新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都大学大学院医学研究科・医学部 乳腺外科学 教授

日本乳癌学会 乳腺専門医 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医 日本消化器外科学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本癌学会 会員

戸井 雅和 とい まさかず 先生

1982年に広島大学医学部を卒業。1990年より2年間イギリス・オックスフォード大学附属John-Radcliffe Hospital臨床腫瘍学部門に留学、1992年には東京都駒込病院外科へ。2007年より現職。高い外科的技術力と豊富な知識、広い視野を併せ持つ、乳がん治療のスペシャリストとして第一線で活躍している。

戸井先生のストーリー記事

乳がん治療は不思議で奥深い
乳がん治療は不思議で奥深い

腫瘍学・乳がん治療の研究に力を注いできた戸井雅和先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 乳腺外科
  • 戸井先生の乳がんに関する得意な領域
    • 手術療法
    • 薬物療法
  • 乳がん診療

資格・学会・役職

日本乳癌学会 乳腺専門医
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本消化器外科学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本癌学会 会員
  • 日本臨床外科学会 会員
  • 日本乳癌検診学会 会員
  • 日本癌分子標的治療学会 会員
  • American Association for Cancer Research 会員
  • American Society of Clinical Oncology 会員
  • Society of Surgical Oncology 会員
  • European Association for Cancer Research 会員
  • 京都大学大学院医学研究科・医学部 乳腺外科学 教授

医療記事

来歴等

略歴

1982年 広島大学医学部 卒業
1990年 英国Oxford 大学分子医学研究所・Oxford大学附属John-Radcliffe Hospital 臨床腫瘍学部門 留学
1992年 東京都立駒込病院 外科 医師
2007年 京都大学大学院医学研究科 外科学講座乳腺外科学 教授

論文

  • Characterisation of the HLA-DRB1*07:01 biomarker for lapatinib-induced liver toxicity during treatment of early-stage breast cancer patients with lapatinib in combination with trastuzumab and/or taxanes. Pharmacogenomics J. 2017 Aug 8. doi: 10.1038/tpj.2017.39. [Epub ahead of print]

    Pharmacogenomics J. 2017 Aug 8. doi: 10.1038/tpj.2017.39. [Epub ahead of print]

  • Anti-Tumor Activity and Immunotherapeutic Potential of a Bisphosphonate Prodrug.Sci Rep. 2017 Jul 20;7(1):5987. doi: 10.1038/s41598-017-05553-0.

    Tanaka Y, et al.

  • Effect of dose timing on the blood concentration of lapatinib in patients with breast cancer.Ann Oncol. 2017 Jun 26. doi: 10.1093/annonc/mdx328.

    Ohgami M, et al.

  • Higher breast cancer conspicuity on dbPET compared to WB-PET/CT.Eur J Radiol. 2017 May;90:138-145. doi: 10.1016/j.ejrad.2017.02.046.

    Nishimatsu K, et al.

  • MONARCH 2: Abemaciclib in Combination With Fulvestrant in Women With HR+/HER2- Advanced Breast Cancer Who Had Progressed While Receiving Endocrine Therapy.J Clin Oncol. 2017 Jun 3:JCO2017737585. doi: 10.1200/JCO.2017.73.7585.

    Sledge GW Jr, et al.

  • Adjuvant Capecitabine for Breast Cancer after Preoperative Chemotherapy.N Engl J Med. 2017 Jun 1;376(22):2147-2159. doi: 10.1056/NEJMoa1612645.

    Masuda N, et al.

  • Ultrafast dynamic contrast-enhanced mri of the breast using compressed sensing: breast cancer diagnosis based on separate visualization of breast arteries and veins.J Magn Reson Imaging. 2017 May 28. doi: 10.1002/jmri.25747.

    Onishi N, et al.

  • Downregulation of neuropilin-1 on macrophages modulates antibody-mediated tumoricidal activity.Cancer Immunol Immunother. 2017 Apr 21. doi: 10.1007/s00262-017-2002-2.

    Kawaguchi K, et al.

  • Efficacy and safety of everolimus in combination with trastuzumab and paclitaxel in Asian patients with HER2+ advanced breast cancer in BOLERO-1.Breast Cancer Res. 2017 Apr 11;19(1):47. doi: 10.1186/s13058-017-0839-0.

    Toi M, et al.

  • Impact of Diabetes, Insulin, and Metformin Use on the Outcome of Patients With Human Epidermal Growth Factor Receptor 2-Positive Primary Breast Cancer: Analysis From the ALTTO Phase III Randomized Trial.J Clin Oncol. 2017 May 1;35(13):1421-1429. doi: 10.1200/JCO.2016.69.7722. E

    Sonnenblick A, et al.

著書

その他

  • 【受賞】日本乳癌学会奨励賞(1995)

  • 【受賞】日本乳癌学会久野賞(1998)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。