新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

近畿大学医学部皮膚科学教室 皮膚科 主任教授

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医 日本アレルギー学会 アレルギー専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

大塚 篤司 おおつか あつし 先生

公開日
2020/04/21

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科
  • 血管肉腫
  • 接触皮膚炎

資格・学会・役職

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 近畿大学医学部皮膚科学教室 皮膚科 主任教授
  • 日本アレルギー学会 代議員
  • 日本サルコーマ治療研究学会 評議員

所属病院

近畿大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 大阪府大阪狭山市大野東377-2
  • 南海高野線 金剛 南海コミュニティバス 狭山ニュータウン・泉ケ丘行き 近畿大学病院前下車 バス 泉北高速鉄道線 泉ヶ丘 南海コミュニティバス 狭山ニュータウン・金剛行き 近畿大学病院前下車 バス
  • 072-366-0221
公式ウェブサイト
近畿大学病院

医療記事

来歴等

略歴

2003年 信州大学医学部 卒業
2003年 京都大学皮膚科 研修
2004年 島根県立中央病院皮膚科
2006年 京都大学大学院医学研究科博士課程
2010年 京都大学医学部 次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点(AKプロジェクト) 特定研究員
2011年 学術振興会 特別研究員(PD)
2012年 チューリッヒ大学病院皮膚科 客員研究員
2014年 京都大学医学部皮膚科 助教
2015年 京都大学医学部付属病院メラノーマユニット ユニットリーダー
2015年 京都大学医学部皮膚科 院内講師
2017年 京都大学医学部 外胚葉性疾患創薬医学講座 准教授 (皮膚科兼任)
2021年 近畿大学医学部皮膚科学教室 主任教授

論文

  • TRPA1 channel participates in tacrolimus-induced pruritus in a chronic contact hypersensitivity murine model. J Dermatol Sci. 2017; doi: 10.1016/j.jdermsci.2017.10.012.

    Wong LS, Otsuka A, Yamamoto Y, Nonomura Y, Nakashima C, Kitayama N, Usui K, Honda T, Kabashima K.

  • Decreased Filaggrin Level May Lead to Sweat Duct Obstruction in Filaggrin Mutant Mice. J Invest Dermatol. 2017; 137(1):248-251.

    Rerknimitr P, Tanizaki H, Yamamoto Y, Amano W, Nakajima S, Nakashima C, Nonomura Y, Wititsuwannakul J, Miyachi Y, Otsuka A, Kabashima K.

  • Vascular endothelial growth factor partially induces pruritus via epidermal hyperinnervation in imiquimod-induced psoriasiform dermatitis in mice. J Dermatol Sci. 2016; 83(2):148-51.

    Wong LS, Otsuka A, Yamamoto Y, Nonomura Y, Nakashima C, Honda T, Dainichi T, Kitoh A, Nakajima S, Hirakawa S, Miyachi Y, Kabashima K.

  • Perivascular leukocyte cluster: an essential structure for efficient effector T cell activation in the skin. Nat Immunol 2014; 15: 1064-9.

    Natsuaki Y, Egawa G, Nakamizo S, Ono S, Hanakawa S, Okada T, Kusuba N, Otsuka A, Kitoh A, Honda T, Nakajima S, Tsuchiya S, Sugimoto Y, Ishii KJ, Tsutsui H, Yagita H, Iwakura Y, Kubo M, Ng Lg, Hashimoto T, Fuentes J, Guttman-Yassky E, Miyachi Y, Kabashima K.

  • Natural killer T cells are essential for the development of contact hypersensitivity in BALB/c mice. J Invest Dermatol 2014; 134: 2709-18.

    Shimizuhira C, Otsuka A , Honda T, Kitoh A, Egawa G, Nakajima S, Nakashima C, Watarai H, Miyachi Y, Kabashima K.

  • Basophils regulate the recruitment of eosinophils in a murine model of irritant contact dermatitis. J Allergy Clin Immunol 2014; 134: 100-7.

    Nakashima C, Otsuka A, Kitoh A, Honda T, Egawa G, Nakajima S, Nakamizo S, Arita M, Kubo M, Miyachi Y, Kabashima K.

  • Possible new therapeutic strategy to regulate atopic dermatitis via upregulating filaggrin expression. J Allergy Clin Immunol 2014; 133: 139-46.

    Otsuka A, Doi H, Egawa G, Maekawa A, Fujita T, Nakamizo S, Nakashima C, Nakajima S, Watanabe T, Miyachi Y, Narumiya S, Kabashima K.

  • Basophils are required for the induction of Th2 immunity to haptens and peptide antigens Nat Commun 2013; 4: 1739.

    Otsuka A. Nakajima S. Kubo M. Egawa G. Honda T. Kitoh K. Nomura T. Hanakawa S. Moniaga C. Kim B. Matsuoka S. Watanabe T. Miyachi Y. Kabashima K.

  • Requirement of Interaction between Mast Cells and Skin Dendritic Cells to Establish Contact Hypersensitivity. PLoS One. 2011; 6: e25538.

    Otsuka A, Kubo M, Honda T, Egawa G, Nakajima S, Tanizaki H, Kim B, Matsuoka S, Watanabe T, Nakae S, Miyachi Y, Kabashima K.

  • Trehalose dimycolate elicits eosinophilic skin hypersensitivity in mycobacteria-infected guinea pigs. J Immunol 2008; 181: 8528-33.

    Otsuka A, Matsunaga I, Komori T, Tomita K, Toda Y, Manabe T, Miyachi Y, Sugita M.

その他

  • 【受賞】2008年 石坂公成奨励賞

  • 【受賞】2010年 第31回日本炎症・再生医学会 優秀発表演題演者

  • 【受賞】2010年 ESDR/JSID Young Fellow Collegiality Award

  • 【受賞】2014年 ガルデルマ賞

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。