あれるぎー

アレルギー

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

アレルギーとは、食べ物や花粉、ダニなどに対して過剰に免疫がはたらくことで、じんましんや鼻水、目のかゆみ、咳、息切れなどのさまざまな症状を生じる状態です。アナフィラキシーと呼ばれる重篤な状態が引き起こされることもあるため、注意が必要です。

治療では、症状の程度に応じてアドレナリンやヒスタミンH1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン薬)や副腎皮質ステロイド薬などが用いられます。アレルギーでは、原因となる物質を特定し、日常生活においてそれらを避けるような努力が必要です。

原因

免疫は、本来は細菌やウイルスなど体にとって有害なものから体から守るためにはたらきます。アレルギーは、免疫が食べ物や花粉、ダニなど本来積極的に排除する必要のない異物に対して,過剰にはたらくことで発症します。

免疫によって認識されるアレルギーの原因物質のことを、アレルゲンと呼びます。アレルゲンは、鼻や口、皮膚、消化管など体のさまざまな部位から体内に入り込みます。その後、体の各部位に存在する免疫を司る細胞(主にマスト細胞)が、アレルゲンに対して反応することで、さまざまなアレルギー症状が引き起こされます。

アレルギーは、花粉症や気管支喘息、食物アレルギーなど、さまざまな病気として認識されます。

症状

アレルギーはさまざまな病気として認識され、生じる症状も多岐にわたります。

花粉症やアレルギー性鼻炎・結膜炎

  • 目のかゆみ
  • 目の違和感
  • 鼻水・鼻詰まり
  • くしゃみ

などがあります。

気管支喘息

  • 喘鳴(ぜんめい):呼吸をするときにゼーゼーと音が聞こえる
  • 呼吸困難

などがあります。

食物アレルギー

じんましんをはじめ、さまざまな症状が発症しえます。複数の臓器症状が一度に現れることをアナフィラキシーといいますが、食物アレルギーはアナフィラキシーに陥りやすい病気です。

アナフィラキシーのうち、特に循環器症状を伴うものをアナフィラキシーショックといい、生命に危機的な状態です。治療はアドレナリンの筋肉注射が唯一であり、対応が遅くなると死に至ることもあります。

検査・診断

アレルギーは、症状、経過、身体診察などから疑われます。

アレルギーが疑われる場合には、血液検査やプリックテストなどの検査を通して、アレルゲン特異的なIgEを検出します。しかしIgEの検出は原因の特定ではなく、感作(アレルゲンとして認識している状態で発症根拠にはならない)の証明にしかならないため、最終的には原因と思われる食物や薬物、ダニ、花粉などを実際に摂取・投与することで、アレルギー症状が引き起こされるかどうかを確認する必要があります。

こうした検査を負荷試験といいますが、重篤なアレルギー症状が生じる可能性もあるため、緊急時の対応が可能な医療施設で行われます。

治療

薬物治療

アレルギーは、アドレナリンやヒスタミンH1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン薬)や副腎皮質ステロイド薬などの薬剤を用いて治療します。内服薬、点眼薬、点鼻薬、吸入薬などがあり、状況に応じて選択されます。局所投与を行うことで、全身における副作用の軽減も期待できます。

アレルゲン対策

アレルギーでは、原因となるアレルゲンを避けるような努力も重要です。たとえば、花粉症においては、下記のような対策が重要です。

  • 眼鏡やマスクをして花粉への曝露を減らす
  • 家に入る前には花粉を家に持ち込まないようにするために服を払う

また、食物アレルギーでは、原因となるアレルゲンを特定し日常の生活から除去する必要があります。