JR札幌病院 外科・こう門外科・乳腺外科 副院長

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・外科指導医 日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医 日本内視鏡外科学会 会員 日本乳癌学会 乳腺認定医 日本交通医学会 会員

鶴間 哲弘 つるま てつひろ 先生

  • 北海道
  • 消化器外科

基本情報

診療科

  • 消化器外科

受診可能な病気と得意な領域

  • 大腸がん
    詳細
    鶴間先生の大腸がんに関する得意な領域
    • 腹腔鏡下手術
    • 開腹手術

資格・所属学会

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・外科指導医
日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医
日本内視鏡外科学会 会員
日本乳癌学会 乳腺認定医
日本交通医学会 会員

役職など

  • JR札幌病院 外科・こう門外科・乳腺外科 副院長
  • 日本大腸肛門病学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本腹部救急医学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本外科感染症学会 評議員
  • 北海道外科学会 評議員
  • 日本ヘルニア学会北海道支部 世話人
  • 日本交通医学会 評議員 編集委員
  • 札幌医科大学医学部 臨床教授
  • 消化器がん外科治療 認定医
  • 外科周術期感染管理 認定医
  • 外科周術期感染管理 暫定教育医
  • 日本臨床外科学会北海道支部 評議員
  • 日本大腸肛門病学会北海道支部 評議員

所属病院

JR札幌病院
JR札幌病院
  • 内科 リウマチ科 外科 精神科 呼吸器外科 腎臓内科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 北海道札幌市中央区北三条東1丁目
  • 札幌市営地下鉄南北線「さっぽろ駅」 21番出口  札幌市営地下鉄東豊線も利用可 徒歩3分 JR函館本線(小樽~旭川)「札幌駅」 徒歩10分
所属病院について

所属診療科について(消化器外科)

医療記事

来歴等

略歴

1993年 札幌医科大学医学部 卒業
1997年 札幌医科大学大学院 卒業
2004年 札幌医科大学医学部外科学 第一講座助手
2005年 札幌医科大学医学部外科学 第一講座講師
2007年 旭川くにもと病院・外科 部長
2008年 東札幌病院 外科 部長
2009年 JR札幌病院 外科 主任医長
2017年 JR札幌病院 外科 診療部長
2018年 札幌医科大学医学部 臨床教授

論文

  • Evaluation of plasma IL-8 (CINC) concentration during ischemia and after reperfusion in the small intestine. Transplant Proc 1996, 28: 1917-1918.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Hirata K, Matsuno T, Zou XM, Sasaki K, Asanuma K, Endo T.

  • The heat-shock protein 70 family reduces ischemia/reperfusion injury in small intestine. Transplant Proc 1996, 28: 2629-2630.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Matsuno T, Zou XM, Asanuma K, Sasaki K, Hirata K.

  • Interleukin-10 inhibited the expression of tumor antigens and major histocompatibility complex antigen on EJ-ras oncogene transformants. Artif Organs 1996, 20: 895-897.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Torigoe T, Okada Y, Sato N, Kikuchi K, Hirata K.

  • Interleukin-10による腫瘍組織適合抗原および腫瘍関連抗原の調節. 札医誌 1997, 66: 1-8.

    鶴間哲弘、八木橋厚仁、鳥越俊彦、佐藤昇志、平田公一

  • Interleukin-10による癌免疫監視機構からのエスケープ機序の解析. Biotherapy 1998, 12: 44-47.

    鶴間哲弘、八木橋厚仁、鳥越俊彦、佐藤昇志、菊地浩吉、平田公一

  • Interleukin-10 reduces natural killer sensitivity and downregulates MHC class I expression on H-ras-transformed cells. Cellular Immunol 1998, 184: 121-128.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Torigoe T, Zou XM, Sato N, Kikuchi K, Watanabe N, Hirata K

  • Anti-rat IL-8 (CINC) monoclonal antibody administration reduces ischemia-reperfusion injury in small intestine Transplant Proc 1998, 30: 2644-2645.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Tarumi K, Hirata K

  • Induction of heat shock protein-73 reduces the ischemia-reperfusion injury in rat small intestine. Transplant Proc 1998, 30: 3449-3451.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Tarumi K, Sasaki K, Watanabe N, Hirata K

  • Geranylgeranylacetone inducces heat shock protein-73 in rat small intestine. Transplant Proc 1999, 31: 572-573.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Koide S, Araya J, Tarumi K, Watanabe N, Hirata K

  • Interleukin-10 reduces natural killer sensitivity of tumor cells by downregulating of NK target structure expression. Cell Immunol 1999, 198: 103-110.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Hirata K, Torigoe T, Araya J, Watanabe N, Sato N

  • Heat shock protein-73 protects against small intestinal warm ischemia-reperfusion injury. Surgery 1999, 125: 385-395.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Watanabe N, Yajima T, Kameshima H, Araya J, Hirata K.

  • Induction of heat shock protein-70 (hsp-70) by intraarterial administration of geranylgeranylacetone. Transplant Proc 2000, 32: 1631-1633.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Hirata K, Araya J, Katsuramaki T, Tarumi K, Yanai Y, Watanabe N

  • Phase I clinical study of anti-apoptosis protein, survivin-derived peptide vaccine therapy for patients with advanced or recurrent colorectal cancer. J Transl Med 2004, 2: 19-29.

    Tsuruma T, Hata F, Torigoe T, Furuhata T, Idenoue S, Kurotaki T, Yamamoto M, Yagihashi A, Ohmura T, Yamaguchi K, Katsuramaki T, Yasoshima T, Sasaki K, Mizushima Y, Minamida H, Kimura H, Akiyama M, Hirohashi Y, Asanuma H, Tamura Y, Shimozawa K, Sato N, Hirata K

  • Synthetic sulfonolipids deduced from sulfonoquinovosyl diacylglycerols of sea urchin reduces hepatic ischemia-reperfusion injury in rats. Transplant Proc 2004, 36: 1965-1969.

    Tsuruma T, Sahara H, Takenouchi M, Yagihashi A, Iwayama Y, Shima H, Furuhata T, Torigoe T, Hanashima S, Yamazaki T, Sugawara F, Mizushina Y, Ohta K, Sakaguchi K, Sato N, Hirata K

  • Peptide-based vaccination for colorectal cancer. Expert Opin Biol Ther 2005, 5: 799-807.

    Tsuruma T, Hata F, Furuhata T, Ohmura T, Katsuramaki T, Yamaguchi K, Kimura Y, Torigoe T, Sato N, Hirata K.

  • Clinical and immunological evaluation of anti-apoptosis protein, survivin-derived peptide vaccine in phase I clinical study for patients with advanced or recurrent breast cancer. J Transl Med 2008, 6: 24.

    Tsuruma T, Iwayama Y, Ohmura T, Katsuramaki T, Hata F, Furuhata T, Yamaguchi K, Kimura Y, Torigoe T, Toyota N, Yagihashi A, Hirohashi Y, Asanuma H, Shimozawa K, Okazaki M, Mizushima Y, Nomura N, Sato N, Hirata K

  • 当院における鏡視下虫垂切除術の現状と鏡視下虫垂切除術の有用性.第36回札幌市医師会医学会誌 2011, 増刊No.272, 17-18

    鶴間哲弘、孫誠一、今野愛

  • 大腸癌における術後補助化学療法~服薬コンプライアンスの解析~.第37回札幌市医師会医学会誌 2012, 増刊No.279, 39-40

    鶴間哲弘、孫誠一、今野愛

  • 多発憩室を併存した大腸癌に対する腹腔鏡手術~安全な口側腸管切離線決定法~.第38回札幌市医師会医学会誌 2013, 増刊No.287, 33-34

    鶴間哲弘、孫誠一、岩山祐司、中野正一郎

  • 大腸手術におけるドレーンの必要性.第39回札幌市医師会医学雑誌 2014, 創刊 103-104

    鶴間哲弘、永山稔、岩山祐司、中野正一郎

  • 便失禁に対する仙骨神経刺激療法(SNM).札医通信 2015, 573号、24

    鶴間哲弘

  • 鼠径部ヘルニア:腹腔鏡手術 (TAPP) 適応拡大への現状.第40回札幌市医師会医学雑誌 2015, 増刊No299, 21-22

    鶴間哲弘、永山稔、田山誠、田山慶子、中野正太郎

  • 便失禁に対する新たなる治療法:仙骨神経刺激療法 (SNM). 第41回札幌医師会医学雑誌、2016, 増刊No306: 109-110

    鶴間哲弘、永山稔、田山慶子、太田盛道、内山素伸、平田公一

  • 癒着性イレウスに対する腹腔鏡下手術の有用性.第42回札幌市医師会医学会誌、2017、増刊 No.312: 111-112

    鶴間哲弘、川崎浩之、田山慶子、太田盛道、内山素伸、平田公一

  • Ischemic Tolerance. Surgery Frontier 1996, 3: 64-68.

    鶴間哲弘、八木橋厚仁、平田公一

  • IL-10による腫瘍免疫の抑制. 臨床免疫 1997, 29: 1108-1114.

    鶴間哲弘、八木橋厚仁、鳥越俊彦、佐藤昇志、菊地浩吉、平田公一

  • 免疫とアポトーシス. 消化器外科 1997, 20: 1873-1880.

    鶴間哲弘、平田公一

  • NKレセプターの新知見. Surgery Frontier 1997, 4: 262-264.

    鶴間哲弘、平田公一、八木橋厚仁、渡辺直樹

  • カセットセオリー. Surgery Frontier 1999, 6: 59-61.

    鶴間哲弘、平田公一、荒谷純

  • ストレス蛋白質と小腸虚血再灌流傷害. 低温医学 2000, 26: 18-22.

    鶴間哲弘、八木橋厚仁、荒谷純、渡辺直樹、平田公一

  • DC特異的ケモカイン:DC-CK1. Surgery Frontier, 2000, 7: 185-187.

    鶴間哲弘、平田公一、荒谷純

  • NKTS (NK target structure). Surgery Frontier 2000, 7: 407-410.

    鶴間哲弘、平田公一、荒谷純

  • 滅菌と消毒法の実際. 外科治療 2001, 84 (Suppl1): 639-642.

    鶴間哲弘、平田公一

  • marginal donor. Surgery Frontier 2001, 8: 407-409.

    鶴間哲弘、平田公一

  • TLR (Toll-like receptors). Surgery Frontier 2003, 10: 55-58.

    鶴間哲弘、平田公一

  • 汚染創の処置. 消化器外科 2003, 26: 716-721.

    鶴間哲弘、平田公一

  • Survivin-2Bペプチドによる癌ペプチドワクチン療法. 癌と化学療法 2004, 31: 1634-1636.

    鶴間哲弘、鳥越俊彦、秦史壮、古畑智久、佐藤昇志、平田公一

  • がんペプチドワクチン療法の最前線. ファルマシア 2005, 41: 749-753.

    鶴間哲弘

  • 鶴間哲弘

    For Your Information. ファルマシア 2005, 41: 754.

  • 経口トレランス誘導とTh3細胞.Surgery Frontier 2005, 12: 393-395.

    鶴間哲弘、平田公一

  • Inhibitor of apoptosis protein (IAP)由来サバイビン2B癌ワクチン.Surgery Frontier 2006, 13: 239-244.

    鶴間哲弘、平田公一

  • サバイビン2Bペプチドを用いたペプチドワクチン療法. G.I.Research 2008, 16: 3-9.

    鶴間哲弘、平田公一、鳥越俊彦、佐藤昇志

  • サバイビン2Bペプチドワクチン療法-第Ⅰ相臨床試験からの知見.Biotherapy 2009, 23: 178-184.

    鶴間哲弘、亀嶋秀和、岩山祐司、鳥越俊彦、佐藤昇志、平田公一

  • 消化器癌と癌ワクチン療法.消化器外科 2009, 32: 2011-2016.

    鶴間哲弘、亀嶋秀和、岩山祐司、平田公一

  • 胃悪性リンパ腫の臨床病理学的検討. 北外誌 1995, 40: 45-49.

    鶴間哲弘、伝野隆一、浦秀樹、高杉憲三、八十島孝博、平田公一

  • Induction of warm ischemic tolerance following preconditioning of the small intestine. Transplant Proc 1996, 28: 1298-1299.

    Tsuruma T, Yagihashi A, Matsuno T, Zou XM, Asanuma K, Sasaki K, Hirata K.

  • Induction of warm ischemic tolerance following preconditioning of the small intestine. Transplant Proc 1996, 28: 1298-1299.

著書

  • 虚血再灌流障害-発生機序と治療法-. 専門医のための消化器外科学レビュ-97-最新主要文献と解説-. 東京、総合医学社、1997, 67-72.

  • heat shock protein. 小川道雄、斉藤英昭編. 臨床侵襲学. 東京、へるす出版、1998, 213-221.

  • 消化器外科スタッフマニュアル. 東京、中外医学社、2003, 166-169.

  • 輸血. 消化器外科スタッフマニュアル. 東京. 中外医学社. 2003, 175-181.

  • Targeting survivin in cancer therapy: Clinical considerations. Apoptosome An up-and-coming therapeutical tool. Francesco Cecconi Marcello D’Amelio Editors. Springer, 2010, 305-320.

  • 外科的療法. チームがん医療・実践テキスト. 東札幌病院編集委員会. 東京、先端医学社、2011, 39-45.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。