新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

埼玉県立がんセンター 病院長、埼玉県立がんセンター 地域連携・相談支援センター長

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医

横田 治重 よこた はるしげ 先生

公開日
2020/10/19

婦人科系悪性腫瘍に対し、手術(ロボット支援手術含む)、化学療法、放射線治療を症状に応じ提供している。また、婦人科悪性腫瘍のそれぞれの段階の診療において、常に自覚的症状を最大限緩和するような治療(症状緩和治療)の実施に力を注いでいる。さらに、必要に応じ院内の緩和ケアチームや緩和ケア科と連携しながら、婦人科チームが共働して診療にあたっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 婦人科
  • 横田先生の子宮頸がんの専門領域
    • 手術 ※1
    • 放射線療法 ※2
    • 化学療法 ※3
    • ※1 広汎子宮全摘、準広汎子宮全摘、単純子宮全摘、子宮頚部円錐切除術(子宮頚部上皮内腫瘍に対する腹腔鏡下単純子宮全摘術)
    • ※2 根治照射(放射線単独)、根治照射(同時化学放射線療法)  ←いずれも必要に応じ腔内照射を含む  術後補助療法としての放射線療法
    • ※3 再発例・進行例の治療目的
  • 横田先生の子宮体がんの専門領域
    • 手術 ※1
    • 放射線療法 ※2
    • 化学療法 ※3
    • ※1 根治その他の目的の子宮体部悪性腫瘍手術(術前評価低リスク症例に対する腹腔鏡下子宮体がん手術、場合によりロボット支援子宮体がん手術)
    • ※2 主として症状緩和目的
    • ※3 主として術後補助療法または再発例・進行例の治療目的
  • 横田先生の卵巣がんの専門領域
    • 手術(他臓器合併切除を含む) ※1
    • ※1 化学療法を組み合わせた集学的治療
  • 卵管がん
  • 腹膜原発がん
  • 家族性婦人科悪性腫瘍(遺伝性乳癌卵巣癌、リンチ症候群など)

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
  • 埼玉県立がんセンター 病院長
  • 埼玉県立がんセンター 地域連携・相談支援センター長
  • 日本産科婦人科学会 埼玉地方部会 認定医制度委員会委員
  • 日本癌治療学会 認定がん医療ネットワークナビゲーター・シニアナビゲーター地域指導責任者
  • 日本婦人科腫瘍学会 代議員
  • 北関東婦人科がん臨床試験コンソーシアム(GOTIC) 理事・COI委員会委員長
  • 日本産婦人科医会
  • 母体保護法指定医

所属病院

埼玉県立がんセンター

  • 内科 血液内科 精神科 脳神経外科 消化器外科 胸部外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 埼玉県北足立郡伊奈町小室780
  • ニューシャトル 丸山 徒歩15分
  • 048-722-1111
公式ウェブサイト
埼玉県立がんセンター

医療記事

来歴等

略歴

1982年 東京大学医学部医学科 卒業
1982年 東京大学医学部附属病院 産婦人科医員(研修医)
1983年 茨城県立中央病院 産婦人科医員
1984年 恩賜財団母子愛育会愛育病院 産婦人科医員
1985年 東京大学医学部産科婦人科学教室 文部教官助手
1987年 藤枝市立志太総合病院 産婦人科医員
1989年 国立がんセンター中央病院産婦人科 厚生技官助手
1990年 東京大学医学部産科婦人科学教室 文部教官助手
1995年 都立駒込病院 産婦人科医員
1995年 日立製作所日立総合病院 産婦人科主任医長
2003年 横田医院
2004年 埼玉県立がんセンター 婦人科科長兼部長
2014年 埼玉県立がんセンター 副病院長・地域連携・相談支援センター長
2020年 埼玉県立がんセンター 病院長

論文

  • Trebananib orplacebo plus carboplatin and paclitaxel as first-line treatment for advanced ovarian cancer (TRINOVA-3/ENGOT-ov2/GOG-3001): a randomised, double-blind, phase 3 trial.Lancet Oncol. 2019 Jun;20(6):862-876.

    Vergote I, Scambia G, O'Malley DM, Van Calster B, Park SY, Del Campo JM, Meier W, Bamias A, Colombo N, Wenham RM, Covens A, Marth C, Raza Mirza M, Kroep JR, Ma H, Pickett CA, Monk BJ; TRINOVA-3 / ENGOT-ov2 / GOG-3001 investigators.

  • Postoperative chemotherapy for node-positive cervical cancer: Results of a multicenter phase II trial(JGOG1067). Gynecol Oncol. 2018 Jun;149(3):513-519.

    Matoda M, Takeshima N, Michimae H, Iwata T, Yokota H, Torii Y, Yamamoto Y, Takehara K, Nishio S, Takano H, Mizuno M, Takahashi Y, Takei Y, Hasegawa T, Mikami M, Enomoto T, Aoki D, Sugiyama T.

  • Application of deep learning to the classification of images from colposcopy. Oncol Lett. 2018 Mar;15(3):3518-3523.

    Sato M, Horie K, Hara A, Miyamoto Y, Kurihara K, Tomio K, Yokota H.

  • Effectiveness of adjuvant systemic chemotherapy for intermediate-risk stage IB cervical cancer.Oncotarget. 2017 Nov15;8(63):106866-106875.

    Matsuo K, Shimada M, Yokota H, Satoh T, Katabuchi H, Kodama S, Sasaki H, Matsumura N, Mikami M, Sugiyama T.

  • Comparison of treatment invasiveness between upfront debulking surgery versus interval debulking surgery following neoadjuvant chemotherapy for stage III/IV ovarian, tubal, and peritoneal cancers in a phase III randomised trial: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0602.Eur J Cancer. 2016 Sep;64:22-31.

    Onda T, Satoh T, Saito T, Kasamatsu T, Nakanishi T, Nakamura K, Wakabayashi M, Takehara K, Saito M, Ushijima K, Kobayashi H, Kawana K, Yokota H, Takano M, Takeshima N, Watanabe Y, Yaegashi N, Konishi I, Kamura T, Yoshikawa H; Japan Clinical Oncology Group.

  • Radical hysterectomy with or without para-aortic lymphadenectomy for patients with stage IB2, IIA2, and IIB cervical cancer: outcomes for a series of 308 patients. Int J Clin Oncol. 2016 Apr;21(2):359-366.

    Tsuruga T, Fujimoto A, Kawana K, Mori M, Hasumi Y, Kino N, Tomio K, Miura S, Tanikawa M, Sone K, Miyamoto Y, Ikeda Y, Kojima S, Adachi K, Nagasaka K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Nakagawa S, Horie K, Yasugi T, Yokota H, Osuga Y, Fujii T.

  • Clinical tumor diameter and prognosis of patients with FIGO stage IB1 cervical cancer (JCOG0806-A). Gynecol Oncol. 2015 Apr;137(1):34-9.

    Kato T, Takashima A, Kasamatsu T, Nakamura K, Mizusawa J, Nakanishi T, Takeshima N, Kamiura S, Onda T, Sumi T, Takano M, Nakai H, Saito T, Fujiwara K, Yokoyama M, Itamochi H, Takehara K, Yokota H, Mizunoe T, Takeda S, Sonoda K, Shiozawa T, Kawabata T, Honma S, Fukuda H, Yaegashi N, Yoshikawa H, Konishi I, Kamura T; Gynecologic Oncology Study Group of the Japan Clinical Oncology Group.

  • Administration of standard-dose BEP regimen (bleomycin+etoposide+cisplatin) is essential for treatment of ovarian yolk sac tumour. Eur J Cancer. 2015 Feb;51(3):340-51

    Satoh T, Aoki Y, Kasamatsu T, Ochiai K, Takano M, Watanabe Y, Kikkawa F, Takeshima N, Hatae M, Yokota H, Saito T, Yaegashi N, Kobayashi H, Baba T, Kodama S, Saito T, Sakuragi N, Sumi T, Kamura T, Yoshikawa H.

  • Gynecologic Cancer InterGroup (GCIG) consensus review for cervical adenocarcinoma. Int J Gynecol Cancer. 2014 Nov;24(9 Suppl 3):S96-101.

    Fujiwara H, Yokota H, Monk B, Treilleux I, Devouassoux-Shisheboran M, Davis A, Kim JW, Mahner S, Stany M, Pignata S, Ray-Coquard I, Fujiwara K.

  • Phase III placebo-controlled double-blind randomized trial of radiotherapy for stage IIB-IVA cervical cancer with or without immunomodulator Z-100: a JGOG study. Ann Oncol. 2014 May;25(5):1011-7.

    Sugiyama T, Fujiwara K, Ohashi Y, Yokota H, Hatae M, Ohno T, Nagai Y, Mitsuhashi N, Ochiai K, Noda K.

  • Surgery for endometrial cancers with suspected cervical involvement: is radical hysterectomy needed (a GOTIC study)? Br J Cancer. 2013 Oct 1;109(7):1760-5.

    Takano M, Ochi H, Takei Y, Miyamoto M, Hasumi Y, Kaneta Y, Nakamura K, Kurosaki A, Satoh T, Fujiwara H, Nagao S, Furuya K, Yokota H, Ito K, Minegishi T, Yoshikawa H, Fujiwara K, Suzuki M.

  • Phase III randomized controlled trial of neoadjuvant chemotherapy plus radical surgery vs radical surgery alone for stagesIB2, IIA2, and IIB cervical cancer: a Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG0102). Br J Cancer. 2013 May 28;108(10):1957-63.

    Katsumata N, Yoshikawa H, Kobayashi H, Saito T, Kuzuya K, Nakanishi T, Yasugi T, Yaegashi N, Yokota H, Kodama S, Mizunoe T, Hiura M, Kasamatsu T, Shibata T, Kamura T; Japan Clinical Oncology Group.

  • UGT1A1 genotype-specific phase I and pharmacokinetic study for combination chemotherapy with irinotecan and cisplatin: a Saitama Tumor Board study. Eur J Gynaecol Oncol. 2013;34(2):120-3.

    Takano M, Goto T, Hirata J, Furuya K, Horie K, Takahashi M, Yokota H, Kino N, Kudoh K, Kikuchi Y.

  • Clinicopathological prognostic factors and the role of cytoreduction in surgical stage IVb endometrial cancer: a retrospective multi-institutional analysis of 248 patients in Japan. Gynecol Oncol. 2012Nov;127(2):338-44.

    Eto T, Saito T, Kasamatsu T, Nakanishi T, Yokota H, Satoh T, Nogawa T, Yoshikawa H, Kamura T, Konishi I.

  • [Treatment for adenocarcinoma and adenosquamous carcinoma of the uterine cervix]. Nihon Rinsho. 2012 Jun;70 Suppl 4:265-8.

    Yokota H.

  • Is a low dose of concomitant chemotherapy with extended-field radiotherapy acceptable as an efficient treatment for cervical cancer patients with metastases to the para-aortic lymph nodes? Int J Gynecol Cancer. 2011Nov;21(8):1465-71.

    Kazumoto T, Kato S, Yokota H, Hasumi Y, Kino N, Horie K, Yoshida D, MizukamiT, Saito Y.

  • Outcomes of fertility-sparing surgery for stage I epithelial ovarian cancer: a proposal for patient selection. J Clin Oncol. 2010 Apr 1;28(10):1727-32.

    Satoh T, Hatae M, Watanabe Y, Yaegashi N, Ishiko O, Kodama S, Yamaguchi S, Ochiai K, Takano M, Yokota H, Kawakami Y, Nishimura S, Ogishima D, Nakagawa S, Kobayashi H, Shiozawa T, Nakanishi T, Kamura T, Konishi I, Yoshikawa H.

  • Clinical significance of UDP-glucuronosyltransferase 1A1*6 for toxicities of combination chemotherapy with irinotecan and cisplatin in gynecologic cancers: a prospective multi-institutional study. Oncology. 2009;76(5):315-21.

    Takano M, Kato M, Yoshikawa T, Sasaki N, Hirata J, Furuya K, Takahashi M, Yokota H, Kino N, Horie K, Goto T, Fujiwara K, Ishii K, Kikuchi Y, Kita T.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。