近畿大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座 主任教授

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 耳鼻咽喉科専門医・耳鼻咽喉科専門研修指導医 日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医・頭頸部がん指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

安松 隆治 やすまつ りゅうじ 先生

公開日
2022/04/15

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 安松先生の頭頸部がんの専門領域
    • 頭頸部外科手術
    • ロボット支援下咽喉頭悪性腫瘍手術
    • 頭頸部アルミノックス治療
    • 頭頸部がん薬物療法
  • 安松先生の甲状腺がんの専門領域
    • 甲状腺外科手術
  • 【得意な領域】耳鼻咽喉科学、頭頸部外科学
  • 【疾患名】頭頸部腫瘍【治療法】頭頸部外科手術、ロボット支援下咽喉頭悪性腫瘍手術、イルミノックス治療、頭頸部がん薬物療法

資格・学会・役職

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 耳鼻咽喉科専門医・耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医・頭頸部がん指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 近畿大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座 主任教授

医療記事

来歴等

略歴

1995年 山口大学 医学部 卒業
1995年 九州大学 耳鼻咽喉科 研修医
1999年 九州がんセンター 頭頸科 勤務
2004年 米国ハーバード大学 医学部 研究員
2007年 九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 助教
2011年 浜の町病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 部長
2012年 九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 助教
2014年 九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 講師
2017年 九州大学医学研究院 耳鼻咽喉科 准教授
2022年 近畿大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座 主任教授

論文

  • 1. Clinical Management of Early-Stage Hypopharyngeal Squamous Cell Carcinoma: A Single-Institution Clinical Analysis. Ear Nose Throat J 1455613211013084, 2021

    Yasumatsu R, Manako T, Jiromaru R, Hashimoto K, Wakasaki T, Matsuo M, Nakagawa T

  • 2. Clinical outcome in recurrent and/or metastatic head and neck cancer patients after discontinuation of nivolumab monotherapy due to immune-related adverse events. Acta Otolaryngol 140(12):1043-1048, 2020

    Yasumatsu R, Matsuo M, Wakasaki T, Masuda M, Takeuchi T, Manako T, Jiromaru R, Uchi R, Hashimoto K, Nakagawa T

  • 3. A clinical analysis of sinonasal squamous cell carcinoma: a comparison of de novo squamous cell carcinoma and squamous cell carcinoma arising from inverted papilloma. Acta Otolaryngol 140(8): 698-703, 2020

    Yasumatsu R, Jiromaru R, Hongo T, Uchi R, Wakasaki T, Matsuo M, Taura M, Nakagawa T

  • 4. The clinical value of serum squamous cell carcinoma antigens 1 and 2 in head and neck squamous cell carcinoma. Auris Nasus Larynx 46(1):135-140, 2019

    Yasumatsu R, Nakano T, Hashimoto K, Kogo R, Wakasaki T, Nakagawa T

  • 5. Monitoring the neutrophil-to-lymphocyte ratio may be useful for predicting the anticancer effect of nivolumab in recurrent or metastatic head and neck cancer. Head Neck 41(8):2610-2618, 2019

    Yasumatsu R, Wakasaki T, Hashimoto K, Nakashima K, Manako T, Taura M, Matsuo M, Nakagawa T

  • 6. The treatment and outcome analysis of primary squamous cell carcinoma of the thyroid. Auris Nasus Larynx 45(3):553-557, 2018

    Yasumatsu R, Sato M, Uchi R, Nakano T, Hashimoto K, Kogo R, Taura M, Matsuo M, Nakashima T, Nakagawa T

  • 7. Combination of serum squamous cell carcinoma antigens 1 and 2 may serve as a diagnostic marker for sinonasal squamous cell carcinoma and inverted papilloma. Head Neck 40(12):2583-2589, 2018

    Yasumatsu R, Nakano T, Sato M, Jiroumaru R, Hashimoto K, Kogo R, Wakasaki T, Nakashima T, Nakagawa T

  • 8. Clinical management of squamous cell carcinoma associated with sinonasal inverted papilloma. Auris Nasus Larynx 44(1):98-103, 2017

    Yasumatsu R, Nakashima T, Sato M, Nakano T, Kogo R, Hashimoto K, Sawatsubashi M, Nakagawa T

  • 9. Squamous cell carcinoma of the oropharynx: single-institution outcome analysis of patients treated with concurrent chemoradiotherapy. J Laryngol Otol 129(3):S77-82, 2015

    Yasumatsu R, Nakashima T, Komune S

  • 10. Extrapulmonary small cell carcinoma in head and neck. J Laryngol Otol 129(3):S83-85, 2015

    Yasumatsu R, Nakashima T, Yamauchi M, Toh S, Komune S

著書

  • 1. Yasumatsu R, Nakashima T, Komune S: Patient Surveillance After Cancer Treatment Chapter 11. Thyroid (Papillary, Follicular, Medullary, H?rthle Cell) Carcinoma Surveillance Counterpoint: Japan. (eds., Johnson FE., Maehara Y., Browman GP., Margenthaler JA., Audisio RA., Thompson F., Johnson DY., Earle CC., Virgo KS.) p69-70, Springer. 2013

  • 2. 安松隆治,中島寅彦: 臨床頭頸部癌学 診療ガイドライン. 田原信,林隆一,秋元哲夫編. p15-23, 南江堂. 東京 2016

受賞

  • 1. 2021年 医用画像情報学会 内田論文賞 最優秀論文賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。