新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

保健医療・福祉施設あしかがの森 あしかがの森足利病院 院長

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医 日本小児神経学会 小児神経専門医・指導責任医 日本てんかん学会 てんかん専門医・てんかん専門医指導医 日本リウマチ学会 リウマチ専門医 ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター 日本小児心身医学会 学会認定医・指導医 子どものこころ専門医機構 子どものこころ専門医

藤田 之彦 ふじた ゆきひこ 先生

公開日
2020/08/04

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 藤田先生の発達障害に関する得意な領域
    • 多職種連携による療育
    • 薬物療法
  • 【疾患名】小児てんかん【治療法】免疫療法、極少量ACTH-Z療法、抗てんかん薬療法
  • 【疾患名】起立性調節障害【治療法】NIRSと非観血的連続血圧計を用いた診断とサブタイプ分類、各種薬物療法、多職種多分野による集学的治療
  • 【疾患名】小児リウマチ性疾患【治療法】診断と治療

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医・小児科指導医
日本小児神経学会 小児神経専門医・指導責任医
日本てんかん学会 てんかん専門医・てんかん専門医指導医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医
ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
日本小児心身医学会 学会認定医・指導医
子どものこころ専門医機構 子どものこころ専門医
  • 保健医療・福祉施設あしかがの森 あしかがの森足利病院 院長
  • 日本小児科学会 代議員(令和元年度まで)
  • 日本小児心身医学会 常任理事
  • 日本小児神経学会 代議員(令和元年度まで)
  • 日本小児リウマチ学会 理事
  • 日本小児保健協会 代議員(令和2年総会まで)
  • 日本重症心身障害学会 評議員
  • 日本自律神経学会 評議員
  • 日本小児放射線学会 代議員
  • 小児核医学研究会 世話人

所属病院

あしかがの森足利病院

  • 内科 外科 神経内科 小児科 整形外科 皮膚科 リハビリテーション科 歯科
  • 栃木県足利市大沼田町615
  • JR両毛線「足利駅」 市営バス バス15分 東武伊勢崎線「足利市駅」 市営バス バス25分
  • 0284-91-0611
あしかがの森足利病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 日本大学医学部医学科 卒業
1980年 日本大学医学部小児科学教室 入局
1984年 日本大学大学院医学研究科博士課程内科系小児科学 医学博士 修了
1987年 国立療養所足利病院小児科 医長
1990年 日本大学小児科 助手
1995年 米国Iowa大学(神経学) 留学
1998年 日本大学小児科 講師
2006年 日本大学医学部 医学教育企画・推進室 主任
2008年 日本大学 准教授
2012年 日本大学 教授
2016年 日本大学医学部IR・医学教育センター(名称変更) 教授/センター長
2019年 保健医療・福祉施設あしかがの森 あしかがの森足利病院 院長

論文

  • evaluation of cognitive development. Dev Med & Child Neurology 35: 230-237, 1993.

    Fuchigami T, Okubo O, Fujita Y, et al

  • Chronic, infantile, neurological, cutaneous and articular syndrome in Japan; two case reports. Clin Exp Rheumatol 12: 447-449, 1994.

    Inamo Y, Kin H, Fujita Y, et al

  • Developmental changes in P300 wave elicited during two different experimental conditions. Pediatr Neurol 26: 25-28, 1995.

    Fuchigami T, Okubo O, Ejiri K, Fujita Y, et al

  • Systemic sclerosis in children:A national retrospective survey in Japan. Acta Paediatr Jpn 39:263-267,1997.

    Fujita Y, Fujita H, Hiyoshi K,et al

  • Origin of the "N10" stationary-field potential after median nerve stimulation. J Clin Neurophysiol 16: 69-76,1999.

    Fujita Y, Yamada T, Inoue K, et al

  • Japanease clinical guidelines for juvenile orthostatic dysregulation version 1. Pediatric International 51: 169-179, 2009.

    Tanaka H, Fujita Y, Takenaka Y, et al

  • Event-related potentials in response to 3-D auditory stimuli. Brain & Development 31: 577–581, 2009.

    Fuchigami T, Okubo O, Fujita Y, et al

  • Detection of rotavirus RNA and antigens in serum and cerebral spinal fluid samples from diarrheic children with seizures. Jpn. J. Infect. Dis. 62, 279-283,2009.

    Liu B, Fujita Y, Arakawa C, et al

  • Brain & Development 31: 475–477,2009.

    Fujita Y: Founders of child neurology in Japan – Kazuo Baba

  • Trial of influenza HA vaccination for healthcare workers in consecutive years. Jpn. J. Infect. Dis. 62, 464-466,2009.

    Fujita Y, Okada T, Mugishima H, et al

  • Rotavirus antigemia and genomia in children with rotavirus gastroenteritis. Jpn. J. Infect. Dis. 63, 83-86,2010.

    Fujita Y, Liu B, Kohira R, et al

  • Fanconi syndrome caused by valproic acid: Two case reports. Pediatr Neurol 42: 287-290, 2010.

    Endo A, Fujita Y, Fuchigami T, et a

  • Improvement of intractable childhood epilepsy following acute viral infection, Brain & Development 33, 62–68, 2011.

    Fujita Y, Imai Y, Ishii W, et al

  • Detection of group a rotavirus RNA and antigens in serum and cerebrospinal fluid from two children with clinically mild encephalopathy with a reversible splenial lesion. Jpn J Infect Dis 64: 204-207, 2011

    Arakawa C, Fujita Y, Imai Y, et al

  • Developmental changes of visual mismatch negativity in children. Neurophysiology 44(2): 138-143, 2012.

    Tomio N, Fuchigami T, Fujita Y, et al

  • Relationship between Migration and Outcome in Childhood Epilepsy Using Dipole Analysis. HK J Paediatr 17 (3): 167-173,2012.

    Endo A, Fuchigami T, Fujita Y, et al

  • Liver-specific mitochondrial respiratory chain complex I deficiency in fatal influenza encephalopathy. Brain Dev 34: 115-117, 2012.

    Arakawa C, Endo A, Kohira R, Fujita Y, et al

  • Changes in Cerebral Blood Oxygenation Induced by Active Standing Test in Children with POTS and NMS. Advanced Experimental Medicine and Biology. 812: 253-261, 2014. l

    Endo A, Fujita Y, Fuchigami T, et al

  • Asymmetrical Changes in Cerebral Blood Oxygenation Induced by an Active Standing Test in Children with Postural Tachycardia Syndrome. Adv Exp Med Biol. 812: 271-278, 2014.

    Kamiyama Y, Fujita Y, Fuchigami T, et al

  • Affinity for music in Wolf-Hirschhorn syndrome: Two case reports. Pediatric Neurology 51: 550-552, 2014.

    Arakawa C, Fujita Y, Fuchigami T, et al

  • Japanese consensus guidelines for pediatric nuclear medicine. Part 1: Pediatric radiopharmaceutical administered doses (JSNM pediatric dosage card). Part 2: Technical considerations for pediatric nuclear medicine imaging procedures. Ann Nucl Med. 28: 498-503, 2014.

    The Japanese Society of Nuclear Medicine; Optimization Committee for Pediatric Nuclear Medicine Studies

  • Susceptibility-weighted imaging in acute-stage pediatric convulsive disorders. Pediatr Int 57: 922–929, 2015.

    Iwasaki H, Fujita Y, Hara M

  • 「不登校を伴う起立性調節障害 —小心臓とPOTSの解析—」:子の心とからだ 24; 399-403, 2016

    藤田之彦

  • Familial unilateral carpal bone dysplasia in mother and daughter. Clinical Dysmorphology 26:167-169, 2017.

    Fuchigami T, Fujita Y, Oyama M, et al

著書

  • 藤田之彦:Transcranial Doppler Meathod, Oligoclonal band, Leigh脳症, TRH療法,Rett's syndrome, Vojta法 小児科「新用語」 解説辞典 文光堂. 1990.

  • 藤田之彦:からだの成長の様子 育児のポイント 85 Q&A (辰巳敏夫 編)啓明研究会, 1991.

  • 藤田之彦, 中村博志:障害児・病児のための発達援助と生活指導 精神遅滞 別冊 発達.ミネルヴア書房, 1991.

  • Fuchigami T, Okubo O, Fujita Y, et al: Event-related potentials to the first of four successive stimuli in children , Recent advances in event-related brain potential research:756-762. Elsevier Science B.V., Amsterdam,1996.

  • Okubo O, Fuchigami T, Fujita Y, Kohira R, Noguchi Y, Izumi H,Takahasi S, Harada K: The study of visuo-motor event-related potentials, Recent advances in event-related brain potential research:763-769, Elsevier Science B.V., Amsterdam,1996.

  • Hirotaka Yamazaki, Osami Okubo, Tatsuo Fuchigami, Yukihiko Fujita, Ryutaro Kohira, Yukio Noguchi, Shu Miyasaka, Hiroyuki Yamamori, Kensuke Harada. Event-related potentials in the color-word task. In Chikara Ogura, Yoshihiko Kaga, Minoru Shimokochi editors. Reccent Advances in Event-Related Brain Potential Research: 751-755, Elsevier Science B.V., Amsterdam,1996.

  • 高橋 滋, 藤田之彦, 大国真彦, 馬場一雄:新生児仮死 小児科MOOK 50 新生児の神経病. pp.116-134, 金原出版, 1987.

  • 藤田之彦:小児の事故と対策 女子大生のための小児保健学(馬場一雄,中村博志 編)pp.295-312, 日本小児医事出版社, 1997.

  • 藤田之彦:小児科外来診療のコツと落とし穴5 小児救急 低体温療法 (市川光太郎 編集). pp.160-163, 中山書店, 2004.

  • 藤田之彦:看護学大辞典 第5版:メヂカルフレンド社(内薗耕二,小坂樹徳 監修). 2002.

  • Fujita Y, Okada T, Minato M, Okada T, Okubo O, Harada K, Hosokawa N, Kumasaka K, Maki Y, Ohta T, Nakui K: Influenza vaccination for hospital personnel in a neonatal intensive care unit and a pediatric unit. International Congress Series 1263: 559-562, Elsevier Science B.V., Amsterdam, 2004.

  • Fujita Y, Tomio N, Arakawa C, Noguchi Y, Kohira R, Fuchigami T, Okubo O, Harada K, Shimizu K, Kuroda k: Therapeutic outcome of hypothermia therapy in children with influenza virus-associated encephalopathy. International Congress Series 1263: 444-448, Elsevier Science B.V., Amsterdam, 2004.

  • 藤田之彦:研修医必携 薬物療法と禁忌 小児と感染性疾患 (岡田一義,福田昇,松本紘一 監修) p382-395, 東京医学社, 2005

  • 藤田之彦:小児の摂食障害. 今日の診断指針2007(山口徹 北原光夫 福井次矢 編集):p1001-1002,医学書院, 2007

  • 藤田之彦:朝起きられない子どもたち 起立性調節障害 (清流出版), 2006

  • 藤田之彦:外分泌腺(汗・涙・唾液)とその異常. 小児生理学: ヘルス出版、2009.

  • 藤田之彦:免疫, 感染. 小児生理学: ヘルス出版、2009.

  • 藤田之彦:I起立性調節障害診断・治療ガイドライン 小児心身医学会ガイドライン集. 日常診療に活かす4つのガイドライン(編集:日本小児心身医学会):4-50、 南江堂. 2009.

  • 藤田之彦, 遠藤あゆみ:入院治療適応の具体例, 起立性調節障害: 小児科臨床ピクシス(五十嵐 隆、田中英高):142-143、中山書店. 2010.

  • 藤田之彦, 遠藤あゆみ, 神山八弓:V起立性調節障害の病態 13 脳血流の変化 子どもの不定愁訴. 小児科学レクチヤー 82-87、総合医学社.  2014

  • 大国真彦,藤田之彦,鮎沢衛. 雑感「リウマチ熱 リウマチ性弁膜症」よさらば. 健康教室 759(2) 東山書房(東京)2014.

  • 藤田之彦:小児心身医学会ガイドライン集. 日常診療に活かす5つのガイドライン-改訂第2版- II小児起立性調節障害診断・治療ガイドライン(編集:日本小児心身医学会):26-85、 南江堂. 2015.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。