そけいへるにあ

鼠径ヘルニア

別名:脱腸/鼡径ヘルニア

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

鼠径へルニアとは、本来お腹の中に存在するべき臓器が足の付け根に飛び出してしまい、鼠径部のふくらみとして認識される病気です。飛び出す臓器としては、小腸であることが多いため、いわゆる「脱腸」のことを指します。

鼠径ヘルニアは、小児・成人問わず幅広い年齢層に認める病気です。また、「鼠径部のふくらみ」程度の症状に留まることはなく、「嵌頓(かんとん)」(腸の一部がヘルニアの通り道にはまり込んで、中に戻らなくなってしまった状態のこと)と呼ばれる重篤な続発症を呈することもあり、腸が腐ってしまうこともあります。

この病気は、自然治癒を期待できるものではなく、嵌頓を未然に防ぐためにも手術が求められる病気です。また、鼠径へルニアは脱腸や鼡径ヘルニアなどとも呼称されます。

原因

腹壁には、本来は固い組織である筋膜と筋肉があり、さらにその内側に腹膜という薄くて伸びやすい膜があります。この構造が、腸管などの腹腔内臓器を守っています。しかし、固い組織である筋膜に欠損部や脆弱な部分があると、そこに腹圧が集中し、伸びやすい腹膜がたるんでヘルニア嚢と呼ばれる袋を形成します。このヘルニア嚢を通じて、腸管などの臓器が固い筋膜を乗り越えて、皮膚の下に脱出してしまうのがヘルニアです。

鼠径へルニアは、鼠径部のふくらみを指していますが、鼠径部のどの部位からヘルニアが生じているかに応じて、下記3つに分類されます。

  • 外鼠径へルニア
  • 内鼠径へルニア
  • 大腿ヘルニア

年齢や性別によってどのタイプになりやすいかは異なり、嵌頓の起こりやすさにも差があります。外鼠径ヘルニアは内鼠径ヘルニアの10倍嵌頓しやすく、女性に多い大腿ヘルニアは高率に嵌頓するため、早めの手術が必要です。

ヘルニアの形成は、先天的にヘルニア嚢が存在することが原因である場合もありますし、加齢に伴い組織が弱くなることが原因であることもあります。また、長時間立ち仕事をする方や、慢性的な便秘や咳嗽(がいそう)(咳)がある方などは、より圧力のかかる状況が加わるため、発症の可能性が高くなると考えられます。

症状

鼠径へルニアでは、鼠径部の膨らみが認められます。なかには鼠径部の不快感や違和感、あるいは痛みを生じることもあります。特に、立っているときは膨らみや違和感があるのに、横になると内容物がおなかの中に戻り、膨らみや違和感がなくなるという、姿勢による変化は鼠径ヘルニアに特徴的です。

陥頓状態では横になっても内容物はおなかの中に戻りません。また、強い痛みを感じることがあります。

子どものヘルニア

成人の場合と同様であり、鼠径部が腫れていることからヘルニアに気付くことが多いです。しかし、嵌頓を起こしてしまうと鼠径部が固くなり痛みを生じることから、啼泣(泣くこと)を示すこともあります。また、哺乳力が低下したり、活気不良などの症状を認めたりするようになります。

検査・診断

鼠径ヘルニアは、基本的に問診と患部の視診(目で見て観察する)・触診(手で触って診察する)により診断されます。

しかし、これらのみではヘルニアの種類までは確定できないこともあります。また、まれではありますが、精索水腫や精索静脈瘤、リンパ節の炎症などといった、鼠径ヘルニア以外の原因により鼠径部が腫れていることもあるため、超音波検査も併用して、診断の精度を高めることもあります。

超音波検査では、どの臓器が飛び出ているかを確認することも可能です。ただし、無症状のときに超音波検査を行っても何も確認できないことも多くあります。

治療

鼠径へルニアの治療は、手術が基本です。ただし、子どもの鼠径へルニアの場合、生後6か月までに自然治癒する可能性があります。

子どもの鼠径へルニア

6か月以前にみつかった場合、嵌頓を認めない限りは手で整復を施すのみにとどめ、しばらくの間は経過観察とします。陰嚢水腫や精索水腫、ヌック管水腫の場合は、さらに経過観察期間が長く、6歳前後まで様子をみるケースもあります。

治療が必要と判断された場合

手術では、筋肉や靭帯の隙間であるヘルニア門から飛び出してしまったヘルニア嚢を切除するか、もしくは本来あるべき部位に戻した後に、ヘルニア門を閉じることになります。手術の方法はさまざまであり、鼠径部の皮膚を切開する「鼠径部切開法」がとられたり、「腹腔鏡下修復術」がとられたりします。

嵌頓を起こしてしまった場合には、飛び出している臓器が腐ってしまうことを避けるためにも迅速な治療が必要になります。用手的に整復術を試みますが、それでうまくいかない場合には緊急手術を行うことが必要になります。

「鼠径ヘルニア」に関連する他の記事
もっと見る