新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山ろうさい病院 外科 両立支援部

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本胸部外科学会 認定医 日本医師会 認定産業医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

石崎 雅浩 いしざき まさひろ 先生

消化器外科医として自分が受けて納得できるような治療を目指して日々の診療に取り組む医師の一人。四国がんセンターでの診療をきっかけに上部消化管手術、膵臓手術などを中心に治療を行っている。岡山ろうさい病院に着任後は、消化器外科医として治療を行うなかで、治療後の就労困難な方々の存在を知り、労働者健康安全機構の研究、モデル事業などを担当している。また、鼠径ヘルニアや腹壁瘢痕ヘルニアの治療にも力を入れている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 外科
  • 消化器外科(上部消化管、肝胆膵外科)
  • ヘルニア外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本胸部外科学会 認定医
日本医師会 認定産業医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 岡山ろうさい病院 外科 両立支援部
  • 日本ヘルニア学会 評議員

所属病院

岡山労災病院

  • 内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 病理診断科
  • 岡山県岡山市南区築港緑町1丁目10-25
  • JR山陽本線(姫路~岡山)「岡山駅」 岡電バス 岡山ろうさい病院行き終点下車  両備バス 上山坂経由宇野、鉾立行き 築港新町下車 徒歩15分 バス
  • 086-262-0131
岡山労災病院

医療記事

来歴等

略歴

1995年 南陽病院 医長 後に外科部長
1998年 国立病院四国がんセンター外科 医員
2004月 愛媛県立三島病院 外科部長
2010年 愛媛県立中央病院 外科部長
2010年 岡山ろうさい病院 外科部長 消化器病センター長 
現在に至る

論文

Primary malignant melanoma of the esophagogastric junction: Report of a case.
Ishizaki M, Aibara Y, Furuya K. Int J Surg Case Rep. 2013;4(8):700-3

Evaluation of sentinel node identification with isosulfan blue in gastric cancer.
Ishizaki M, Kurita A, Kubo Y, Takashima S, Nishina T, Nishimura R. Eur J Surg Oncol. 2006 Mar;32(2):191-6. Epub 2006 Jan 18.

Identification and selective perfusion of the spinal cord-feeding arteries by intrathecal pO2 monitoring for spinal cord protection.
Ishizaki M, Sugiyama S, Uchida H, Nawa S, Shimizu N. Eur J Vasc Endovasc Surg. 1999 Jul;18(1):17-24.

Two cases of cholesterol granuloma of the breast.
Ishizaki M, Ohsumi S, Takashima S, Mandai K. Breast Cancer. 2001;8(2):158-61.

Intrathecal oxygen concentration as a new indicator of spinal cord ischemia.
Ishizaki M, Sugiyama S, Uchida H, Nawa S, Shimizu N. Acta Med Okayama. 1997 Apr;51(2):71-7.

Direct Kugel Patch(DK法)を使用したヘルニア根治術 PHS法、Mesh Plug法との比較
石崎 雅浩(愛媛県立三島病院 外科), 松岡 欣也, 高嶋 成輝, 手術 61巻3号 Page357-362

術前にCTにて診断しえた横行結腸脂肪腫による大腸重積症の1例(原著論文/症例報告)
石崎 雅浩, 栗田 啓, 久保 義郎, 青儀 健二郎, 棚田 稔, 高嶋 成光, 万代 光一, 外科 65巻5号 Page611-61

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。