松橋 信行 先生のプロフィール

松橋 信行 先生

まつはし のぶゆき

松橋 信行 先生

NTT東日本関東病院 副院長 / 消化器内科部長

専門分野

消化器内視鏡による診断と治療
炎症性腸疾患の診断と治療
腸内細菌と疾患
胃酸分泌関連疾患

紹介

1982年より消化器内科医師としてキャリアをはじめる。消化器内視鏡・炎症性腸疾患の診断と治療をはじめ消化器病診療を行い、現在NTT東日本関東病院にて副院長・消化器内科部長を兼務。

略歴

1982年 東京大学医学部卒業、同附属病院研修医
1984年 東京女子医科大学第2病院
1985年 自治医科大学消化器内科
1986年 東京大学医学部附属病院
2004年 NTT東日本関東病院内視鏡部長
2006年 同消化器内科部長
2017年 同副院長

所属学会・資格・役職など

日本内科学会認定内科医・内科指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

受賞・著書・論文など

【受賞】
日本消化器内視鏡学会 学会賞、1999年

【著書】
松橋. 便秘、下痢、イレウス. In:矢崎義雄(ed). 内科学 第11版. 東京、朝倉書店、2017、p81-83, 83-84, 995-996.
松橋. 食道静脈瘤の内視鏡治療. In:福井次矢、高木誠、小室一成(eds). 今日の治療指針 2017. 東京、医学書院、2017, p447-448.
松橋(編集). 消化器疾患 ビジュアルブック 第2版 東京、Gakken, 2014.
松橋. 胃軸捻転症、胃石、胃毛細血管拡張症. In:南山堂医学大辞典 第20版. 東京、南山堂、2015、p.102, 113-114, 147.
松橋. 吐血・下血. In:菅野健太郎、上西紀夫、小池和彦(eds). 消化器疾患最新の治療2015-2016. 東京、南江堂、2015、p84-86.

【論文】
Matsuhashi N, Sakai E, Ohata K, Ishimura N, Junko F, Shimizu T, Iijima K, Koike T, Endo T, Kikuchi T, Inayoshi T, Amano Y, Furuta T, Haruma K, Kinoshita Y. Surveillance of patients with long-segment Ba

【受賞】
日本消化器内視鏡学会 学会賞、1999年

【著書】
松橋. 便秘、下痢、イレウス. In:矢崎義雄(ed). 内科学 第11版. 東京、朝倉書店、2017、p81-83, 83-84, 995-996.
松橋. 食道静脈瘤の内視鏡治療. In:福井次矢、高木誠、小室一成(eds). 今日の治療指針 2017. 東京、医学書院、2017, p447-448.
松橋(編集). 消化器疾患 ビジュアルブック 第2版 東京、Gakken, 2014.
松橋. 胃軸捻転症、胃石、胃毛細血管拡張症. In:南山堂医学大辞典 第20版. 東京、南山堂、2015、p.102, 113-114, 147.
松橋. 吐血・下血. In:菅野健太郎、上西紀夫、小池和彦(eds). 消化器疾患最新の治療2015-2016. 東京、南江堂、2015、p84-86.

【論文】
Matsuhashi N, Sakai E, Ohata K, Ishimura N, Junko F, Shimizu T, Iijima K, Koike T, Endo T, Kikuchi T, Inayoshi T, Amano Y, Furuta T, Haruma K, Kinoshita Y. Surveillance of patients with long-segment Barrett’s esophagus: a multicenter prospective cohort study in Japan. J Gastroenterol Hepatol. 2017;32(2):409-414.

Higurashi T, Hosono K, Takahashi H, Komiya Y, Umezawa S, Sakai E, Uchiyama T, Taniguchi L, Hata Y, Uchiyama S, Hattori A, Nagase H, Kessoku T, Arimoto J, Matsuhashi N, Inayama Y, Yamanaka S, Taguri M, Nakajima A. Metformin for chemoprevention of metachronous colorectal adenoma or polyps in post-polypectomy patients without diabetes: a multicentre double-blind, placebo-controlled, randomised phase 3 trial.Lancet Oncol 2016 Apr;17(4):475-83

Toshio Fujisawa, Koichi Kagawa, Kantaro Hisatomi,, Kensuke Kubota, Hajime Sato, Atsushi Nakajima, Nobuyuki Matsuhashi. Obesity with Abundant Subcutaneous Adipose Tissue Increases the Risk of post-ERCP pancreatitis. J Gastroenterol 2016;51(9):931-8.

Arai S, Maehara N, Iwamura Y, Honda SI, Nakashima K, Kai T, Ogishi M, Morita K, Kurokawa J, Mori M, Motoi Y, Miyake K, Matsuhashi N, Yamamura KI, Ohara O, Shibuya A, Wakeland EK, Li QZ, Miyazaki T. Obesity-associated autoantibody production requires AIM to retain the immunoglobulin M immune complex on follicular dendritic cells. Cell Rep 2013;25;3(4):1187-1198.

Kojima A, Nakano K, Wada K, Takahashi H, Katayama K, Yoneda M, Higurashi T, Nomura R, Hokamura K, Muranaka Y, Matsuhashi N, Umemura K, Kamisaki Y, Nakajima A, Ooshima T. Infection of specific strains of Streptococcus mutans, oral bacteria, confers a risk of ulcerative colitis. Sci Rep 2012;2:332:1-11. Epub 2012 Mar 26.

Aikou S, Ohmoto Y, Gunji T, Matsuhashi N, Ohtsu H, Miura H, Kubota K, Yamagata Y, Seto Y, Nakajima A, Goldenring JR, Kaminishi M, Nomura S. Tests for serum levels of trefoil factor family proteins can improve gastric cancer screening. Gastroenterology 2011;141(3):837-845.

Gunji T, Matsuhashi N, Sato H, Fujibayashi K, Okumura M, Sasabe N, Urabe A. Light and moderate alcohol consumption significantly reduces the prevalence of fatty liver in the Japanese male population. Am J Gastroenterol 2009 Sep;104(9):2189-2195.

Osawa E, Nakajima A, Yoshida S, Wada K, Kawamori T, Matsuhashi N, Kadowaki T, Ochiai M, Sekihara H, Nakagama H. Suppressive effect of peroxisome proliferator-activated receptor γ ligands on the formation of aberrant crypt foci and colon tumors induced by azoxymethane in mice. Gastroenterology 2003;124(2):361-367.

Matsuhashi N, Watanabe K, Kanamori H, Ohnishi S, Omata M. PPARγ agonists: An effective medication for intestinal ischemia. Lancet 2001;358(July 7):75-76.

Matsuhashi N, Nakajima A, Watanabe K, Komeno Y, Suzuki A, Ohnishi S, Omata M, Kondo K, Usui Y, Iwadare J, Watanabe T, Nagawa H, Muto T. Tacrolimus in corticosteroid-resistant ulcerative colitis. J Gastroenterol 2000;35(8):635-640.

続きを見る

松橋 信行先生 の所属する医療機関

NTT東日本関東病院

TEL: 03-3448-6111

NTT東日本関東病院

東京都品川区東五反田5丁目9-22

都営地下鉄浅草線「五反田駅」 徒歩5分

- - -

受付時間: 8:30~11:00 13:00~15:00 原則紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり 麻酔科標榜医:小松孝美先生

診療科目: 内科 循環器内科 呼吸器内科 血液内科 消化器内科 脳神経内科 糖尿病・内分泌内科 腫瘍内科 脳・血管内科 緩和ケア内科 ペインクリニック内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 頭頸部外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 救急科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 病理診断科

松橋 信行 先生 の記事