中東遠総合医療センター 参与 、皮膚科・皮膚腫瘍科診療部長 、アレルギー疾患研究センター長

日本発汗学会 理事

戸倉 新樹 とくら よしき 先生

公開日
2021/11/12

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科
  • 戸倉先生のアトピー性皮膚炎の専門領域
    • 外用療法
    • 生物学的製剤
    • JAK阻害薬
  • 戸倉先生の乾癬の専門領域
    • 外用療法
    • 生物学的製剤
    • ナローバンドUVB療法
  • 戸倉先生の蕁麻疹の専門領域
    • 内服療法
    • オマリズマブ投与
  • 【疾患名】皮膚リンパ腫【治療法】ナローバンドUVB療法、ベキサロテン投与
  • 【疾患名】メラノーマ【治療法】手術療法、免疫チェックポイント阻害薬、分子標的治療

続きを読む

資格・学会・役職

日本発汗学会 理事
  • 中東遠総合医療センター 参与 、皮膚科・皮膚腫瘍科診療部長 、アレルギー疾患研究センター長
  • 日本皮膚科学会 副理事長(歴任)
  • 日本研究皮膚科学会 理事長(歴任)
  • 日本皮膚免疫アレルギー学会 理事長(歴任)
  • 日本皮膚悪性腫瘍学会 副理事長(歴任)
  • 日本アレルギー学会 代議員(歴任)
  • 日本光医学・光生物学会 理事(歴任)
  • 日本HTLV-1学会 理事(歴任)

所属病院

掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 血管外科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科 総合内科 糖尿病・内分泌内科 血液・腫瘍内科 皮膚科・皮膚腫瘍科 耳鼻いんこう科 腫瘍放射線科 臨床検査科 救急科
  • 静岡県掛川市菖蒲ケ池1-1
  • JR東海道本線(熱海~浜松) 掛川 掛川市自主運行バス 中東遠総合医療センター下車  路線バスも利用可 バス JR東海道本線(熱海~浜松) 掛川 掛川市自主運行バス 中東遠総合医療センター下車  路線バスも利用可 車5分 JR東海道本線(熱海~浜松) 掛川 掛川市自主運行バス 中東遠総合医療センター下車  路線バスも利用可 車5分 JR東海道本線(熱海~浜松) 掛川 掛川市自主運行バス 中東遠総合医療センター下車  路線バスも利用可 車5分
  • 0537-21-5555
公式ウェブサイト
掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター

来歴等

略歴

1982年 浜松医科大学医学部 卒業
1989年 米国エール大学 リサーチフェロー
1992年 浜松医科大学 皮膚科 講師
2000年 浜松医科大学 皮膚科学 助教授
2002年 産業医科大学 皮膚科学 教授
2011年 浜松医科大学 皮膚科学 教授
2020年 浜松医科大学 細胞分子解剖学 特任教授
2021年 浜松医科大学 名誉教授
2021年 中東遠総合医療センター 現職

論文

  • 1. Subtypes of atopic dermatitis: From phenotype to endotype. Allergol Int. 2021: S1323-8930(21)00079-4.

    Tokura Y, Hayano S.

  • 2. Pathophysiology of Skin Resident Memory T Cells. Front Immunol 2021; 11: 618897.

    Tokura Y, Phadungsaksawasdi P, Kurihara K, Fujiyama T, Honda T.

  • 3. Direct and indirect action modes of acetylcholine in cholinergic urticaria. Allergol Int 2021; 70: 39-44.

    Tokura Y.

  • 4. PD-1 expression defines epidermal CD8 + CD103 + T cells preferentially producing IL-17A and using skewed TCR repertoire in psoriasis. J Invest Dermatol 2021; 141: 2426-2435.

    Phadungsaksawasdi P, Fujiyama T, Kurihara K, Ito T, Honda T, Tokura Y.

  • 5. Suprabasin-null mice retain skin barrier function and show high contact hypersensitivity to nickel upon oral nickel loading. Sci Rep. 2020; 10: 14559.

    Nakazawa S, Shimauchi T, Funakoshi A, Aoshima M, Phadungsaksawasdi P, Sakabe JI, Asakawa S, Hirasawa N, Ito T, Tokura Y.

  • 6. Extrinsic and intrinsic types of atopic dermatitis. J Dermatol Sci 58: 1-7, 2010.

    Tokura Y.

  • 7. Tumor cell expression of programmed cell death 1 is a prognostic factor for malignant melanoma. Cancer 116: 1757-1766, 2010.

    Hino R, Kabashima K, Kato Y, Yagi H, Nakamura M, Honjo T, Okazaki T Tokura Y.

  • 8. Possible pathogenic role of Th17 cells for atopic dermatitis. J Invest Dermatol 128: 2625-2630, 2008.

    Koga C, Kabashima K, Shiraishi N, Kobayashi M, Tokura Y.

  • 9. Hypersensitivity to mosquito bites as the primary clinical manifestation of Epstein-Barr virus-associated natural killer cell leukemia/lymphoma. J Am Acad Dermatol 45: 569-578, 2001.

    Tokura Y, Ishihara S, Tagawa S, Seo N, Ohshima K, Takigawa M.

著書

  • 1. 皮膚感染症診療最新情報.Derma No.114. 戸倉新樹(編),全日本病院出版会,2006.

  • 2. Environmental Dermatology環境•職業からみた皮膚疾患.戸倉新樹他(編),文光堂,2007.

  • 3. 職業性皮膚疾患を理解する.Derma No.154.戸倉新樹(編),全日本病院出版会,2009.

  • 4. 遺伝子がかかわる皮膚疾患入門.Derma No.163.戸倉新樹(編),全日本病院出版会,2009.

  • 5. 産業医のためのギモン•難問相談室.産業医科大学進路指導部編集委員会(松本哲郎,戸倉新樹,中村早人,一瀬豊日,編集),診断と治療社,2010.

  • 6. ファーストステップ皮膚免疫学.戸倉新樹(編),中外医学社,2010.

  • 7. 戸倉新樹(編集企画):日常皮膚診療に役立つアレルギー百科.Monthly Book Derma 229,2015.

  • 8. 戸倉新樹(編集企画(ガイドライン委員)):第2部 皮膚リンパ腫診療従事者ガイドライン第2版. 科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン(第2版).金原出版(東京).編集/日本皮膚科学会、日本悪性腫瘍学会,2015.

  • 9. 岩月啓氏,大島孝一,島田眞路,菅谷誠,戸倉新樹,中村栄男: 皮膚リンパ腫アトラス 改訂・改題第3版:1-234,2017.

  • 10. 戸倉新樹(責任編集):20. 皮膚科疾患.今日の治療指針2018年版 医学書院.60:1205-1273,2018.

  • 11. 戸倉新樹,藤本学,椛島健治:臨床力がアップする!皮膚免疫アレルギーハンドブック.南江堂:1-383,2018.

  • 12. 戸倉新樹,秋山真志:ここが大事!高齢者皮膚診療のコツとピットフォール.南江堂.1-213,2019.

  • 13. 戸倉新樹:新しい薬疹:薬剤による皮膚有害事象も新タイプ.文光堂.1-178,2019.

  • 14. 戸倉新樹(責任編集):戸倉新樹セレクション トクラテスの教え. Visual Dermatology 19(3),2020

受賞

  • 1. 2001年 第2回日本研究皮膚科学会賞

  • 2. 2001年 浜松医科大学同窓会賞

  • 3. 2015年 日本光医学・光生物学会賞

  • 4. 2016年 台湾皮膚科学会 名誉会員

  • 5. 2016年 ドイツ皮膚科学会 名誉会員

  • 6. 2017年 欧州研究皮膚科学会 名誉会員

  • 7. 2020年 米国研究皮膚科学会 名誉会員

  • 8. 2020年  国際皮膚科学会連合 感謝状

学会発表

  • 英語論文 約500編

その他

  • 【テレビ出演】きょうの健康(NHK)

  • 【テレビ出演】ごごナマ(NHK)

  • 【テレビ出演】たけしの本当は怖い家庭医学(朝日放送)

  • 【テレビ出演】話題の医学(テレビ東京)

  • 【テレビ出演】教えて!ドクター家族の健康(BSジャパン)

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。