新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 院長、京都大学 名誉教授

小西 郁生 こにし いくお 先生

1952年、香川県小豆島生まれ。1976年より産婦人科医師としてキャリアを開始し、2007年には京都大学医学部婦人科学産科学教室教授に就任、専門分野は婦人科がんの診療・研究で、2011~2015年に日本産科婦人科学会理事長を務めた。わが国のがん医療をリードする一人であり、2015年に第53回日本癌治療学会を主催した。2016年から国立病院機構京都医療センター院長に就任している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 婦人科腫瘍学(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん)

資格・学会・役職

  • 独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 院長
  • 京都大学 名誉教授
  • 日本産科婦人科学会 監事
  • 日本医学会連合 理事
  • アジア婦人科腫瘍学会(ASGO) 理事長
  • 世界産婦人科連合(FIGO) 腫瘍委員会Advisory Committee

所属病院

京都医療センター

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 膠原病・リウマチ内科
  • 京都府京都市伏見区深草向畑町1-1
  • 京阪本線「藤森駅」 徒歩8分 奈良線「JR藤森駅」 徒歩12分
  • 075-641-9161
京都医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1976年 京都大学医学部卒業
1988年 京都大学医学博士
1992年 米国アーカンソー医科大学留学
1999年~2007年 信州大学医学部産科婦人科学教授
2007年10月~ 京都大学医学部婦人科学産科学教授
2016年4月〜 国立病院機構 京都医療センター 院長

論文

1. Horiuchi A, Itoh K, Shimizu M, Nakai I, Yamazaki T, Kimura K, Suzuki A, Shiozawa I, Ueda N, Konishi I: Toward understanding the natural history of ovarian carcinoma development: a clinicopathological approach. Gynecol Oncol 88: 309-317, 2003

2. Imai T, Horiuchi A, Wang C, Oka K, Ohira S, Nikaido T, Konishi I: Hypoxia attenuates the expression of E-cadherin via up-regulation of SNAIL in ovarian carcinoma cells. Am J Pathol 163: 1437-1447, 2003

3. Konishi I: Review: Gonadotropins and ovarian carcinogenesis: a new area of basic research and its clinical implications. Int J Gynecol Cancer 16: 16-22, 2006

4. Yamaguchi K, Mandai M, Oura T, Matsumura N, Hamanishi J, Baba T, Matsui S, Murphy SK, Konishi I: Identification of an ovarian clear cell carcinoma gene signature that reflects inherent disease biology and the carcinogenic processes. Oncogene 29: 1741-1752, 2010

5. Matsumura N, Huang Z, Mori S, Baba T, Fujii S, Konishi I, Iversen ES, Berchuck A, Murphy SK: Epigenetic suppression of the TGF-beta pathway revealed by transcriptome profiling in ovarian cancer. Genome Res 21: 74-82, 2011

6. Yamamura S, Matsumura N, Mandai M, Huang Z, Oura T, Baba T, Hamanishi J, Yamaguchi K, Kang HS, Okamoto T, Abiko K, Mori S, Murphy SK, Konishi I: The activated transforming growth factor-beta signaling pathway in peritoneal metastases is a potential therapeutic target in ovarian cancer. Int J Cancer 130: 20-28, 2012

7. Abiko K, Mandai M, Hamanishi J, Yoshioka Y, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Murakami R, Yamamoto A, Kharma B, Kosaka K, Konishi I: PD-L1 on Tumor Cells Is Induced in Ascites and Promotes Peritoneal Dissemination of Ovarian Cancer through CTL Dysfunction. Clin Cancer Res, 19:1363-1374, 2013

8. Peng J, Hamanishi J, Matsumura N, Abiko K, Murat K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Hosoe Y, Murphy SK, Konishi I, Mandai M: Chemotherapy induces programmed cell death-ligand-1 overexpression via the nuclear factor-κB to foster an immunosuppressive tumor microenvironment in ovarian cancer. Cancer Res 75:5034-5045, 2015

9. Hamanishi J, Mandai M, Ikeda T, Minami M, Kawaguchi A, Murayama T, Kanai M, Mori Y, Matsumoto S, Chikuma S, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Ueda A, Hosoe Y, Morita S, Yokode M, Shimizu A, Honjo T, Konishi I: Safety and antitumor activity of anti-PD-1 antibody, nivolumab, in patients with platinum-resistant ovarian cancer. J Clin Oncol 33:4015-4022, 2015

10. Murakami R, Matsumura N, Mandai M, Yoshihara K, Tanabe H, Nakai H, Yamanoi K, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Yamaguchi K, Baba T, Koshiyama M, Enomoto T, Okamoto A, Murphy SK, Mori S, Mikami Y, Minamiguchi S, Konishi I: Establishment of a novel histopathological classification of high-grade serous ovarian carcinoma correlated with prognostically distinct gene expression subtypes. Am J Pathol 186:1103-1113, 2016

著書

新女性医学大系 1 性器の発生・形態・機能、中山書店、2001年
婦人科がん 最新の研究動向、日本臨床社、2012年
WHO Classification of Tumours of Female Reprodutive Organs, IARC Press, 2014年
Obstetric and Gynecologic Surgery Now(24巻), メジカルビュー社、2010-2015年
産婦人科手術スタンダード 改訂第2版、メジカルビュー社、2017年

その他

  • 【受賞】 松本賞 2014年

  • 【受賞】ひまわり褒章 個人部門賞 2014年

  • 【受賞】日本産科婦人科学会 学会栄誉賞 2016年

  • 【受賞】日本癌治療学会 第22回中山恒明賞 2016年

  • 【受賞】がん研究振興 第14回SGH特別賞 2016年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。