大阪急性期・総合医療センター 心臓血管外科 主任部長

三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導者 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本胸部外科学会 正会員・認定医 日本循環器学会 循環器専門医 日本血管外科学会 会員 日本冠動脈外科学会 会員 日本内視鏡外科学会 会員 日本移植学会 移植認定医 日本ステントグラフト実施基準管理委員会 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医・胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医 下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会 指導医 日本不整脈心電学会 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了者

西 宏之 にし ひろゆき 先生

公開日
2020/07/01

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科
  • 循環器内科
  • 冠動脈疾患
  • 【疾患名】大動脈疾患【治療方法】ステントグラフト手術
  • 末梢血管疾患

資格・学会・役職

三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導者
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本胸部外科学会 正会員・認定医
日本循環器学会 循環器専門医
日本血管外科学会 会員
日本冠動脈外科学会 会員
日本内視鏡外科学会 会員
日本移植学会 移植認定医
日本ステントグラフト実施基準管理委員会 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医・胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医
下肢静脈瘤血管内治療実施管理委員会 指導医
日本不整脈心電学会 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了者
  • 大阪急性期・総合医療センター 心臓血管外科 主任部長
  • 日本心臓血管外科学会 国際会員
  • 日本心臓血管外科学会 評議員
  • 日本冠疾患学会(FJCA)
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本人工臓器学会
  • 日本ステントグラフト実施基準管理委員会
  • 近畿外科学会 評議員
  • 関西胸部外科学会 評議員
  • 日本臨床補助人工心臓研究会 植込型補助人工心臓実施医

所属病院

大阪急性期・総合医療センター

  • 内科 血液内科 リウマチ科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 大阪府大阪市住吉区万代東3丁目1-56
  • 阪和線(天王寺~和歌山) 長居 大阪メトロ御堂筋線も乗り入れあり 徒歩18分 阪堺電軌上町線 帝塚山四丁目 徒歩10分 阪和線(天王寺~和歌山) 長居 地下鉄長居駅(大阪メトロ御堂筋線)より徒歩20分 徒歩18分 大阪メトロ谷町線 天王寺 1番出口 徒歩18分
  • 06-6692-1201
公式ウェブサイト
大阪急性期・総合医療センター

来歴等

略歴

1995年 大阪大学医学部医学科 卒業
1995年 大阪大学医学部附属病院 第一外科 研修医
1996年 大阪警察病院 外科 医員
1999年 大阪市立総合医療センター 小児心臓血管外科 研究医
2000年 大阪市立総合医療センター 心臓血管外科 研究医
2003年 大阪大学大学院医学系研究科 臓器制御外科 医員
2004年 The Alfred Hospital, Melbourne, Australia Cardiothoracic Surgical Department Overseas Fellow
2006年 The Prince Charles Hospital, Brisbane, Australia Department of Cardiothoracic Surgery Registra
2007年 兵庫医科大学 心臓血管外科 助教
2010年 Hannover Medical School, Hannover, Germany LEBAO institute, Department of Cardiothoracic and Transplant Surgery Research Fellow
2010年 大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 心臓血管外科 学内講師
2014年 大阪警察病院 心臓血管外科 部長
2019年 大阪急性期・総合医療センター 主任部長

論文

  • Aortic angioscopy assisted thoracic endovascular repair for chronic type B aortic dissection..J Cardiol. 2020 Mar 12:S0914-5087(20)30067-8.

    Nishi H, Higuchi Y, Takahashi T, Domae K, Inoguchi K, Kawasumi R, Hamanaka Y, Komatsu S, Hirayama A, Kodama K

  • Advent of New perioperative care for fluid management after cardiovascular surgery: A review of current evidence. J Cardiol. 2020 Jan 21:S0914-5087(20)30002-2.

    Nishi H

  • Japan Cardiovascular Surgery Database Organization. Which Patients Are Candidates for Minimally Invasive Mitral Valve Surgery? - Establishment of Risk Calculators Using National Clinical Database. Circ J. 2019 Jul 25;83(8):1674-1681

    Nishi H, Miyata H, Motomura N, Takahashi T, Sawa Y, Takamoto S

  • Secondary abdominal compartment syndrome required decompression laparotomy during minimally invasive mitral valve repair. Surg Case Rep. 2:3:.2016

    Nishi H, Toda K, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Yoshioka D, Saito T, Sawa Y

  • Annular dynamics after mitral valve repair with different prosthetic rings: A real-time three-dimensional transesophageal echocardiography study. Surg Today. 46:1083-90: 2016 S

    Nishi H, Toda K, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Kawamura M, Yoshioka D, Saito T, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Effects of tolvaptan in the early postoperative stage after heart valve surgery: results of the STAR (Study of Tolvaptan for fluid retention AfteR valve surgery) trial. Surg Today. 45:1542-51: 2015

    Nishi H, Toda K, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Kawamura M, Yoshioka D, Saito T, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Propensity-matched analysis of minimally invasive mitral valve repair using a nationwide surgical database. Surg Today. 45:1144-52: 2015

    Nishi H, Miyata H, Motomura N, Toda K, Miyagawa S, Sawa Y, Takamoto S

  • Tricuspid annular dynamics before and after tricuspid annuloplasty- three-dimensional transesophageal echocardiography. Circ J. 79:873-9:2015

    Nishi H, Toda K, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Kawamura M, Yoshioka D, Saito T, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Novel method of evaluating liver stiffness using transient elastography to evaluate perioperative status in severe heart failure. Circ J. 79:391-7:.2015

    Nishi H, Toda K, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Kawamura M, Saito T, Yoshioka D, Daimon T, Sawa Y

  • Initial experience in Japan with HeartWare ventricular assist system. J Artif Organs. 17:149-56, 2014

    Nishi H, Toda K, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Saito S, Yoshioka D, Saito T, Ueno T, Sakaguchi T, Sawa Y

  • Optimal coronary artery bypass grafting strategy for acute coronary syndrome. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 62:357-363.

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Yoshioka D, Saito T, Toda K, Sawa Y

  • Factors affecting a dilated ascending aorta in patients with bicuspid aortic valve: the relevance of valve anatomy, body size and age. Surg Today. 44:1483-1489, 2014

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Yoshioka D, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Impact of microRNA expression in human atrial tissue in patients with atrial fibrillation undergoing cardiac surgery. PLoS One.;8:e73397, 2013

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Saito S, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Prediction of outcome in patients with liver dysfunction after left ventricular assist device implantation. J Artif Organs.;16:404-410, 2013

    Nishi H, Toda K, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Yoshioka D, Saito T, Saito S, Sakaguchi T, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Atrial fibrillation occurring early after cardiovascular surgery: impact of the surgical procedure. Surg Today. 43:1134-1139, 2013

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Saito S, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Failed depiction of patent bypass graft due to presence of large lateral costal artery. Ann Thorac Cardiovasc Surg. 18:275-277, 2012

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Sumitsuji S, Sawa Y

  • Efficacy of landiolol hydrochloride for atrial fibrillation after open heart surgery.Heart Vessels. 28:490-496, 2012

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Saito S, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Frequency, risk factors and prognosis of postoperative hyperbilirubinemia after heart valve surgery. Cardiology.122:12-19, 2012

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Fukushima S, Saito S, Ueno T, Kuratani T, Sawa Y

  • Cardiac surgery in patients with Gilbert's syndrome. J Card Surg. 27:60-61, 2012

    Nishi H, Sakaguchi T, Miyagawa S, Yoshikawa Y, Sawa Y

  • Spinal cord injury in patients undergoing total arch replacement: a cautionary note for use of the long elephant technique. J Thorac Cardiovasc Surg. 142:1084-1089, 2011

    Nishi H, Mitsuno M, Tanaka H, Ryomoto M, Fukui S, Miyamoto Y

  • Decreasing sternum microcirculation after harvesting the internal thoracic artery. Eur J Cardiothorac Surg. 40:240-244, 2011

    Nishi H, Mitsuno M, Tanaka H, Ryomoto M, Fukui S, Miyamoto Y

  • Safe approach for redo coronary artery bypass grafting--preventing injury to the patent graft to the left anterior descending artery. Ann Thorac Cardiovasc Surg.16:253-258,2010.

    Nishi H, Mitsuno M, Yamamura M, Tanaka H, Ryomoto M, Fukui S, Yoshioka Y

  • Who needs preoperative routine chest computed tomography for prevention of stroke in cardiac surgery? Interact Cardiovasc Thorac Surg.11:30-33, 2010

    Nishi H, Mitsuno M, Tanaka H, Ryomoto M, Fukui S, Miyamoto Y

  • High anomalous origin of the right coronary artery associated with aortic stenosis: A word of caution. Ann. Thorac. Surg. 89: 961-963, 2010

    Nishi, H., Mitsuno, M., Tanaka, H., Ryomoto, M., Fukui, S., Miyamoto, Y

  • Late reoperations after repair of acute type A aortic dissection. J Card Surg. 25: 208-213, 2010

    Nishi, H., Mitsuno, M., Tanaka, H., Ryomoto, M., Fukui, S., Miyamoto, Y

  • Comprehensive approach for clamping severely calcified ascending aorta using computed tomography. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 10: 18-20, 2010

    Nishi, H., Mitsuno, M., Ryomoto, M., Miyamoto, Y

  • Giant cardiac lipoma in the ventricular septum involving the tricuspid valve. Ann. Thorac. Surg. 88: 1337-1339, 2009

    Nishi, H., Mitsuno,M., Ryomoto, M., Hao, H., Hirota, S. and Miyamoto, Y

  • Coronary revascularization via median sternotomy after presternal jejunum reconstruction for esophageal carcinoma. Ann. Thorac. Surg. 88: 667-669, 2009

    Nishi, H., Mitsuno, M., Tanaka, H., Ryomoto, M., Fukui, S., Miyamoto, Y

  • Prediction of postoperative hepatic dysfunction after cardiac surgery in patients with chronic congestive heart failure, Gen Thorac Cardiovasc Surg, 57: 357-362, 2009

    Nishi H, Takahashi T, Ichikawa H, Matsumiya G, Matsuda S, Sawa Y

  • Severe mitral regurgitation due to cardiac amyloidosis ― a rare reason for ruptured chordae. Interact. Cardiovasc. Thorac. Surg., 7: 1199-1200, 2008

    Nishi, H., Mitsuno, M., Ryomoto, M., Miyamoto, Y

  • Preoperative assessment of congestive liver dysfunction using Technetium-99m Galactosyl Human Serum Albumin liver scintigraphy in patients with severe valvular heart disease, Surg. Today., 37: 564-569, 2007

    Nishi H, Takahashi T, Matsumiya G, Takano H, Ichikawa H, Miyagawa S, Sawa Y

  • Optimal method of coronary endarterectomy for diffusely diseased coronary arteries. Ann Thorac Surg. 79: 846-52, 2005

    Nishi H, Miyamoto S, Takanashi S, Minamimura H, Ishikawa T, Kayo Y, Shimizu Y

  • Pseudoaneurysm of the dorsalis pedis artery causing neurological deficit. Ann Vasc Surg. 18: 487-9, 2004

    Nishi H, Miyamoto S, Minamimura H, Ishikawa T, Kayo Y, Shimizu Y

  • Extensive Thoracoabdominal Aortic Aneurysm Repair Using Deep Hypothermic Bypass and Circulatory Arrest. Asian Cardiovasc Thorac Ann, 12: 69-74, 2004

    Nishi H, Miyamoto S, Minamimura H, Ishikawa T, Kato Y, Arimoto H, Ohue K, Shimizu Y

  • Complete revascularization in patients with severe left ventricular dysfunction. Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 9: 111-6, 2003

    Nishi H, Miyamoto S, Takanashi S, Minamimura H, Ishikawa T, Shimizu Y

  • Descending aorta-abdominal aortic graft bypass for atypical coarctation due to Takayasu’s arteritis: A case report. Osaka City Medical Journal 48:123-7, 2002

    Nishi H, Miyamoto S, Minamimura H, Ishikawa T, Katoh Y, Arimoto H, Ohue K, Shimizu Y

  • In situ pericardium repair for pulmonary venous obstruction after repair of total anomalous pulmonary venous connection. The Japanese Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery 50: 338-40, 2002

    Nishi,H, Nishigaki,K, Kume,Y, Miyamoto K

  • Endoscopic resection of a pelvic neurogenic tumor through the retroperitoneal approach. Surgical Endoscopy 14 :767-8,2000

    Nishi H, Kido T, Yamanishi H, Nakahara M, Nakao K, Tsujimoto M

  • 心臓血管外科手術の発展~大阪警察病院の歴史とともに~ 大警病医誌 33: 60-67: 2017

    西 宏之

  • 重症心不全、腎不全合併症例に対する開心術後にトルバプタンの早期投与が有効であった一例 Fluid Management Renaissance 3. 308-311, 2013

    西 宏之、澤 芳樹

  • 著明な右室流出路狭窄を呈した巨大右室腫瘍に対して腫瘍切除および右室流出路再建を施行した1例 Osaka Heart Club 35. 10-14, 2012

    西 宏之、澤 芳樹

  • びまん性狭窄病変に有する不安定狭心症に対する冠状動脈内膜剥離およびon-lay吻合を用いた冠血行再建の経験  胸部外科 56, 867-871, 2003

    西 宏之, 宮本覚, 南村弘佳, 石川巧, 加藤泰之, 有元秀樹, 大上賢祐, 清水幸宏

  • 冠動脈疾患を合併した腹部大動脈瘤に対する同時手術 循環器科 52, 557-558, 2002

    西 宏之, 宮本覚, 南村弘佳, 石川巧, 加藤泰之, 有元秀樹, 大上賢祐, 清水幸宏

  • 超高齢者(80歳以上)腹部大動脈瘤手術症例の検討~手術、遠隔期成績から見た妥当性  日本血管外科学会雑誌 11, 453-457, 2002

    西 宏之, 宮本覚, 高梨秀一郎, 南村弘佳, 石川巧, 村上忠弘, 加藤泰之, 大上賢祐, 清水幸宏

  • 先天性心疾患における低侵襲アプローチ(MICS)の標準術式としての妥当性  日本心臓血管外科学会雑誌 31, 40-44, 2002

    西 宏之, 西垣恭一, 久米庸一, 宮本勝彦

  • 小切開、胸骨部分正中切開アプローチは低侵襲か?-心室中隔欠損における術後SIRS期間の検討 胸部外科 55, 207-212, 2002

    西 宏之, 西垣恭一, 久米庸一, 宮本勝彦

  • 新生児重症Ebstein奇形に対し段階的modified-Starnes手術を施行した1例  日本小児循環器学会雑誌 17, 78-82, 2001

    西 宏之, 西垣恭一, 久米庸一, 宮本勝彦, 中西秀彦, 江原英治, 杉本久和, 村上洋介

著書

  • 西 宏之 徳永滋彦 阿部恒平  臨床実戦 心臓血管外科の裏ワザ77 患者の生死をわける現場のテクニック 2019年 南江堂

  • 西 宏之   MICSの特徴:正中切開との比較、MICS手術器械総論 低侵襲心臓手術の基本と実践 始めたいひとも、始めたひとも 10-14、66 2019 南江堂

  • 西 宏之   低侵襲だからこそ必要なケアがあるQ & Aで押さえるMICS徹底ナビ ミニ特集 1.MICSとはなんですか? ハートナーシング 28: 794-800: 2015

  • 西 宏之  重症心不全に対する心臓手術における体液管理  Fluid Management Renaissance 4;343-348,2014

  • 西 宏之、戸田宏一、澤 芳樹.  救急領域における重症ポンプ不全に対する補助人工心臓(VAD)治療の最前線  心臓救急最前線 2013-2014 85-90, 2013

  • 西 宏之、澤 芳樹. 慢性心不全の非薬物療法 外科的治療の実際と成績 Heart View 16; 506-515, 2012

  • 西 宏之、澤 芳樹. 特集 ICU/CCUでの電解質胃異常:心疾患術後の水電解質異常ー成人ー 腎と透析 特集:ICU/CCUでの電解質胃異常 71; 572-575, 2011

  • 西 宏之、宮本祐治. 3章 PCPS 6. PCPSの離脱の実際.CIRCULATION Up-to-Date 2010/02/15発売号 (増刊号) 決定版 病棟必携! カラーで診る 補助循環マニュアル.(四津良平 監修、関口敦 編)2010

その他

  • 【受賞】2008年 日本外科学会研究奨励賞

  • 【受賞】2010年 日本胸部外科学会最優秀論文賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。