新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学病院 血液・リウマチ膠原病科 特任教授

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本癌学会 会員 日本リンパ網内系学会 会員 日本臨床腫瘍学会 会員 日本輸血・細胞治療学会 日本輸血・細胞治療学会認定医 日本造血細胞移植学会 会員 日本リウマチ学会 会員

川端 浩 かわばた ひろし 先生

公開日
2020/06/24

1963年 石川県生まれ。1988年に京都大学医学部卒業後、内科研修を経て、京都大学大学院医学研究科に入学。骨髄系腫瘍の研究で1996年に学位を取得し、同年より米国のシダーズ・サイナイ・メディカルセンターに留学した。留学中にトランスフェリン受容体2を分子クローニングし、鉄代謝異常症の研究も開始した。2000年より金沢医科大学・血液免疫内科の講師、2005年より京都大学、血液・腫瘍内科の助手/助教/講師を務め、2016年より金沢医科大学の特任教授。貧血疾患と鉄代謝異常症の病態と治療に興味を持っており、厚労省の研究班では骨髄異形成症候群、輸血後鉄過剰症、およびキャッスルマン病の診療ガイドライン策定に関わっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 川端先生の骨髄異形成症候群に関する得意な領域
    • 化学療法
    • 輸血療法
    • 移植治療
  • 川端先生の再生不良性貧血に関する得意な領域
    • 免疫抑制療法
    • 造血刺激薬治療
    • 移植治療
  • 鉄過剰症
  • 瀉血療法
  • 鉄キレート療法
  • キャッスルマン病
  • 生物学的製剤による治療

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本癌学会 会員
日本リンパ網内系学会 会員
日本臨床腫瘍学会 会員
日本輸血・細胞治療学会 日本輸血・細胞治療学会認定医
日本造血細胞移植学会 会員
日本リウマチ学会 会員
  • 金沢医科大学病院 血液・リウマチ膠原病科 特任教授
  • 日本血液学会 代議員
  • 日本鉄バイオサイエンス学会 理事
  • 米国血液学会
  • 国際バイオ鉄学会

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1988年 京都大学医学部 卒業
1988年 京都大学医学部附属病院 内科研修医
1989年 市立島田市民病院 内科研修医
1991年 京都大学大学院医学研究科博士課程(内科系専攻) 入学
1995年 京都大学医学部 研修員
1996年 シーダス・サイナイ・メディカルセンター 留学
2000年 金沢医科大学 血液免疫内科学 講師
2005年 京都大学医学研究科 血液・腫瘍内科 助手
2010年 京都大学医学研究科 血液・腫瘍内科 講師
2016年 金沢医科大学 血液免疫内科学 特任教授
2016年 金沢医科大学病院 血液センター 部長

論文

  • Serum ferritin levels at diagnosis predict prognosis in patients with low blast count myelodysplastic syndromes. Int J Hematol. 2019, 110(5):533-542.

    Kawabata H, Usuki K, Shindo-Ueda M, Kanda J, Tohyama K, Matsuda A, Araseki K, Hata T, Suzuki T, Kayano H, Shimbo K, Chiba S, Ishikawa T, Arima N, Nohgawa M, Miyazaki Y, Kurokawa M, Arai S, Mitani K, Takaori-Kondo A,Japanese National Research Group on Idiopathic Bone Marrow Failure S

  • Transferrin and transferrin receptors update. Free Radic Biol Med. 2019, 13346-54.

    Kawabata H

  • Is TAFRO syndrome a subtype of idiopathic multicentric Castleman disease? Am J Hematol. 2019, 94975-983.

    Fujimoto S, Sakai T, Kawabata H, Kurose N, Yamada S, Takai K, Aoki S, Kuroda J, Ide M, Setoguchi K, Tsukamoto N, Iwao-Kawanami H, Kawanami T, Mizuta S, Fukushima T, Masaki Y

  • The mechanisms of systemic iron homeostasis and etiology, diagnosis, and treatment of hereditary hemochromatosis. Int J Hematol. 2018, 107(1):31-43.

    Kawabata H

  • Validation of the revised International Prognostic Scoring System in patients with myelodysplastic syndrome in Japan: results from a prospective multicenter registry. Int J Hematol. 2017, 106(3):375–384.

    Kawabata H, Tohyama K, Matsuda A, Araseki K, Hata T, Suzuki T, Kayano H, Shimbo K, Zaike Y, Usuki K, Chiba S, Ishikawa T, Arima N, Nogawa M, Ohta A, Miyazaki Y, Mitani K, Ozawa K, Arai S, Kurokawa M, Takaori-Kondo A, Japanese National Research Group on Idiopathic Bone Marrow Failure S

  • A Japanese family with X-linked sideroblastic anemia affecting females and manifesting as macrocytic anemia. Int J Hematol. 2016, 103(6):713-717.

    Katsurada T, Kawabata H, Kawabata D, Kawahara M, Nakabo Y, Takaori-Kondo A, Yoshida Y

  • The role of growth differentiation factor 15 in the pathogenesis of primary myelofibrosis. Cancer Med. 2015, 4(10):1558-1572.

    Uchiyama T, Kawabata H, Miura Y, Yoshioka S, Iwasa M, Yao H, Sakamoto S, Fujimoto M, Haga H, Kadowaki N, Maekawa T, Takaori-Kondo A

  • H-Ferritin Is Preferentially Incorporated by Human Erythroid Cells through Transferrin Receptor 1 in a Threshold-Dependent Manner. PLoS One. 2015, 10(10):e0139915.

    Sakamoto S, Kawabata H, Masuda T, Uchiyama T, Mizumoto C, Ohmori K, Koeffler HP, Kadowaki N, Takaori-Kondo A

  • A HAMP promoter bioassay system for identifying chemical compounds that modulate hepcidin expression. Exp Hematol. 2015, 43(5):404-413 e405.

    Kawabata H, Uchiyama T, Sakamoto S, Kanda J, Oishi S, Fujii N, Tomosugi N, Kadowaki N, Takaori-Kondo A

  • A Novel Systemic Inflammatory Disease Characterized by a Constellation of Symptoms, Namely, Thrombocytopenia, Ascites (Anasarca), Microcytic Anemia, Myelofibrosis, Renal Dysfunction, and Organomegaly : A Status Report and Summary of Fukushima (6 June, 2012) and Nagoya Meetings (22 September, 2012). J Clin Exp Hematop. 2013, 53(1):57-61.

    Kawabata H, Takai K, Kojima M, Nakamura N, Aoki S, Nakamura S, Kinoshita T, Masaki Y: Castleman-Kojima Disease (TAFRO Syndrome)

  • Clinical Features and Treatment of Multicentric Castleman's Disease : A Retrospective Study of 21 Japanese Patients at a Single Institute. J Clin Exp Hematop. 2013, 53(1):69-77.

    Kawabata H, Kadowaki N, Nishikori M, Kitawaki T, Kondo T, Ishikawa T, Yoshifuji H, Yamakawa N, Imura Y, Mimori T, Matsumura Y, Miyachi Y, Matsubara T, Yanagita M, Haga H, Takaori-Kondo A

  • A Case of Congenital Dyserythropoietic Anemia Type 1 in a Japanese Adult with a CDAN1 Gene Mutation and an Inappropriately Low Serum Hepcidin-25 Level. Intern Med. 2012, 51(8):917-920.

    Kawabata H, Doisaki S, Okamoto A, Uchiyama T, Sakamoto S, Hama A, Hosoda K, Fujikura J, Kanno H, Fujii H, Tomosugi N, Nakao K, Kojima S, Takaori-Kondo A

  • Anti-interleukin 6 receptor antibody tocilizumab reduces the level of serum hepcidin in patients with multicentric Castleman's disease. Haematologica. 2007, 92(6):857-858.

    Kawabata H, Tomosugi N, Kanda J, Tanaka Y, Yoshizaki K, Uchiyama T

  • Detection of serum hepcidin in renal failure and inflammation by using ProteinChip System. Blood. 2006, 108(4):1381-1387.

    Tomosugi N, Kawabata H, Wakatabe R, Higuchi M, Yamaya H, Umehara H, Ishikawa I

  • Expression of hepcidin is down-regulated in TfR2 mutant mice manifesting a phenotype of hereditary hemochromatosis. Blood. 2005, 105(1):376-381.

    Kawabata H, Fleming RE, Gui D, Moon SY, Saitoh T, O'Kelly J, Umehara Y, Wano Y, Said JW, Koeffler HP

  • Expression of transferrin receptor 2 in normal and neoplastic hematopoietic cells. Blood. 2001, 98(9):2714-2719.

    Kawabata H, Nakamaki T, Ikonomi P, Smith RD, Germain RS, Koeffler HP

  • Regulation of expression of murine transferrin receptor 2. Blood. 2001, 98(6):1949-1954.

    Kawabata H, Germain RS, Ikezoe T, Tong X, Green EM, Gombart AF, Koeffler HP

  • Transferrin receptor 2-alpha supports cell growth both in iron-chelated cultured cells and in vivo. J Biol Chem. 2000, 275(22):16618-16625.

    Kawabata H, Germain RS, Vuong PT, Nakamaki T, Said JW, Koeffler HP

  • Molecular cloning of transferrin receptor 2. A new member of the transferrin receptor-like family. J Biol Chem. 1999, 274(30):20826-20832.

    Kawabata H, Yang R, Hirama T, Vuong PT, Kawano S, Gombart AF, Koeffler HP

  • 【MDSの治療:本邦における治療の現状】治療ガイドライン. 日本臨床. 2019, 77(9):1483-1488.

    川端浩

  • キャッスルマン病の診断の進め方. 成人病と生活習慣病. 2018, 48(12):1319-1324.

    川端浩, 藤本信乃, 坂井知之, 岩男悠, 河南崇典, 藤田義正, 福島俊洋, 水田秀一, 正木康史

  • MDSと鉄代謝. 臨床血液. 2018, 59(10):2042-2049.

    川端浩

  • 鉄代謝研究の進歩. 臨床血液. 2017, 58(10):56-63.

    川端浩

  • 赤血球造血におけるトランスフェリン受容体の役割. 臨床血液. 2016, 57(7):951-958.

    川端浩, 坂本宗一郎, 増田太郎, 内山達樹, 大森勝之, Koeffler HP, 高折晃史

  • 鉄剤不応性の鉄欠乏性貧血. 臨床血液. 2016, 57(2):104-109.

    川端浩

  • 赤血球の生理機能と産生調節. 日本内科学会雑誌. 2015, 104(7):1367-1374.

    川端 浩, 高折 晃

その他

  • 【対応可能な言語】日本語

  • 【対応可能な言語】英語

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師