新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京都済生会向島病院 内科  院長

日本内科学会 認定医・総合内科専門医・内科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医 日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医 日本総合健診医学会 ・日本人間ドック学会 人間ドック健診専門医・人間ドック健診指導医 日本抗加齢医学会 抗加齢専門医

塚田 信廣 つかだ のぶひろ 先生

公開日
2020/04/16

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • 消化器内科
  • 自己免疫性肝疾患
  • 薬物治療
  • 生活習慣病治療

資格・学会・役職

日本内科学会 認定医・総合内科専門医・内科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本総合健診医学会 ・日本人間ドック学会 人間ドック健診専門医・人間ドック健診指導医
日本抗加齢医学会 抗加齢専門医
  • 東京都済生会向島病院 内科  院長
  • 日本消化器病学会 学会評議員
  • 日本肝臓学会 東部会評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 学術評議員
  • 日本消化管学会 代議員
  • 日本総合健診医学会 審議員
  • 日本抗加齢医学会 評議員
  • 慶應義塾大学医学部内科学 客員准教授
  • 米国消化器病学会 American Gastroenterological Association(AGA) メンバー
  • 米国肝臓学会 American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD) メンバー

所属病院

東京都済生会向島病院

  • 内科 脳神経内科 呼吸器内科 消化器内科 循環器内科 糖尿病内科 腫瘍内科 リウマチ科 腎臓内科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 リハビリテーション科 放射線科 臨床検査科
  • 東京都墨田区八広1丁目5-10
  • 京成押上線「京成曳舟駅」 徒歩7分 東武伊勢崎線「曳舟駅」 東武鉄道亀戸線も利用可 徒歩7分
  • 03-3610-3651
東京都済生会向島病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 慶應義塾大学医学部 卒業
1985年 慶應義塾大学院医学研究科内科学(消化器内科) 修了
1985年 慶應義塾大学医学部内科学助手、東京歯科大学市川病院内科学講師
1987年 カナダ、トロント大学医学部 留学 Postdoctoral Research Fellow
1988年 学位取得 医学博士
1990年 日本鋼管病院内科 医長
1998年 東京都済生会中央病院内科 医長
2005年 東京都済生会中央病院内科 部長
2010年 東京都済生会中央病院 副院長
2018年 東京都済生会向島病院 副院長
2018年 東京都済生会向島病院 院長

論文

  • 肝微小循環の調節機構ー生体顕微鏡ならびに超微形態学的立場からー。脈管学,24:33-44, 1984.

    織田正也、塚田信廣、渡辺勲史、中村正彦、土屋雅春

  • 肝類洞内皮細胞の超微形態と機能、肝臓、25:1639-1643, 1984.

    織田正也、塚田信廣、小松弘一、渡辺勲史、土屋雅春

  • 肝類洞壁細胞の形態と機能。肝胆膵、10:181-198, 1985.

    織田正也、塚田信廣、小松弘一、土屋雅春

  • 肝微小循環に及ぼす肝臓内肥満細胞脱顆粒の影響ならびにTritoqualineの抑制効果について。医学と薬学、15:1215-1223,1986.

    塚田信廣、織田正也、金子光太郎、小松弘一、米井嘉一、本田孝也、赤岩康文、 中村正彦、石井公道、桐生恭好、土屋雅春

  • 肝内胆汁うっ滞発生機構における毛細胆管アクチン系の異常ーカルシウム、カルモデユリン、Ca++-Mg++-ATPaseの超微形態学的局在の観点からー。肝臓、27:1497-1501, 1986.

    織田正也、塚田信廣、小松弘一、船津和夫

  • 肝類洞内皮細胞小孔の収縮拡張機構におけるアクチンフィラメントの関与。肝臓、28:1568-1580,1987.

    塚田信廣

  • 肝疾患と肝微小循環。医学のあゆみ、140:725-730, 1987.

    織田正也、塚田信廣

  • Motility of bile canaliculi in the living animal: Implications for bile flow. J Cell Biol, 113: 1069-1080, 1991.

    Watanabe N., Tsukada N., Smith C.R. and Phillips M.J.

  • Permeabilized hepatocyte couplets: ATP-dependent bile canalicular contractions and a circumferential pericanalicular microfilament belt demonstrated. Lab Invest,65: 203-213,1991.

    Watanabe N., Tsukada N., Smith C.R. Edwards V. and Phillips M.J

  • Bile canalicular contraction is coincident with reorganization of pericanalicular filaments and co-localization of actin and myosin-II. J Histochem Cytochem, 41:353-363,1993.

    Tsukada N and Phillips MJ:

  • 肝類洞内皮細胞と細胞骨格−内皮細胞小孔の収縮運動とその意義−。医学のあゆみ、 169:714-721,1994.

    織田正也、塚田信廣

  • 肝病変と肝細胞骨格。細胞(正常も含めて):胆管上皮細胞と細胞骨格。肝胆膵、 29:457-468,1994.

    塚田信廣、織田正也、桐生恭好、石井裕正

  • Isolation of the bile canalicular actin-myosin II motor. Proc Natl Acad Sci USA, 91:6919-6923,1994.

    Tsukada N, Azuma T and Phillips MJ

  • 中心静脈周囲性肝傷害をきたした成人発症Still病の2例−アルコール脱水素酵素(ADH)活性および肝生検の観点から−。肝臓、 36:53-57,1995.

    厚川和裕、塚田信廣、米井嘉一、稲垣恭孝、宮本 京、鈴木 修、桐生恭好、佐藤慎吉、加野象次郎

  • The structure and organization of the bile canalicular cytoskelton with special reference to actin and actin-binding proteins. Hepatology, 21:1106-1113,1995.

    Tsukada N, Ackerley CA and Phillips MJ.

  • Microvascular disturbances in the colonic mucosa in antibiotic-associated haemorrhagic colitis: involvement of platelet aggregation. J Gastroenterol Hepatol, 11:681-685,1996.

    Yonei Y, Yoshizaki Y, Tsukada N, Inagaki Y, Miyamoto K, Suzuki O, Kiryu Y, Hibi T, Oda M and Ishii H.

  • たかが脂肪肝、されど脂肪肝ーnonalchololic steatohepatitis: NASHを中心としてー。慶應医学、78:79-80、2001.

    塚田信廣

  • Th1 and Th2 cytokines differentially regulate the transformation of Kupffer cells into multinucleated giant cells but similarly enhance the Kupffer cell-induced hepatic stellate cell proliferation. Hepatol Res, 20: 193-206, 2001.

    Atsukawa K, Saito H, Tsukada N, Akiba Y, Toda K, Kumagai N, Ohnishi T, Kamegaya Y, Ishii H

  • Endothelin-1 Suppresses Plasma Membrane Ca(++)-ATPase, Concomitant with Contraction of Hepatic Sinusoidal Endothelial Fenestrae. Am J Pathol, 162 : 557-566, 2003.

    Yokomori H, Oda M, Ogi M, Yoshimura K, Nomura M, Fujimaki K, Kamegaya Y, Tsukada N, Ishii H

  • Mucosal concentration of basic fibroblast growth factor in the healing process in human giant gastric ulcers. J Gastroenterol Hepatol, 19: 528-534, 2004.

    Mizuki A, Tatemichi M, Nishiya H, Fukui K, Hayashi T, Tsukada N, Nagata H, Ishii H

  • 出血性消化性潰瘍に対するクリニカルパス導入の検討。日消誌,103:283-289, 2006.

    水城 啓、立道昌幸、二階堂光洋、細江直樹、船越信介、福井一人、前田憲男、重松武治、西谷裕美、林 竜彦、永田博司、日比紀文、塚田信廣

  • POEMS syndrome with idiopathic portal hypertension:Autopsy case and review of the literature. Pathol Int 60: 316-320, 2010.

    Inoue R, Nakazawa A, Tsukada N, Katoh Y, Nagao T, Nakanuma Y, Mukai K

  • Addition of transcatheter arterial chemoembolization decreased local recurrence but had no survival benefit to percutaneous ethanol injection therapy for patients with small hepatocellular carcinoma: A multicenter randomized control study. Oncol Lett 1: 855-859, 2010.

    Mizuki A, Tatemichi M, Tsukada N, Nagamatsu R, Kawaguchi M, Itoshima T, Maruyama S, Satou A, Imari Y, Kawatoko T, Shimono J, Nagata H, Saiseikai Association for the study of liver diseases (SASLD)

  • 大腸憩室出血に対する最適な内視鏡的処置法の検討。日消誌 110: 1927-1933, 2013

    水城 啓、立道昌幸、鳩貝 健、岩崎栄典、泉谷幹子、前田憲男、中澤 敦、重松武治、塚田信廣、永田博司、日比紀文

  • Periappendicitis during adalimumab treatment for ileocecal Crohn's disease in a 29-year-old male. Clin J Gatroenterol 8: 134-137, 2015.

    Mizuno S, Nakazawa A, Ogawa A, Hisamatsu T, Hirose S, Tsukada N

  • Long-Term Clinical Course after Conservative and Endoscopic Treatment of Colonic Diverticular Bleeding. Digestion 94:186–191, 2016.

    Mizuki A, Tatemichi M, Nakazawa A, o Tsukada N, Nagata H, Kanai T

  • Diabetes affects length of stay anad hospital costs for elderly patients with pneumonia: An analysis of a hospital administrative database. Tokai J Exp Clin Med 41: 203-209, 2016

    Kabeya Y, Shimada A, Tsukada N, Atsumi Y, Higaki M.

  • Safety of Daiobotampito in the Treatment of Acute Diverticulitis of the Colon: A Single-Center, Open-Label, Prospective Trial. J Altern Complement Med. 23:885-889, 2017

    Koike H, Nakazawa A, Horiba Y, Tsukada N, Watanabe K.

  • Changes in the Clinical Features and Long-term Outcomes of ColonicDiverticulitis in Japanese Patients. Intern Med. 56(22): 2971-2977,2017.

    Mizuki A, Tatemichi M, Nakazawa A, Tsukada N, Nagata H, Kanai T

  • Low bilirubin levels indicate a high risk of cerebral deep white matter lesions in apparently healthy subjects. Sci Rep 24 2018 Apr 24;8(1):6473. doi: 10.1038/s41598-018-24917-8.

    Higuchi S, Kabeya Y, Uchida J, Kato K, Tsukada N

著書

  • 【共著】織田正也、塚田信廣、米井嘉一、小松弘一、関塚永一、渡辺勲史、中村正彦、土屋雅春:肝微小循環の自動調節機構。消化器微小循環(土屋雅春、長尾房大,浅野牧茂編)、日本医学館、東京、p.123-131, 1985.

  • 【共著】織田正也、塚田信廣:細胞骨格ー微小循環。肝臓の診断学、織田敏次編、中外医学社、東京、p318-328,1987.

  • 【共著】織田正也、塚田信廣:肝細胞の微細構造。肝臓の研究、織田敏次編、同文書院、東京、p20-45,1987.

  • 【共著】織田正也、塚田信廣、小松弘一、金子光太郎、東俊文、西崎泰弘、土屋雅春:肝類洞内皮細胞の形態と機能ー最近の問題点を中心としてー。肝類洞壁細胞研究の進歩、第1巻、谷川久一編、国際医書出版、東京、p29-51,1988.

  • 【共著】織田正也、塚田信廣、東 俊文:細胞骨格ー微小循環。肝臓の診断学 改訂2版、織田敏次編、中外医学社、東京、p324-333,1990.

  • 【共著】塚田信廣:【細胞骨格】アクトミオシン。「キーワードを読む−消化器−」。北島政樹、織田正也編。医学書院、東京、p35,1997.

  • 【共著】塚田信廣:【細胞骨格】マイクロチュブルス。「キーワードを読む−消化器−」。北島政樹、織田正也編。医学書院、東京、p36,1997.

  • 【共著】塚田信廣:肝類洞壁細胞の病態とDIC。プロテアーゼインヒビター 基礎編。吉川敏一編、診断と治療社、東京、p98-105,2004.

  • 【共著】塚田信廣:便秘。新精神科治療ガイドライン 「精神科治療学」編集委員会編、星和書店、東京、p332-335,2005.

  • 【共著】塚田信廣:第1章 症状からわかる病気。武谷雄二、松尾宣武、松澤佑次、松田 暉、武藤徹一郎監修、講談社、東京、2008.

  • 【共著】塚田信廣:急性腹症とは。ホームメディカ 家庭医学大事典。小学館、東京、p1598-1599,2008.

  • 【共著】塚田信廣:市販胃腸薬とその使い方。ホームメディカ 家庭医学大事典。小学館、東京、p1600-1601,2008.

  • 【共著】塚田信廣:便秘。今日の精神科治療ガイドライン 精神治療学 25巻 増刊号「精神科治療学」編集委員会編、星和書店、東京、p321-323,2010.

  • 【共著】塚田信廣:肝機能障害。 お医者さんが教える気になる病気のサイン。 大空出版、東京、p37-41,2011.

  • 【共著】塚田信廣:肝炎ウイルスとステロイド。一冊できわめるステロイド診療ガイド。田中廣壽、宮地良樹、上田裕一、郡 義昭、服部隆一、編。分光堂、東京。p195-199,2015.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。