新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

KKR札幌医療センター 消化器・腫瘍内科医長/外来化学療法室長

日本内科学会 総合内科専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本消化器病学会 消化器病専門医 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・暫定指導医

曽我部 進 そがべ すすむ 先生

北海道大学を卒業後複数の医療機関での経験を経て、現在はKKR札幌医療センター 消化器・腫瘍内科医長及び外来化学療法室長として勤務している。患者さんの話に耳を傾け、1人1人に適した治療を行うことを日々心掛けている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 腫瘍内科(特に消化器がん化学療法)

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・暫定指導医
  • KKR札幌医療センター 消化器・腫瘍内科医長/外来化学療法室長
  • 日本消化器内視鏡学会 会員
  • 日本癌治療学会 会員
  • 日本緩和医療学会 会員
  • 日本がん予防学会 会員
  • 日本肝臓学会 会員
  • 日本エイズ学会 会員

所属病院

KKR札幌医療センター

  • 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 北海道札幌市豊平区平岸一条6丁目3-40
  • 札幌市営地下鉄南北線「平岸駅」 1番ホーム出口 徒歩3分
  • 011-822-1811
KKR札幌医療センター

医療記事

来歴等

略歴

2003年 北海道大学医学部卒業
2003年 北海道大学医学部第三内科(現 消化器内科学講座)入局
2004年 札幌社会保険総合病院総合診療科
2005年 JA北海道厚生連網走厚生病院内科・消化器科
2007年 苫小牧市立総合病院消化器科
2008年 北海道大学病院第三内科 医員
2011年 北海道大学医学部大学院卒業
2011年 釧路労災病院内科 副部長
2013年 釧路労災病院腫瘍内科 部長
2017年 現職

論文

Retrospective cohort study on the safety and efficacy of bevacizumab with chemotherapy for metastatic colorectal cancer patients: the HGCSG0801 study.
Sogabe S, Komatsu Y, Yuki S, Kusumi T, Hatanaka K, Nakamura M, Kato T, Miyagishima T, Hosokawa A, Iwanaga I, Sakata Y, Asaka M.
Jpn J Clin Oncol. 2011 Apr;41(4):490-7. doi: 10.1093/jjco/hyr008. Epub 2011 Feb 7.

Clinical impact of addition of bevacizumab to the first-line chemotherapy regimen in the treatment of patients with metastatic colorectal cancer.
Sogabe S, Tateno T, Yagisawa M, Ishikawa M, Sawada K, Muranaka T, Umemura M, Kato R, Takasaka T, Takahashi K, Dazai M, Iwanaga I, Oda H, Miyagishima T.
Gan To Kagaku Ryoho. 2014 Sep;41(9):1113-7. Japanese.

A case of sigmoid colon cancer with temporary dysarthria associated with irinotecan.
Sogabe S, Yuki S, Takano H, Kobayashi Y, Nakatsumi H, Sasaki T, Kawamoto Y, Fukushima H, Iwanaga I, Uehata Y, Komatsu Y, Asaka M.
Gan To Kagaku Ryoho. 2011 Aug;38(8):1375-7. Review. Japanese

A case of sigmoid colon cancer with lymphangitis carcinomatosa successfully treated with chemotherapies including molecular targeting drugs.
Sogabe S, Yuki S, Takagi T, Miyazaki T, Takano H, Kawamoto Y, Nakatsumi H, Sasaki T, Iwanaga I, Uehata Y, Asaka M, Komatsu Y.
Gan To Kagaku Ryoho. 2010 Mar;37(3):535-8. Japanese.

Randomized controlled trial on the skin toxicity of panitumumab in Japanese patients with metastatic colorectal cancer: HGCSG1001 study; J-STEPP.
Kobayashi Y, Komatsu Y, Yuki S, Fukushima H, Sasaki T, Iwanaga I, Uebayashi M, Okuda H, Kusumi T, Miyagishima T, Sogabe S, Tateyama M, Hatanaka K, Tsuji Y, Nakamura M, Konno J, Yamamoto F, Onodera M, Iwai K, Sakata Y, Abe R, Oba K, Sakamoto N.
Future Oncol. 2015;11(4):617-27. doi: 10.2217/fon.14.251.

Optimal dose period for indisetron tablets for preventing chemotherapy-induced nausea and vomiting with modified FOLFOX6: a randomized pilot study.
Nakatsumi H, Komatsu Y, Yuki S, Sogabe S, Tateyama M, Muto S, Kudo M, Kato K, Miyagishima T, Uebayashi M, Meguro T, Oba K, Asaka M.
Chemotherapy. 2012;58(6):439-44. doi: 10.1159/000345920. Epub 2013 Jan 29.

Phase II study of combined chemotherapy with irinotecan and S-1 (IRIS) plus bevacizumab in patients with inoperable recurrent or advanced colorectal cancer.
Komatsu Y, Yuki S, Sogabe S, Fukushima H, Nakatsumi H, Kobayashi Y, Iwanaga I, Nakamura M, Hatanaka K, Miyagishima T, Kudo M, Munakata M, Meguro T, Tateyama M, Sakata Y.
Acta Oncol. 2012 Sep;51(7):867-72. doi: 10.3109/0284186X.2012.682629. Epub 2012 May 4.

Phase II study of combined treatment with irinotecan and S-1 (IRIS) in patients with inoperable or recurrent advanced colorectal cancer (HGCSG0302).
Komatsu Y, Yuki S, Sogabe S, Fukushima H, Iwanaga I, Kudo M, Tateyama M, Meguro T, Uebayashi M, Saga A, Sakata Y, Asaka M.
Oncology. 2011;80(1-2):70-5. doi: 10.1159/000328739. Epub 2011 Jun 9.

その他

  • 【受賞】 20th Asia Pacific Cancer Conference Young Investigators Award(2009年)

  • 【受賞】第12回日本臨床腫瘍学会学術集会 奨励賞(2014年)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。