新潟県厚生農業協同組合連合会 三条総合病院 病院長

神田 達夫 かんだ たつお 先生

1960年新潟県南蒲原郡生まれ。1985年に新潟大学の外科学教室に入局。2002年に消化器・一般外科学分野の講師に昇任。以後、10年にわたって研究・診療チーフとして上部消化管外科チームを率いる。その間、消化管間質腫瘍(GIST)の分子標的治療を全国に先駆けて実施。新潟大学を国内有数のGIST治療の有力施設に育て上げた。2013年に現在の三条総合病院の病院長に就任。地域の中核病院の病院長としての要職をこなしながら、5年後に開設される基幹型病院の準備に多忙な日々を送っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 神田先生の胃がんの専門領域
    • 外科治療
  • 神田先生の食道がんの専門領域
    • 外科治療
  • 神田先生の消化管間質腫瘍の専門領域
    • 集学的治療
  • 消化器外科学
  • GISTの集学的治療

資格・学会・役職

  • 新潟県厚生農業協同組合連合会 三条総合病院 病院長
  • 日本消化器病学会 評議員
  • 稀少腫瘍研究会 監事
  • 日本癌治療学会 がん診療ガイドライン作成・改訂委員会委員(GIST)
  • 日本食道学会 食道外科専門医

所属病院

三条総合病院

  • 内科 外科 小児科 整形外科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科
  • 新潟県三条市塚野目5丁目1-62
  • JR信越本線(直江津~新潟) 東三条 駅前より市内バスで約8分 徒歩20分 JR信越本線(直江津~新潟) 東三条 駅前より市内バスで約8分 徒歩20分
  • 0256-32-1131
公式ウェブサイト
三条総合病院

医療記事

来歴等

略歴

1979年 新潟県立三条高等学校卒業
1985年 新潟大学医学部卒業 
1991年 医学博士
1992年 フランス国立応用栄養生物学院 博士研究員
2002年 新潟大学大学院消化器一般外科学分野 講師
2011年 新潟大学医歯学総合病院 病院准教授
2013年 新潟県厚生連 三条総合病院 病院長

論文

1) Kanda T, Fujii H, Fujita M, et al. Intestinal fatty acid-binding protein is available for diagnosis of intestinal ischemia: immunochemical analysis of two patients with bowel ischemic diseases. Gut 1995; 36 (5):788-91

2) Kanda T, Fujii H, Tani T, et al. Intestinal fatty acid-binding protein is a useful diagnostic marker for mesenteric infarction. Gastroenterology 1996;110(2): 339-43

3) Kanda T, Foucand L, Nakamura Y, et al. Regulation of expression of intestinal bile acid-binding protein in Caco-2 cells. Biochem J 1998;330(1):260-5

4) Wakai T, Kanda T, Hirota S, et al. Late resistance to imatinib therapy in a metastatic gastrointestinal stromal tumour is associated with a second KIT mutation. Br J Cancer 2004;90(11):2059-61

5) Kanda T, Tsukahara A, Ueki K, et al. Diagnosis of ischemic small bowel disease by measurement of serum intestinal fatty acid-binding protein in patients with acute abdomen: a multicenter, observer-blinded validation study. J Gastroenterol 2011;46(4):492-500.

6) Kanda T, Yajima K, Kosugi S, et al. Gastrectomy as a secondary surgery for stage IV gastric cancer patients who underwent S-1-based chemotherapy; a multi-institute retrospective study. Gastric Cancer 2012;15:235-44

7) Kanda T, Nishida T, Wada N, et al. Adjuvant therapy with imatinib mesylate after resection of primary high-risk gastrointestinal stromal tumors in Japanese patients. Int J Clin Oncol 2013;118(1):38-45

8) Kanda T, Ishikawa T, Takahashi T, et al. Nilotinib for treatment of gastrointestinal stromal tumors: out of the equation? Expert Opin Pharmacother 2013;14(13):1859-67

9) Kanda T, Ishikawa T, Kosugi S, et al. Prognostic factors after imatinib secondary resistance: survival analysis in patients with unresectable and metastatic gastrointestinal stromal tumors. Int J Clin Oncol 2016;21(2): 295-301

10) Kanda T, Masuzawa T, Hirai T, et al. Surgery and imatinib therapy for liver oligometastasis of GIST: a study of Japanese Study Group on GIST. Jpn J Clin Oncol 2017;47(4):369-72

著書

1) 神田達夫, 廣田誠一. 消化管間質腫瘍(GIST). 消化器外科学レビュー 2012(渡邊昌彦, 他編), 総合医学社, 東京,2012, pp180-6.

2) 神田達夫, 石川 卓. 消化管GISTに対する治療戦略. 消化器疾患 最新の治療2013-2014 (菅野健太郎, 他・編), 南江堂, 東京, 2013, pp288-91.

3) 神田達夫. GIST. 胃外科のすべて(胃外科・術後障害研究会 編), メジカルヴュー社, 東京, 2014, pp163-8.

4) 神田達夫, 石川 卓. GIST治療のpractice –化学療法中の出血にどう対処するか.ガイドラインには載っていない消化管がんPractical Treatment (山田康秀, 他編), メディカルビュー社, 東京, 2014, pp270-2.

5) 神田達夫. 再発転移抑制のための周術期治療-消化管間質腫瘍.がん転移学(石岡千加史, 編), 日本臨床社, 東京, 2017, pp51-4.

その他

  • 【受賞】 第61回日本食道学会学術集会 会長賞 2007年

  • 【受賞】第46回日本腹部救急医学会総会 会長賞 2010年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。