新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

札幌医科大学医学部整形外科 教授

日本整形外科学会 会員 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医

山下 敏彦 やました としひこ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 脊椎・脊髄外科
  • スポーツ医学
  • 運動器疼痛

資格・学会・役職

日本整形外科学会 会員
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
  • 札幌医科大学医学部整形外科 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本整形外科学会 代議員
  • 日本脊椎脊髄病学会 理事
  • 日本整形外科スポーツ医学会 理事
  • 日本臨床スポーツ医学会 理事
  • 日本疼痛学会 理事
  • 日本運動器疼痛学会 理事
  • 日本臨床バイオメカニクス学会 評議員
  • 日本運動器移植・再生医学研究会 幹事
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター

所属病院

札幌医科大学附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 免疫・リウマチ内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 精神神経科 総合診療科
  • 北海道札幌市中央区南一条西16丁目291
  • 札幌市営地下鉄東西線「西18丁目駅」 5・6番出口 徒歩3分 札幌市電山鼻線「西15丁目駅」 徒歩3分 JR函館本線(小樽~旭川)「札幌駅」 JR北海道バス 啓明線[51] 医大病院前下車 バス10分
  • 011-611-2111
札幌医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 札幌医科大学医学部卒業
1987年 札幌医科大学大学院卒業 医学博士取得
1988年- 米国ウェイン州立大学ポスドク留学
1996年- 札幌医科大学整形外科 講師
1999年- 札幌医科大学整形外科 助教授
2002年- 札幌医科大学整形外科 教授
2014年‐札幌医科大学附属病院長

論文

【論文】
Yamashita T, Cavanaugh JM, El-Bohy AA, Getchell TV, King AI. Mechanosensitive afferent units in the lumbar facet joint. J Bone Joint Surg 1990, 74A:865-870.

Yamashita T, Ishii S, Oota I.Effect of muscle stretching on the activity of neuromuscular transmission. Med Sci Sports Exerc 1992, 24:80-84.

Yamashita T, Cavanaugh JM, Ozaktay AC, Avramov AI, Getchell TV, King AI. Effects of substance P on mechanosensitive units of tissues around and in the lumbar facet joint. J Orthop Res 1993, 11:205-214.

Yamashita T, Minaki Y, Oota I, Yokogushi K, Ishii S. Mechanosensitive afferent units in the lumbar intervertebral disc and adjacent muscle. Spine 1993, 18:2252-2256.

Yamashita T, Minaki Y, Ozaktay AC, Cavanaugh JM, King AI. A morphological study of the fibrous capsule of the lumbar facet joint. Spine 1996, 21: 538-543.

Yamashita T, Ishii S, Usui M. Pain relief after nerve resection for post-traumatic neuralgia. J Bone Joint Surg 1998, 80-B: 499-503.

Yamashita T, Minaki Y, Takebayashi T, Sakamoto N, Ishii S. Neural response of mechanoreceptors to acute inflammation in the rotator cuff of the shoulder joint in rabbits. Acta Orthop Scand 1999, 70: 137-140.

Yamashita T, Kanaya K, Yokogushi K, Ishikawa Y, Minami R. Correlation between spinal deformity and pulmonary function in Duchenne muscular dystrophy. J Pediatr Orthop 2001, 21: 113-116.

Yamashita T, Kanaya, K, Kawaguchi S, Murakami T, Yokogushi K. Prediction of progression of spinal deformity in Duchenne muscular dystrophy. Spine 2001, 26: E223-E226.

Yamashita T, Kanaya K, Takebayashi T, Sekine M, Kawaguchi S, Katahira G. A quantitative analysis of sensory dysfunction in lumbar radiculopathy using current perception threshold testing. Spine 2002, 27: 1567-1570.

Yamashita T, Takahashi K, Yonenobu K, Kikuchi S. Prevalence of neuropathic pain in cases with chronic pain related to spinal disorders. J Orthop Sci, 2014, 19: 15-21.

著書

【著書】
運動器の痛み 診療ハンドブック、南江堂、2007年
スポーツと腰痛 メカニズム&マネジメント、金原出版、2011年
カラーアトラス 脊椎・脊髄外科、中外医学社、2012年
こどものスポーツ障害 診療ハンドブック、中外医学社、2013年
スポーツ傷害のリハビリテーション science & practice 第2版、金原出版、2017

その他

  • 【受賞】北海道整形災害外科学会 ルセル学術奨励賞、1991年

  • 【受賞】日本整形外科学会 学会奨励賞、1995年

  • 【受賞】米国整形外科アカデミー(AAOS)Kappa Delta Award、1995年

  • 【受賞】北海道知事賞、北海道医師会賞、2008年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。