, Ishikawa H, Watanabe H, Hernandez D, Yu F, McPhee F, Kumada H. Characterization of virologic escape in hepatitis C virus genotype 1b patients treated with the direct-acting antivirals daclatasvir and asunaprevir.J Hepatol. 2013 Apr;58(4):646-54.

Karino Y, Ozeki I, Hige S, Kimura M, Arakawa T, Nakajima T, Kuwata Y, Sato T, Ohmura T, Toyota J. Telaprevir impairs renal function and increases blood ribavirin concentration during telaprevir/pegylated interferon/ribavirin therapy for chronic hepatitis C.J Viral Hepat. 2014 May;21(5):341-7.

Karino Y. Treatment choice of the antiviral agent for the hepatitis C.Nihon Rinsho. 2015 Dec;73 Suppl 9:269-73.

その他

  • 【受賞】2004年、2012年 アメリカ肝臓学会(AASLD) Presidential Poster of Distinction

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。