新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

小倉記念病院 外科 主任部長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本臨床腫瘍学会 指導医・がん薬物療法専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

藤川 貴久 ふじかわ たかひさ 先生

肝胆膵領域のがんに対する外科手術を行う消化器外科医

京都大学医学部を卒業後、天理よろづ相談所病院での勤務、フロリダ大学への留学などを経て、2006年、博士号取得とともに小倉記念病院に就任。肝胆膵領域悪性腫瘍に対する外科手術を中心に、様々な消化器疾患の診療を行う。日本内視鏡外科学会認定 技術認定医、
日本肝胆膵外科学会認定 高度技能指導医として、肝胆膵外科における腹腔鏡下手術の実践やチーム医療の確立、後進の指導・育成にも積極的に取り組んでいる。

藤川先生のストーリー記事

後進の育成とともに地域の医療レベルを上げることに尽力
後進の育成とともに地域の医療レベルを上げることに尽力

自らの技術を磨き、若手医師を育て上げる環境作りにも取り組む藤川貴久先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 消化器外科

主な領域

  • 藤川先生の肝臓がんに関する得意な領域

    消化器がん・肝胆膵領域悪性腫瘍に対する集学的治療を行う。腹腔鏡下肝切除・腹腔鏡下膵切除の安全な手術手技の確立を目指し、チーム医療を実践している。抗血栓薬(抗血小板薬・抗凝固薬)服用患者における周術期管理ガイドラインの確立にも携わる。

  • 肝胆膵領域悪性腫瘍

資格・所属学会

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本臨床腫瘍学会 指導医・がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

役職など

  • 小倉記念病院 外科 主任部長
  • 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • アメリカ外科学会(FACS) 正会員

所属病院

小倉記念病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目2-1
  • JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)「小倉駅」 JR各線、北九州モノレールも乗り入れ  新幹線口よりペティ゙ストリアンデッキ(歩行者回廊)で直結 徒歩7分
  • 093-511-2000
小倉記念病院

来歴等

略歴

1992年 京都大学医学部 卒業
1992年 天理よろづ相談所病院 ジュニアレジデント
1994年 天理よろづ相談所病院腹部一般外科 シニアレジデント
1998年 天理よろづ相談所病院腹部一般外科 医員
2000年 京都大学医学部(消化器外科学講座) 大学院入学
2003年 フロリダ大学医学部(病理学部門) 非常勤研究員
2005年 フロリダ大学医学部(移植外科部門) 研究員
2006年 京都大学 博士(医学) 学位取得
2006年 小倉記念病院(外科) 副部長
2011年 小倉記念病院(外科) 部長
2018年 小倉記念病院(外科) 主任部長

論文

  • Fujikawa T, Ando K. Safety of laparoscopic surgery in digestive diseases with special reference to antithrombotic therapy: A systematic review of the literature. World J Clin cases. 2018;6(14):767-775. doi:10.12998/wjcc.v6.i14.767

  • Fujikawa T, Kawamoto H, Tanaka A. Effect of Antiplatelet Therapy on Surgical Blood Loss and Post-Pancreatectomy Hemorrhage in Patients Undergoing. J Gastroenterol Hepatol Res. 2018;7(2):1-7. doi:10.17554/j.issn.2224-3992.2018.07.753

  • Kawamoto Y, Fujikawa T, Sakamoto Y, et al. Effect of antithrombic therapy on bleeding complications in patients receiving emergency cholecystectomy for acute cholecystitis. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2018;25(11):518-526. doi:10.1002/jhbp.588

  • Fujikawa T, Kawamoto H, Kawamura Y, Emoto N, Sakamoto Y, Tanaka A. Impact of laparoscopic liver resection on bleeding complications in patients receiving antithrombotics. World J Gastrointest Endosc. 2017;9(8):396. doi:10.4253/wjge.v9.i8.396

  • Fujikawa T, Fujikawa T, Yoshimoto Y, Kawamoto H, Tanaka A. Combination of Modified Pinch-Burn-Cut (PBC) Technique and Harmonic FOCUS® for Pancreaticoduodenectomy under Preoperative Continuation of Antiplatelets in High Thromboembolic Risk Patients. J Gastroenterol Hepatol Res. 2017;6(1):2279-2285. doi:10.6051/

  • Fujikawa T, Fujikawa T, Yoshimoto Y, et al. Safety and Feasibility of Laparoscopic Liver Resection in Antiplatelet-Burdened Patients with Arterial Thromboembolic Risks. J Gastroenterol Hepatol Res. 2016;5(5):2165-2172. doi:10.6051/

  • Fujikawa T, Tanaka A, Abe T, Yoshimoto Y, Tada S, Maekawa H. Effect of antiplatelet therapy on patients undergoing gastroenterological surgery: thromboembolic risks versus bleeding risks during its perioperative withdrawal. World J Surg. 2015;39(1):139-149. doi:10.1007/s00268-014-2760-3

  • Fujikawa T, Yoshimura T, Terajima H, Manaka D, Okabe H, Tanaka A. [Current Status of Perioperative Management in Patients Undergoing Antithrombotic (Antiplatelet or Anticoagulation) Therapy: Results of a Questionnaire Survey]. Nihon Geka Gakkai Zasshi. 2015;116(5):334-339. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&dopt=Citation&list_uids=26630745.

  • Fujikawa T, Tanaka A, Abe T, et al. Does antiplatelet therapy affect outcomes of patients receiving abdominal laparoscopic surgery? Lessons from more than 1,000 laparoscopic operations in a single tertiary referral hospital. J Am Coll Surg. 2013;217(6):1044-1053. doi:S1072-7515(13)01019-3 [pii]10.1016/j.jamcollsurg.2013.08.005

  • Fujikawa T, Noda T, Tada S, Tanaka A. Intractable intraoperative bleeding requiring platelet transfusion during emergent cholecystectomy in a patient with dual antiplatelet therapy after drug-eluting coronary stent implantation (with video). BMJ Case Rep. 2013;Mar 26;201. doi:bcr-2013-008948 [pii] 10.1136/bcr-2013-008948

その他

  • 【受賞】2002年度 京都大学教育研究振興財団 研究助成取得

  • 【受賞】2003年度 上原記念生命科学財団 研究助成取得

  • 【受賞】2010年 第65回日本消化器外科学会 ポスター優秀演題賞受賞

  • 【受賞】平成25-27年度 京都大学冬期研究会学術表彰 英語論文個人の部 3年連続第1位

  • 【受賞】平成30年度 京都大学冬期研究会学術表彰 英語論文個人の部 第1位

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。