新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

関西労災病院 副院長・外科部長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・指導責任者 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 社会医学系専門医協会 社会医学系専門医 日本医師会 認定産業医・健康スポーツ医

村田 幸平 むらた こうへい 先生

1986年より消化器外科医を志す。以後大阪大学、米国イエール大学、米国ヴァージニア大学、大阪府立成人病センター、市立吹田市民病院を経て現在に至る。ロボット直腸がん手術、大腸癌研究会における虫垂癌プロジェクト、さらにがん患者の就労支援にも力を入れている。「柳に雪折れなし」と人は言う。頑張る闘病は無論大事だが、気負わぬ闘病もまたしかりである。今や人生90年。上手に歳を重ねていきたい。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 腹腔鏡手術
  • がん薬物療法

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・指導責任者
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
社会医学系専門医協会 社会医学系専門医
日本医師会 認定産業医・健康スポーツ医
  • 関西労災病院 副院長・外科部長
  • 医学博士(大阪大学) 取得
  • 大阪大学 臨床教授
  • 兵庫医科大学 臨床教育教授
  • 厚生労働省 がん臨床研究事業分担研究者
  • JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ) メンバー
  • 日本消化器外科学会 会誌編集委員・評議員
  • 日本消化器病学会 近畿支部評議員
  • 日本大腸肛門病学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • インテュイティブサージカル合同会社 ダヴィンチサージカルシステム認定医
  • 近畿外科学会 評議員
  • 大腸癌研究会 世話人
  • 緩和ケア研修会 修了
  • 臨床研修プログラム責任者養成講習 修了

所属病院

関西労災病院

  • 内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 兵庫県尼崎市稲葉荘3丁目1-69
  • JR神戸線(大阪~神戸)「立花駅」 阪神バス 43、43-2、49、50、50-2系統 労災病院下車 バス8分 阪急神戸本線「武庫之荘駅」 阪神バス 43、43-2、49系統 労災病院下車 バス12分 阪急神戸本線「西宮北口駅」 南改札口  病院送迎バスも運行あり 車12分 阪神本線「甲子園駅」 阪神バス 宝塚行 労災病院下車 バス15分
  • 06-6416-1221
関西労災病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 大阪大学卒業
1994年 大阪大学大学院卒業 医学博士取得 米国イェール大学医学部外科研究員
     米国ヴァージニア大学医学部細胞情報センター研究員
1997年 大阪府立成人病センター 消化器外科
2004年 市立吹田市民病院 外科部長
2014年 市立吹田市民病院 副院長
2017年 現在に至る

論文

Ikeshima Ryo, Mizushima T, Takahashi H, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Ikenaga M, Nakajima K, Yamamoto H, Murata K, Doki Y, Mori M.:The efficacy of active drainage for preventing postoperative organ/space surgical site infections in patients with Crohn's disease, Surgery Today, 48(1), 25-32, 2018

Taguri M, Yamazaki K, Tsurutani J, Sakai K, Tsushima T, Nagase M, Tamagawa H, Ueda S, Tamura T, Tsuji Y, Murata K, et al: aCGH Analysis of Predictive Biomarkers for Response to Bevacizumab plus Oxaliplatin- or Irinotecan-Based Chemotherapy in Patients with Metastatic Colorectal Cancer., Oncologis, 2018-0119., doi: 10.1634, 2018

Fukaya R, Takamatsu S, Itoyama S, Fukuoka T, Yamada M, Hata T, Nagaoka S, Kawamoto K, Eguchi H, Murata K, et al: Possible involvement of Enterococcus infection in the pathogenesis of chronic pancreatitis and cancer., Dig Dis Sci., doi;1010.1007/s10620-018-5380-1, 2018

Osawa H, Nishimura J, Hiraki M, Takahashi H, Haraguchi N, Hata T, Ikenaga M, Murata K, et al: Regeneration of peritoneal mesothelial cells after placement of hyaluronate carboxymethyl-cellulose (Seprafilm®), Surg Today 47(1):130-136, 2017

Kawai K, Uemura M, Munakata K, Takahashi H, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Ikenaga M, Murata, et. al: Fructose-bisphosphate aldolase A is a key regulator of hypoxic adaptation in colorectal cancer cells and involved in treatment resistance and poor prognosis, Int J Oncol 50 (2): 525-534, 2017

Makino S, Takahashi H, Haraguchi N, Nishimura J, Hata T, Matsuda C, Ikenaga M, Murata K, et. al: A single institutional analysis of systemic therapy for unresectable or recurrent small bowel adenocarcinoma, Anticancer Res 37(3): 1495-1500, 2017

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。