新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人社団 藤崎病院 理事長 院長

日本外科学会 指導医・外科専門医 日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医 日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病指導医・大腸肛門病専門医

藤﨑 滋 ふじさき しげる 先生

1987年より消化器外科医師としてキャリアをはじめる。2000年には日本大学第1外科講師に就任。2003年より、医療法人社団藤崎病院 院長、理事長に就任。民間の急性期病院の経営の陣頭に立つ一方、消化器外科医として高度技術水準を維持しながら地域医療に貢献している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 藤﨑先生の肝がんに関する得意な領域
    • 肝切除術
  • 藤﨑先生の転移性肝がんに関する得意な領域
    • 肝切除術
  • 藤﨑先生の膵臓がんに関する得意な領域
    • 膵頭十二指腸切除術
    • 膵体尾部切除
  • 藤﨑先生の胆管がんに関する得意な領域
    • 肝切除
    • 膵切除
    • 胆道再建
  • 肝胆膵外科
  • 消化管外科
  • 抗がん化学療法

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医・外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医
日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病指導医・大腸肛門病専門医
  • 医療法人社団 藤崎病院 理事長 院長
  • 医学博士 取得
  • 日本大学 客員教授
  • 日本消化器病学会 評議員
  • 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 日本腹部救急医学会 評議員

所属病院

藤﨑病院

  • 内科 外科 脳神経外科 整形外科 泌尿器科 肛門科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 循環器内科
  • 東京都江東区南砂1丁目25-11
  • 都営新宿線「西大島駅」 門前仲町行(都07)、葛西橋または葛西車庫行(草28) 境川下車 バス7分 JR中央・総武線「亀戸駅」 葛西駅行(亀29)、門前仲町行(都07)、葛西車庫行(草28) 境川下車 バス10分
  • 03-3648-2111
藤﨑病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 防衛医科大学校卒業
1991年 日本大学大学院修了 医学博士取得
1991年 日本大学医学部 助手
2000年 日本大学医学部 講師
2003年 藤崎病院 院長・理事長

論文

『Fujisaki S.,Murase N,Demetris AJ,TsamandasS AC,Tanabe M,Todo S, Starzl TE:Histopathologic Changes of Antibody Mediated Small Bowel Graft Rejection in Blood-Transfused Recipients,Transplantation Proceedngs 28: 2484, 1996』

『Fujisaki S,Takayama T,Shimada K,Yamamoto J,Kosuge T,Yamasaki S,Tobisu K,Kurosu Y,Makuuchi M:Hepatectomy for Metastatic Renal Cell Carcinoma,
Hepato-Gastroenterology, 44:817-819,1997』

『Fujisaki S, Miyake H,Amano S,Nakayama H,Oida T: Expression of CD44 in rat liver allografts during rejection.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery:196-199,1998.9』

『Fujisaki S,Nezu T,Miyake H,Oida T,Tomita R,Amano S,Fukuzawa M: Laparoscopic treatment for common bile duct stones by transcystic papilla balloon dilatation technique,
Surgical Endoscopy 13: 824-826,1999』

『Fujisaki S,Miyake H,Amano S,Nakayama H,Tomita R,Fukuzawa M: Influence of the Extent of Hepatectomy on the Portal Hypertensive State in Patients with Hepatoma,
Hepato-Gastroenterology 46: 2490-2494,1999』

『 Fujisaki.S,,Tomita.R,,Nezu.T,,Kimizuka.K,,Park.E,,Fukuzawa.M,: Prognostic studies on gastric cancer with concomitant liver metastases,Hepato-Gastroenterology 48:pp892-894,2001』

『Fujisaki.S,,Saitoh.Y,,Tomita.R,,Fukuzawa.M,: Laparoscopic extended cholecystectomy,
Journal of Laparoendoscopic & Advanced Surgical Techniques 11:4, pp219-222,2001』

『Fujisaki.S,Tomita.R,Fukuzawa.M: Utility of mobilization of the right colon and root of the mesentery for avoiding vein grafting during reconstruction of the portal vein,
Journal of the American College of Surgeons 193: 5, pp576-578,2001.11』

『 Fujisaki S,Tomita R,Koshinaga T,Fukuzawa M:Analysis of pancreaticobiliary ductal union based on intraoperative cholangiography in patients undergoing laparoscopic cholecystectomy. Scandinavian Journal of Gastroenterology 37: pp956-959,2002』

『Fujisaki S, Park YJ, Kimizuka K, Inoue M, Tomita R, Fukuzawa M, Matsumoto K: Expression of mucosal addressin cell adhesion molecule-1 (MAdCAM-1) during small-bowel graft rejection in rats. Scandinavian Journal of Gastroenterology 38(4), 437-442, 2003』

著書

「Frontiers of mucosal immunology」(共著)1991年
「Transplantation Tolerance Induction」(共著)1995年
「肝臓外科の要点と盲点」 (共著)文光堂、1998年
「肝臓外科の要点と盲点」第2版 (共著)文光堂、2006年
「診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点」(共著)文光堂、2013年

その他

  • 【受賞】 1997年 第4回アジア肝胆膵外科学会Investigator Award受賞

  • 【受賞】2000年 第8回国際小腸移植シンポジウム Bronze award受賞

  • 【受賞】2012年 日本腹部救急医学会 平成25年度奨励賞 受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。