【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 95c13804 0fd7 4bef 8eb2 671685547dc8
鼠径ヘルニアとは?ー足の付け根に違和感や痛みを生じる疾患
ヘルニアとは、腹腔内容物(腸管や脂肪)が、腹壁に生じた(または生来有する)欠損部(脆弱となった部分)を通じて飛び出す状態を言います。いわゆる脱腸です。腹部のヘルニアの80%は鼠径部に生じ、鼠径部...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

鼠径ヘルニアとは?ー足の付け根に違和感や痛みを生じる疾患

公開日 2017 年 07 月 12 日 | 更新日 2018 年 05 月 15 日

鼠径ヘルニアとは?ー足の付け根に違和感や痛みを生じる疾患
三原 史規 先生

国立国際医療研究センター病院 肝胆膵外科

三原 史規 先生

ヘルニアとは、腹腔内容物(腸管や脂肪)が、腹壁に生じた(または生来有する)欠損部(脆弱となった部分)を通じて飛び出す状態を言います。いわゆる脱腸です。腹部のヘルニアの80%は鼠径部に生じ、鼠径部ヘルニアと呼びます。

今回は、国立国際医療研究センター病院外科医師の三原史規先生に、鼠径部ヘルニアの概要や原因から、診断方法などを中心にお話をうかがいました。

鼠径部ヘルニアとは?        

腹壁には、本来は固い組織である、筋膜と筋肉があり、さらにその内側に腹膜という薄くて伸びやすい膜があって、腸管などの腹腔内臓器を守っています。

しかし、固い組織である筋膜に欠損部や脆弱な部分があると、そこに腹圧が集中し、伸びやすい腹膜がたるんでヘルニア嚢と呼ばれる袋を形成します(ダムにちいさな穴があると、そこに水圧が集中し決壊するイメージです)。

このヘルニア嚢を通じて、腸管などの臓器が固い筋膜を乗り越えて皮膚の下に脱出してしまうのがヘルニアです。固い筋膜を乗り越えるので、圧迫により痛みや違和感を生じたり、後述しますが、腸閉塞の原因になったりします。

鼠径部
鼠径部

鼠径部とは、上のイラストのとおり、左右の大腿の付け根の部位を指します。鼠径部ヘルニアとはこの部位に生じるヘルニアの総称です。

鼠径部ヘルニアには3つの種類がある

鼠径部ヘルニアには、一般的に内鼠径ヘルニア、外鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアの3種類があります。鼠径部のどの部分から内容が出てくるかによって種類が異なります。鼠径部ヘルニアは80~90%が男性であり、その多くは外鼠径ヘルニアです。一方女性は大腿ヘルニアの割合が多く、その違いは男女の解剖学的な差異に基づくと考えられます。これらは出てくる部位の違いのみではなく、後で述べますが、症状や経過などにも違いがあります。           

鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアの種類

外鼠径ヘルニア

外鼠径ヘルニアは、睾丸につながる血管や精管(精子を輸送する管)の通り道(入り口を内鼠径輪と言います)に沿って、皮下に腸の一部が出たり入ったりします。このような解剖学的理由から外鼠径ヘルニアは必然的に男性に多い鼠径ヘルニアです。

内鼠径ヘルニア

内鼠径ヘルニアとは、内鼠径輪の内側の腹壁が弱くなり空間が広がって、そこから直接皮下に腸などの内容物が出入りします。

大腿ヘルニア

大腿ヘルニアは、下肢につながる血管の通り道(大腿輪といいます)の隙間から、腸が飛び出します。男性で大腿ヘルニアを発症する患者さんはまれですが、女性の場合はむしろ大腿ヘルニアの割合が多く、その1つの理由は、女性の方が、大腿輪がより広い為と考えられています。

嵌頓(かんとん)は早めの治療が必要

          

嵌頓
嵌頓の状態となった鼠径ヘルニア

腸の一部がヘルニア門に挟まり込んで、おなかの中に戻らなくなってしまった状態を嵌頓(かんとん)といいます。嵌頓を放置すると腸が虚血(血流が減少、または途絶えること)の状態となり、腸閉塞*や腸が壊死するケースもあります。そのため、嵌頓と診断された場合は、早めの処置が必要です。

これまでのデータでは鼠径ヘルニアが嵌頓する確率は年間0.3%~3%と比較的低率ですが、種類によって経過が異なり、外鼠径ヘルニアは内鼠径ヘルニアの10倍嵌頓しやすく、また女性に多い大腿ヘルニアは鼠径ヘルニアと異なり高率に嵌頓するため、早めの手術が必要です。

 *腸閉塞とは、口から摂取した食物や消化液の流れが、腸の中で滞ってしまう疾患です。腹痛、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。

鼠径ヘルニアの原因は? 生まれつきや加齢などが考えられる

鼠径ヘルニアを発症する原因は、先天性(生まれつき)と後天性(生まれた後に発症する)があります。

先天性の鼠径ヘルニアの原因

男の子に多いですが、先天性にヘルニア嚢が存在するため、乳幼児期から鼠径ヘルニアを発症します。自然閉鎖することもありますが、多くは手術が必要となります。学童期になってからでも発見されることがあります。

後天性の鼠径ヘルニアの主な原因は加齢

一方、後天的な鼠径ヘルニアは、加齢が一つの要因になっていることは疑いがないようです。立ったり歩いたりという行為は、慢性的に鼠径部に重力などの圧力が加わっています。そこに加齢による腹壁そのものの脆弱化も加わって、ヘルニア門とヘルニア嚢が形成され、ヘルニアを発症すると考えられます。

また、加齢に加え、長時間の立ち仕事の方や、慢性的な便秘や慢性的な咳嗽がある方などは、より圧力のかかる状況が加味されるため、より発症の可能性が高くなると考えられます。

鼠径ヘルニアの症状とは? 痛みはあるのか

下っ腹を抑えている人

鼠径部に膨らみができ、不快感や違和感、あるいは痛みを訴えて病院に来られる方がほとんどです。また、立っているときは、膨らみや違和感を感じるのに、横になると内容物がおなかの中に戻るので、膨らみや違和感がなくなるという、姿勢による変化は鼠径ヘルニアに特徴的です。

陥頓状態では横になっても内容物はおなかの中に戻りません。また強い痛みを感じることがあります。このような状態では処置が必要ですので、すぐに受診して下さい。

鼠径ヘルニアの診断方法と治療 治療には手術が必要

診断方法は問診、視診・触診が基本

先生から問診を受けている方

鼠径ヘルニアの診断は、基本的に問診と患部の視診(目で見て観察する)・触診(手で触って調べる)で下すことが可能です。しかし、それのみではヘルニアの種類までは確定できないこともあります。またまれではありますが、精索水腫*や精索静脈瘤*、リンパ節の炎症などといった、鼠径ヘルニア以外の鼠径部が腫れる疾患が原因であることもあるため、国立国際医療研究センターでは超音波検査も併用して、診断の精度を高めています。

超音波は例えばCTのような放射線被曝などの患者さんの負担がなく、患部に当てるだけで、疾患の鑑別から、鼠径ヘルニアの種類まで見分けることが可能で大変有用と考えています。

*精索部に液体が溜まる疾患です。

*睾丸の静脈に血液が逆流し、こぶ状に膨れる疾患です。

治療法は手術

オペ中

これまでお話ししてきた通り、鼠径部ヘルニアは病気というより構造的な問題であるため、自然治癒は期待できません。程度や症状によってはしばらく経過を見ることもありますが、治療は手術が原則です。

国立国際医療研究センター病院では、鼠径ヘルニアの手術方法として、鼠径部を切開する鼠径部切開法と、腹腔鏡を用いる腹腔鏡修復術を行っています。

ここまで、鼠径ヘルニアの種類や症状、診断方法を中心にお話ししました。記事2『鼠径ヘルニア(脱腸)の手術―種類や入院期間、再発の可能性にある?』では、引き続き、国立国際医療研究センター病院で行われている鼠径ヘルニアの手術方法について詳しく解説します。

鼠径ヘルニア(三原史規先生)の連載記事

信州大学医学部卒業後、総合的な医療を提供する国立国際医療研究センター病院で、一貫して消化器外科、一般外科の臨床に従事しています。複雑で高度な肝胆膵疾患からヘルニアなどの日常的な疾患まで、わかりやすい説明と、丁寧で正確かつ安全な手術を提供いたします。

関連記事