公立能登総合病院 事業管理者

日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医・内科指導医 日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医 日本透析医学会 透析専門医・透析指導医 日本医師会 認定産業医

吉村 光弘 よしむら みつひろ 先生

1981年より金沢大学第1内科医師として臨床および研究をはじめ、1989年には金沢医療センター内科・臨床研究部研究員となる。
IgA腎症のステロイドパルス療法を開発。この治療法はその後、世界的に広まり、標準的治療の1つとなった。2004年からは厚労省腎疾患研究班員となり、IgA腎症診療指針の作成メンバーとなる。2013年から公立能登総合病院院長、2014年には病院事業管理者に就任した。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • 腎臓病や膠原病などの免疫疾患

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医・内科指導医
日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医
日本透析医学会 透析専門医・透析指導医
日本医師会 認定産業医
  • 公立能登総合病院 事業管理者
  • 医学博士 取得
  • 日本リウマチ学会 会員
  • 日本医療マネジメント学会 会員
  • 日本医療情報学会 医療情報技師
  • 認定サポート医

所属病院

公立能登総合病院

  • 内科 外科 精神科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 循環器内科 消化器内科 脳神経内科 病理診断科
  • 石川県七尾市藤橋町ア6-4
  • JR七尾線 七尾 北鉄能登バス、能登島バス、市内循環バス(まりん号、ぐるっと7) 能登総合病院下車 バス10分
  • 0767-52-6611
公式ウェブサイト
公立能登総合病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 金沢大学医学部卒業
1988年 金沢大学第1内科にて医学博士取得
1989年 金沢医療センター内科・臨床研究部研究員
2013年 公立能登総合病院 院長
2014年 同 病院事業管理者

論文

1) Nephrol Dial Transplant. 2014 Aug;29(8):1546-53.
A multicenter randomized controlled trial of tonsillectomy combined with steroid pulse therapy in patients with immunoglobulin A nephropathy.
Kawamura T1, Yoshimura M2, Miyazaki Y1, Okamoto H1, Kimura K3, Hirano K1, Matsushima M4, Utsunomiya Y1, Ogura M1, Yokoo T1, Okonogi H1, Ishii T1, Hamaguchi A1, Ueda H1, Furusu A5, Horikoshi S6, Suzuki Y6, Shibata T7, Yasuda T3, Shirai S3, Imasawa T8, Kanozawa K9, Wada A10, Yamaji I11, Miura N12, Imai H12, Kasai K13, Soma J14, Fujimoto S15, Matsuo S16, Tomino Y6; Special IgA Nephropathy Study Group.

2) IgA腎症に対する治療と予後に関する検討
越野瑛久、小林 拓、大島 恵、中川詩織、山村雄太、上川康貴、相良明宏、篠﨑康之、北島信治、原 章規、岩田恭宜、坂井宣彦、清水美保、古市賢吾、和田隆志、北川清樹、吉村光弘金沢大学附属病院腎臓内科、金沢医療センター腎膠原病内科、公立能登総合病院内科2016 年 1 月 30 日(土)第39回IgA腎症研究会,東京

3) IgA 腎症の寛解基準の提唱 日腎会誌 2013;55(7):1249-1254.
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 進行性腎障害に関する調査研究班報告 IgA 腎症分科会

4) IgA 腎症診療指針―第3版―
日腎会誌2011;53(2):123-135.

5) Overestimation of the risk of progression to end-stage renal disease in the poor prognosis' group according to the 2002 Japanese histological classification for immunoglobulin A nephropathy.
Miyazaki Y, Kawamura T, Joh K, Okonogi H, Koike K, Utsunomiya Y, Ogura M, Matsushima M, Yoshimura M, Horikoshi S, Suzuki Y, Furusu A, Yasuda T, Shirai S, Shibata T, Endoh M, Hattori M, Akioka Y, Katafuti R, Hashiguchi A, Kimura K, Matsuo S, Tomino Y.
Clin Exp Nephrol. 2014 Jun;18(3):475-80. doi: 10.1007/s10157-013-0848-y. Epub 2013 Aug 10.

6) Renal disease in the elderly and the very elderly Japanese: analysis of the Japan Renal Biopsy Registry (J-RBR).
Yokoyama H, Sugiyama H, Sato H, Taguchi T, Nagata M, Matsuo S, Makino H, Watanabe T, Saito T, Kiyohara Y, Nishi S, Iida H, Morozumi K, Fukatsu A, Sasaki T, Tsuruya K, Kohda Y, Higuchi M, Kiyomoto H, Goto S, Hattori M, Hataya H, Kagami S, Yoshikawa N, Fukasawa Y, Ueda Y, Kitamura H, Shimizu A, Oka K, Nakagawa N, Ito T, Uchida S, Furuichi K, Nakaya I, Umemura S, Hiromura K, Yoshimura M, Hirawa N, Shigematsu T, Fukagawa M, Hiramatsu M, Terada Y, Uemura O, Kawata T, Matsunaga A, Kuroki A, Mori Y, Mitsuiki K, Yoshida H; Committee for the Standardization of Renal Pathological Diagnosis and for Renal Biopsy and Disease Registry of the Japanese Society of Nephrology, and the Progressive Renal Disease Research of the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan.
Clin Exp Nephrol. 2012 Dec;16(6):903-20. doi: 10.1007/s10157-012-0673-8. Epub 2012 Oct 11.

著書

1) 腎専門医が目指すケースメソッドアプローチ(医学書院)
2) 症例と病理からひもとく腎臓病(医薬ジャーナル社)
3) IgA腎症診療指針Q&A(診断と治療社) 
4) ピンピンコロリ(PPK)が最高!(丸善出版) 

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。