あとぴーせいひふえん

アトピー性皮膚炎

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹(しっしん)が、全身または部分的に発生する病気です。よくなったり悪くなったりを繰り返すという特徴があります。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性の体質や皮膚のバリア機能の低下など、さまざまな原因が組み合わさって起こります。

治療方法は、主に適切なスキンケアと塗り薬による薬物治療です。また、家庭ではアレルゲンとの接触をなるべく減らすことも大切です。

原因

アトピー性皮膚炎の原因は、これまでに完全には明らかにされていませんが、さまざまな要因が複雑に関わることで発症すると考えられています。

たとえば、家族内でアトピー性皮膚炎を抱える方がいらっしゃると、お子さんも同じくアトピー性皮膚炎を発症する可能性が高まることから、遺伝的・体質的な要因が関わっていると想定されています。しかし、家族歴があるからといって必ず病気の発症に至るというわけではありません。

アトピー性皮膚炎は、皮膚の保湿やバリア機能が損なわれる環境で病気の発症リスクが促進される可能性が指摘されています。たとえば、ダニやハウスダストに代表されるアレルゲンの影響や細菌感染、体質に合わない洗剤などを例に挙げることができます。

また、日常生活動作に関わってアトピー性皮膚炎の病状が悪化することもあります。たとえば、寝不足やストレスが重なることでアトピー性皮膚炎による皮膚症状が悪化することがあります。

また、風呂に入れない、シャワーを浴びることができないなどの状況では皮膚の清潔を保つことができず、結果として皮膚の状態が悪くなることもあります。

以上のように、体質的な要因や環境要因、生活動作などが複雑に関与することで、アトピー性皮膚炎の発症につながると考えられています。

症状

体のさまざまな部位にかゆみを伴う湿疹(皮膚が赤みを帯び、ブツブツやカサつきを伴う)が生じて、よくなったり悪くなったりを繰り返します。

乾燥しやすい冬や、汗をかきやすい夏に症状が悪化することが多いです。

皮膚症状が起こりやすい体の部位として、下記が挙げられます。

  • 目の周り
  • 口の周り
  • 膝関節の裏側

など

また、年齢によって皮膚症状が少しずつ異なります。

乳児期

皮膚症状は頭からはじまり、顔、そして体幹、手足に広がります。皮膚の赤み(紅斑(こうはん))やブツブツ(丘疹(きゅうしん))がみられ、頭や眉毛には、黄色いかさぶたのような湿疹ができます。これらの症状は乳幼児湿疹と似ているため、混同されることもあります。

幼児・小児期

この時期になると、肘や膝関節の内側を中心に、あせものような発疹(ほっしん)やジクジクとした発疹がみられます。また、ゴワゴワと皮膚が厚く硬くなった状態(苔癬化(たいせんか))になることもあります。

青年期・成人期

皮膚の苔癬化が上半身を中心に進行し、手足の外側には、痒疹(ようしん)ができることがあります。また、顔の赤みが続き、ブツブツ(丘疹)に混じってジクジクした状態になります。

このような炎症を繰り返し、悪くなる度にかくことが習慣化される傾向にあるため、皮膚の状態が悪化するケースが見受けられることがあります。

検査・診断

アトピー性皮膚炎の検査方法としては、血液検査が挙げられます。重症度や、病気の進み具合の参考となる血液検査項目としては、血清IgE 値、末梢血好酸球数、LDH値、TARC値などがあります。

血清IgE値

アレルギーの起こりやすさを総合的に示す総IgEのほかに、ダニやハウスダストといった特定のアレルゲンに対して、どの程度アレルギー反応が起こりやすいかを知る指標として特異的IgEがあります。

特異的IgEの数値が高いと、その物質に対するアレルギー反応が強く出やすいと考えられますが、実際の皮膚症状との関連がはっきりしない場合もあり、検査結果の解釈には注意が必要です。

特に食物のアレルゲンの場合、IgEの数値が高く出たとしても食物アレルギーやアトピー性皮膚炎と関連がない場合がしばしばあります。

末梢血好酸球数・LDH値・TARC値

短期的に進行度合いを測ることができる検査としては、末梢血好酸球数、LDH値やTARC値などが挙げられ、いずれも症状が強い場合に数値が高くなります。

治療

家庭での対処方法

アレルゲンとの接触をなるべく減らし、皮膚のバリア機能を高めることが挙げられます。具体的には、個々のアレルゲンを考慮する必要があります。

  • ダニ、ハウスダストとの接触を減らすために生活環境を清潔にする、カーペットの使用を避ける
  • 皮膚に付着したアレルゲンを除くために体の汚れを優しく洗い落とす(ゴシゴシこすって体を洗うと皮膚のバリアを傷つけてしまう)
  • 保湿剤を塗って皮膚を保護する

など

薬物治療

皮膚の症状がある場合は、塗り薬(ステロイド、アトピー性皮膚炎治療薬)が用いられることもあります。皮膚症状の強さ、範囲によって薬の種類や強さを変える必要があるため、医師や薬剤師の説明に従うことが大切です。

かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服も効果が期待できます。しかし、かゆみのもとになっている皮膚症状そのものを抑えるはたらきはないため、あくまで補助として使われます。

また重症の方で、これらの治療で十分な効果が期待できない場合は、免疫抑制薬の内服やアレルギーを抑える生物学的製剤の注射が検討されることがあります。