南多摩病院 院長

日本救急医学会 救急科専門医・指導医 日本外科学会 外科認定登録医 日本胸部外科学会 指導医 日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科指導医 日本外傷学会 外傷専門医 日本Acute Care Surgery学会 Acute Care Surgery認定外科医

益子 邦洋 ましこ くにひろ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 救急科
  • 外科
  • 益子先生の腹部外傷の専門領域
    • 非手術的治療
    • Interventional Radiology
    • 開腹手術
    • Damage Control 手術
  • 益子先生の多発外傷の専門領域
    • 開胸手術
    • 開腹手術
    • 蘇生手術
    • 血行再建手術
    • Damage Control 手術
  • 救急医学科
  • 胸部外傷
  • 血管外傷
  • 急性腹症

資格・学会・役職

日本救急医学会 救急科専門医・指導医
日本外科学会 外科認定登録医
日本胸部外科学会 指導医
日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科指導医
日本外傷学会 外傷専門医
日本Acute Care Surgery学会 Acute Care Surgery認定外科医
  • 南多摩病院 院長

所属病院

南多摩病院

  • 内科 外科 腎臓内科 小児科 整形外科 泌尿器科 婦人科 眼科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 膠原病内科 脳神経内科 血管外科
  • 東京都八王子市散田町3丁目10-1
  • JR中央本線(東京~塩尻) 西八王子 南口 徒歩1分 JR中央本線(東京~塩尻) 西八王子 南口 徒歩1分
  • 042-663-0111
公式ウェブサイト
南多摩病院

医療記事

来歴等

略歴

1973年 日本医科大学医学部 卒業
1973年 日本医科大学胸部外科 医員助手
1978年 日本医科大学附属病院 救命救急センター 医員助手
1983年 医学博士(日本医科大学) 取得
1984年 日本医科大学救急医学科 講師
1991年 日本医科大学 救急医学科 助教授
2004年 日本医科大学救急医学講座 教授
2014年 日本医科大学 名誉教授
2014年 医療法人社団永生会 南多摩病院 院長

論文

  • An outcome study of out-of-hospital cardiac arrest using the Utstein template-a Japanese experience.Resuscitation 2002; 55 :241-246

    Mashiko K,Otsuka T,Shimazaki S,Kohama A,Kamishima G,Katsurada K,Sawada Y,Matsubara I,and Yamaguchi K

  • Evolving Physician-Staffed Helicopter Emergency Medical Services System(Doctor-Heli)in Japan.Prehospital and Disaster Medicine 2007; 22(2): 36-38.

    Mashiko K,Hara Y,Matsumoto H,Sakamoto Y,Kutsukata N,Takei K,Tomita Y,Saitoh N,Kanemaru K,Yagi T,Mine T,Hemmi H,Nishikawa W,Shinoda T,Kunimatsu T

  • Trauma systems/centres: a Japanese perspective.Trauma 1999; 1(4):285-289.

    Mashiko K

  • How best to utilize triage tags.Asian Med J 2000;43(6): 249-253.

    Mashiko K

  • Trauma Systems in Japan: History, Present Status and Future Perspectives.J Nippon Med Sch 2005; 72(4): 194-202.

    Mashiko K

  • トリアージタッグの活用法.日医師会誌 1999; 122(5): 793-796.

    益子邦洋

  • NPO 法人「救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)」設立の経緯と将来展望.救急医療ジャーナル 2000; 8(4):22-24.

    益子邦洋,岡田芳明,辺見 弘,葛西 猛,浅利 靖,池田寿昭,河野元嗣,杉山 貢,須崎紳一郎,松本孝夫

  • 救急医療用ヘリコプター搬送システムの構築と将来の展望.日臨救医誌 2000 ;3 :309-314.

    益子邦洋,犬塚 祥,小川理郎,工廣紀斗司,原 義明,中村 敏,丸山正明,田中啓次

  • NPO 法人「救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)」の立ち上げとこれからの展望.日航医会誌 2000; 1(1):47-52.

    益子邦洋,魚谷増男,岡田芳明,葛西 猛,清水喜由,辺見 弘,本條喜紀

  • 救急医療における指標(criteria)の重要性.救急医 2000;24(4):373-373.

    益子邦洋

  • 救命救急センターとメディカルコントロール.救急医 2001; 25(13): 1855-1859.

    益子邦洋,松本 尚

  • 胸部外傷におけるDamage control.日本外科学会雑誌 2002; 103(7): 511-516.

    益子邦洋,松本 尚,望月 徹,工廣紀斗司,原 義明,片田正一

  • 三次救急医療機関の機能を評価する指標の開発と今後の課題.日本救急医学会雑誌 2002; 13(12): 769-778.

    益子邦洋,有賀 徹,上嶋権兵衛,山本修三,坂本哲也,井上徹英,鈴木荘太,梅里良正,伊藤弘人,前田幸宏

  • メディカルコントロール.診と療 2003; 91(増刊号):11-20.

    益子邦洋,松本 尚

  • 航空機内におけるAED の必要性,使われ方,問題点.救急・集中治療 2003 ; 15(7): 735-741.

    益子邦洋,滝口雅博

  • わが国の救急医療システムとメディカルコントロール体制.救急医学 2004; 28(3): 251-261.

    益子邦洋

  • 胸郭,肺,気管・気管支,横隔膜損傷分類のコンセプトと問題点.日本外傷学会雑誌 2004 ; 18(1): 66-75.

    益子邦洋

  • JPTEC :誕生の経緯と今後の展開.ICU とCCU(集中治療医学) 2004 ; 28(4):255-262.

    益子邦洋,松本 尚

  • JPTEC の組織と今後の展開.救急医学 2004 ;28(5):615-618.

    益子邦洋,小林国男

  • Trauma Registry における臨床評価指標.日本外傷学会雑誌2004; 18(4): 403-408.

    益子邦洋,小関一英,坂本哲也,森村尚登,藤田 尚,東平日出男,三宅康史,齋藤大蔵,小野寺謙吾,井上徹英,横田順一朗,有賀 徹

  • 外傷システム構築におけるドクターヘリの意義.日本航空医療学会雑誌 2004;5(2):12-17.

    益子邦洋,松本 尚,工廣紀斗司,原 義明,森田良平,上川雄士,阪本雄一郎,武井健吉,上野幸廣,富田祥輝,阿部幸喜

  • 胸部外傷患者の初期診療.外科治療 2004;91(5):547-556.

    益子邦洋,松本 尚,阪本雄一郎

  • 外傷センター整備の重要性.THE BONE 2005;19(4):37-43.

    益子邦洋,原 義明,富田祥輝

  • ドクターヘリの役割とその有効性.日本病院会雑誌 2006 ;53(5): 66-75.

    益子邦洋

  • メディカルコントロールの現状と問題点.日本病院会雑誌 2006; 53: 58-77.

    益子邦洋

  • 外傷救急医療の現状と展望.医学のあゆみ 2008 ;226(9):741-747.

    益子邦洋

  • 病院前救急診療の幕開け.救急医学 2009 ; 33(5): 497-497.

    益子邦洋

  • わが国の小児外傷の現状と展望. 小児科臨床 2011; 64(4):595-603.

    益子邦洋, 八木貴典, 松本 尚

  • Damage control surgeryの概念・適応・手技. 消化器外科 2011; 34(5):605-612.

    益子邦洋, 松本 尚, 林田和之

  • 先進事故自動通報システム(eACN)が起動するドクターヘリ. 交通工学 2012; 47(1):15-19.

    益子邦洋, 石川博敏, 西川 渉, 山野 豊, 篠田伸夫, 松田徹之, 斎藤有紀子, 松本 尚

  • 外傷外科の治療概念、手術、69巻6号、791-798、2015.

    益子邦洋、朽方規喜、松本 尚、大友康裕

  • Acute Care Surgeryとは、ICUとCCU、39巻4号、201-209、2015

    益子邦洋、朽方規喜、久志本成樹、大友康裕

  • ACN(AACN)とドクターヘリ事業、日本機械学会誌、118巻1157号、38-40、2015.

    益子邦洋

  • Acute Care Surgeryとは、外科、77巻11号、1211‐1216、2015.

    益子邦洋、朽方規喜、畑山年之、佐藤将彦、吉田宗生

  • 個人車両と連動した救急自動通報システムの開発と今後の展望、「新医療」、43(4):108-111、2016

    益子邦洋、國松孝次、篠田伸夫、ほか

  • 大都市圏の救急医療体制の構築‐八王子市医師会の取り組み‐、病院、75(10):759-765、2016

    益子邦洋、関 裕、安藤高朗、ほか

  • 外傷外科の特殊性と専門性、臨床外科、71(11):122-127、2016

    益子邦洋、朽方規喜、大友康裕

  • ドクターヘリの可能性、BAN、2017年5月号、p62-67.

    益子邦洋、國松孝次、篠田伸夫

  • 我が国の交通事故に対する救命救急医療の実態と課題、自動車技術71巻12号,14-19, 2017

    益子邦洋、関 裕、朽方規喜、上田太一朗、加藤 宏

  • 事故自動通報システムの現状と展望、救急医学、42(6):686-692, 2018

    益子邦洋、石川博敏、本村友一、木内 透、吉田 傑、斎藤信夫

著書

  • 救急医療ファーストエイドマニュアル,インターメディカ,1989

  • 【共著】イラスト 救急処置マニュアル,南江堂,1992

  • 【監訳】クリテイカルケア薬物療法ハンドブック、医学書院MYW、1997

  • 救命・応急手当ハンドブック、PHP研究所、1999

  • 【監修】学校内での救急処置,セントジョンアンビュランスジャパン協会,2000

  • アトラス応急処置マニュアル,南江堂,2000

  • ERハンドブック、インターメデイカ、2002

  • 【編集】外傷病院前救護ガイドラインJPTEC、プラネット、2004

  • ER救急ハンドブック ;初期救急から救命救急まで、インターメディカ、2005

  • 【監訳】一目でわかるクリティカルケア,メディカルサイエンスインターナショナル,2006

  • 【監修】プレホスピタルケアMOOK1、現場活動プロトコール①、永井書店、2006

  • 【監修】プレホスピタルケアMOOK2、現場活動プロトコール②、永井書店、2006

  • 【分担】心臓と血管の外傷、内科学1、医学書院、2006

  • 【編集】プレホスピタルケアMOOK3、エアレスキュー・ドクターカー、永井書店、2007

  • 【編集】救急救命士のための二次救命処置テキスト、へるす出版、2007年11月

  • 【編集】実践小児外傷初療学、永井書店、2008年6月

  • 【監修】写真でわかる外傷基本手技、インターメディカ、2009年11月

  • 【編集】総合診療マニュアル、金芳堂、2010年6月

  • 攻めの救急医療 15分ルールをめざして-脚光をあびるドクターヘリの真実-、へるす出版、2010年10月

  • 【編集】外傷外科手術スタンダード、羊土社、2012年12月

  • 【分担】出血性疾患、急性腹症、内科学書改訂第9版、Vol.1、内科学総論・臨床症状、中山書店、2019年8月

その他

  • 【テレビ出演】きょうの健康「人工呼吸の方法」、NHK、1992.7.16.

  • 【テレビ出演】きょうの健康「突然の意識障害」、NHK、1997.2.4.

  • 【テレビ出演】きょうの健康「突然の呼吸困難」、NHK、1997.2.5.

  • 【テレビ出演】ドクターサロン「Dead On Arrival」、ラジオたんぱ、1997.5.15.

  • 【テレビ出演】胸部外傷の救急処置、テレビ東京、1997.6.22.

  • 【テレビ出演】「知って安心、夏場の応急処置法」、生活ほっとモーニング、NHK、1997.7.8.

  • 【テレビ出演】平成9年度運転者講習用映画「あなたが救う、尊い生命~応急救護処置の実践~」、警察庁交通局

  • 【テレビ出演】ニュースJAPAN、特集「運び屋を透視せよ!」、フジTV、1998.4.2.

  • 【テレビ出演】「知って安心、家族でできる応急手当」、生活ほっとモーニング、NHK、1999.5.14.

  • 【テレビ出演】健康こどもっち!No13「こんな時どうする?」、NHK-BS2、1999.7.16

  • 【テレビ出演】NHKニュース7「NPO法人救急ヘリ病院ネットワークの設立総会開催」、NHK,1999.8.24.

  • 【テレビ出演】ニュースステーション、救急ヘリ搬送訓練、テレビ朝日、1999.9.24

  • 【テレビ出演】ハイビジョンスペシャル、都市防災を考える;災害医療、NHK-ハイビジョン、1999.10.3

  • 【テレビ出演】病院の防災訓練、Qネット、1999.11.10

  • 【テレビ出演】BSフォーラム、都市防災を考える;災害医療、NHK-BS1、2000.1.15

  • 【テレビ出演】きょうの健康、救急シリーズ・「突然の意識障害」、NHK、2000.2.7

  • 【テレビ出演】きょうの健康、救急シリーズ・「突然の呼吸困難」、NHK、2000.2.8

  • 【テレビ出演】きょうの健康、救急シリーズ・「突然の腹痛」、NHK、2000.2.9

  • 【テレビ出演】きょうの健康、救急シリーズ・「突然のけいれん」、NHK、2000.2.10

  • 【テレビ出演】きょうの健康、「けがと出血」、NHK、2000.6.26

  • 【テレビ出演】きょうの健康、「骨折と捻挫」、NHK、2000.6.27

  • 【テレビ出演】きょうの健康、「やけどと虫さされ」、NHK、2000.6.28

  • 【テレビ出演】生活ほっとモーニング「知って安心!とっさの時の応急処置術」、NHK,2000.7.21

  • 【テレビ出演】生活ほっとモーニング「応急処置術」短縮版、NHK,2000.8.2

  • 【テレビ出演】暮らしの健康ファイル「応急処置」、NHK、2001.7.2

  • 【テレビ出演】ラジオいきいき倶楽部、暮らしセンスアップ「もしもの時の救急措置」、NHKラジオ第1、2001年7月5日

  • 【テレビ出演】まるごと千葉60分「防災とドクターヘリ」、NHK千葉FM、2005年7月4日

  • 【テレビ出演】医者がすすめる専門医、#73「救命救急」、BS-i、2006年3月6日

  • 【テレビ出演】ナビゲーション「防ぎえた死をなくせ ~救急医療最前線~」、NHK-TV名古屋放送局、2006年10月6日

  • 【テレビ出演】クローズアップ現代「"防ぎえた死"をなくせ~救急医療 最前線~」、NHK-TV、2006年10月18日

  • 【テレビ出演】鳥越俊太郎 医療の現場#23「ドクターヘリ」、BS朝日-TV、2008年9月6日

  • 【テレビ出演】アステラス製薬・救急の日スペシャル2008 ドクターヘリ~空を飛ぶ救命救急~、TBSラジオ、2008年9月8日

  • 【テレビ出演】おはよう日本、ドクターヘリ、NHK総合テレビ、2009年1月27日

  • 【テレビ出演】ドクターヘリとは、J-wave、2009.6.29~7.2

  • 【テレビ出演】50ボイス、NHK総合テレビ、2010年5月23日

  • 【テレビ出演】ドクターヘリ導入に向けて消防職員が研修、テレビ宮崎、2011年8月25/26日

  • 【テレビ出演】ちいきのきずな「ドクターヘリIT連携」、http://www.chiikinokizuna.jp/blog/article/531、2012年2月3日

  • 【テレビ出演】奇跡の地球物語~ドクターヘリ~、テレビ朝日、2012年11月4日

  • 【テレビ出演】自動通報ドクターヘリ出動訓練、NHKテレビ、2015年3月28日

  • 【感謝状】東京消防庁救急部長感謝状、救急行政の推進への貢献、昭和58年9月9日

  • 【感謝状】東京消防庁救急部長感謝状、救急行政の推進への貢献、平成9年9月9日

  • 【感謝状】東京都知事感謝状、東京都国民健康保険診療報酬審査委員会委員、平成9年10月1日

  • 【感謝状】東京都知事感謝状、東京都消費者被害救済委員会委員、平成14年1月31日

  • 【感謝状】佐倉市八街市酒々井町消防組合組合長表彰状、救急業務への貢献、平成14年9月11日

  • 【感謝状】消防庁長官表彰状、救急功労者、平成19年9月10日

  • 【感謝状】千葉県医師会長表彰、救急・災害医療対策委員10年、平成20年3月9日

  • 【感謝状】千葉県知事表彰、救急医療充実強化への貢献、平成20年9月9日

  • 【感謝状】厚生労働大臣表彰、救急医療功労者、平成21年9月9日

  • 【感謝状】千葉県警察本部交通部長感謝状、交通事故調査委員会委員、平成26年3月14日

  • 【感謝状】社会保険診療報酬支払基金理事長感謝状、千葉県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員、平成26年3月31日

  • 【感謝状】東京消防庁八王子消防署長感謝状、救急行政の推進への貢献、平成28年9月5日

  • 【感謝状】公益財団法人交通事故総合分析センター感謝状、調査研究審議会委員、平成29年6月12日

  • 【感謝状】東京消防庁救急部長感謝状、救急行政の推進への貢献、令和元年9月6日

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。